ピクシブ百科事典

ドンキーコング初代シリーズ

どんきーこんぐしょだいしりーず

ドンキーコングシリーズの中でアーケード版及びゲームボーイ版を指す。
目次[非表示]

概要

アーケード版

1981年に任天堂からアーケードゲームとして発売されたアクションゲーム。1982年にはゲーム&ウオッチに、1983年にはファミリーコンピュータに移植された。2000年に発売された『ドンキーコング64』ではこのアーケード版がミニゲームとしてそのままの形で移植されている。

マリオが初登場したゲームとして有名であるが、ゲーム発売当時は単に「ジャンプマン」などと呼ばれ、名前が決められていなかった。マリオの名前は続編の『ドンキーコングJR.』で初めて名付けられ、ファミコン移植版では最初から反映されている。

ストーリーはマリオ(当時はジャンプマン、ゲーム&ウオッチ版では救助マン)が、ドンキーコングに建設現場へ連れて行かれた恋人レディを、妨害を乗り越えて救出に向かうというもの。
25m・50m・75m・100mの4ステージで1周としており、周回数が上がるにつれ敵の攻撃が激しくなるが、制限時間のスコアも増えるため高得点を狙いやすくなる。
ステージの難易度が最も高いのは5周目となり、それ以降は難易度がループする。ただし、バグのため22周目に突入するとわずか8秒ほどで強制ミスになってしまいクリア不能となる(事実上の最高到達点)。

アーケード版では発売初期の前期バージョン(通称「TRYバージョン」)と、バグを修正した後期バージョン(通称「GETバージョン」)が存在する。主な違いは、ステージ開始時のメッセージが異なる(前期バージョンでは「HOW HIGH CAN YOU TRY?」、後期バージョンは「HOW HIGH CAN YOU GET?」)ことと、後期バージョンは25mのワープの裏技が不可能になったことなどである。なお、米国版・N64版は後期バージョンに準拠している。

当時としては画期的な一画面固定型アクションゲームで、マリオのジャンプアクションの原点である。
ファミコン版では容量の問題で、アーケード版のベルトコンベアー面(50m)が削除され、25mで放り投げられた樽が1段ずつ引っ掛かりながら真下に落ちるか毎回同じジグザグに落ちる2種類しかないため、ランダムに来るアーケード版のようなスリルはないが全体的な出来は良く、ファミコン本体の売り上げを牽引したソフトになった。
発売時、シンプルなステージの繰り返ししかなかった他のゲームに対し、キャラクター性とストーリ性を持たせた点でも優れた作品であることがわかる。なお、海外では発売時期の関係(NES発売前)からか、任天堂ハード以外への移植版も存在する。1982年に発売されたゲーム機、コレコビジョンに同梱という形で発売されている(家庭用ゲーム機としては初めての移植作品)。

余談

  • ドンキーコングは元々はマリオのペットだったが、マリオに恋人が出来てから構ってくれなくなったため、嫉妬してイタズラで彼女を攫ったという設定になっている。
  • 新・光神話パルテナの鏡』では、パロディな仕掛けになっている。
  • 「75m」はスマブラXスマブラWiiUに隠しステージとして登場している。
  • カプコンのハンティングアクションゲーム『モンスターハンター4』では、任天堂とのコラボレーションの一環として、このアーケード版のステージが描かれたギルドカード(ハンターの名刺のようなもの)の背景がダウンロード配信されることが決定した。なお、原典でドンキーコングが立っていた場所には、同じく猿をモチーフとしたモンハンシリーズのキャラクターであるババコンガが立っている。


ゲームボーイ版

1994年6月14日に任天堂より発売されたゲームボーイ用ソフト。ドンキーコング生誕13周年記念かつ最後の登場作品として発売された作品である。
アーケード版のリメイクだが、大幅なステージ数の増加、マリオの多彩なアクション、アクションパズル要素を加えたゲーム性など、オリジナル要素が強い。また、マリオシリーズではお馴染みのキノコが登場するが、本作ではこれを取るとマリオの身体が小さくなってしまう。また、過去のドンキー作品及びマリオシリーズ、他の任天堂作品のオマージュなども見られる。

ヒロインのデザインが茶髪に変更され、単なるレディではなく「ポリーン」と言う個人名が与えられた(厳密には欧米NES版の時点で決まっていた)が、他の作品で既にピーチ姫がヒロインとして有名となっていたため、当時から地味な存在だった。その後もマリオと友人の関係から脱せず、『マリオvs.ドンキーコング2 ミニミニ大行進!』に出演しているが、今では完全に過去の女と化している。本作の公式ガイドブックによると、インタビューで開発スタッフが「最終ステージがキノコ王国付近であり、マリオはポリーン救出後ピーチ姫に出会い乗り換えてしまった」と述べている(ただし冗談交じりであり、任天堂の公式設定かどうかは不明)。

また、ドンキーの息子で『ドンキーコングJR.』のプレイヤーキャラだったドンキーコングJr.も、敵キャラとして登場する。

各レベルは4ステージ1セット×1 - 4の構成になっており、例外を除き1 - 3ステージは通常ステージ、4ステージ目はドンキーステージである。この関係で、各レベルのステージ数は必ず4の倍数となっている(最終レベルを除く)。
クリア条件はアーケード・ファミコン版と異なり、通常ステージは「ステージの何処かにある鍵でドアを開ける」、ドンキーステージは「ポリーンの所にたどり着く」、レベル最後のドンキーステージでは「敵やタルなどをドンキーにぶつけて倒す」となった。
なお、ステージ0から始まるが、ステージ0は初代ドンキーコングをゲームボーイに合わせたレイアウトに変更されており、FC版に入ってなかったOPデモやステージ開始デモ、50mが再現されている。100mでドンキーを落下させてレディ救出…と思いきやあくまでプロローグに過ぎず、壮大な追いかけっこの始まりとなる。ステージ0はボーナスアイテムの関係上ボーナスゲームができない。

『テトリスフラッシュ』とともに初のスーパーゲームボーイ対応作品でもある。発売当時には取扱説明書のほか、スーパーゲームボーイ使用時における操作方法を記したチラシが付属した。
スーパーゲームボーイを使用すると、 ゲーム画面が多色表示となる、 ゲーム画面外にはアーケード筐体を模した専用フレームが付く、 ゲーム中のポリーンの「HELP!」の声がスーパーファミコンの音源を使用した肉声になる、 エンディングの曲がスーパーファミコンの音源を使用したバージョンになるなど、演出に力が入ったものであった。

本ゲームの作風の特徴としては現実的である点である。マリオシリーズでは、架空の国が舞台であるためファンタジー要素が強いが、ステージの舞台が、都会や船、飛行機など妙に人工物臭いものが多い。

後に3DS向けのバーチャルコンソールに再登場している。ただし、スーパーゲームボーイ関連の独自機能には対応しておらず、ゲームボーイ相当の動作となる。

黒い任天堂

本作は黒い任天堂の面が見受けられる作品でもある。

他のマリオシリーズと違う点として、マリオが現実的な死に方をすることである。マリオシリーズではマリオがどんなやられ方をしても、画面下に落下するなどほとんどが同じ描写だったが、本作では焼死・感電死・溺死・転落死・轢死・圧死など、やたらリアルで様々な死に方をする。3D化されてよりリアルになった『スーパーマリオ64』とその続編でも、本作を引き継いだかのような多様なやられた方をするが、ファンタジー要素が強いため、あまり惨たらしい表現はされていない。

あと、ドンキーがマリオを本気で殺しにかかってくる
ステージ内にトラップを仕掛けたり、マリオに樽や敵を投げつけたり、ジャンプしてステージ全体を揺らして鉄アレイなど重い物を上から降らしてマリオを潰そうとしている。
ドンキーステージで、不用意にドンキーに近付こうものなら、問答無用に頭をわしづかみにされて、床にぶん投げられて殺されてしまう。小さいマリオの状態で投げ飛ばされると、床に激突した地点で身体が肉片と化してバラバラになってしまう。その時の、ドンキーの表情と言ったら…天使のような悪魔の笑顔である。
設定では、ドンキーがマリオにする妨害は「いたずら」なのだが、明らかにいたずらでは済まないレベル。

シリーズ



関連タグ

任天堂 ドンキーコング ドンキーコングシリーズ

コメント