ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

スーパーマリオワールド

すーぱーまりおわーるど

『スーパーマリオワールド』は任天堂が1990年11月21日に発売したスーパーファミコン用アクションゲームである。
目次 [非表示]

概説

スーパーファミコンと同時発売のタイトル(ローンチタイトル)であり、ハードの性能が遺憾なく発揮されている。日本国内だけで355万本、世界全体では2000万本以上もの売り上げを達成した超大ヒット作。

隠しルートを探しだすアドベンチャーゲーム的な要素がかなり強く、新キャラ「ヨッシー」の登場や新変身マントマリオの登場などによって、プレイヤーの立ち回りの幅が大きく広がった。


なお、公式のタイトル名は『スーパーマリオワールド』のみだが、テレビCMやパッケージのタイトルロゴには『スーパーマリオブラザーズ4』とも表記されている。

したがって、2006年の『Newスーパーマリオブラザーズ』の発売にともない、タイトルに"New"がつかない『スーパーマリオブラザーズ』は2023年の『スーパーマリオブラザーズワンダー』の発売を待つことになる。


2001年ゲームボーイアドバンス用ゲームソフトスーパーマリオアドバンス2としてリメイクされ、完全な一人用ゲームとなった他、ルイージの性能がマリオと異なるようになった。ジャンプの高さ、投げたファイアボールの軌道等が異なっている。


また、日本では収録されなかったが、海外ではSNES本体に同梱された『スーパーマリオコレクション』の限定版(『Super Mario All-Stars + Super Mario World』)にも収録されており、ルイージのドット絵が新しくなっている。


主なアイテム

パワーアップアイテム

なお、本作ではチビマリオの状態からでもファイアフラワーやマント羽根を取れば、スーパーマリオの状態をパスして一発でファイアマリオやマントマリオになれる。


お馴染みのアイテム。スーパーマリオになる。本作から赤地に白斑点のお馴染みのカラーリングになった。


こちらもお馴染みのアイテム。ファイアマリオになれる。ファイアマリオのカラーリングが赤オーバーオールの白服に戻ったほか、フラワーのデザインがチューリップ型になっている。


初登場のアイテム。マントマリオになれる。


その他のアイテム

100枚で残り数が1増える。下記のシルバーコインやニコニココインなど派生コインも登場している。


  • ドラゴンコイン

5枚で1UP。1コースに最低5枚は隠されている。6枚以上あるコースも少数あり、5枚目以降は取ると必ず1UPする。


プレイヤーの残り人数を1つ増やす。


残り人数を3人増やす。滅多に出てこないレアアイテム。


踏むとクルクルブロックとコインが逆転する、隠された扉が出現するなど、さまざまな仕掛けが作動する。


  • Pスイッチ(銀)

踏むと一定時間敵がシルバーコインに変化、集めれば集めるほど大量に残り数を増やすことが出来る。時間切れになっても、シルバーコインは画面内にある限り元の敵キャラには戻らない。


  • カギ

持ったまま「カギ穴」まで運ぶことで、通常とは異なるルートに進むことができる。このゲームをクリアをするには最低でも1回以上を行う必要がある。


ヨッシー

本作が初登場となった乗り物。敵を食ったり、二段ジャンプの足場にしたり、ダメージの身代わりにしたり大活躍。ノコノコの甲羅を食べると色に応じて特殊な能力が得られる場合がある。

また、どこかのワールドには伝説の3色ヨッシーなる存在もいるようで…。


各ワールド

ワールド名前ボス備考
ワールド1ヨースター島イギー
ワールド2ドーナツ平野モートンここから隠しゴールや秘密のコースが登場。
ワールド3バニラドームレミー地底面中心のエリア。地上にはバニラ台地もある。
ワールド4せんべい山ルドウィッグ途中にチーズブリッジ・バターブリッジ・ソーダの湖などがある。
ワールド5迷いの森ロイ隠しゴールを見つけないと先に進めない。
ワールド6チョコレー島ウェンディ
ワールド7魔王クッパの谷ラリー前座にラムネ海溝の沈没船と後にクッパ城が控える。
ワープゾーンネイティブスターなしコース全てにゴールが2つある。
スペシャルスペシャルコースなし8つの高難易度コース。

圧倒的ボリューム

前作『スーパーマリオブラザーズ3』でかなりの容量を誇ったところから、さらに輪を掛けてボリュームアップが図られている。

前述した隠しルートの存在はもちろんだが、通常クリアではお目にかかれない隠しコース(通称「裏ワールド」)が存在し、しかも表ワールド同様のコース数を擁するという、SFC本体と同時発売された作品とは思えないほどの特大ボリュームを誇る。

裏ワールドは基本的に、表ワールドのキャラクターを一部差し替えたり、背景の色を変化させたものだが、ノコノコの甲羅の色は総入れ替えされており、基本的には厄介な色が頻繁に登場するようになっている。


ゲーム情報

オリジナル版バーチャルコンソール
機種スーパーファミコンWii
ジャンルアクション同左
発売日1990年11月21日(水)2006年12月2日(土)
価格8,000円+税800Wiiポイント
販売元任天堂同左
CERO-A(全年齢対象)

他、Newニンテンドー3DSWiiUでもバーチャルコンソールとして配信され、NintendoSwitchではNintendo Switch Online加入者限定のソフト内に収録されている。


余談

タイムアタック(RTATAS)が盛んなソフトで知られており、Speedrun.comによればメインカテゴリでも13のレギュレーションが存在しており、誇張でも何でもなく100分の1秒単位を争う正真正銘の「競技」となっている。このRTAから、「ザ・エンドってね」というミームがはやった。


資料動画

コマーシャル


プレイ動画(オリジナル)


プレイ動画(海外限定版)


BGM動画


関連タグ

任天堂 スーパーファミコン スーパーマリオ

ヨッシー マリオ(スーパーマリオ)


関連作品

  • バーコードバトラー…本作が専用カードゲーム化された事がある。プレイヤーはマリオとルイージのどちらかを主人公として選択し、ヨッシーとペアを組ませた上でクッパ一味に挑む。
  • スーパーマリオ3Dワールド…ちょっとタイトルの違う全く別の作品。だが、本作初登場のブルが久々の再登場を果たしているなど若干の繋がりがある。
  • スーパーマリオくん…記念すべき第1巻はこのゲームソフトのコミカライズからスタートした。

外部リンク

関連記事

親記事

マリオシリーズ まりおしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1349049

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました