ピクシブ百科事典

ダークソウル3

だーくそうるすりー

FromSoftwareによるアクションRPG。『DARK SOULS Ⅲ』
目次[非表示]

そこはロスリック
火を継いだ、薪の王たちの故郷が、流れ着く場所

巡礼者たちは、皆 北に向かい
そして、予言の意味を知る

「火は陰り、王たちに玉座なし」 

継ぎ火が絶えるとき、鐘が響き渡り
古い薪の王たちが、棺より呼び起されるだろう

概要

正式名称DARK SOULS Ⅲ
発売日2016年3月24日 ※Windows版のみ4月12日発売
価格パッケージ版/7,430円(税別)、ダウンロード版/6,930円(税別)
対応機種PlayStation4 / Xbox One / Windows
ジャンルアクションRPG
プレイヤー人数1人(オンライン時1~6人)
CERO「D」(17歳以上対象)
発売元FromSoftware
開発FromSoftware / NAMCO BANDAI Games


解説

独特の陰鬱で硬派なダークファンタジーの世界観が断片的に語られる物語、近年の和製RPGでは極めて珍しく強烈な高難度で歯ごたえある冒険を楽しめることでお馴染み『ダークソウル』シリーズ第三作。

E3 2015の開幕に先駆けて行われたイベント「Xbox E3 2015 Briefing」(2015年6月16日)にて正式発表され、2016年3月24日に発売された。『デモンズソウル』『ダークソウル』『Bloodborne』と同じ宮崎英高氏がディレクターを務めている。

本作は、「ダークソウルシリーズの集大成」と位置付けられており、ゲームシステム的にもストーリー的にもシリーズで培われてきた要素がふんだんに盛り込まれている。

舞台となる「ロスリック」は、かつて火を継いだ「薪の王」たちの故郷が流れ着く場所とされ、旧作プレイヤーにとっては懐かしい光景を所々で拝むことが出来る。

2016年10月にDLC第1弾『ASHES OF ARIANDEL(アッシュズ オブ アリアンデル)』が、
2017年3月にDLC第2弾『THE RINGED CITY(ザリングドシティ)』がそれぞれ配信された。
また、2017年4月には2つのDLCが収録された完全版『THE FIRE FADES EDITION』が発売。

ゲームとしての特徴

前作ダークソウル2のように「敵が大量に襲ってくる」より、デモンズソウルや無印ダークソウルに近い、「マップ構成そのものを罠として」殺しにかかってくるタイプの死にゲーとなっている。

攻略エリア

エリア同士の繋がりは基本的にシームレスだが、拠点となる「火継ぎの祭祀場」は各攻略エリアとは別次元にあり、デモンズソウルBloodborneに似た形式。また無印ダークソウルほどエリア間の繋がりは複雑ではなく、どちらかと言えばダークソウル2に近い。

各エリアは、ハード性能が向上したため、過去作より3次元的な広さが増し、ボリュームたっぷりな探索を楽しめる。
また広いといっても要所でショートカットや中間ポイントとなる篝火が用意されているため、ぬるく…もといプレイし易くなり、モチベーションを絶やさず楽しむことが出来る。

アクション

アクションは、ダークソウルダークソウル2と比較してスタミナ回復速度や走る速さが快適になって全体的にもっさり具合が抑えられており、よりデモンズソウルに近づいた印象。

またソウルシリーズでは「盾で敵の攻撃をブロックし、反撃する」というのが基本戦術であるが、今作では盾の受け性能が弱体化しており、ただ盾を構えているだけでは、敵の猛攻であっという間にスタミナが尽きて死亡してしまう恐れがある。
時にはローリング等で敵の攻撃を掻い潜って懐に入っていくという、Bloodborneのような積極性も求められるゲームバランスとなった。

生者・亡者

今作のプレイヤーは「火の無い灰」と呼ばれる存在であり、死亡していわゆる旧作の「亡者」にあたる状態になっても、ゾンビのような外見にはならず、ただ最大HPが減少するだけ。
この状態から「残り火」(旧作での「人間性」「人の像」に相当)を使用することで火を纏った状態となり、最大HPが本来の数値になり、他のプレイヤーを協力霊として召喚・あるいは闇霊に侵入されるようになる。

ただし、ある条件を満たすと死亡時に呪いが蓄積するようになり、ゾンビのような外見にすることも可能。

協力・侵入プレイ

協力・侵入に関しては、「狂った闇霊」と呼ばれる存在が追加されていることが挙げられる。
ホストの世界に侵入し、その殺害を目的としていることは通常の闇霊と共通しているが、彼らの場合はそれだけではなく、「ホストに追従している協力霊」「侵入してきている他の侵入霊」もターゲットとなり得る。簡単に言えば周囲全てを敵とする闇霊である。
その性質上、ホストの味方に回って他の侵入霊から守るといったプレイも可能だが、ホストたちが油断したところで、肝心なところで裏切りホストを殺害するといったプレイもまた可能であるため、油断は禁物である。

他プレイヤーを殺害した者に対して侵入する報復霊は実装されておらず、その役割を果たしていたはずの「暗月の剣」の誓約は、「青の守護者」と同じく、青教のプレイヤーの世界に侵入者が現れた際に召喚され、それを撃退する役割となっている。

なお、今作ではあるアイテムを使用することで、通常最大2体しか召喚できない協力霊を3体まで召喚出来るようになる。ただし、闇霊の侵入数も1体分増えるため、よく考えて使用しなければならない。

戦技

戦闘システムにおける大きな変更点としては「戦技」の導入が挙げられる。
簡単に言えば、武器ごとに設定された特殊行動・特殊攻撃である。

基本的には、武器を両手持ちにした状態で使用可能なアクションであり、例えば直剣の多くが持つ「構え」の場合、剣を構えた姿勢を保ち、その状態からR1で強制ガードブレイク効果を持つかち上げ斬り、R2で突進からの突きに派生する。
直接何らかの攻撃を行うものや、何かしらの補助魔法を付与するもの等、同じ武器種でも様々な戦技が存在している。

FP制の導入

今作では上記の戦技や魔法(魔術・奇跡・呪術)使用に、「FP」(いわゆるMPに相当するもの)を消費する仕様となった。ダークソウル旧作のような回数制ではなく、デモンズソウルのようなゲージ消費制であり、FPとスタミナを消費して用いる形式となっている。
FP回復専用の「灰のエスト瓶」が追加されたが、瓶の総数はHP回復用のものと共有されているため、それぞれを何個ずつ振り分け、持ち歩くかも駆け引きの一つとなっている。

双刀武器

ダークソウル2での、二刀流による特殊モーションは今作では廃止されており、代わりに両手持ちにすることで逆の手に対になる武器を装備する「双刀武器」が実装されている。
他武器よりも重量がかさむ傾向があるものの、両手持ち時には戦技に加えて、L1攻撃で特殊モーション攻撃を行えるのが特徴となっている。

以下、ネタバレ注意

登場人物

DARK SOULS3 騎士


『火の無い灰』
主人公。プレイヤーの操作する自キャラ。
灰は、器であり、主なきソウルを取り込むことが出来る。
活力を失って滅び行く世界を救うため、火継ぎの儀式に必要な逃亡した薪の王たちを玉座に連れ戻すことが使命である。
ゲーム中の行動・選択次第でエンディングが変化する。

火継ぎの終わり


「きっとこれが、火防女の失くしたものなのですね…」
火防女
シリーズ恒例の主人公をレベルアップさせてくれるサポート・キャラ。
主人公が目の前で変なジェスチャーをすると堪え切れず、手で口を押えて噴き出す所がある。

「それは君の使命
 君はただ、王道を正しているのだから」
クールラントのルドレス
主人公が入手した異形のソウル(ボスのドロップアイテム)からユニークアイテムや魔法を作成してくれる。
かつて禁忌とされるソウル錬成炉を研究し、故国クールラントを貶めて追放者となった小柄な王。
他の王たちが玉座に絶望して逃げ出した中、ただ一人、玉座に残っている。

脱走者


「狂人が、せいぜい足掻くといいさ」
脱走者ホークウッド
シリーズ恒例、拠点で絶望して座り込んでるだけの戦士、通称青ニート
…と思いきや、とあるボスキャラと密接な関係にあり、白霊としても召喚可能。
更に条件を満たすと…

鍛冶屋アンドレイ
過去作『DarkSouls』にも登場した気の良い鍛冶屋。
武器・エスト瓶の強化等を担当し、今作でも色々とお世話になる。

祭祀場の侍女
火継ぎの祭祀場で主人公、火の無い灰に仕える侍女。
各地に落ちた遺灰、ソウルを渡すことでアイテムを引き換えてくれる。

グレイラット


不死街のグレイラット
かつて名を馳せた泥棒。
義賊という自負があり、世話になった主人公に恩を返そうとする。

センシティブな作品


「互いを仲間と思いこむのは勝手だが
 それを信じ、また押し付けぬことだ」
薬指のレオナール
火継ぎの祭祀場に現れる謎の男。
どことなく過去作の登場人物を思い出させる…。

「王に、おなりください… ロスリック、様…」
祭儀長エンマ
ロスリック城で主人公を待つ老婆。

「すばらしい。やはり貴公こそ、我ら亡者の王たる者だ。」
ロンドールのユリア
火継ぎの儀式を進める主人公が次の時代の王と考え、手助けをしてくれる。

「いってらっしゃいませ、我らの王よ…」
ロンドールのヨエル
ロスリックに流れ着いた巡礼者のひとり。
主人公を灰の英雄、我らの王と呼び、従者となる魔術師。

ダクソ詰め③


「また戻りたまえよ
 弟子なき師は空しいものだからな。」
大沼のコルニクス
不死街で鉄の籠の中に囚われていた呪術師。
助けると呪術を教えてくれる。

ダークソウル3 イリーナ


「怖いのです。私を苛む暗闇が…。」
カリムのイリーナ
陰気な聖職者の国…、もとい敬虔で信心深い人々が多く暮らすカリムの聖女。
火防女となるべくやって来たが、その資格がなかったため、なり損なっている。

Eygon of Carim


「頭のおかしい爺婆と、陰気な落伍者たちの、棺桶とは安心したよ。
 いかにも、あの女に相応しい場所じゃあないか」
カリムのイーゴン
イリーナに仕えるカリムの騎士。
聖女を守る騎士だが、イリーナに対して辛辣な言葉を投げる。
ただカリムの騎士としての忠節は、決して揺るがない。

「約束とは、まったく悩ましものだよ…」
カタリナのジークバルト
タマネギ騎士。
独特のフォルムを持つ鎧姿の騎士で、やはり過去作の登場人物を思い出させる。
彼にも使命があり、目的地を目指している。

"Good night,grandad..."


「貴方の旅に、月の加護がありますよう」
薄暮の国のシーリス
主人公に協力してくれる女騎士。
が、凄く…もとい頼り無い。
そんな彼女にも使命があるらしい。

hodrick


「…だが、人はいつか狂う。」
聖騎士フォドリック
不死街で出会う好々爺。
口調は、明るいが火の無い灰、亡者が狂っていくということに絶望している。

「…ああ、貴方は強い人だ。
 ただ一人で、使命に向かっている
 そして私も、そうあろうと思います」
アストラのアンリ
没落したアストラの上級騎士だが、アンリも故国の名前を知るのみとなっている。
深みの聖者エルドリッチを倒すという使命を帯び、居場所を探索している。
また同行人ホレイスを心から信頼している。

沈黙の騎士ホレイス
アストラのアンリの同行人。
無口。

「…そんなに嫌な顔をするなよ」
ヴィンハイムのオーベック
生贄の道で出会う魔術師。
過去に嫌な体験があったのか、利用されるということに変に反応する。

「まいどあり、ハニー」
不屈のパッチ
シリーズ恒例の登場人物、パッチ。
相変わらず食えない上に憎めない男だが…。

センシティブな作品


生まれ変わりの母、ロザリア
深みの聖堂に住む異形の女。
彼女に話しかけるとステータスの振り直し、姿の変更ができる。

カーラ


「…冗談だよ」
カルラ
イルシールの地下牢に囚われていた魔女。
過去作の登場人物を思い出させる。
自らを異端、人の深淵が生み出した忌み子としつつも闇を覗くことと無視することは、同じと断言する辺り、真っ当に異端者らしい。

騎士団総長ヨルシカ


騎士団総長ヨルシカ
火を継ぐ者を守る暗月の騎士団総長。
薪の王グウィンの息子グウィンドリンが、かつて騎士団総長を務めたが、彼が病に倒れたためヨルシカが後継者に就任した。
しかし法王サリヴァーンにより騎士団は解体され、彼女も幽閉されている。

「…これで、灰はふたつだ…」
奴隷騎士ゲール
深みの聖堂で倒れている騎士。
主人公をアリアンデル絵画世界に導く。

「…やはり灰は、火を求めるのですね…」
修道女フリーデ
アリアンデル絵画世界の礼拝所に居る女。
主人公に、ここに貴方の役目はないと言い放ち、元の世界に帰る様に進言する。

Sir Vilhelm


「さあ、中に入れ。そして、謹んでその耳を澄ますがいい。
 どうした?愚図愚図せず、中に入れ。
 そして、謹んでフリーデ様の言葉に耳を澄ますがいい。」
騎士ヴィルヘルム
アリアンデル絵画世界の礼拝所の入り口に立っている騎士。
フリーデに仕える騎士であり、主人公に乱暴な対応をする。

模写 ダークソウル3のアリアンデル絵画世界の画家ちゃん


「…貴方の名前を、教えて下さい
 新しい画に、その名を付けたいのです。」
「ずっと寒くて、暗くて、とっても優しい画…」
画家(お嬢様)』
アリアンデル絵画世界の礼拝所の2階で絵を描いている少女。
新しい絵画世界を描くという使命があるが、そのための顔料が足らないという。

記憶を亡くしたラップ
吹き溜まりで座り込んでいる記憶がないという重装備の騎士。
主人公に協力してくれる。

フィリアノールの騎士、シラ
輪の都の教会に、一人閉じこもっている女性。

Filianore


王女フィリアノール
輪の都で眠り続けている王女。
彼女の眠りを守るため、数々の敵が襲い掛かって来る。

登場ボス

灰の審判者、グンダ
最初のボス。火の無い灰の審判者。

冷たい谷のボルド
ロスリックの高壁のボス。
冷たい谷イルシールの遠征騎士の一人で法王サリヴァーンに持たされた瞳の指輪の効果により、獣となった。

呪腹の大樹
高壁の下、不死街に流れ着いたおぞましい呪いを吸い続けた大樹。

結晶の古老
生贄の道に現れるボス。
分身とワープを繰り返しながら魔法で遠距離攻撃を重ねてくる。

deacons of the deep


深みの主教たち
深みの聖堂で聖者エルドリッチの柩を守る司教たち。
もとは深淵、深みを封印するのが彼らの役目だったが、逆にそれに飲み込まれている。

『三人の大主教』
聖者エルドリッチに従う、深みの聖堂の三人の聖職者たち、ロイス、マクダネル、クリムト。
もとは深淵、深みを封印する役目を任されていたが、今や逆にそれに飲まれている。
この内、大主教ロイスがボスキャラ「深みの司教たち」の首領である。彼は、深みの聖堂にエルドリッチが帰還すると信じ、彼の柩を守り続けた。

深淵の監視者
不死者だけで構成された戦闘集団、人呼んでファランの不死隊。
深淵の兆候を監視し、その兆しのある国を攻め滅ぼすことが使命だった。
本来、彼らに薪の王たる資格はなく、彼らが分け合った狼の血に、その資格があったようだ。

覇王ウォルニール
砂漠の国カーサスの覇王。
かつて強力な剣士たちを従え、征服した国の王冠を潰し、遂に唯一つの王冠の主となった。
だがしかし死の淵に陥って傲慢な王は、はじめて神に祈った。己こそが最後の死者たらんことを。

[DS3] Old Demon King


デーモンの老王
炎から生じた滅び行く種族、デーモンの王。

法王サリヴァーン
冷たい谷イルシールに君臨する王。
野心家で邪魔者を排除するため、旧王家の末裔たちを追放、深みの聖者エルドリッチを廃聖堂に封印し、神々を食わせた。…が、薪の王には選ばれなかったらしい。
魔術師のくせに両手に剣を持って振り回してくる。

巨人ヨーム
罪の都の孤独な王。
征服者の末裔であり、人々の声に応えて常に先陣に立ち、盾となり剣となり、遂に薪の王になった。
それが例え、心にもない偽りであったとしても。
故に彼は、孤独で二振りの大剣ストームルーラーの一振りを彼を敵視した民に、もう一振りは信じた友に預けた。
もし自分が王道に背く時、その剣で自分を討たせるために。

神喰らいのエルドリッチ
深みの聖者。
法王サリヴァーンにより、廃聖堂に封印された人食らいの怪物で、それに飽き足らず遂に陰の太陽グウィンドリンら、古い神々を食らって強大な力を得たという。
薪の王の一人に選ばれたが、次に来る深海の時代を見るために玉座から逃れた。

誓いの証


冷たい谷の踊り子
法王サリヴァーンに命じられ、踊り子にされた旧王家の末裔。
遂に遠征騎士として冷たい谷イルシールを追い出され、彼女もサリヴァーンの瞳によって獣となった。
尻。

Oceiros


「ああ、愚か者どもめ。
 ようやく気付いたのだろう。愛しいオセロット、竜の御子の力に。
 だが、そうはいかぬ。この子は、私のすべてだ。」
妖王オスロエス
かつてのロスリック王。
血の営みに発狂し、大書庫の異端たちと結んで白竜の信仰に縋った。
が、月光に見えることさえ叶わなかったという。

英雄グンダ
時間のねじれた空間で対峙するグンダ。
遅れてきた英雄は、名もない戦士に敗れ、螺旋剣の鞘となって灰の審判者になった。
資格を持つ者が、やがて現れるその日まで。

竜狩りの鎧
かつて竜狩りの戦士が身に纏っていたという鎧。中身は無いが「巡礼の蝶」に操られ襲い掛かってくる。
DLC2『THE RINGED CITY』にて中ボスとしてまさかの再登場を果たす。

古の飛竜
気の遠くなるまでの年月、古龍の頂に舞う飛竜。

無名の王
古龍の頂の大鐘楼を鳴らすと何処からともなく現れる、正体不明の人物。

兄王子ローリアン&王子ロスリック
ロスリック、聖王の末裔。
しかし薪の王となることを拒んでいる。

???(ネタバレ注意)
本作のラストボス。

王者の墓守&墓守の大狼
DLC1『ASHES OF ARIANDEL』のボス。
教会へと続く橋を破壊することで到達できる「絵画の底」にて出現。
王者の墓守のHPが半分を切ると、道中でもプレイヤーを妨害した大狼が呼び出される。

「やはり君には、灰には、火が相応しい」
???(ネタバレ注意)
教父アリアンデル
DLC1『ASHES OF ARIANDEL』のラストボス。

センシティブな作品


デーモンの王子
DLC2『THE RINGED CITY』のボス。
最初は「傷ついたデーモン・うろ底のデーモン」という2体一組のボスだが、倒した方が復活しデーモンの王子となる。

Spear Of The Church


教会の槍、ハーフライト
DLC2『THE RINGED CITY』のボス。
王女フィリアノールの眠りを守る教会の守り人。神官アルゴーの契約により召喚される。
なお、オンラインプレイ時は「誓約:教会の槍」に属するプレイヤーが代わりに召喚される。

闇喰らいのミディール
DLC2『THE RINGED CITY』のボス。
かつて世界には朽ちぬ竜だけがあった。はじまりの火を手にした神々はこの古竜たちを滅ぼしたが、末裔であるミディールは神々に育てられ、永遠に闇を食らい続ける役目を与えられた。
それは神々が去り忘れられた今も続く。

???(ネタバレ注意)
DLC2『THE RINGED CITY』のラストボス。

関連タグ

フロムソフトウェア
ダークソウル
ダークソウル2
デモンズソウル
Bloodborne

関連記事

親記事

ダークソウル だーくそうる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークソウル3」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16535544

コメント