ピクシブ百科事典

ムンベイ

むんべい

漫画およびテレビアニメ『ゾイド-ZOIDS-』に登場する架空のキャラクター。
目次[非表示]

概要

アニメ「ゾイド」やコロコロコミック上で連載されていた「機獣新世紀ZOIDS」、
そして「機獣新世紀ZOIDS 公式ファンブック」内のバトルストーリーなどに登場したキャラクター。
各媒体によって微妙に設定が異なるが、フリーの運び屋を生業にしているのと
さばさばとした性格はほぼ共通している。

アニメにて

CV:渡辺久美子
自称荒野の運び屋だが、過去にはシンカーレースで名の知れた存在であったり、
ゾイドの整備に長けていたり、ガイロス帝国の大富豪マクマーン(しかも豪胆実直な完璧超人みたいな男)の元婚約者であったりと、何かと経歴に謎が多い人物である。マクマーンとは両想いなのだが、ムンベイが「住む世界が違う」「音楽の趣味が違う」という理由で彼との結婚に踏み切れずにいたという訳らしい。

愛機は紅くペイントした輸送用ゾイドグスタフで、そのほかプテラス
シンカー(レース仕様)に乗ることもあった。
グスタフは基本的に非武装のゾイドだが、彼女のグスタフには内蔵型の武装が
搭載されている上に、内部回路をいじって再生能力を向上させているらしい。

金にがめつい守銭奴的な面がありながらも仲間の為なら危険を顧みず、
最強クラスのゾイドジェノザウラー荷電粒子砲の前に自らの愛機で立ち塞がり
仲間の盾となるなど、勇敢な面も兼ね備えている。
また、アーバインとはバンたちと出会う前から知り合いのようである。

少年編の最終話以降からのガーディアンフォース編序盤まで姿を見せていなかったが、
第44話「機獣大激突」にて再登場。
同話冒頭でレイヴンのジェノザウラーに敗れたトーマ・リヒャルト・シュバルツを助けたことにより、
再びバンたちと合流。レイヴンやヒルツ一味との戦いに参加する。

物語終版でウルトラザウルス起動に一役買ってからはウルトラザウルスの操縦を任され、
『あたしのウルトラザウルス』と勝手に私物宣言していた。
(その度にアーバインからは『いつからお前のになった?』と呆れられ、
ハーマンには『俺のだろ…』ツッコまれていた)

漫画にて

愛機のグスタフの名前は「タルタル」
各媒体で唯一、家族構成や生い立ちなどが詳細に描かれている。

バトルストーリーにて

小学館刊「機獣新世紀ZOIDS 公式ファンブック」内のバトルストーリーでは
西方大陸(エウロペ)出身の運び屋として登場。ガイロス帝国軍の物資不足を解消する為
同軍によって雇用され、「死の行軍」とも呼ばれた輸送任務に従事する事に。
制空権を共和国軍に完全に握られた地域での任務は危険そのもので、
プテラスによる空爆を度々受けるも何とか逃げ延び、任務を完了させた。
その際、

「そうよ。たどり着いたのはあたしだけ。何べん同じ事言わすのよ。
だいたい、空を飛んでんのは、敵さんのゾイドばかりじゃない。約束が違うわ。
報奨金、どーんと上乗せしてよね。」

との報告を入れている。

関連タグ

ゾイド グスタフ 上山道郎

pixivに投稿された作品 pixivで「ムンベイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 119071

コメント