ピクシブ百科事典

アーマード・コア3

あーまーどこあすりー

アーマード・コアシリーズの6作目。
目次[非表示]

概要



前作『AC2AA』から世界観を一新した新シリーズ。
3系、NX系としてACLRまでの5作(FF含めて6作)に渡って続く。

新シリーズではあるものの、ストーリー面では「大破壊」 「イレギュラー」といった用語や、地下都市、AIによる管理、特殊な強化が施された管理者ACといった『1作目』を意識した部分が多く見られる。

システム面では「ランク評価」 「イクシードオービット」 「左腕銃」 「射突型ブレード」 「僚機」 「武装解除」 「4人対戦」といった新システムの追加や、4脚型脚部、インサイド、基準違反機体の仕様変更などが特徴となっている。

2009年7月30日には、様々な追加要素を加えた『アーマード・コア3 ポータブル』が発売された。

ストーリー

「大破壊」と呼ばれる地球規模の大災害が発生。
地上の文明は破壊されて死の大地と化し、人口の大多数を失いつつも僅かに生き残った人類は地上を捨て、地下都市「レイヤード」へ移り住んだ。

それから数百年後。
レイヤードは「管理者」と呼ばれる者によって管理されていた。
あらゆる出来事は「管理者」によって決定され、人々は管理されることを当然のものと受け入れていた。
「管理者」の庇護の下で、人々は約束された繁栄を謳歌し、やがて、力をもつ者「企業」が生まれた。
企業はより大きな力を求めて互いに争いを始めたが、その争いすらも管理者の掌の上の出来事に過ぎなかった。

そんな「管理者」によって管理されるこの地下世界において、何者からの束縛も受けない、唯一の例外が存在した。
人型兵器アーマード・コアを駆る傭兵「レイヴン」である。

登場人物

※イラストが投稿されている物のみ掲載


登場機体

※イラストが投稿されている物のみ掲載


関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「アーマード・コア3」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4223

コメント