ピクシブ百科事典

ロンドールのユリア

ゆりあ

FromSoftwareによるアクションRPG『DARK SOULS 3』のNPC
目次[非表示]

…やあ、貴公。ヨエル殿の主だな


私はロンドールのユリア。ヨエル殿の友人だ


…貴公は、彼の魂を救ってくれた


ありがとう。友人として、礼を言わせてくれ



概要

亡者の国、ロンドールからやってきた女性。
喪服のような黒いドレスと鉄仮面、腰の刀が特徴的。
プレイヤーがロンドールのヨエルを従者とし、彼から本当の力を5回引き出してもらい、暗い穴が5個になるとヨエルは亡くなり、彼女が出現する。
ヨエルの売っていた品揃えを引き継ぎ、アイテムや魔法をさらに追加し販売してくれる。
















これ以降は『ダークソウル3』の隠しエンディングに関するネタバレを取り扱っており
プレイ前の閲覧には注意してください
出来ればプレイ前であればブラウザバックを推奨しますが条件が複雑なイベントなので
隠しエンディング到達が目的であれば閲覧を推奨します











そして、もうひとつ


…貴公、既に王なのだろう?


暗い穴を穿たれた、我ら亡者の王だ


貴公がそれである限り、我らロンドール、貴公に従い尽くすだろう


勿論、私も貴公のものだ…



キャラクター

彼女はロンドール黒教会、三姉妹の指導者のうちの一人であり、火を奪い、亡者の王によって神の時代から人の時代へと時代を変えることが目的。
彼女自身も卓越した剣士でありドレスの内には鎧が隠されている。その剣の腕前はたった3人で黒教会を築き上げるほどであり、彼女自身も百の騎士を葬ったという。
隠しエンディングルートにおいては火防女に代わり彼女がヒロイン的立ち位置となる。
黒教会創始者の三姉妹は次女、ユリア、三女、リリアーネが判明しているが長女は不明。
しかし

イベント

来たるべき闇の時代に向け、主人公を闇の時代に君臨する亡者の王とするためにいろいろな協力をしてくれる。
また、友人の巡礼者に王たる主人公にふさわしい伴侶としてアストラのアンリを導くよう伝えている。
ただし、このイベントは失敗する要素が多いためここにイベント失敗回避の為に失敗条件を挙げておく。
①暗い穴が4つ以下の状態で「カーサスの地下墓」へ入る
②暗い穴4つ以下でヨエル殺害
③ユリアを攻撃して敵対または殺害する
④暗い穴が5つになる+アストラのアンリを殺害する
⑤巡礼者を冷たい谷のイルシール、ヨルシカ教会で殺害する
暗い穴を癒す
この条件のいずれかを満たしてしまう事で裏切りとみなされロンドールより刺客が送り込まれる…
また、アストラのアンリの生存もこのイベントに大きく関わるため重要視したい。
特にカーサスの地下墓でのアンリイベントに注意。
魔術を売ってくれるNPC、ヴァンハイムのオーベックを祭祀場に連れてくると主人公に危険な男なので王自らの手で誅してくださいと言われる。この会話を聞いたのち「オーベックの遺灰」をユリアに渡すと武器「モーリオンブレード」を貰える。
彼女と友好関係の場合ロンドール黒教会の刺客、「ロンドールの白い影」が白霊として度々サインを出してくれる。
アンリを生存させたままイルシールのヨルシカ教会へ着くとアンリがおり、その近くの石像に擬態している巡礼者がいる。
その後イルシールのボスを倒した後にアノール・ロンド手前にあるかつてグウィンドリンと戦った暗月の霊廟へ向かうとアンリとの契りの儀式を行い、さらに暗い穴を3つ入手する。
暗い穴が8つの状態でラスボスを倒せば隠しエンディングを見ることができる。
ラスボスと戦う前にボスエリア手前でユリアのサインが存在し、白霊の彼女を生存させたままラスボスを倒すと撃破後彼女は祭祀場から姿を消し、彼女の装備一式と刀「闇朧」が落ちている。


余談

DLCのボスを倒し、そのソウルを彼女に見せると…
また、暗い穴が8個の状態だと攻撃しても一切敵対しない。
殺害した時に「カアス…貴方の遺志を…」と呟き、また装備説明に「世界蛇の娘」と書かれているため初代ダークソウルのNPC、闇撫でのカアスとも何らかの関わりがある様だ。



そして

最初の火の炉で火の簒奪者となり、ついに闇の王、亡者の王になった主人公。ユリア、リリアーネとロンドールの亡者たちを導く主人公はこれからどのように闇の時代を生きるのだろうか…
(この時主人公の性別が男性だと右奥にアンリと同じ上級騎士装備の人影が見える)




簒奪者よ、どうか火を奪ってください


その力を、あるべき人の姿、すなわち我ら亡者の手に



関連タグ

ダークソウル3 

???(DLCのネタバレ注意)

pixivに投稿された作品 pixivで「ロンドールのユリア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60966

コメント