ピクシブ百科事典

スティンガー

すてぃんがー

「sting」に人を表す-erをつけたもの。意味は言うまでもなく「刺し貫く人」。もしくは毒針の意味を示す英語。
目次[非表示]

一般的には

  1. アメリカジェネラル・ダイナミクス社が開発した携行式地対空ミサイルランチャーFIM-92
  2. フロムソフトウェアから発売されたロボットアクションゲームアーマードコア』シリーズの登場人物。面倒が嫌いなあの方。
  3. サバイバルホラーバイオハザード0』に登場するB.O.W.
  4. アクションゲーム『デビルメイクライ』における技の一つ。牙突みたいなもんである。
  5. 日本の競走馬。1998年の阪神3歳牝馬ステークス(現阪神ジュベナイルフィリーズ)を制した。
  6. 映画トランスフォーマー ロストエイジ』に登場するディセプティコンの一人。
  7. 宇宙戦隊キュウレンジャー』の登場人物→スティンガー(キュウレンジャー)
  8. ウルトラマンガイア』の登場マシンGBTスティンガーの略称。


面倒が嫌いな人

いいか、俺は面倒が嫌いなんだ
CV:速水奨
アーマード・コア プロジェクトファンタズマに登場するレイヴン
ウェンズデイ機関に所属するレイヴンであり、終始主人公のライバルとして関わってくる。
事あるごとに面倒面倒言うのでセリフ的には印象が濃い。
ちなみに中の人は、後のシリーズとても面倒なプランを頑張って実行する参謀家に生まれ変わっていた。

生物兵器のスティンガー

バイオハザード0』(同作を元にしたストーリーのあるUCにも登場)に登場するサソリ型のB.O.W.
いざ作ったはいいが、知能が低く有用性がない為量産されなかった。
黄鉄道列車内で突然登場するが、狭い車内にどうやって入ってきたのかわからないようなサイズであり、デカイハサミをや尻尾を振り回して攻撃してくる。
端に追い詰められたらすぐに扉を出て別の車両に移らねば腹を刺されて即死、レベッカの断末魔を聴く羽目になる。

競走馬・スティンガー

父・サンデーサイレンス。母・レガシーオブストレングス。
1998年11月8日にデビュー戦を勝利し、続いて2戦目となる赤松賞にも勝利。
その翌週に連闘で阪神3歳牝馬ステークスに出走して勝利。
デビューから1ヶ月足らずでGI制覇という快挙を成し遂げた。


『トランスフォーマー/ロストエイジ』のスティンガー

※本編のネタバレ注意


2014年に公開された実写映画4作目『ロストエイジ(原題:Age of Extinction)』に登場するディセプティコンの一人で、赤いカラーリングのパガーニウアイラ変形
前作『ダークサイド・ムーン』でのシカゴの惨劇により設立された反トランスフォーマー組織「KSI」(Kinetic Solutions Incorporated)が、シカゴ戦で討ち取られたディセプティコンの残骸や、その直属の実働部隊「墓場の風」が極秘に行った「オートボット狩り」で殺害したオートボット幹部の亡骸を解析して得たデータを基に、バンブルビーをモデルとして開発した人造トランスフォーマーのプロトタイプ
当初はKSIが遠隔操作して動かしていたが、同様にして開発されたガルバトロンの叛逆と同時に人間による制御を離れ、ディセプティコン軍団へと寝返った。
ロボットモードの姿はバンブルビーに似つつも、カラーリングは赤と緑を基調としており、頭部の形状はバンブルビーが戦闘時に装着するバトルマスクそのものである。
KSIはバンブルビーと同等かそれ以上の性能を持つと主張していたが、性格は彼とは対照的に歪んでおり、自身を模した「コピー品」に対してバンブルビーは自主規制音を伴う言葉で罵る・(待機状態の)スティンガーを殴り倒すなどして露骨に怒りを剥き出しにしており、終盤の戦闘でスティンガーを討ち取った際にはラジオの音声で「コピー商品は嫌いでね」と言い放った。




ネタバレ終了

関連イラスト

AC

ヴィクセン
ヴィクセン


スティンガー


スティンガー


TF

デフォルメスティンガー



関連タグ

 英語
アメリカ合衆国 ミサイル
アーマード・コア レイヴン
バイオハザード0 B.O.W. 
トランスフォーマー 実写TF ロストエイジ ディセプティコン バンブルビー

pixivに投稿された作品 pixivで「スティンガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 318723

コメント