ピクシブ百科事典

スーパーマリオランド

すーぱまりおらんど

スーパーマリオランドとは、任天堂がゲームボーイで発売したアクションゲームである。
目次[非表示]

概要

ゲームボーイ初のマリオシリーズ作品であり、ゲームボーイのローンチタイトル、更には後に続く「マリオランドシリーズ」の第1作目でもある記念すべき作品。

基本的には「スーパーマリオブラザーズ」と同じ横スクロールアクションゲームであり、グラフィックもスーパーマリオブラザーズと、同2を踏襲している。
全4ワールド構成で、各ワールドは3つのエリアに分かれている。3つ目のエリアには各ワールドのボスが待ち構えている。ボスバトルではボスを倒したかに関わらず、奥にあるスイッチを踏むことでクリアとなる(最終ステージのみ例外)。
また、シリーズ作品としては初となるシューティングゲームを盛り込んだステージも存在する(後述)。一方で他作品では定番の水中を泳ぐステージは登場しない。難易度はマリオシリーズの中ではかなり低め。

物語の舞台は、これまでの主要舞台だったキノコ王国ではなく、隣国にあたる連合王国「サラサ・ランド」である。冒険の目的も、宇宙怪人タタンガにさらわれたデイジー姫を救出することであり、スーパーマリオブラザーズから始まるアクションゲームシリーズとしては初めて、クッパ以外の悪役がラスボスである作品である。

ちなみに、登場する敵キャラは全てタタンガの宇宙催眠で操られたサラサ・ランドの住民である

なお、サラサ・ランドを襲撃した真の黒幕に関しては続編で明らかとなる

ストーリー

ピラプト王国、ミューダ王国、イーストン王国、チャイ王国の4つの国からなる「サラサ・ランド」という平和な王国があった。

ある日、突如として宇宙怪人タタンガが襲来し、住民たちに催眠をかけて国を乗っ取ってしまった。
さらに、自らの妃とするべく王女のデイジー姫を連れ去ってしまう。

これを知ったマリオは、デイジー姫を救出するべくサラサ・ランドへ向かうのだった。

本作だけの要素

2つのゴール

ゴール地点には上下2つの扉があり、上のゴールに入った場合にはアイテムが手に入ったり残り人数が上がるボーナスステージに挑戦できる。
上のゴールへ行く方法は、落ちるブロックを踏み台にしたり、ゴール以前の区間から上層部を進むなど様々で、かなりのテクニックが要求される場所もある。
また、ボスがいる最後のエリアをクリアすると必ず挑戦できる。

シューティングステージ

このゲームにはシューティングステージがあり、ワールド2-3では潜水艇「マリンポップ号」を、ワールド4-3(最終エリア)では、戦闘機「スカイポップ号」を操作して進むことになる。
操作方法は十字キーで上下左右に動き、AorBボタンで弾を発射して攻撃(B:単発/A:連射)できる。
シューティングステージでは、敵にぶつかる(方向問わず)か強制スクロールで壁に挟まれるとミスとなる。

スーパーボールマリオ

今作ではフラワーを取るとスーパーボールマリオに変身する。
この状態でBボタンを押すと、射出時は斜め下45°に直進し、地面や壁に当たると斜め直角にバウンドするスーパーボールを放つ。スーパーボールは、一定時間が経つか穴や上空に飛んで行くと消滅する。性能自体はファイアボールと一緒。
なお、スーパーボールをコインに当てると、そのコインを獲得することができる(スーパーボールを当てないと取れないコインもある)。
しかし、画面内に一度に出せるスーパーボールは1発だけで、消えるまで次弾を発射できないという欠点がある。

無敵時のBGM

スターで無敵になったときのBGMが、オッフェンバック作曲の天国と地獄になっている。

裏面とステージセレクト

一度全ワールドをクリアすると、タイトル画面のカーソルがキノコからマリオに変化する。この状態で再びゲームを始めると、裏面に進むことができる。裏面では、敵や障害物の配置が多くなる・ボスの行動パターンの一部が変化するなどの変更がされて、難易度が高くなる。
更に裏面も全てクリアすると、タイトル画面で好きなステージを選んでプレイできるステージセレクトが可能になる(ただし、選べるのは裏面のみで表面には戻れない)。
リセットをすると、これらは全て元に戻る。

各ワールド

ワールド1 ピラプト王国

エジプトをモデルとしたワールド。1-1は地上面、1-2はアスレチック面、1-3は地下面とマリオシリーズの基本的なステージ構成となっている。
ボスは、スフィンクスライオンを合わせた姿を持つ「キング・トトメス」。

ステージ2 ミューダ王国

バミューダ諸島をモデルとした海の王国。ステージ1、2はアスレチック面で、海面に落ちるとミスになる。2-3は今作最初のシューティングステージとなる。
ボスは巨大なタツノオトシゴの「ドラゴンザマス」と、それを守る球状の無敵生命体「タマオー」。

ステージ3 イーストン王国

イースター島をモデルとした岩の王国。基本的に地上面であるが、ワールド1より格段に難易度は上がっている。
ボスは、手足の生えたモアイ像のような生きた石像「ヒョイホイ」。

ステージ4 チャイ王国

中国をモデルとした中華風の王国。特定の攻撃でないと倒せない敵や、遠距離攻撃を行う敵など厄介な敵が多く登場する。最終面だけあり、難易度はとても高い。
ボス(実質中ボス)は恥ずかしがり屋な雲の「パオキントン」。
そしてパオキントンを倒した直後に、ラスボス「タタンガ」が出現する。

備考

この作品はスーパーマリオブラザーズを基礎としているが、お馴染みの無限増殖はシステムの関係で不可能となっている。
プログラム上では99まで残り人数はストックできるが、通常の手段でいくとノーミスで進めてもせいぜい20人を少し超える程度までしか増やせない上に裏面には引き継げない。


関連タグ

マリオシリーズ デイジー姫 タタンガ
スーパーマリオランド2 ワリオランド

pixivに投稿された作品 pixivで「スーパーマリオランド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98794

コメント