ピクシブ百科事典

ウルトラザウルス

うるとらざうるす

ウルトラザウルスとは、玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の戦闘兵器・金属生命体の一種である。巨大な体に巨大な砲塔を備える男のロマン溢れる機体。
目次[非表示]

概要

ウルトラザウルスはヘリック共和国が開発した竜脚類型超大型ゾイドである。
中央大陸戦争中期に共和国の科学者、チェスター教授によって水陸両用型ゾイドとして開発された。
全長50メートル、重量500トン超という超大型ゾイドであり、凄まじい破壊力を持ち、共和国軍最強のゾイドとして無敵を誇った。
その活躍は目覚しく、一時はゼネバス帝国を中央大陸から追い出したほど。
その後も無敵のゾイドとして君臨するが、帝国が開発した恐怖の恐竜型ゾイドデスザウラーに破れ、その座を引きずり落とされる。
しかしながらデスザウラーの苦手とする水上戦ではその優位は崩されておらず、制海権確保の立役者となっている。また、非常時用の大統領専用機も存在する。
ニカイドス島最終決戦では改造型ウルトラザウルス「ビッグマザー」200機を動員し、帝国軍を圧倒した。
ガイロス帝国との戦争時に訪れた惑星Zi大異変によってそのほとんどが絶滅したが、奇跡的に一機のみが生き残り、後の共和国軍の旗艦として活躍している。

36cm高速キャノン砲4門を主兵装に40mm連装対空砲・8連装ミサイルランチャー等といった重兵装を全身に装備しており、圧倒的火力を持って敵を粉砕する戦法を用いる。
また、背部と腹部に1人乗りの小型機を格納したカタパルトを備えており、小型ゾイドを搭載することも可能。
切り札として機体を光り輝かせ、全武装を全方位に一斉射撃する必殺技を持ち、その破壊力は包囲していた帝国大型ゾイド部隊を一瞬で壊滅させ、
地形をクレーター状に抉るほどの破壊力を持つ。

新旧バトルストーリー内において先述の「ビッグマザー」を初めとした多種多様な改造プランが登場したが、
中でも中央大陸戦争当時の共和国軍主力大型ゾイドを合体させた「ケンタウロス」や、
火砲としては規格外の大きさを誇る1200mmウルトラキャノンを搭載し、
発射時の反動軽減や弾薬の運搬を兼ねた2機のデストロイドゴジュラスを随伴させた
「ウルトラザウルス・ザ・デストロイヤー」などが有名である。

公式での魔改造が盛んだった時期には、首が縦に真っ二つに分裂し背後から巨大な鎌が降り下ろされるというヤバすぎる機体も存在した…。

アニメでの活躍

アニメでは共和国の最終決戦兵器として登場、本来の設定(パッケージに記載のスペック)に比べて
体積が10倍前後にも拡大されており、ブレードライガー等の大型ゾイドさえ格納可能な母艦としても機能する。
そのあまりの巨大さゆえ、7つの動力ブロックを稼働させることで起動させねばならない。
当初個の動力ブロックはそれぞれ独立したものと思われていたが、実際は中枢部ですべてのブロックを繋げる必要があった。
起動した直後にデススティンガーの荷電粒子砲による攻撃を受けるも何とか回避、その後もデススティンガーやヒルツの部下たちに襲撃されるも何とかガイロス帝国の基地へ到着。
グラヴィティカノンを受領(ちなみにそれまでは一部の火器を除きほぼ丸腰で、襲撃のたびに格納していたゾイドでバンたちが出撃していた。
(この際トーマのディバイソンが海中に落下しかけている)

グラヴィティカノン搭載後はデススティンガーを一時的に戦闘不能に追い込んでいる。
最終回では行動不能になりながらもグラヴィティカノンでバンのブレードライガーを打ち出し、
デスザウラーを撃破するなどの活躍を見せている。

続編『ゾイド新世紀/ゼロ』にも引き続き登場しており、ゾイドバトル連盟の移動施設としてバトルを取り仕切っていた。
元のウルトラザウルスには無かったEシールドを装備している。
終盤には前作で活躍したウルトラザウルスも登場しているが、前作でのデスザウラーとの決戦後に放棄されたらしく、廃墟化している。
ロイヤルカップ大会のゴール地点がここであり、伝説のゾイド乗りの記録が残されている。

余談

名前の由来でありモチーフでもあるウルトラザウルスだが、この恐竜の化石とされたものはスーパーサウルスブラキオサウルスの化石が混在したキメラであったため、実在していなかった種である。

関連タグ

ゾイド メカ ロボット 恐竜 首長竜 爬虫類 巨大 大砲
ブラキオス・・・同じく竜脚類型のゾイド。サイズは中型ゾイドクラス。
セイスモサウルス・・・こいつも竜脚類型のゾイド。アニメ『ゾイドフューザーズ』のラスボス

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラザウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35853

コメント