ピクシブ百科事典

ベアファイター

べあふぁいたー

ベアファイターとは、『ゾイド』に登場する金属生命体の一種。
目次[非表示]

スペック

機体名ベアファイター
番号RHI-6(旧)  設定なし(新)
所属ヘリック共和国
分類クマ
全長12.0m(四足歩行時)
全高6.8m(四足歩行時)
全幅6.3m
重量45.6t
最高速度
  • 四足歩行時 190km/h(旧)200km/h(新)
  • 二足歩行時 90km/h(旧)
乗員人数1名
武装
  • 超硬度セラミック爪×4
  • 6連装ミサイルランチャー×1
  • 2連装電磁キャノン砲×1
  • センサー×2
  • 複合装甲
  • 超強化キャノピー


概要

砲撃および高速移動の安定性に優れた四足形態で敵陣へ切り込み、格闘戦では二足歩行形態に姿勢変更し強力な爪を振るう、重装甲と強力な主砲を生かした突撃戦を得意とするヘリック共和国製の中型クマ型汎用歩兵ゾイド

中央大陸戦争後期から登場し、共和国軍の主力ゾイドの一つとなり、ベアファイターNEWという機動性を多少高めた機種も存在する。
ゾイドバトルストーリー』では第3巻より登場し、スネークスとの共同作戦で地中を掘り進みゼネバス帝国の山岳基地を襲撃したり、マッドサンダーの護衛を務めるなどの活躍を見せている。

ZAC2056年の惑星Zi大異変後も生き残り、第二次大陸間戦争において敵軍拠点を攻撃する攻勢用ゾイドとして再度量産される事になった。

キットについて

概要で述べた通り、四足歩行・二足歩行形態への姿勢変更を再現しており、背部の電磁砲の基部を前方に動かすと頭部と後足が連動して直立体勢となる。いずれの形態でもHiパワーユニットによる歩行を可能としているが、この変形ギミックのためか取り外し可能な武装は殆どなく、外付けのハードポイントも背部の電磁砲のみという珍しいゾイドでもある。

ちなみに本製品発売前の商品カタログやバトルストーリーでは、ベアファイターの試作品が用いられており、砲身が太く短い電磁砲や指先を開いたような形状の爪をはじめ、各部のデザインが実際の製品とはかなり異なっている。

後にカラーバリエーションとして共和国軍Mk-Ⅱ部隊仕様の白・青・金の成型色に変更したベアファイターNEWも発売されたが、カラーリング以外の通常版からの変更点はない。

デザイン及びクマというモチーフを生かしきった変形ギミックからファンの人気も高いが、90年代末期に再スタートした新シリーズにおいては、2001年の『月刊コロコロコミック』誌上通販による限定販売のみで、一般販売はされなかった(なお、パッケージには「ベアフイター」という誤植があり、一部のゾイダーの間で話題となった)。
ただし、アメリカではハズブロより#511 Bear Fighterとしてコロコロ誌上通販版とほぼ同一の仕様で一般発売されている。
大まかな配色は旧シリーズを踏襲しているが、茶色とオリーブドラブの本体色は旧版よりも薄目となり、キャノピーもスモークブラウンからオレンジに変更された。

惜しくも日本では一般販売とはならなかったものの、金型流用による『ゾイドジェネシス』のバンブリアン(こちらは「パンダ型」)は一般販売されており、二足・四足歩行モードの切り替えもそのまま残されている。

関連タグ

ゾイド ZOIDS ヘリック共和国
 哺乳類 バンブリアン

pixivに投稿された作品 pixivで「ベアファイター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10130

コメント