ピクシブ百科事典

デススティンガー

ですすてぃんがー

デススティンガーとはタカラトミーが展開していた、玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の戦闘兵器・金属生命体の一種。 歴代最強のサソリ。
目次[非表示]

スペック

機体名デススティンガー
番号EZ-036(バトルストーリー)
所属ガイロス帝国ネオゼネバス帝国(バトルストーリー)
分類ウミサソリ
全長 19.4m(陸)28.8m(海)
全高10.7m(陸)4.6m(海)
重量320.0t
最高速度185km/h(陸)72kt(海)
乗員人数1名
武装
  • レーザーファング×2
  • ストライクレーザーバイトシザース×2
  • レーザーカッター×2
  • AZ35mmバルカン砲×4
  • Eシールドジェネレーター
  • ロケットブースター
  • 収納式AZ105mmリニアキャノン×2
  • 荷電粒子砲
  • AZ120mmハイパーレーザーガン×2
  • AZ120mmハイパービームガン×2
  • AZ930mm2連装ショックガン


概要

ガイロス帝国が開発した水陸両用のウミサソリ型巨大ゾイド
尻尾に当たる部分に装備された荷電粒子砲の他、規格外の超大口径衝撃砲hmm版ではエネルギー砲で、収束と散弾形式に切り替え可能)など、強力な火器を満載し、格闘戦用のストライクレーザーバイトシザース(ハサミ)も備えている。このハサミはジェノブレイカーガイサックのものとは異なり、切断ではなく力任せに握り潰す事を目的とした武器である。その他、バトルストーリー版では進化の結果、頭部の上面からレーザーシャワーもできる。
防御面においても、機体を覆うどんな攻撃も効かない超重装甲に加えてEシールドまで備え、まさに鉄壁である。

小学館刊『機獣新世紀 ZOIDS 公式ファンブック』内のバトルストーリーにおいては、人間による制御を受け付けない暴走ゾイドとして登場。
自己進化を起こした結果、前後のハサミが倍近くにまで延長され、背面に無数のレーザー砲台を備えた凶悪な姿に変貌した。更に、尻尾を伸ばして敵を串刺しにする能力も備え、これでアーサー・ボーグマン少佐のブレードライガーに致命傷を与えている。
また、野生ゾイドが戦闘用ゾイドへと改造される際に失われる繁殖能力まで発現し、戦場となった古代遺跡ではゾイドコアをエサとする無数のデススティンガーの幼体が確認されていた。
何故ここまで強いのかというと、実はゾイドコア(遺跡からちょろまかした盗掘品)が元から完全なオーガノイドシステム(アニメに登場するオーガノイドとは別物)を搭載していたからである。後にオーガノイドシステムを制御可能なインターフェイスと呼ばれる小型ゾイドを搭載する事で制御可能になるが、「パワーアップの副作用で凶暴化する」と思われていたバトルストーリー版オーガノイドシステムは、実は「凶暴化させることでパワーアップする」と言う凶暴化前提のシステムだったので、オーガノイドシステム本来の性能より大幅に下がってしまう(ゾイドは純粋なロボットではなく金属生命体なので、オーガノイド以前から「性格が凶暴なほど戦闘時にカタログスペック以上の性能を発揮する」と言う設定が存在する)。

アニメやバトルストーリーではその凶悪さや不気味さなどがよく取り沙汰されるが、実はあまり例のない、コロコロコミック企画の一般公募から生まれたゾイドである。
投稿者は共和国軍ゾイド「ブルーマリン・スティンガー」として応募したのだが、コロコロ編集部又はトミーが本当は帝国軍所属の強大な新造ゾイドを欲しがって公募を企画したのか、あるいは共和国軍にかなり前からサソリ型ゾイドがいたからなのかは不明だが、兎にも角にも共和国軍期待のスーパールーキーとして考案されたブルーマリン・スティンガーは、帝国軍所属の真オーガノイド、デススティンガーとして世に飛び出してしまった。

ちなみにサソリをモチーフとした電動ゾイドとしては、過去の『ゾイド24』シリーズにゼネバス帝国デスピオンが存在していた。(デススティンガーの試作モデルも、実はデスピオンの部品が流用されていた)
ただし、玩具的にはデスピオンが1モーター駆動であるのに対し、デススティンガーは左右2モーター駆動となっており、別売のゾイドコントローラーを繋げば前進・後退・更には旋回動作を行う事も可能である。腹部には車輪が付いているが、動力軸と繋がってはおらず、自重を支えるための補助輪である。

2015年12月にはコトブキヤからHMM(Highend Master Model)シリーズとして動力を廃した組み立てキットが発売。装甲の色が彩度を抑えたパープル系のカラーリングとなり、従来の青いカラーリングの機体はアニメに登場したヒルツ仕様として限定発売された(後述)。ポップアップキットでは胴体と一体化していた頭部が独立して可動するようになり、脚や鋏、尾の可動箇所も増えている。
HMMシリーズ独自の設定も盛り込まれており、背部のショックカノンは小型化されたビーム砲となり、コックピットは装甲とハッチの二重構造、尻部のロケットブースターのノズルも片側2基・計4基に増加されている。更に胴体底面の4つのハッチを開くとスラスターが出現する。勿論HMMシリーズお馴染みのクリア成型のゾイドコアも内蔵されており、背部の装甲を取り外すとコアが露出し、取り外しも可能。

コトブキヤショップにて限定販売されたヒルツ仕様は、小サイズのブレードライガー(組み立て式)と直立・着座姿勢の2種のヒルツとアンビエントの塗装済みフィギュア、そして銀メッキ加工された鋏と牙のランナーが付属している。

バリエーション

KFD(キラー・フロム・ザ・ダーク)

前述のインターフェイスを搭載(?)して制御が可能になった量産型デススティンガー。
各種武装をハリネズミのように装備しているが、暴走しないように調整された事で出力はオリジナルデススティンガー(しかも暴走前)の7割しかない。そのためバトルストーリーでは投入された10体のKFDは、完全野生体使用ゾイドのライガーゼロ部隊に一蹴された。しかも戦死したKFDのパイロットには後のネオゼネバス帝国皇帝ヴォルフ・ムーロアの幼馴染であるアンナ・ターレスも含まれていた。
元々はコロコロコミック主催の改造コンテストの最優秀賞。ジェノザウラーグスタフ等の部品を使った何気に贅沢な機体。

ステルスティンガー

鋭角な装甲と黒一色の機体色でステルス性を重視した機体。陸上での活動に特化した為、ハイドロジェット等の水中用の装備は外され、尻尾の荷電粒子砲もクローに換装されている。それに伴い、形状もウミサソリ型から通常のサソリ型に変更された。
下記のサックスティンガーと共に電撃ホビーマガジン掲載の改造作例が初出であり、ヒルツが惑星Ziを制圧する為に開発したという設定だったが、後にこの設定を一新した上でゴジュラスギガのキットに付属している小冊子内のバトルストーリーにも登場を果たした。
この話中では、ネオゼネバス帝国軍最強のパイロットとして誉れの高い「黒の竜騎兵団」所属のジーニアス・デルダロス少佐が搭乗し、傭兵アーバインの駆るゴジュラス・ジ・オーガを倒し、スティブ・ボーン少尉が搭乗した調整が不完全なゴジュラスギガを翻弄するも、追撃モードに変形したゴジュラスギガの前に敗れ去る。

サックスティンガー

上記ステルススティンガーの随伴機として大量に投入された小型機。しかしゴジュラスギガには手も足も出なかった。基となったキットが共和国軍のガイサックである為、バリエーションと呼べるかは微妙。

デススティンガーZS(ザルカスペシャル)

Webコミック『ゾイド妄想戦記』第13話「呪われた島」に登場した機体。
かつての戦争で滅亡したゼネバス帝国の狂気の天才科学者ザルカが独自の技術でかけたリミッターにより、オリジナル機の強さはそのままに、操作性を両立させる事に成功している。
ハピネットにて限定販売されたキットは通常のデススティンガーの成型色を変更したもので、フレーム部は暗めの赤、装甲は薄いパールピンクとネオゼネバス帝国準拠のカラーリングとなっている。
Webコミックには未登場だが、アーケードゲームPS2XBOX3603Dアクションゲーム『ゾイドインフィニティ』では、序盤のボスキャラクターとして登場。同作はパラレルワールドである為、ザルカ(CV:郷里大輔)もゾイド専門の医者という設定で登場している。

ヤクトスティンガー

RPG『ZOIDS SAGA』シリーズに登場した改造機。
攻撃力が向上しているが、稼働時間が短くなっている。

活躍

漫画版

強化人間ハンナ・ハンナ少尉の乗機として登場。ヘリック共和国の都市ミュールでの事件処理の為に帝国を訪れたバンの帰路を遊び感覚で奇襲し、ブレードライガーを徹底的に痛めつけた。その後、カール・リヒテン・シュバルツ少佐の部下であるキルシェ・ハルトリーゲル中尉が当機の危険性を探る為に独断で搭乗した結果、バーサーカーシステムに精神を汚染され暴走。制止を試みたシュバルツ少佐のアイアンコングを中破させる。そのままミュールに肉薄し、迎撃に出たゾイド部隊を一方的に蹂躙。加勢に来たバンのブレードライガーに対してもブレードや牙を損傷させ、決定打を奪った。
その後、アーバインのステルスドラゴンとの小競り合いとなり、この隙にバンがブレードライガーからライガーゼロに乗機を変更し、戦場へ復帰してくる。システムが不十分なライガーゼロ相手に有利に戦うが、ミュールの防衛ゾイド・オルーガの力でライガーゼロがシステムを完成させた後は、その圧倒的な敏捷性について行けず、シャドーキーでの強化も虚しく撃破された。なお、これまでハルトリーゲルはデススティンガーのコクピット内で気絶していたが、撃破の瞬間にジークにより救助された。

バトルストーリー

公式ファンブック2巻では、ガイロス帝国の科学者から真オーガノイドの危険性を示唆されながらも戦線に投入され、共和国軍との戦闘中に頭部への被弾を機に暴走(パイロットはおそらくデススティンガーからの流れ込んできた凶暴性に耐え切れず脳死)、敵味方の区別なく虐殺の限りを尽くした。その後遺跡を巣としてゾイドコアを溜め込んでは幼体のエサにするという事を始める(エグく見えるが、肉食の(野生)ゾイドなら普通の話である)。偶々巣の近くで戦っていたアーサー・ボーグマン少佐のブレードライガーとリッツ・ルンシュテッド中尉のジェノブレイカーに対し、生きの良いコアを求めて攻撃を仕掛ける。それに対し二人は戦闘を中断、ブレードライガーのハイテンシティビームとジェノブレイカーの荷電粒子砲の同時攻撃により頭部装甲とEシールドも破壊するダメージを与えるも、デススティンガーは自己進化を起こし逆襲。ブレードライガーのゾイドコアを破壊し、ジェノブレイカーも中破させる。
ブレードライガーが助からない事を察したアーサーはジェノブレイカーの盾となって捨て身の突撃を敢行、デススティンガーの迎撃レーザーにより蜂の巣となり帰らぬ人となるも、デススティンガーの攻撃で折られていたブレードライガーのレーザーブレードを握ったジェノブレイカーが、デススティンガーがブレードライガーに気を取られている隙に頭部にレーザーブレードを突き立て、ようやく撃破された。
なお、アーサーとリッツは最後までお互いの顔も名前も知る事はなく、リッツがアーサーの為に立てた墓標には「私の知りうる限り最高のゾイド乗りここに眠る」と記された。

アニメ版(ガーディアンフォース編)

中盤から終盤にわたるボスキャラクターとして登場。パイロット・ヒルツの技量、そして主人公勢と同様にゾイドを強化するオーガノイドアンビエント)を伴っていた事もあり、並のゾイドを寄せ付けない凶悪な性能を見せつけた。
劇中ではゾイドコアが太陽並みのエネルギーを生成するマグマの中を潜航して奇襲する荷電粒子砲で大都市や山脈を一撃で消滅させるなどというチートぶりを披露しており、結局完全に破壊される事のないままヒルツ共々ゾイドコアがデスザウラーと融合し、ラスボスとなった。また、そのシーンの際苦悶の表情を浮かべる人間の顔のようなものがコックピット内に浮かび上がる場面があり、ヒルツの高笑いも相まって非常に不気味である。
なお、劇中の設定では本来はデスザウラーを封印する為のゾイドだったようだが、逆にデスザウラーを強化してしまう結果となった。また、劇中のデススティンガーは本来の設定の数十倍もの大きさを誇る。

ゾイド新世紀/ゼロ

尾部のみ登場。
バックドラフト団本部に設置され、ゾイドバトル連盟のジャッジサテライトやウルトラザウルスなどを攻撃した。

その他、ゲームでは主にラスボスや隠しゾイドとして登場し、スペックはもはやチート。勝てるわけがない。だが、味方にすればもう無双である。

モチーフとなった生物

ユーリプテルス・ゾンデッド


ウミサソリとは太古の昔に生息していた節足動物の一種。全長は最大2.8mと史上最大の節足動物。
当時最強の生物で、生態系の頂点に立っていた捕食者である。ただし、今のサソリとは似ても似つかない姿で、生物学的な関係もない(どちらかというとカブトガニに近い)。
デススティンガーの陸上行動時の姿は完全にサソリであり、頭部装甲を開いた時に露出する顔とウミサソリモードにその面影を残している。

余談(おまけ)

前述のゾイドコントローラー対応機は他にもあるが、2モーター搭載なのはゾイド史上でも本機のみである。キャラホビ2011のコトブキヤステージで、千葉工業大学の学生達がPS2のコントローラーで無線操縦可能な超巨大ラジコンのデススティンガーを披露した。(ついでにモルガも)アニメに登場したサイズの72分の1サイズなので、とてもデカい。ポップアップキットも72分の1スケールで作られているので、並べてみるとこのデカさがよく分かる。

関連タグ

ゾイド ZOIDS サソリ ウミサソリ ガイロス帝国 ネオゼネバス帝国
ラスボス 勝てる気がしない 勝てるわけがない

pixivに投稿された作品 pixivで「デススティンガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 133277

コメント