ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

スーパードンキーコングシリーズ

すーぱーどんきーこんぐしりーず

スーパードンキーコングシリーズとは、任天堂から発売された、スーパーファミコン向けのゲームシリーズ作品である。
目次 [非表示]

概要

任天堂ドンキーコングシリーズを題材に、レア社が開発したアクションゲーム。当時最新の3DCGを用いて、スーパーファミコンの持つ性能以上の色数を表現した事で注目が集まった。『ドンキーコング64』ではハード以上のメモリを使用するために、プレイするためには『拡張パック』が必要となっている(ソフトに同梱)。

なお、『ドンキーコング64』を最後にレア社はドンキーコングシリーズの開発からは撤退しており、『ドンキーコングリターンズ』以降は『メトロイドプライム』などを手掛けたレトロスタジオが制作している。最新作の『ドンキーコングトロピカルフリーズ』に至るまで、海外製であるのが特徴。


難易度は同じ任天堂のマリオシリーズに比べると高めに設定されている。また、やり込み要素が多く、単にゴールするだけでは完全なクリアにならないようになっている。完全クリアにどれだけ近づいているかをパーセンテージで表しているのが特徴。落ちるとミスになる谷底や、スタート地点の真後ろなど、ともすれば行くのに勇気がいる場所や盲点になりがちな場所に隠し要素が多く、プレイヤーの観察力が試されるつくりになっている。


このシリーズから登場するドンキーコングはいわゆる「2代目ドンキーコング」であり、かつてマリオと対決したドンキーコングはクランキーコングとなっている。以後、マリオシリーズを含めて登場する「ドンキーコング」はこの2代目ドンキーとなっている。


ストーリーは、ドンキーコング達が住むDKアイランドを舞台に、彼らの生活を脅かすクレムリン軍団から島の平和を取り戻したり、未知の土地で冒険を繰り広げるのがシリーズの大まかな流れ。なお、『リターンズ』以降の敵はクレムリン軍団とは別のとなっている。ちなみにタイトルに『ドンキーコング』が入っているが、『スーパードンキーコング2』ではディディーコングが、『スーパードンキーコング3』ではディクシーコングが主人公となっている。

主人公になってないタイトルではさらわれているため、このナンバリングタイトル中でドンキーが操作できたのは一作目だけと言う笑えない事態を引き起こしてしまっていた。

その反動というべきか、『ドンキーコング64』以降は全作品でドンキーが主役を張っている。


GB版のタイトルに規則性がなく、渾沌としていることを度々ネタにされる。


主な登場キャラクター

コングファミリー

アニマルフレンド

クレムリン軍団

その他敵キャラ


シリーズ作品

本シリーズ作品


携帯ゲーム機版

  • スーパードンキーコングGB(1995年、ゲームボーイ)
  • ドンキーコングランド(1996年、ゲームボーイ)
  • ドンキーコングGB ディクシーコング&ディンキーコング(2000年、ゲームボーイカラー)

リメイク・移植作品


関連タグ

ゲーム 任天堂 レア社 レトロスタジオ ドンキーコングシリーズ

SDK スーパードンキーコング スーパードンキーコング2 スーパードンキーコング3 ドンキーコング64

関連記事

親記事

ドンキーコングシリーズ どんきーこんぐしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5503

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました