ピクシブ百科事典

王たちの化身

おうたちのけしん

フロム・ソフトウェア開発のダークファンタジーアクションRPG『DARK SOULS3』のボスキャラクター
目次[非表示]

本項目は『ダークソウル3』に関する重大なネタバレを取り扱っており、
プレイ前の閲覧は初見の楽しみを大きく削ぐ可能性があります。
出来れば到達前であればブラウザバックを推奨します

















































はじまりの火を継いだ薪の王たち


神のごとき彼らの「化身」



Soul of Cinder




概要

火継ぎの祭祀場にある深淵の監視者 追放者ルドレス 罪の都、巨人の王ヨーム 深みの聖堂、聖者エルドリッチ 血統の末、ロスリックの聖王の5つの玉座ヘ王の薪を戻し、その後篝火からの転送で到達することができる最初の火の炉にて待ち構える本作のラストボス。

無印(ダークソウル)の時代、祭祀場の地下深くに存在していたはずの火の炉は、永い年月の経過によりあらゆる時代の地が「吹き溜まった」空間の一部と化している。

容姿

篝火に刺さる螺旋の剣を持ち、炎を纏う焼け爛れ歪んだ騎士の姿をしている。
その姿はどこか上級騎士装備一式を思い起こさせ、後頭部には異形の王冠が形作られている。

実はパッケージや配信されたテーマ等で描かれているのは彼(彼等?)。
それまでのシリーズのパッケージはボスではなく作中で手に入る騎士装備を身に着けているキャラクターが描かれていたため、発売当初はまさかパッケージに描かれているのがラスボスであるだろうとは誰も思わなかっただろう。

ボスキャラとして

ラスボスだけあって強い。他のボスとは違いダークソウル過去作のプレイヤーを彷彿とさせる動きを見せる。最初は篝火の螺旋剣1振りのみで戦うが、体力を減らすと螺旋剣を変形させモードチェンジを行う。
モードは4つあり、それぞれがプレイヤーの動きとほぼ同じであるため対人戦に慣れていればそのノウハウが活用できるであろう。
ダメージを続けて与えていくと膝をついて暫く怯むためそのチャンスを生かそう。

直剣モード
剣を用いた攻撃のみ行う。素早く、攻撃の威力も高いので注意。

杖モード
魔術のみの攻撃を行う…と思いきや、杖として使う逆手持ちの火継ぎの大剣で斬りつけてくることもある。近距離戦は有効だがソウルの大剣にも注意。
使用魔術は拡散するソウルの矢2連発、ソウルの大剣、浮遊するソウルの結晶塊、ソウルの結晶槍、ソウルの奔流。
浮遊するソウルの結晶塊は、王たちの化身が青白いオーラを纏っている間自動で展開される。モードチェンジ後も継続。

槍モード
槍の攻撃がメインだが奇跡を使い、斧槍のモーションもあるため注意。
使用奇跡は神の怒り、回復(神の怒りはたまに2連発で放つあたりに対人戦の既視感を覚える…)

曲剣モード
素早い斬撃と呪術が厄介なモード。無印で有名だった木目の指輪ローリングを行うため、無印をプレイした方は思わず苦笑いであろう。
要注意攻撃としてこのモード限定で膝をついて怯んでいる時に前面範囲から攻撃しているとパリィから致命の一撃を決められてしまう事もあり、このモード中に限っては怯んだ後後ろに回って攻撃を加えたい。
使用呪術は大発火、火の玉、猛毒の霧、内なる大力(HP減少なし)


多数のモードチェンジに苦労しながらも倒すと…



















最古の薪の王グウィン以来


はじまりの火を継いだ偉大な王たちのソウルが


いつか火を守る化身を生んだのだろう


王たちの化身







地面に剣を突き刺して爆破攻撃と同時にHPが全回復し第2形態となり、BGMもかつての薪の王グウィンを思い起こさせるピアノベースの曲となる。

動きや攻撃もグウィンに近いが、グウィンと違いパリィは出来ない。
薪の王グウィンの時は使用してこなかった雷系の奇跡を使用してくる。
遠距離では太陽の光の槍と、ダークソウル2の「裂かれる雷の槍」のような攻撃を仕掛けてくる他、近距離では太陽の光の槍を雷の杭として打ちこんでくる。
絶対に喰らってはいけない技として4連撃からの爆破があるが、この技は連撃のどれか1つでも喰らうと連撃で打ち上げられ続け、最後の爆破まで繋げられてしまい、即死級のダメージを受ける。
最後の突き刺し爆破の範囲も常軌を逸しているため、この技の予備動作である野球のバッティングポーズの様な構えを見たら全力で離れよう。

2連戦を苦労しながらも王たちの化身を倒せば見事エンディングへの道が開ける。

余談

彼を倒した後、祭祀場の侍女から彼の防具、火継ぎ装備一式が購入できるが胴装備の背中をよく見ると…
…バックスタブを受けた跡と思しき3つほどの刺し傷がある。
実際に王たちの化身は歴代プレイヤーの集合体の様なものなので俺たちの化身とも一部で呼ばれている。言いえて妙である。

そして、エンディングへ

ついにはじまりの火へとたどり着いた主人公。火を継いで薪の王となり火の時代を存続させるか、火を消して火継ぎを終わらせるか、火を奪い亡者の王として闇の時代に君臨するか、あるいは…
主人公がどのような選択を選ぶかはプレイヤーであるあなた自身の今までの行動と意思に委ねられる…



私は、自らの意志で薪の王となった。そのことに誇りもある


だから君も、自分の意志で選びたまえよ


                   クールラントのルドレス


関連タグ

ダークソウル3
歴代の薪の王たち
薪の王グウィン ダークソウル無印の主人公 
深淵の監視者 クールラントのルドレス 巨人ヨーム 神喰らいのエルドリッチ 双王子

pixivに投稿された作品 pixivで「王たちの化身」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 178832

コメント