ピクシブ百科事典

EVA弐号機

えゔぁにごうき

アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する架空の兵器、EVAシリーズのうちの一つ。EVAの量産を前提として作られたいわば先行量産機。赤い機体色と四眼が特徴。
目次[非表示]

なお、Pixivでは単に弐号機というタグで登録されているケースの方が多い。

TV・旧劇場版・漫画版

アスカ



NERVドイツ第3支部で組み立てられた。
搭乗者は惣流・アスカ・ラングレー、第弐拾四話のみ渚カヲル
コア(魂)はアスカの母親である惣流・キョウコ・ツェッペリン
第弐拾四話では、コアが心を閉ざしていたためカヲルが操ることができた。

エヴァシリーズ3号機以降の先駆けとして開発された正式量産タイプの壱号機。以後のエヴァシリーズの規格はこの弐号機をベースとすることとなる。

「実戦用に作られた本物のエヴァンゲリオン」というアスカの評に相応しく、実戦を意識したカッターナイフプログレッシブナイフ「PK-02」を持ち、ポジトロンライフルやソニックグレイヴ、スマッシュホークなど他のエヴァが使用しない武装を多数運用している。共通装備のニードルガンを使用したのも本機のみである。

メインの搭乗者はアスカだが、ゲーム版や漫画版では、シンジやカヲルが単独で搭乗しての実戦も描かれた。

第八話という遅めの登場ながら活躍シーンは多く、初号機に次ぐ数の使徒を殲滅した実績を誇る。しかし、物語後半ではアスカの精神的な不調に伴い苦戦する事が多くなっていった。アラエル戦以降は起動すら不可能になり、第弐拾四話に至っては正体を現したカヲルに遠隔操作され、初号機と対決する羽目になっている。

旧劇場版ではATフィールドを攻撃に転用して戦略自衛隊を壊滅させたほか、9機のEVA量産機を相手に大立ち回りを演じるも、活動限界を迎えて停止、直後に再生・復活した量産機達によってアスカを乗せたまま捕食され、バラバラに引き裂かれてしまった。

新劇場版(2号機

人造人間エヴァンゲリオン 正規実用型 2号機
闘争本能全開
EVA2号機獣化第2形態(ビーストモード)


ヱヴァンゲリヲン新劇場版におけるEVA弐号機。
名称が「2号機」に改められた他、頭部に短い角が追加され、カラーリングが変更された。
搭乗者は式波・アスカ・ラングレー真希波・マリ・イラストリアス

劇中ではやはりサンダースピアや超電磁洋弓銃、ペンシルロック(ニードルガン)など独自の武装を多用していたほか、強敵との戦闘の際、エヴァのリミッターを外し戦闘能力を上げる「裏コード」を発動させた。
同作中で大破する度に不正規外部補修パーツによってツギハギされている。

改2号機
EV-021
EVA改2号機EVA新2号機

上の2号機が第10の使徒戦で、頭部の約半分と左腕を失うという損傷を受けたことにより補修され、改2号機としてQに登場した。
劇中で3種の仕様があり、取り付け式になった左腕のほか、胴体の装甲にも違いが見られる。
裏コードとして「777」を発動した。
最後はMark.09を巻き込んで自爆・大破。当初の予告では残骸はEVA8号機の修復に使われるとされていたが、別の形で修復されることとなる。

そしてシン・エヴァンゲリオン劇場版:||においては「ニコイチ型新2号機」として、胴体の大半をユーロネルフから回収したジェットアローンの部品を流用した状態で修復される。
装備した重武装の他、裏コード「999」を発動。最終決戦の「ヤマト作戦」に挑んだ。

エヴァンゲリオンANIMA

エヴァンゲリオン弐号機Ⅱ式
弐号機II式弐号機II式・アレゴリカ


TV版のIFの3年後の世界におけるEVA弐号機。

弐号機用の強化装備。白兵戦能力の強化のみを目的としている為、初号機F型装備のインパクトボルトや零号機F型装備天使の背骨のような特殊兵装は搭載されていない。後述する弐号機II式からの換装も可能だが作中で使用される事は無かった。

量産機との戦闘の際に頭部をロンギヌスの槍で貫かれた影響で視神経が損傷した為、四眼を双眼に改め、アスカの精神的成長に伴うボディの変化によって拘束具を新調した姿。
エネルギー供給は従来のアンビリカルケーブルに加えて、メーザー受信機「レクテナ」を装備することによりメーザーによる遠隔でのエネルギー供給が可能となっている。

月に突如として出現した黒いエヴァ「アルマロス」の調査を行うために改装された姿。
有翼のケンタウロスとも言うべき外観をしており、回復不能と見込まれていた視神経が再生したことで四眼に戻っている。
新たに装着されたアレゴリカユニットはN2リアクターや小規模な居住設備、N2技術の発展によって作り出された重力子フローター、多彩な武装などが搭載されており長期間の単独行動や飛行などが可能となっている。
なおカラーリングはアスカ本人の要望により月の色(灰色)に塗装されている。

月の裏側に存在したガラス状の構造物「方舟」と接触した際に過去世界全ての生命の情報を流し込まれた弐号機がアスカを守るべく変質した姿。
アスカの記憶と情報を元に再構成された姿の為、非常に女性的な外観を有しており弐号機の面影は殆ど残っていない。
一方でその行動は自身のエントリープラグを引き抜き逆さにして振る(プラグ内には誰も居なかった)、戦自あかしまに興味を示し背後をついて回るなど物を知らぬ赤子の様である。
カラーリングは弐号機II式・アレゴリカと異なりいつもの赤色に戻っており、シンジからは「やっぱり赤が好きなんじゃないか」と言われている。
因みにバイザーで目元が隠れている為分かりにくいが元になった弐号機と同じく四眼である。

ネルフドイツによって建造された白いEVA弐号機。パイロットは洞木ヒカリ。弐号機建造時にコアの定着に失敗した廃棄素体を用いて建造された経緯からコアが存在せず両肩のQRシグナムによってボディの維持とエネルギーの供給が行われている。
失敗作を元にした機体である為性能は他のエヴァに劣るがユーロ第6軍との連携によって性能の劣勢を補っており北海道での戦闘ではスーパーエヴァンゲリオンを相手に有利な戦いを見せた。
リボルテックより商品化予定でありワンダーフェスティバル2020冬ではサンプルが展示されていた。

スーパーロボット大戦では

多くの作品では初号機と同程度に優遇されており、スーパーロボット大戦F完結編PS版)では初号機を差し置いてパッケージイラストに採用されている。

ステータスが高いうえに多彩な武装を持ち、アスカの格闘値が高めなので敵陣に突撃しての接近戦を得意とする。終盤になると必殺技としてATフィールド攻撃(旧劇場版)や獣化第2形態(新劇場版)が追加される事が多い。特にスーパーロボット大戦αではATフィールド攻撃が高威力・EN無消費・空中攻撃も可能とかなりの高性能だった。

一方、近年の作品では装甲値が低めに調整されているので、攻撃力の高いボスとの戦闘ではATフィールドを破られやすいという弱点もある。

関連タグ

新世紀エヴァンゲリオン ヱヴァンゲリヲン新劇場版 エヴァンゲリオンANIMA
惣流・アスカ・ラングレー 渚カヲル 真希波・マリ・イラストリアス 洞木ヒカリ
表記揺れ:エヴァ弐号機 弐号機  エヴァンゲリオン弐号機 EVA2号機 エヴァ2号機 エヴァンゲリオン2号機 2号機

関連記事

親記事

エヴァンゲリオン えゔぁんげりおん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「EVA弐号機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1428078

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました