ピクシブ百科事典

ポジトロンライフル

ぽじとろんらいふる

ポジトロンライフルとは、「新世紀エヴァンゲリオン」に登場する兵器のことである。
目次[非表示]

概要

エヴァンゲリオンが携行するビーム兵器の一種。
陽電子(ポジトロン)が物質中の電子(エレクトロン)に衝突すると対消滅する事を利用した武器であり、陽電子砲とも呼称される。

劇中での初登場は第六話。第5使徒ラミエル狙撃するための兵器「陽電子砲円環加速式試作20型」として名を挙げられる。しかし、まだ未完成だったので代わりに戦略自衛隊の自走陽電子砲を徴用・改造した「ポジトロンスナイパーライフル」が投入されることになった。

その後、前述の試作20型を実用化した「ポジトロンライフル20X(実験20号パレット)」が登場。いかにも狙撃銃らしい形状だったポジトロンスナイパーライフルに比べ、白いカラーリングと近未来的なデザインが特徴的な、大型ビームライフルというべき武器である。
発射される光弾の威力はパレットライフル等の実弾火器よりも遥かに強力なうえに連射も可能だが、使用時には銃床を肩にかける為、右肩のウェポンラックを外す必要があるのが運用上の難点と言える。

KARASAWA-MK2


(上記イラストは別の武器だが、形状やカラーリングが酷似しているため参考資料として掲載する)

また、狙撃用に強化された「ポジトロンライフル改」も存在する。こちらは本体上部に望遠用の大型スコープ(光学スコープではなく質量を感知するタイプらしい)が増設されたほか、カラーリングも変更されている。

「キミと」「アナタと」なら



劇中では第九話で初登場。EVA弐号機第7使徒イスラフェルへの攻撃にポジトロンライフル20Xを使用した。第弐拾弐話でもやはり弐号機が第15使徒アラエルを狙撃するためにポジトロンライフル改を携行して出撃した。

いずれも使徒に致命的ダメージを与えるには至らず、ポジトロンスナイパーライフルに比べて印象的な活躍を見せたとは言い難い。第弐拾弐話に至っては乱射した光弾が第三新東京市各所に着弾し、むしろ被害を拡大させてしまっている。

エヴァンゲリオンANIMAではエヴァンゲリオン・EUROII・ウルトビーズが装備している。
製造元がネルフドイツであるため耐電磁コートや円錐型の粒子加速器など、本部製のポジトロンライフルとは大きく異なった外観を有しており、作中では「トロンボーン」、「天使の持ち物」と形容された。

新劇場版には登場していない。

ゲーム『スーパーロボット大戦』シリーズでは、威力・射程共に優れた射撃武器であり、作品によっては全体攻撃特性も備えている。また、零号機初号機3号機が装備している事もあるが、何故か肝心の弐号機が装備していないことが多い。
新劇場版が主体となった近年の作品には登場していない。

余談

古いSFでは「反物質砲」と呼ばれた兵器でもある(陽電子は反物質の一種)。
陽電子は空気中の(窒素や酸素に含まれる)電子相手でも対消滅を起こし、更には対消滅時には多量の放射線を発生させてしまう。
デザインを担当した山下いくと氏も当然そのことは理解していた(デザイン集で言及している)のだが、空想科学読本では「大気中で陽電子を発射するなんてアホの所業」、「防護服も着ずにいたミサトさん達が危ない」、「それどころか地球が滅びかねない」と指摘されてしまった。

そのせいか、後年の『機動戦士ガンダムSEED』に登場した同様の兵器「陽電子破城砲」は「大気圏内で発射すれば地球環境を汚染してしまう」というリスクが劇中で描写されていた。

関連イラスト

EVA 00 in MEXICO



関連タグ

新世紀エヴァンゲリオン
ポジトロンスナイパーライフル

KARASAWA - 形状がポジトロンライフルに酷似した他作品の武器

関連記事

親記事

エヴァの用語一覧 えゔぁのようごいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ポジトロンライフル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39251

コメント