ピクシブ百科事典

ACPP

ぷろじぇくとふぁんたずま

アーマード・コアシリーズの2作目 「ARMORED CORE PROJECT PHANTASMA」の略称。
目次[非表示]

概要


前作『アーマード・コア』から5ヶ月後に発売された。
「EXTRA GARAGE Vol.1」によると前作の約2年後、地球暦158年が舞台とされている。
今作からシリーズ恒例となるアリーナが登場した。

前作に比べてミッションの数やミッション選択の自由度が少なくほぼ一本道なストーリーになっているものの、明確な敵対組織(悪役)とライバルキャラやヒロインが存在し、勧善懲悪的な明解なストーリーが展開されるのが特徴。
また、アリーナでの勝利報酬として得られるフィンガー等の一部パーツを除けばパーツバランスも良好とされる。

敵として強化人間は登場するが本作のみで自身を強化人間化する事は出来ず、前作からのセーブデータ引継ぎが必要になる。

今作のミッションの一部は後の「ACNX」でリメイクされ、ライバルが搭乗するヴィクセンはディティール等の変更が加えられた上でプレイヤーが使用できるパーツとして登場した。

余談だが、「敵対組織である非合法研究機関との戦闘」を描いたストーリーは、ACMOAと共に二次創作のストーリープロットのテンプレートとされた。

ストーリー

「地下複合都市『アンバー・クラウン』へ侵入して欲しい」

たったそれだけの文面で依頼主の名前すら不明であったが、それと共に提示された報酬は莫大な金額となっていた。この状況と提示された金額の多さから、相当に危険な任務であると判断することが可能であったが、レイヴンという職を生業とする以上、危険はある意味、日常と等価であった。

依頼を受諾したレイヴンは莫大な前金を手にし、愛機と共にアンバー・クラウンに向かった。

登場人物

 CV:長沢美樹
アンバー・クラウンを拠点として活動する女性レイヴン。主人公をアンバー・クラウンに呼び寄せた張本人。彼女自身が受けた依頼の遂行が単独では困難だと判断した為に協力者を必要としており、作中ではほぼ彼女の意向に沿った形で動く事になる。ミッション依頼やメールを送る以外にも度々自らAC「コーラルスター」に乗ってミッションに参加するなど主人公と接する機会が多く、ACシリーズでは珍しいヒロイン的な存在である。

 CV:速水奨
カスタムAC「ヴィクセン」を駆り、主人公の前に何度も立ちはだかる本作でのライバル的存在。台詞の端々に「面倒」という単語が出てくることでACプレイヤーに認知されているヒト。
万年アリーナ最下位の座を死守する名物レイヴン。ネタキャラとして愛されている。

登場機体


関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「ACPP」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28690

コメント