ピクシブ百科事典

バーコードバトラー

ばーこーどばとらー

バーコードバトラーとは、エポック社から発売されていた電子ゲーム機である(左の画像は『バーコードバトラーII』)。
目次[非表示]

概要

エポック社より発売された『コンビニウォーズ バーコードバトラー』に始まる電子ゲーム機シリーズ。公式略称は「バトラー」または「BB」。
コンピュータ操作の敵と戦うRPG風のストーリーモードと、2人対戦用モードが搭載されている。

コンビニウォーズ バーコードバトラー

1991年に発売された。白いゲーム機本体と、ストーリーモード用のカードがセットになっている。
市販されている商品のバーコードの情報データを、HP(生命力)・ST(攻撃力)・DF(守備力)という戦闘データに読み変え、戦士キャラクターとして戦わせる事ができる。
行動コマンドは「攻撃」と「回復」の2種類のみ。回復自体は何度でも行えるが、回復量はランダムである。

また付属カードの他、「カードソフト」と銘打った拡張用カードセットも3種類別売りされた。

タイアップ先は小学館の児童誌『コロコロコミック』。
発売当初から紹介されてはいたが、特集記事が組まれるなど本格的に扱われるようになったのは翌1992年からで、同誌連載マンガのキャラクターのバーコードカード(『ドラえもん』『ドッジ弾平』『おぼっちゃまくん』『熱血硬派くにおくん』『ストリートファイターII』)も付録として付けられるようになった。

コンビニウォーズ バーコードバトラーII 時空を超えた戦士達

『I』の翌年のに発売された発展型。本体の形状は『I』とほぼ同一だが、カラーリングは黒に変わっている。
各パラメータの上限がアップしたほか、キャラクターに「職業」の概念が追加され、武器と防具を使用できる替りに魔法を使えない「戦士」と、その逆の「魔法使い」に二分化されるようになった。

またこの『II』には拡張端子が存在し、ファミコンスーパーファミコンで連動するソフトが発売された。

更にSFC用ソフトである『スーパーマリオワールド』『ゼルダの伝説』『ドラゴンスレイヤー英雄伝説』を元にしたカードソフトや、『ロードモナーク』のキャライラストが描かれた戦士自作用カードも発売されている。

同機発売時にブームは最盛期を迎えている。雑誌『コロコロアニキ』第7号によれば約150万台が売れたとのこと。

バーコードワールド

1992年12月発売。『II』と連動する唯一のファミコンソフトで、サン電子との協力で開発された。
本ソフト独自のストーリーモードも収録されているが、『II』本体が無いとプレイできない。

またサンソフトのファミコンソフト『へべれけ』『超惑星戦士メタファイト』『ギミック!』『デッドゾーン』『マドゥーラの翼』の各主人公のバーコードカードも同梱されていた。

バーコードバトラー戦記 スーパー戦士出撃せよ!

1993年5月に発売されたSFCソフト。
やはり独自のストーリーモード(シミュレーションRPG)が存在するが、このモードだけは『II』が無くても一応プレイする事ができる。

バーコードバトラーII2(ツーダブル)

『II』の拡張機器で、1993年夏に発売された。
『II』の対戦モードの発展型『C0(シーゼロ)』と、ストーリーモードの発展型『C2(シーツー)』の2バージョンが存在するが、いずれも別売りの『II』と連結させないとプレイできない。

各パラメータの上限が更にアップしたほか、新たな職業として回復魔法を使える『僧侶』、武器と魔法の両方を使える『聖戦士』が登場したが、本商品展開中に『コロコロ』でのコミカライズ連載が終了するなど扱いが縮小された為、ブームは本時期に沈静化した事が窺える。

なおSFCソフト『スーパーマリオカート』を元にしたカードソフトが発売されていた。

バーコードイレブン

1994年に発売された。Jリーグ公認の商品で、バーコードからサッカーチームを作って戦わせる事ができる。
『II』のFC・SFC連動機能も受け継いでいる。
しかし『コロコロ』でも僅かなページでしか扱われず、最後はフェードアウトする形で消えていった。

バーコードバトラーNEO

2005年に登場したアプリ用ゲームだが、短期間でサービスが終了した為、殆ど情報は無い。

ストーリーモード『コンビニウォーズ』

『I』『II』『II2C2』には、「バーコード星雲」という世界を舞台に悪と戦う一連のストーリーが用意されていたが、現行機が『イレブン』へ移行した事もあり、未完に終わっている。

同モードに登場するキャラクター達は、実在の商品をモチーフにデザインされている。
男性キャラは基本的にSDガンダムの様な二~三等身のロボット(機械生命体?)然とした姿だが、女性キャラは人間の様な姿(耳はエルフ耳)として描かれていた。
所謂擬人化(擬女化)のハシリと言えるが、名前はともかく外見に関しては、元の商品を思わせる女性キャラはあまりいない。

なお『II』のキャラクターイラストは『バーコードワールド』『NEO』にも流用されている。

関連項目

  • バーコードファイター - 『コロコロコミック』で連載された販促マンガ。小学生である主人公達がバーチャルマシンを使って対戦を行う。『II』『II2』用のカードソフト化も行われた。
  • こちら葛飾区亀有公園前派出所 - 単行本第80巻で『I』が扱われている。但し「値段の高い商品の方が強い」と読者に誤解を与える内容になっているが。
  • ジャンケンマン(メダルゲーム) - バリエーションの1つ『かったら あげる!!』の景品として、バーコードカードが貰えた。
  • 小田急電鉄 - 1992年夏、タイアップしたスタンプラリーイベント『小田急ステーションウォーズ』が実施された。
  • きのこの山 - バーコードが高性能で、公式大会で活躍し、ガイドブックや記事などでも大きく紹介された。


関連タグ

カードゲーム

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バーコードバトラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88021

コメント