ピクシブ百科事典

コマンドウルフ

こまんどうるふ

コマンドウルフとは、玩具・アニメシリーズ『ゾイド』に登場する架空の戦闘兵器・金属生命体の一種。
目次[非表示]

スペック

機体名コマンドウルフ
番号RHI-3(旧)RZ-009(新)
所属ヘリック共和国
分類オオカミ型
全長 14.7m
全高 7.9m
全幅 5.9m
重量 46.0t
最高速度 (旧)200km/h(新)210km/h
乗員人数2名
武装
  • (旧)
  • 2連装ビーム砲座
  • 煙幕噴射口×2
  • 電磁牙
  • (新)
  • 50mm対ゾイド2連装ビーム砲座
  • スモークディスチャージャー×2
  • エレクトロンバイトファング


概要

ゼネバス帝国の開発したサーベルタイガーヘルキャットなどの高速戦闘ゾイドにより敗色濃厚となってしまったヘリック共和国シールドライガーと共に対抗機として生み出したオオカミ型のゾイドである。

大型ゾイドのシールドライガーよりは小さいが、小型ゾイドのゴドスよりもデカいという中型サイズのゾイド。
シールドライガーと共に高速戦闘を得意とし、小回りの良さと扱いやすさ・操縦性の良さに秀でている。

マーダ共和国仕様


背部のビーム砲座は分離して小型ビークルとなり隠密・偵察行動も行えるなど高い用途も持つ。
長きに渡って第一線で活躍した共和国のみならずゾイド屈指の名機であり、バリエーション機も多い。

アニメでは主人公の仲間でエースパイロットの機体となることが多いが、物語中盤で大破し新型機に乗り換えられる展開も多い。
レギュラー陣からモブの一般兵まで実に多くのキャラクターが本機に搭乗している。

上記の開発経緯のため、バトルストーリーからアニメに至るまで歴代主人公機ライガーの僚機ポジションに納まっている。

コトブキヤより発売されていたHMM(Highend Master Model)シリーズ版コマンドウルフの設定ではリーダーの性格を持つ機体がいるようで、実際のオオカミ同様に集団戦で力を発揮する。その際、集団の中にリーダー以外にその性格を持つ機体がいると効率などが悪くなるようだ。

また、神経接続が上手くいかず、遅れていたシールドライガーよりも先に実戦配備されており、敗色濃厚となっていた共和国を救う事となる。ヘルキャットはもちろんのこと、セイバータイガーに対しても得意とする集団戦法により対等に戦えていたとされている。

だが、ウルフ・ドッグ・キャット型ゾイドの宿命として、単体の戦闘力がインフレについていけず、ライトニングサイクスの登場がそれを決定的にした。シャドーフォックスは中核量産機としてのポテンシャルは有しておらず、コマンドウルフの後継機の開発に共和国は苦心していた。ライガーゼロCASをコマンドウルフにも導入する計画もあった。

それが、後のケーニッヒウルフの開発に繋がることとなる。見た目はワイツウルフの方が近いかもしれないが。

バリエーション機

コマンドウルフアーバイン仕様

コマンドウルフ


アニメ版『ゾイド』にてアーバインが独自に改修したコマンドウルフであり、彼の相棒
当初は通常のコマンドウルフと同等の2連装ビーム砲座を搭載していたが、後にゴジュラス用の大型ライフルに換装している。
様々な規格外のパーツを使っている為にクセが強く、最高速度も210㎞/hから200㎞/hに下がっており、機体スペックのバランスも悪いが高い反応速度を誇る。
本機の性能を熟知しているアーバインにしか乗りこなせない機体。

劇中ではレイヴンの駆るジェノブレイカーとの戦いで致命傷を負うが、メモリーバンクをライトニングサイクスに移植する事で生まれ変わり、再びアーバインの相棒として活躍する。

バトルストーリーでも西方大陸出身の傭兵アーバインの愛機として登場し、劣勢に立たされた共和国軍の義勇兵として奮戦するも、アイアンコングPKの攻撃を受け大破。
乗機を失ったアーバインはあまりの凶暴さ故に乗りこなせる者がおらず基地内に放置されていたゴジュラス・ジ・オーガと邂逅を果たし、以降の彼の愛機となった。

コマンドウルフ


なお、『/0』のバラッドのコマンドウルフは当初はこの型である。また、ロングレンジライフルは、タイガースのセイバータイガーが装備したこともある。
HMM版では、ロングレンジライフルの側面にビーム砲が付いている。

コマンドウルフAC(アタックカスタム)

HMM コマンドウルフAC バラッド仕様


共和国軍の特殊部隊・閃光師団のパイロットが搭乗するコマンドウルフ。
2連装のロングレンジキャノンを装備し、落ちた速度を脚部のブースターで補うという発想で改修されている。さらに閃光師団の機体は個人によって異なるカスタマイズが施されている。
主にライガーゼロなどの高速戦闘ゾイドの支援が役割。
CP-04アタックユニットを通常のコマンドウルフに装備すればこの機体と同じになる。

アニメ『ゾイド新世紀/ゼロ』・『ゾイドフューザーズ』で二作品に渡って設定同様ライガーゼロの僚機として活躍する。
『/0』ではシャドーフォックスが後継機となった。

HMM版では対人ガトリングと小型衝撃砲も装備。

コマンドストライカー

ClOeMoMsAtNrDiWkOeLrF


コマンドウルフACにブロックスゾイドのレオストライカーがZiユニゾンした形態。
レオストライカーの武装ユニットを装備する事で白兵戦能力が向上した。
合体したおかげか反応速度も上がっている。

ユニゾンすると機体カラーリングも変化する。

コマンドウルフLC(ロングレンジカスタム)

ロングレンジライフルを装備したコマンドウルフ。
武装はアーバイン仕様と同じ。
機動力は他のコマンドウルフに比べて劣るが、攻撃力は絶大。

アニメ『ゾイドジェネシス』では主人公達が所属する勢力の機体として登場するが、自慢のロングレンジライフルもバイオゾイドには全く通用しなかった。
しかし、後にソラノヒトより供与されたリーオ製の弾丸を使う事で、ようやく対抗手段を得る事が出来た。

バトルストーリーではゼネバス帝国側の鹵獲機として登場し、コトブキヤのHMMシリーズからも成型色を帝国系のカラーリングに改めた同設定のコマンドウルフLCが発売されている。

コマンドウルフRGC(レールガンカスタム)

2013年から約1年間継続していたゾイドシリーズ『ゾイドオリジナル』の第三弾のキットとして製品化された派生機。
コマンドウルフの機動性を活かしたまま、長距離狙撃で大型ゾイドを倒しうる機体として試作された。
背部には専用のファング弾を発射する試作型レールガンを装備し、それに伴いエネルギー供給用のハイパーキャパシターとトランスミッションユニット、照準用のヘッドスコープ、射撃時に脚を固定するためのスパイクアンカーを備えている。レールガンは連結して威力を上げる事が可能で、作中では3機が連結した「三矢一撃」のフォーメーションでジェノリッターのシールドを(とっさに庇ったサーベルタイガーもろとも)一撃で貫通し、そのまま機体を中破させ撤退に追い込んでいる。
キットは後述するコマンドウルフインターセプターと選択して組み立てる。

コマンドウルフインターセプター

『ゾイドオリジナル』に登場する迎撃用コマンドウルフ。装備はコマンドウルフLCと同じだが、迎撃のため最高速度を長時間維持できる。
作中では指揮官のザッパ専用機として、特徴的なヘッドギアを備えた「ドラゴンヘッド」が登場。ロングレンジライフルの砲手を廃止し新型の射撃管制装置で自動化している。

余談


外部リンク


関連タグ

ゾイド ヘリック共和国 オオカミ  哺乳類 メカ ロボット 兵器
シールドライガー ブレードライガー ライガーゼロ ディバイソン シャドーフォックス

pixivに投稿された作品 pixivで「コマンドウルフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 267291

コメント