ピクシブ百科事典

闇喰らいのミディール

みでぃーる

フロム・ソフトウェア開発のダークファンタジーアクションRPG『DARK SOULS3』のDLCにおける隠しボスキャラクターの一体。
目次[非表示]

概要

ダークソウル3のDLC第2弾「THE RINGED CITY」にて追加されたボスの一体。神々に育てられた古竜の末裔であり、闇を喰らう使命を与えられ、最後に輪の都へ闇に侵され戻ってきた。深淵属性を持つことからミルウッド騎士の装備品に記された「深淵の竜」とも考えられる。初代ダークソウルにおける黒竜カラミットの様な立ち位置にいる。輪の都で出会うNPC、フィリアノールの騎士、シラとは彼女曰く友人であるという。輪の都を飛び回っており、道中ブレスを吐き攻撃したり橋に立ちふさがって進行の邪魔をしたりもしてくる厄介なギミックとしての一面も持つ。彼と戦うためにはまず橋で立ちふさがる彼のHPを0にし、闇の谷へ落とすことでボスとして戦えるようになる。彼と戦うエリアは隠されており、シラからその場所のヒントを聴くことが出来る。

ボスキャラとして

ダークソウルシリーズ最後のDLCで隠しボスのポジションにいるだけあってまさにフロムからの挑戦状ともいうべき程の凄まじい強さである。このDLCのラスボスよりも撃破時の取得ソウルが彼は多いためまさに裏ボスであろう。異常な攻撃力、非常に硬い防御力、読みづらい動きと三拍子揃った強敵の中の強敵である。状態異常も全て無効であり頼れるのは己の腕、もしくはオンラインでの白霊のみとなるだろう。雷属性に弱く、また深淵属性を持つため狩りの武器やかの狼騎士深淵の監視者たちが振るった剣を携え、勇気を奮って立ち向かおう。とにかく暴れまくる印象からどう立ち回ればいいかわからない印象があるが一番安全な位置は真正面。頭以外は攻撃しても殆どダメージは通らず、また足元にいると危険なブレスや尻尾攻撃が飛んでくるため恐れずに正面に陣取り的確に彼の動きを見極め、躱し、反撃を頭に叩き込む事こそが勝利への一歩である。体力が50%を切ると闇属性の爆発を行い、さらに闇爆破攻撃、及び大量の追うものたちを放つ攻撃が追加される。彼との遠距離戦闘は絶対に避けたい。理由は時たまに火炎放射を直下で撃つことがあるが吐いている火炎が光ったかと思うと常軌を逸した破滅的威力を誇るビーム&追従爆破をどこぞの大怪獣の如く撃ち出してくるためである。

薪の王総辞職ビーム


誰が呼んだか『薪の王総辞職ビーム』。その様は完全にDLC配信の前年に公開されたとある映画のワンシーンの如しである。HPが半分以下の場合このビームは事もあろうに滅茶苦茶に乱射しまくる為急いで左足の足元へ入り込まない限り敗色は濃厚となるだろう。頭のみを攻撃し、HPを7割ほど削ると倒れ込み、頭へ致命の一撃が叩き込める。この致命の一撃は特殊仕様で武器によってはそのまま撃破、撃破できずともHPを残り僅かまで一気に減らせる大チャンスの為この機は絶対に逃さず致命の一撃を叩き込みたい。死闘を超えた死闘の果て、彼を撃破することで「闇喰らいのミディールのソウル」と新誓約用アイテム、「教会の槍」が入手できる。

余談

ソウルシリーズの竜系統のボスは尻尾を切断できる者が多いが彼の尻尾はどんなに攻撃を加えても切断は不可能であるため尻尾を狙う意味は一切ない。
彼のソウルからはドラゴンウェポン「綻び刀」と魔術「古き月光」が練成できる。綻び刀は技量要求40と非常に高く耐久度が20と非常に低いことと固定の闇属性値、多少重めな点を除けばモーション自体は打刀と同じであるがこの武器の真価は戦技である。戦技により居合の構えから通常攻撃で闇の光波、強攻撃で目にも止まらぬ4連の斬撃を叩き込む。その剣技はどこかの閻魔刀戦国武将の剣技を思い出さずにはいられない。古き月光はフロム伝統のムーンライトソードのスペル版であり、FP消費はソウルの大剣と同じではあるが威力、外見が違い、特に光波が付き、かつタメが可能と言う点で差別化がなされている。



古い竜の末裔ミディールは、神に育てられ

朽ちぬが故に、永遠に闇を喰らう使命を持った

神がとうに滅びた後も、忘れることはなかった



関連タグ

ダークソウル3

pixivに投稿された作品 pixivで「闇喰らいのミディール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8458

コメント