ピクシブ百科事典

フロム脳

ふろむのう

重度の妄想癖を罹患した状態を指す。主にフロムソフトウェア作品をプレイした際に発生するため、フロム脳と呼ばれる。
目次[非表示]

フロムソフトウェア製のゲームに汚染された頭脳、考察傾向のこと。
元来、描かれる物語の中でも多くを語らず、プレイヤーの想像力に委ねるところが大きいのがフロムソフトの作風であるが……

フロム「さあ、よく土は耕した(世界観の構築をした)し、肥料(様々な設定)もたっぷり鋤き込んでおいたよ!」
ユーザー「それで、何を植えるんですか?」
フロム「畝は作っておいた(ゲーム本編の内容)から、(二次創)作物を作るのは君たちだよ!」
ユーザー「言葉は不要か……」

これに脳を汚染されて妄想を肥大化させた状態が「フロム脳」である。

概要

フロムソフトウェア作品は、登場するNPCが最低限の事実のみを語るだけであり、「詳細(事件の発端・理由・それに伴う人の感情)の考察は受け手に大きく委ねられる」というスタンスを取っているものが多い。
もちろんゲーム内でヒントと思われる物語の断片が散見されるが、公式からの返答全く期待できない。
その為、突きつけられた事実と少ない要素を元に背景を考察するしかなく、作中で謎が一つ出てくるたびにプレイヤーは「これはどういう事だろう」と、頭を捻る事になる。
こうした考察行為がプレイ時間・プレイ作品数に応じて習慣化。
最終的には単純に雰囲気程度の設定しか存在しないキャラクターにさえも、ゲーム内の世界観や設定、要素を用いて理論的に考察したバックボーン(それも妙にあり得そうな範囲で面白そうな物)を勝手に与えるようになる。
これが、フロム脳の症状である。

なお、当初フロム製で一番人気のシリーズが『アーマード・コア』である関係上、
「フロム脳=AC系ネタのみを指す」
としているユーザーも多いが、他作品――始祖の『キングスフィールド』や最近になって人気を博したデモンズ以下『ソウル』シリーズはもちろん『O・TO・GI』や『RUNE』や『九怨』、『エコーナイト』等のマイナー作品――にもフロム脳患者は存在する。決して「フロム脳=AC系ネタのみ」という図式は成り立たないという点に留意しておきたい。一応AC界隈では『コジマ脳』というほぼ同じ意味のワードがある。

一種の妄想癖に近いものがあるが、想像力は「作品(の内容)にのみ」向かっている。
様々な設定を自力ですることの多い「中二病」とも若干趣は異なり、フロム脳においては対象となる作品について、作品の雰囲気、世界観は遵守しつつも、必要以上に肥大した妄想スレスレの過度な解釈を適用することに主眼が置かれるのが特徴。
そしてその他人の十人十色な解釈、考察を出し合い「ほう、そういう考えもあるのか」と見て回る異様な楽しみ方がある。

近年ではフロムソフトウェア以外の作品についても、作品内で描写されない部分についての考察、妄想が掻き立てられることを「フロム脳がうずく」などと表現することがある。フロム脳の概念を理解する者同士であれば非常にわかりやすい表現であるが、あくまでフロムネタであり、他作品でこの言葉を多用すると不快感を抱かれる可能性もあることに注意されたし。

難易度的な意味でのフロム脳

フロム脳という言葉が使われ始めた当初はフロム特有の『ギリギリ理不尽ではない(かも)な高い難易度』に慣れてしまい、辛口な難易度のゲームでないと満足できなくなってしまった状態をフロム脳と呼ぶ事もあった。
これが深刻化すると「フロムのゲームは別に難しくはない」と完全に脳が麻痺状態な事を言い出してしまう。
口だけだろ!と言いたくなるが、イレギュラーという者は居るものである。

考察にしろ難易度にしろ、わかる人には『脳がそういう風になってしまった』と例えるに相応しい言葉ではないだろうか。

関連タグ

アーマード・コア
ゲーム脳
コジマ汚染患者

フロム脳を発症させる傾向のある非フロム作品

新世紀エヴァンゲリオン
艦隊これくしょん
けものフレンズ
Fate/GrandOrder
アズールレーン
星のカービィ(特に熊崎信也デザインの作品)

pixivに投稿された作品 pixivで「フロム脳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 374983

コメント