ピクシブ百科事典

コロコロコミック

ころころこみっく

1977年より小学館から創刊された、小学生向けの月刊漫画雑誌である。
目次[非表示]

通称コロコロ

概要

販売部数トップを飾る児童誌であり、「ドラえもん」を始めとする多くの藤子不二雄の漫画を連載した事やミニ四駆ベイブレードなどのホビー商品とのタイアップ、ポケモンとのメディアミックスを行っている事で有名である。
1977年に小学館から季刊誌として発売。1979年に現在の月刊コロコロコミックとなる。
弟分の別冊コロコロコミックSpecialこと「別コロ」やコロコロイチバン、兄貴分のコロコロG(グレート)などの系列誌も多い。

コロコロのギャグマンガというと下ネタ暴力ネタが多いイメージがあるが、実際そのとおりだったりする。
ちなみに昔はライバル誌のボンボンに負けず劣らずのエッチなネタを掲載していた事もあった。
また月刊誌という都合もあってかコミカライズ作品には原作と違う展開になったり、不自然な展開があったり、打ち切られたりと散々な扱いが多い。

創刊当初には「子どもたちの規範になるのではなく、子どもたちの心に寄り添い、その心が求める漫画雑誌を」という理念(コロコロが創刊された1970年代後半時は劇画ブームやラブコメ漫画ブームなどに代表される青年漫画隆盛の影響から『サンデー』『マガジン』の購読年齢層も急上昇(小学生向け→中高生向けへとシフト)し「子ども向け漫画」は「時代遅れのロートル漫画」として小学館内でも馬鹿にされていた)を求め「コロコロの漫画に良い子はいらない」(主人公にイケメンや優等生はいらない)をスローガンに掲げていた。

2011年において、ついにあの作品とコラボを行う事が発表。歴史的事件となった。
ついでにオガンダムは許されたのかもしれない…。

不祥事

モンゴルの英雄チンギス・ハーンの肖像に男性器の落書きをした漫画を掲載しモンゴル大使館に抗議され
小学館は2018年3月6日、掲載した「月刊コロコロコミック」3月号の販売を中止し、書店に返品を求める事態になった。

主な活躍漫画家

あ行穴久保幸作 犬木栄治 伊原しげかつ 上山徹郎 上山道郎 越智善彦 小野敏洋
か行樫本学ヴ 勝見直人 かとうひろし 河合じゅんじ 川崎のぼる 小西紀行
さ行沢田ユキオ 曽山一寿
た行谷口あさみ 立川史 玉井たけし 土田しんのすけ 徳田ザウルス
な行永井豪 永井ゆうじ ながとしやすなり のむらしんぼ
は行橋口たかし ひかわ博一 ピョコタン/藤異秀明/藤子・F・不二雄
ま行村瀬範行 むさしのあつし
や行やぶのてんや


関連イラスト

すなー!



関連雑誌

兄弟・姉妹雑誌

コロコロイチバン!
別冊コロコロ
コロコロG
ハイパーコロコロコミックGOTTA
コロコロアニキ

ぴょんぴょん - かつてあった女の子向けコロコロコミック。実はコロコロから分岐した妹雑誌(創刊者はコロコロの二代目編集長)で発刊セクション(担当課)もコロコロと同じ。のち『ちゃお』に合流し、現在の『ちゃお』ヒットの礎となった。

ライバル雑誌

最強ジャンプ - 現行

コミックボンボン コミックブンブン ケロケロエース - かつてのライバル

関連タグ

漫画 小学館

小二病 うんこ 不条理ギャグ

おはスタ 高橋名人 少年サンデー
ミニ四駆 ベイブレード バーコードバトラー
ポケットモンスター スーパーマリオ 星のカービィ
ガンダムAGE以降)

参考リンク

Wikipedia

関連記事

親記事

小学館 しょうがくかん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コロコロコミック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1564615

コメント