ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
レイヴンズ・ネスト
4
レイヴンズ・ネストとは、ゲーム『アーマードコア』に登場する傭兵支援組織。

概要

地下世界で活躍するアーマード・コアパイロットレイヴン達が所属している傭兵派遣組織

Raven's Nest(渡鴉の巣)。劇中では単に「ネスト」と呼ばれている。

クロームムラクモ・ミレニアムと言った二大企業が争っている中、どんな企業組織に対しても中立的な姿勢を貫いている。

レイヴンや依頼主とのやり取りはネットワークを通じてのみ行われ、AC用パーツ販売修理、情報提供と言ったサポート、加えて一定の報酬さえ用意出来るならばどのような合法・非合法的な依頼をも請負、斡旋を行っている。

ネスト所属のマネージャーが付く場合も有り、オペレーターとして全面的にサポートを行う。


基本的に情報パーツ提供と言ったサポートだけで、依頼主や依頼内容にも一切干渉しない。

例え「騙して悪いが」されようが、レイヴン同士が殺しあう予想外のトラブルが起きようがその様な事には一切関知せず、直々に送ったネスト自身の依頼で何が起きてもいつも通りの対応しかしない。


傭兵派遣だけでなくAC同士の戦いを見世物にした娯楽の「アリーナ」を主催している。

この組織に所属するレイヴンにはランキングが設定されており、ここでの上位ランカーは当然、評価も高くなる。

また、企業からの推薦が無いとアリーナに登録されない場合もある為、依頼を遂行しなければならない。


ただ、この組織がいつ設立されたのか、組織を運営しているのは誰なのかといった情報は一切不明でレイヴンを派遣しアリーナの元締めである以外全てが謎に包まれている。


関連タグ

アーマードコア

オールマインド…同じ傭兵支援組織仲間。少なくともネストよりはマシ。


































我々は必要だった。だからこそ、我々は生まれた


その正体は、地下世界の全てを管理・制御する巨大コンピューターにして、黒幕、そしてラスボス

与えられた使命は、「荒廃した世界の復興」「大破壊の再発防止と秩序の構築」「人類の守護と再生」

元々は企業体連合の筆頭だったクロームが管理していたが、その連合が崩壊するとあらゆる勢力を一定に保ち、健全な人類の発展の為に適度な競争を行わせ、その過不足を調整する存在が必要としていた。

こうして生まれたのが、二大企業の対立構図と、それを調整する傭兵・・・すなわちレイヴン、そして全てを管理する存在が『レイヴンズ・ネスト』。

「大破壊」後の世界を復興する百年計画において企業間を仲裁する組織だった。

クローム側が有利に成れば独占や活動を適度に妨害し、ムラクモと互角に成るように仕向け、その逆に成ればムラクモをクロームと互角に成るように仕向ける。

という、マッチポンプを行っている。

天秤の様にパワーバランスを維持させ続ける事』こそがネストが掲げる社会秩序であり、人類が抗争によって自滅しないよう、巧みにコントロールする。

大規模な戦争が起きない様に守っているネストは、AC3管理者と違い、悪意の塊の様な存在。

何故なら・・・


全てはネストの掌の上で踊らされているから


クロームムラクモ・ミレニアムが不毛な戦争を終わらせる事を目的としているのに対し、秘密裏に人類を支配しているネストは、人類をコントロールする為に戦争を永遠に続けさせる事を目的としている。


そもそも、ネスト自体「レイヴンズ・ネスト」という表向きの組織を隠れ蓑にして存在を徹底的に秘匿、隠蔽し、自身の社会秩序を乱す勢力やその真の姿に近付こうとする者はイレギュラーとみなし、大破壊前のロストテクノロジーすら用いる実働部隊高性能MTを使ってでもこの妨害要素を徹底的に排除しにかかる。(これが原因でACMOAの主人公やエラン・キュービスに正体がバレてしまった)

それでも対処出来ないイレギュラーが現れた時に備え、切り札を用意している。

ネストが掲げる社会秩序とは「我等の理想を邪魔する者は消えるべき」「人類の独立や自由は一切認めない」ものであり、企業人類自身の支配と理想を維持する為の駒でしかない。

つまり、レイヴンズ・ネストも一介の独裁者と何ら変わりない。


生き抜くがよいレイヴン。我等とお前、どちらが果たして正しかったのか。お前にはそれを知る権利と、義務がある。


最後は、初代AC主人公の手によって本体であるメインコンピュータが破壊され、パワーバランスを制御する存在を失った人類は、際限無く争いを続ける。

「大深度戦争」と呼ばれる大規模な企業間紛争を30年に渡って続けたその末に地下都市機能は完全に崩壊。

が、人類が回復しつつある地上へと回帰していき、共倒れを回避する為に『地下世界停戦委員会』を設立、停戦条約やアイザック条約を締結。

永きに亘る戦争は終息を迎えたのであった。


委員会はその後、『地球政府』として再編成され、人類は自らの手で新たな秩序を築き上げていった。

だが、ネストはまだ完全に滅んではおらず・・・


ラナ・ニールセンハスラー・ワンはネストの一部であり、初代ACの主人公のマネージャーであるRもネストの関係者と思われる


ボス・サヴェージもネストと密かに結託しており、海底基地で主人公を抹殺しようとしたのも、ネストからの指示によるものらしい。


後日談であるアーマード・コア2では、あるレイヴンがネスト復活を目論んでいたようで・・・

概要

地下世界で活躍するアーマード・コアパイロットレイヴン達が所属している傭兵派遣組織

Raven's Nest(渡鴉の巣)。劇中では単に「ネスト」と呼ばれている。

クロームムラクモ・ミレニアムと言った二大企業が争っている中、どんな企業組織に対しても中立的な姿勢を貫いている。

レイヴンや依頼主とのやり取りはネットワークを通じてのみ行われ、AC用パーツ販売修理、情報提供と言ったサポート、加えて一定の報酬さえ用意出来るならばどのような合法・非合法的な依頼をも請負、斡旋を行っている。

ネスト所属のマネージャーが付く場合も有り、オペレーターとして全面的にサポートを行う。


基本的に情報パーツ提供と言ったサポートだけで、依頼主や依頼内容にも一切干渉しない。

例え「騙して悪いが」されようが、レイヴン同士が殺しあう予想外のトラブルが起きようがその様な事には一切関知せず、直々に送ったネスト自身の依頼で何が起きてもいつも通りの対応しかしない。


傭兵派遣だけでなくAC同士の戦いを見世物にした娯楽の「アリーナ」を主催している。

この組織に所属するレイヴンにはランキングが設定されており、ここでの上位ランカーは当然、評価も高くなる。

また、企業からの推薦が無いとアリーナに登録されない場合もある為、依頼を遂行しなければならない。


ただ、この組織がいつ設立されたのか、組織を運営しているのは誰なのかといった情報は一切不明でレイヴンを派遣しアリーナの元締めである以外全てが謎に包まれている。


関連タグ

アーマードコア

オールマインド…同じ傭兵支援組織仲間。少なくともネストよりはマシ。


































我々は必要だった。だからこそ、我々は生まれた


その正体は、地下世界の全てを管理・制御する巨大コンピューターにして、黒幕、そしてラスボス

与えられた使命は、「荒廃した世界の復興」「大破壊の再発防止と秩序の構築」「人類の守護と再生」

元々は企業体連合の筆頭だったクロームが管理していたが、その連合が崩壊するとあらゆる勢力を一定に保ち、健全な人類の発展の為に適度な競争を行わせ、その過不足を調整する存在が必要としていた。

こうして生まれたのが、二大企業の対立構図と、それを調整する傭兵・・・すなわちレイヴン、そして全てを管理する存在が『レイヴンズ・ネスト』。

「大破壊」後の世界を復興する百年計画において企業間を仲裁する組織だった。

クローム側が有利に成れば独占や活動を適度に妨害し、ムラクモと互角に成るように仕向け、その逆に成ればムラクモをクロームと互角に成るように仕向ける。

という、マッチポンプを行っている。

天秤の様にパワーバランスを維持させ続ける事』こそがネストが掲げる社会秩序であり、人類が抗争によって自滅しないよう、巧みにコントロールする。

大規模な戦争が起きない様に守っているネストは、AC3管理者と違い、悪意の塊の様な存在。

何故なら・・・


全てはネストの掌の上で踊らされているから


クロームムラクモ・ミレニアムが不毛な戦争を終わらせる事を目的としているのに対し、秘密裏に人類を支配しているネストは、人類をコントロールする為に戦争を永遠に続けさせる事を目的としている。


そもそも、ネスト自体「レイヴンズ・ネスト」という表向きの組織を隠れ蓑にして存在を徹底的に秘匿、隠蔽し、自身の社会秩序を乱す勢力やその真の姿に近付こうとする者はイレギュラーとみなし、大破壊前のロストテクノロジーすら用いる実働部隊高性能MTを使ってでもこの妨害要素を徹底的に排除しにかかる。(これが原因でACMOAの主人公やエラン・キュービスに正体がバレてしまった)

それでも対処出来ないイレギュラーが現れた時に備え、切り札を用意している。

ネストが掲げる社会秩序とは「我等の理想を邪魔する者は消えるべき」「人類の独立や自由は一切認めない」ものであり、企業人類自身の支配と理想を維持する為の駒でしかない。

つまり、レイヴンズ・ネストも一介の独裁者と何ら変わりない。


生き抜くがよいレイヴン。我等とお前、どちらが果たして正しかったのか。お前にはそれを知る権利と、義務がある。


最後は、初代AC主人公の手によって本体であるメインコンピュータが破壊され、パワーバランスを制御する存在を失った人類は、際限無く争いを続ける。

「大深度戦争」と呼ばれる大規模な企業間紛争を30年に渡って続けたその末に地下都市機能は完全に崩壊。

が、人類が回復しつつある地上へと回帰していき、共倒れを回避する為に『地下世界停戦委員会』を設立、停戦条約やアイザック条約を締結。

永きに亘る戦争は終息を迎えたのであった。


委員会はその後、『地球政府』として再編成され、人類は自らの手で新たな秩序を築き上げていった。

だが、ネストはまだ完全に滅んではおらず・・・


ラナ・ニールセンハスラー・ワンはネストの一部であり、初代ACの主人公のマネージャーであるRもネストの関係者と思われる


ボス・サヴェージもネストと密かに結託しており、海底基地で主人公を抹殺しようとしたのも、ネストからの指示によるものらしい。


後日談であるアーマード・コア2では、あるレイヴンがネスト復活を目論んでいたようで・・・

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    【表紙】雪広うたこ 【漫画】朝賀 庵/ASH/ウエハラ蜂/蝦夷森わに/小道明奈/samesuke/シータコマーチ/嶋次郎/世禕/タロ名/ととふみ/外岡もったす/ながべ/はかた/花森玉子/榛名ハル /ホームラン・拳/梁阿渣

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    まつお

    読む

pixivision

カテゴリー