ピクシブ百科事典

KARASAWA

からさわ

フロム・ソフトウェア製メカアクションゲーム『アーマード・コア』シリーズ伝統のレーザーライフル。
目次[非表示]

概要

総じて重量はあるが火力に長け、使いこなすことさえできれば強力なパーツ。
ユーザーの間ではその印象強さからか、名前の一部が同系統のパーツの俗称にも使われることがある。
名称はフロムソフトウェアの当時社員だった唐澤靖宜氏に由来する。
特徴的なシルエットは、初代AC開発時期にブームとなっていた某汎用人型決戦兵器の武装の一つが元ネタと言われており、初期作品において武器カテゴリーが「プラズマライフル」であるのもそのためである。

NXで母音が消失し「KRSW」という名称になり、4で「KARASAWA」の名前が完全に消えた。
一時期は「唐澤氏が退社したためその名を使うのが難しくなったから」という噂があったが、氏の退社は2の頃であるため名称の変更とは関係がなく、単なる憶測に過ぎない。
事実、Vにて「LR81 KARASAWA」として「KARASAWA」の名前は復活している。
真実は神のみぞ知る。ヽ(´神`)ノガッチターン

初代シリーズ

WG-1-KARASAWA

アーマードコア



ムラクモ・ミレニアム製エネルギーライフル。
初代カラサワ。初代とPPでは「プラズマライフル」。MOAから「レーザーライフル」に分類される。
ムラクモ・ミレニアムから受ける「ある依頼」の潜入先に隠されている。
単発威力の高さからは考えられないほど発射間隔が短く、いかなる敵も粉砕する凄まじい時間火力を誇る。そのうえ総火力も十分、オプショナルパーツでさらに強化可能と至れり尽くせり。
ただし、ロックオンサイトが狭く照準精度も悪いため、実戦でスペック通りの火力を発揮するにはそれなり以上の技術が必要。特にACのような機動性の高い敵とは相性が悪く、対人戦では弱い武器として忌避される事もある。加えて、装弾数の少なさや腕部武器ワースト1の重量といった欠点から、機体構成にも工夫が求められる。
タンク、四脚、および重量二脚「LN-SSVR」との組み合わせは不可能。

この武器に関する有名なエピソードが、1作目における中盤のミッション『ACバトル』。
同作には同じ名前のミッションが2つ存在し、通常は敵AC2機とのハンデ戦になるのだが、ある条件を満たすと敵AC・ワイルドキャットとの一騎打ちとなる。
後者で登場するワイルドキャットはいきなり自機の真正面で停止するため、カラサワを装備していればただ武器発射ボタンを押しているだけで瞬殺可能。成功報酬が高額で、かつエンディング後には無条件で何度でも挑戦できるため、カラサワの良い的にされた。この時の一連の流れを表した擬音から転じて、弱い敵を瞬殺&荒稼ぎする行為を『ピーピーピーボボボボ』と呼ぶようになった。

主な使用機体はバウンティ(初代・MOA)、アナイアレイター(MOA)。小説版「ザ・フェイクイリュージョンズ」ではナインボールにも搭載されていた。
ちなみに、書籍『アーマード・コアを一生楽しむ本』やMOAのEXアリーナには前述の唐澤氏が考案した機体が記載、あるいは収録されているが、いずれもカラサワを装備していない

2シリーズ

KARASAWA-MK2

AC2ジオ機



ジオ・マトリクス製レーザーライフル。
歴代最強のカラサワと呼ばれる、対人戦禁止筆頭武器。
初代カラサワのような高速連射はできないものの、ずば抜けて高い照準精度を誇る。加えて火力や発射時消費ENも良好、そのうえ被弾時衝撃まであるという恐るべき性能を持つ。
カァオ!』と表現される独特の発射音は、レイヴンにとってトラウマを呼び起こす象徴でもある。
AAではなんと店売りパーツとして登場。
一部タンク脚部との組み合わせは不可能。
SLP、LRPにて性能調整の上で復刻された。

主な使用機体はZCL-XA/2(=クラインAC)、プロビデンスデスマスク(いずれも2)。

3シリーズ

MWG-KARASAWA

クレスト強襲型 劣化



ミラージュ製レーザーライフル。何らかの事情によりクレストから渡される。
性能面ではKARASAWA-MK2に準ずるものの、パーツ重量が大幅に増加。照準精度も優れてはいるが特筆すべきほどではなくなった。
とはいえ性能自体は同カテゴリ中でも特に高く、一人プレイでは十二分な強性能。
また今作からミッション終了時にランクが表示されるようになり、弾薬費を抑える目的でもよく使用される。
形状変更によりパーツ干渉はなくなった。

主な使用機体はクレスト強襲型(SL)、スペクトル(3)、ラストバーニング(SL)。

KARASAWA-MK2

ミラージュ製レーザーライフル。
KARASAWA-MK2の復刻パーツ。SLPに登場。
MWG-KARASAWAと比べると軽量化され、熱量と発射間隔が強化されているものの、他の性能が劣っている。

Nシリーズ

WH04HL-KRSW

ミラージュ製ハイレーザーライフル。デザインはMWG-KARASAWAと同一で、性能も基本的にはそちらに準ずる。
装弾数が大きく減少し、発射消費ENも激増。エネルギー管理が難しいNシリーズ全般の調整も逆風となり、他の優秀な右手武器と比べて利点が少なくなった。
LRにおいては仕様変更により発射精度が大幅に低下、WG-1-KARASAWA以上に扱いづらい武器となった。
しかし左手にも同型の武器が追加され、浪漫溢れるダブルカラサワが可能に。
また、左手武装は他部位の装備と同時に使用できるため、特に重装タンクのキャノン系武器+左カラサワは脅威となる。

主な使用機体はアイアンL-OW75(NX)、フォックスアイ(NX・LR)。また、小説版「BRAVE NEW WORLD」ではマーウォルスが使用している。

YWR27HL-KRSW2

ミラージュ製ハイレーザーライフル。
KARASAWA-MK2の復刻パーツ。
LRPに登場。デザインはSLPのKARASAWA-MK2と同一。
WH04HL-KRSWと比べると軽量で、発射間隔と攻撃力では勝るものの、消費ENが多い。

CR-WR93RL

オラクル


クレスト製リニアライフル。
名称がKARASAWAではないどころかエネルギー武器でさえないものの、公式ではカラサワ系デザインの武器として扱われている。
ACNXが開発中の時期では「CWG-RF-CHROME」という名称で【実弾版カラサワ】と報道されていた。

主な使用機体はオラクル(NX・LR)、CR-C98E2(=NB版ナインボール)。

4シリーズ

HLR01-CANOPUS

センシティブな作品



メリエス製ハイレーザーライフル。
読みはカノープス(りゅうこつ座のα星の名)、通称「カノサワ」。
名称こそ「KARASAWA」では無いものの、4版カラサワとしてデザインされている。
4&fAの設定画集では「4本目ともなると元ネタとされる某ライフルとは似ても似つかない形になった」と書かれている通り、従来のものと異なり後部コンデンサブロックが2股に分かれているデザインになっている。

カテゴリ全体の特徴としてリロードが遅いため、時間当たりの火力は特筆すべきほどではない。
しかし装火力は豊富で、さらにレギュレーション更新とともに強化される傾向にある。
コレを持っていけば、ネクストACが複数登場するミッションも安心してこなしていくことが可能。

主な使用機体はクリティーク(4)、月輪
しかしクリティークの方は、レギュレーションファイルによってはAIの問題か殆ど使おうとしない場合がある。

Vシリーズ

LR-81 KARASAWA

ACVマイアセン



第二世代パーツのレーザーライフル(TE属性)。
「KARASAWA」の名称が復活。
Vシリーズのレーザーライフルは発射の際にエネルギーチャージ(所謂「溜め撃ち」)が必要で、フルチャージまでにかかる時間が長いものの、構え武器であるレーザーキャノンをも超える圧倒的攻撃力を持ち、弾の初速や距離減衰抵抗もレーザーライフル中では最高クラス。
代償として弾数が4発しかなく、過去シリーズに登場したエネルギースナイパーライフルに似た性能特性といえる。
このKARASAWAに限り、他のレーザーライフルやレーザーキャノンとは若干異なる専用エフェクトが用意されている。また、武器のカラーリングに若干暗くなる補正がかかっている。

主な使用機体はハングドマンアクアリウス、MoH分隊(いずれもV)。

VDでは「X000 KARASAWA」に名称が変更されている。


カルサワ

比較的軽量で、エフェクトの特徴がカラサワに似たレーザーライフルのことを
一部ユーザーの間では総じて「カルサワ」と呼ぶ傾向がある。

ZWG-XC/01

ジオマトリクス製レーザーライフル。
AAに登場。実質的な初代「カルサワ」。
武器としての性能自体は決して低くはないものの、対抗馬であるKARASAWA-MK2やEWG-XC213があまりに強力な為、レーザーライフルの中では性能も人気も最下位。

CWG-XCMK/70

クレスト製レーザーライフル。
SLに登場。
説明文には「クレストがカラサワに対抗して作った」と記されており、「カルサワ」というスラングが生まれるきっかけとなった武器とされる。同社初のレーザーライフルでもある。
カルサワの通称に相応しい軽量な武器で、外見もカラサワよりかなり小さい。
クレストの技術力不足のせいかかなり弱く、とてもカラサワに対抗できるような火力ではないが、弾数、速射性、弾速に優れているため【ヒット数で稼ぐ】のが主流となる。

CR-WR98L

クレスト製レーザーライフル。デザインはSLのCWG-XCMK/70と同一。
NXシリーズに登場。
説明文は「クレスト初のレーザーライフル、弾速の速さが特徴」となっており、カラサワに対抗したという文句は消失した。
カタログスペックはかなり悪く、NX、NBでは装備しているプレイヤーも少ない。
が、説明文の通り弾速に優れ当たり判定も大きめで、LRでは対AC戦用武器としての立ち位置を確立した。
絶対的な火力は心許ないため、組み合わせる左手武器のチョイスが重要。EOタイプのコアとの組み合わせも検討したいところ。また、追加弾倉エクステンションを活用できる数少ない武器でもある。

LR-81M KRSW

第二世代パーツのレーザーライフル。
Vに登場。
LR-81 KARASAWAの派生品で、形状は全く同じ。ただしカラーリング補正は存在せず、攻撃時のエフェクトも通常のレーザーライフルと同一。
少弾数・高攻撃力というスタンスは同じだが、LR-81 KARASAWAのような極端な調整とはなっておらず、扱いやすさでは勝る。
性能だけで言えばこちらの方が従来のカラサワに近いのだが、重量がわずかながら軽いため、カルサワのひとつとして扱われている。

VDでは「Au-L-K29」に名称が変更されている。
主な使用機体はR.I.P.3/M(VD)。

KARASAWA性能比較

AC→MoA2→AA3/SLNX→LR4→fAV→VD
値段 750009900088000880001050000 → 20000050000
重量1000 → 112011201520140019601081
EN消費4224424227229151001
攻撃力1550158016001400 → 1440855110253
発熱量---68 → 42149000 → 8100------
装弾数50505030 → 40604
射程距離10000500550550671352 → 452
リロード時間8535572114300
使用時消費EN2900328034004250 → 44624150 → 445027000 → 45950

※4系以降は最終レギュレーション時の性能。
全シリーズ共通(ロックタイプ:特殊)、タイトル固有のステータス(PA貫通など)は除外。

関連タグ

アーマード・コア プラズマライフル レーザーライフル ビームライフル ポジトロンライフル 光学兵器
ムーンライトソード
ACオリジナルパーツ

関連記事

親記事

アーマード・コア あーまーどこあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「KARASAWA」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 178746

コメント