ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

ゾイドに関するおおまかな説明はZOIDSの項が詳しい。作中に登場する金属生命体ゾイドの各機種については、ゾイドの項に一覧がまとめられている。


概要編集

トミー(現タカラトミー)の玩具「ゾイド」を原作とした最初のテレビアニメ

1980年代にアニメ化の動きがあった(参照)が、実現まで十年以上の時を経てのアニメ化を果たした。

本来は4クール=50話前後の予定だったが、予想を超えた人気を博したためにGF編やアニメ化第2弾となる『ゾイド新世紀/ゼロ』につながっていく。


俗に少年編と呼ばれる第1部(34話まで)と、主人公が成人してからの第2部で構成されている。世界観の設定と第1部ストーリーは、本作の漫画版を執筆した上山道郎が担当した。

大まかな経緯については上山本人のサイトに掲載されているほか、漫画版は本作と設定の多くを共有する。


ウルトラザウルスデスザウラーなどの大型ゾイドが実際の機体設定以上に大型化されていたり、ゾイドの生命を司る「ゾイドイヴ」という設定など、キットのパッケージ上や小学館刊「機獣新世紀ZOIDS 公式ファンブック」内で展開されるバトルストーリーとは世界観が異なる。


企画段階ではコマンドウルフが主人公機になる予定だったが変更された。最初期のポスターでのコマンドウルフの色が白だったり、漫画版でのコマンドウルフのジークの設定などはこれに由来する。


ゾイドのCG編集

本作に登場するゾイドの多くがトゥーンレンダリングで描写された3DCGである。

そのCGの完成度に定評があり、人気の一旦を担っている。しかし1999年から2000年という時代柄、表現力には限界があった。


ブレードライガーが商品として開発された背景には、本作の制作当時のCG技術では格闘編重の戦闘を安定して演出することが難しく、その上で外連味のある必殺技も必要とされたので、敵の横を走り抜けて切り裂く「レーザーブレード」が考案されたとされている。

つまり、次回作における「ストライクレーザークロー」こそが、本来アニメスタッフが目標としていた戦闘描写である。


この件で外せないのがゴジュラスの扱いである。制作費とCGの容量の限界でかませ役や固定砲台と化してしまい、昭和からのファンには不評だったのは知る人ぞ知るエピソード。砲撃型(あまり動かさなくていい)がアニメにおける標準装備になったことも、この影響だと有力視されている。これは『/ゼロ』でも改善されなかった。

この状況をネタ的に「ゾイドは金で動かすんだよ、金で。」と表現する視聴者もいる。


放送編集

1999年9月4日から2000年12月23日まで、毎日放送(MBS)制作でテレビ山口を除くTBS系列27局(うち8局がローカルニュース、青森テレビが『サザエさん』のスポンサードネットのため遅れネット)で全67話が放送された。また、フジテレビ系列局の秋田テレビでも放送された事がある。


2023年3月には初代アニメゾイドが再放送されるという事で「ゾイド再放送」が Twitter にてトレンド入りを果たした。こちらに関しては2023年4月からTOKYOMXで放送されているそうである。時間帯は月曜の午後7時台となる。

また、放送の反響を受けて同年5月1日からYouTubeでの公式配信も行われた。


あらすじ編集

砂漠の惑星Zi(ズィー)。そこでは金属分子を持つ人間と、巨大な機械生命体「ゾイド」が共に生きていた。


ヘリック共和国辺境の村で暮らす少年バンは、いつものように近くの砂漠に出かけたところ、ゾイドを駆る盗賊に絡まれ追い回されてしまう。

逃走の末、偶然古代遺跡の隠し部屋を発見し、カプセルの中で眠りについていた小型の恐竜型ゾイドジークと、記憶喪失の少女フィーネを発見する。


ジークの未知なる力によって、朽ち果てていたシールドライガーを蘇らせたバンは盗賊達を撃退するものの、大いなる力を秘めたジークの存在は、戦争を繰り返す共和国と帝国どちらにとっても興味深い研究対象となりえるものだった。


このまま村に留まると騒乱の火種になると考えたバンは、ジークとフィーネを連れて、あてのない冒険の旅に出るのだった。


登場人物一覧編集

詳細な説明は各項に詳しい。

ヘリック共和国編集

ガイロス帝国編集

その他編集

ガーディアンフォース編編集


スタッフ編集

原作:トミー(現:タカラトミー

監督:加戸誉夫

助監督:羽原信義

シリーズ構成:隅沢克之

キャラクターデザイン:坂崎忠

プロップデザイン:尾形雄二

デジタルディレク:林成輝

アニメーションディレクター:平野崇之

VFXディレクター:佐藤公一

3DCGIテクニカルディレクター:中一太志

3DCGキャラクターテクニカルディレクター:海谷陽一

3DCGモデリングディレクター:長谷川歩

美術監督:朝倉千登勢

色彩設計:伴夏代、青木弘美・金丸ゆう子(第34話まで)

撮影監督:広瀬勝利

編集:山森重之

音楽:Robert Etoll(ロバート・エトール)、杉内信介

音響監督:明田川仁

3DCGプロデューサー:藤井篤

デジタルプロデューサー:広津晋司

アニメーションプロデューサー:下地志直、佐藤徹、千野孝敏→平松巨規

プロデューサー:諸冨洋史、中沢利洋

アニメーション制作:XEBEC

製作:毎日放送小学館プロダクション


主題歌編集

オープニングテーマ編集

Wild Flowers

作詞:酒井悠介

作曲:丸山哲央

編曲:RAMAR & 笹路正徳

歌:RAMAR

全話を通して使用されたOPテーマ。

作中のストーリー展開に合わせてアニメ内のシーンや登場人物が変化し、全部で4パターン存在する。


アニソンとしてかなり有名であり、本作を知らなくても本曲を知っている人も少なくない。今ではRAMARを代表する曲の一つになり、何度もリメイクされている。なお、アニメにて使用されたのは、本曲版とインストゥルメンタル版とアフタークレジット版の3つである。アフタークレジット版が本編中で使用されたのは、第1話を含めてかなり少ない。


後に、RAMARの功績を称えて「シールドライガー:RAMARスペシャル」が商品化されている。


エンディングテーマ編集

「Song for...」(第1話~第20話)

作詞:MAHIRO

作曲:Yasu

編曲:Dear、西脇辰弥

歌:Dear


「CHASE」(第21話~第37話)

作詞:野口純平

作曲:鳴瀬シュウヘイ

編曲:DEVELOP=FRAME&大山正篤

歌:DEVELOP=FRAME

第26話までシールドライガー、第25話からブレードライガーが砂漠を疾走する。


「INTO YOURSELF」(第38話~第55話)

作詞:TAKA

作曲:MASATO

編曲:TRANSTIC NERVE&岡野ハジメ

歌:TRANSTIC NERVE


「Your song」(第56話~第67話)

作詞・作曲・編曲:T2ya

歌:EARTH

TVサイズでは、サビの部分が最後まで歌われず「限りない 愛しさを届けたい」の部分で終わる。

最終話では、本編終盤に挿入される形で使用されたほか、サビが最後まで歌われている。


主題歌の権利問題編集

VHS・DVD・BD版、加えてTOKYOMX・キッズステーション等ではそのまま収録および放送されていた。だがタカラトミー公式チャンネルにおける公式配信では、権利関係の問題かEDテーマの3つが他の劇伴に差し替えられている。ファンの間では状況証拠から以下のような推測が立てられ、楽曲の使用許可が困難になっていると推測されている。


  • 「Song for...」は歌ったDearは2001年に解散し、レーベルのプラチナム・レコードは2001年以降新譜は発売されていない。
  • 「CHASE」は歌ったDEVELOP=FRAMEが2003年に解散しているが、2013年に活動を再開している。なお、レーベルのコロムビアミュージックエンターテイメントが今でも存続している。
  • 「INTO YOURSELF」は歌ったTRANSTIC NERVE(the Underneath)が2010年5月3日に解散している。レーベルのポニーキャニオンは現在も楽曲をリリースしている。
  • 本編冒頭に「著作権法第67条の2項第1項の規定に基づく申請を行い同項の適用を受けている」というテロップが表示されている。

以上の事から、上記3つのED楽曲が孤児著作物になっていると思われる。

孤児著作物とは、著作者や著作権者が分からなかったり、その所在や相続人が不明となったりしている著作物の事。日本の著作権法では、このような権利者不明の著作物を利用したい場合には、文化庁長官に対して裁定を求める制度が用意されている。


このため、3つのEDは著作権フリーの劇伴に差し替えられ、歌詞テロップにぼかしがかけられた状態となっている。


ただし、ED4の「Your song」は楽曲の著作者・著作権者から使用権利を得たようで、そのまま使用されている。

仮に劇伴に差し替えられた場合、最終話のEDでキャラの台詞が全てカットされてしまうことになる。


関連イラスト編集

いつで~も~心を満たすのは~ゾイド バンとフィーネZOIDS【無印ZOIDS】黒青夫婦


関連動画編集


関連タグ編集

ZOIDS ゾイド

上山道郎 機獣新世紀ZOIDS


ゾイド新世紀/ZERO(次作)

ゾイドフューザーズ

ゾイドジェネシス

ゾイドワイルド

ゾイドワイルドZERO


新機動戦記ガンダムW:脚本家繋がり。そのせいか不明だが作中でも同作を彷彿とさせるネタがちりばめられていた。


アーマードサウルス:2023年4月からTOKYOMXで放送開始した特撮作品。機械的な恐竜が登場することや、放送曜日が火曜日(ゾイド再放送の翌日)の為に比較されやすい。


株式会社オレンジ:本作に携わったスタッフたちが会社の設立に深く関わることになる。

関連記事

親記事

アニメゾイド あにめぞいど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 309111

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました