ピクシブ百科事典

ディディーコング

でぃでぃーこんぐ

ディディーコングとは、ドンキーコングシリーズのキャラクターである。
目次[非表示]

概要

「ドンキーコングシリーズ」に登場するチンパンジーのキャラクター。ドンキーコングの良き相棒で、赤色のベストと帽子を着用しているのが特徴。
レア社により開発されたキャラクターだが、2002年にレア社がマイクロソフトに吸収された以降は任天堂に所属している。その為、彼の帽子にはNintendoのロゴが描かれている。
ドンキーと比べてしっかり者であり、パワーは劣るが身軽なため素早い。

一人称は基本的に「オイラ」で定着しているが、作品によっては「ぼく」になることも。
好きなものは冒険とバナナ、エレキギター。嫌いなものは退屈と子供扱い。
子供扱いを嫌ってはいるものの、多少小生意気な態度を見せることも少なくないため子供っぽいところはあまり否めない。一方でグラサンをかけながらラジカセ片手に踊ったりとクールな一面も持ち合わせていたりする。

【スーパードンキーコング2】ディディー&ディクシー



声優はドンキーコングシリーズなどでは開発スタッフのケヴィン・ベイリスが担当していたが、『マリオテニスGC』以降は鈴木勝美が担当している。レトロスタジオ開発のゲームでも配役は変わってはいないのだが、『リターンズ』のプリレンダムービーを除いて声が高めになっている。
『マリオゴルフワールドツアー』では両者の既存ボイスを混ぜて使用しているが、あまり違和感は感じさせない。

ドンキーコングシリーズのディディーコング

初登場は1994年に発売された『スーパードンキーコング』。ドンキーの相棒として、キングクルールに盗まれたバナナを取り返しに向かった。当初は説明書にて憧れのドンキーの様にゲームのヒーローとなって世界中に飛び回りたいことをプレイヤーに明かしている。
次回作の『スーパードンキーコング2』では初の主人公となり、クレムリン軍団に捕まったドンキーを助けるべく、ガールフレンドのディクシーコングと共に冒険をした。しかし三作目の『スーパードンキーコング3』ではドンキーと共にクレムリン軍団に捕まってしまう。
ディディーコングレーシング』では初めてドンキーコングの名が入っていないタイトルを飾ったが、主役は実質的にティンバーであり、他の出演者と同等に扱われていた。
ドンキーコング64』ではタッグを組むことがないため完全な個別操作となる。本作から「バレルジェット」や「ピーナッツポップガン」が登場しており、後の作品にも影響を与えている。
ジャングルガーデンの牢屋に囚われていて、ドンキーに助けてもらうことで操作が可能になる。攻撃範囲とスピードは優れており、立ち攻撃が弱いかわり、得意の横トンボ返りやバックフリップの踏みつけが強力。回収できるアイテムの色は赤。

[スマブラ] Diddy Kong -ディディーコング-


ピーナッツ・ポップガン
英語表記:Peanut Popguns
ファンキーから購入する。
2丁の拳銃でピーナッツを弾として発射させる。威力は標準だが、他のウエポンより少しだけ速い。
アステカンウインドではこのピーナッツを食べるトーテムがある。スマブラの技で登場する。
ディディータックル
英語表記:Chimpy Charge
クランキーの薬で習得できる。
一定時間力を貯めた後に突進する。ドラを鳴らしたり、特殊なスイッチを押したりできる。タイニーを助けるのに使われる。
バレルジェット
英語表記:Rocketbarrel Boost
アステカンウインドに入った後、クランキーの薬で習得する。
背中にバレルジェットを装着して空を飛ぶことができる。同時にピーナッツ・ポップガンが使える(武器購入前だと武器を構えていない)。ハゲタカやフクロウとレースしたり、ろうそくに火を灯したりできる。この状態でゴールデンバナナを取ると踊らなくなる。キングクルール戦ではライトを壊して、クルールの頭に落とす。設置個所は13か所とタイニーに次ぐ多さである。スマブラの技に登場する。
スプリングテール
英語表記:Simian Spring
マッドファクトリーorガリオンとうだいに入った後、クランキーの薬で習得する。
ディディーの顔が描かれたパッドの上でZボタンを押すと尻尾をばねのようにして高く跳ぶことができる。ランキーと被りがちだが、あちらと違って空中を自由に移動できない。
エレキ・ショッカー
英語表記:Guitar Gazump
キャンディーから購入する。
楽器とメロディー以外は他のコングと同じ性能。衝撃波はエレキギターと同じ星マークになる。
モンキーラップでは、バレルジェットとともに披露している。


任天堂へ所属するようになった2002年以降は、『マリオカードダブルダッシュ!!』『マリオテニスGC』など「マリオシリーズ」にも出演するようになり、ドンキーと共に活躍の場を広げている。

「ドンキーコングシリーズ」においてもやはり主要キャラだけあって出番に恵まれており、隠し要素としてディディーが単独で旅立つモードが用意されることもある。しかしそれ以降に発売された『ジャングルクライマー』や『ドンキーコングリターンズ』といったアクションゲームにおいてはドンキーの背中に乗り込みアクションを増やす形で同行したり、通信対戦、または2P専用で操作が可能だったりとプレイアブルとしての仕様が限定的なものになっている。ちなみに『リターンズ』ではドンキーを復活させないままラスボスを倒すと…?
ドンキーコングトロピカルフリーズ』では特定の条件を満たすことによって1Pだけでも操作が可能となった。

マリオシリーズのディディーコング

『マリオゴルフファミリーツアー』を皮切りにマリオファミリーに参入。
持ち前の身軽さからスピードタイプとしての地位を確立しており、スペシャル技はバナナを意識したものやバレルジェットを使ったものが多い。
剽軽な仕草が目立つ様になり、ドンキーコングシリーズとはまた違ったコミカルさを感じるキャラ付けをされている。とにかく頭上で手を叩く動作が多い。。

大乱闘スマッシュブラザーズ

X』から参戦。声はドンキーと同じくサウンドエフェクトを使用している。

スマブラX

ボタンワザ一覧
Bピーナッツ・ポップガン
→Bモンキーフリップ
↑Bバレルジェット
↓Bバナナのかわ
切りふだバレルジェットパニック

大乱闘スマッシュブラザーズX』にて初のプレイヤーキャラクターとして参戦。
開発スタッフによれば「参戦していないのが不思議と言われるぐらい人気があった」ため参戦らしい。また、当初はディクシーとペアで参戦する予定だったが色々と難しかったためカットされたらしい。
声はドンキーと同じくサウンドエフェクトを使用している。

スマブラfor

ボタンワザ一覧
Bピーナッツ・ポップガン
→Bモンキーフリップ
↑Bバレルジェット
↓Bバナナのかわ
切りふだバレルジェットパニック


ディディーコング、一強の時代へ

for』も続投した。以降は動きのしなやかさが追求された結果、攻撃時に手足がゴムのようによく伸びるようになった。

ただこのファイターの恐ろしいのはコンボ性やダウン連である。
下投げから上空中攻撃「ターンキック」は高いダメージでも何故か繋がって撃墜可能なコンボから、そこに前作で反則同然の下必殺ワザ「バナナのかわ」が加わる事で手が付けられない状態までも。ジャンプキャンセル投げ(通称:滑り投げ)などトリッキーな動きでお手玉からバーストまで何でもありのワザが複数。
他には下強攻撃と上強上強はお手玉してから撃墜まで可能なコンボ性能。「バナナのかわ」で転んでいると確定で投げやスマッシュ攻撃が通る。近づかれてしまえばダメージを簡単に稼がれて撃墜と為す術がない。この驚異的なコンボ性や突破力で強キャラとして使われていた。復帰力も異常でバレルジェットは終点(形状による)を一周できる飛距離。
一応バージョンごとで下方修正せれたが、かすり傷程度で大きな弱体化までには至らず全盛期は弱点なファイターが存在しないことから一部のプレイヤーから嫌われ、『猿ブラ』と言われるほどに脅威な性能が伺える

スマブラSP


ボタンワザ一覧
Bピーナッツ・ポップガン
→Bモンキーフリップ
↑Bバレルジェット
↓Bバナナのかわ
切りふだハイパーバレルジェット
大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』でも続投はしたのだが前作からさすがに可笑しいと判断されたのか大幅弱体化。まずコンボ性能の低下。
前作にあった「下投げからの上空中攻撃」や「下強(上強)お手玉コンボ」が繋がりにくく撃墜までには行けなくなった。下必殺ワザの「バナナのかわ」を使ったジャンプキャンセル投げが削除。そして復帰力も落ちた。
横必殺ワザ「モンキーフリップ」と上必殺ワザ「バレルジェット」の飛距離が大幅短縮と前作からかなりナーフされた。弱点のないファイターから一転し、復帰阻止の得意ファイターとリーチと火力のあるファイターには弱くなった。

オンライン対戦ではコンボ性の変化や弱体化が響き、前作ほどの突破力と復帰力は弱くなった。使用率はかなり落ち、本作の強化で強キャラに登り詰めたファイターが多くいたことからあまり話題にされず強キャラの立ち位置はなくなり、降ろされた
ただ新たなコンボは開拓されているようで違った戦術が楽しめる。空中戦の強さとコンボ性はまだ健在で新しいコンボや立ち回りが開拓され、ほどよい強さになった。
接近戦メインのファイターなら「バナナのかわ」と「ピーナッツ・ポップガン」の牽制で立ち回りやすいのだが隙を作ろうと必殺ワザに頼りがちになるので逆に隙を突かれてしまう。リーチが短く、判定負けしやすいのでアイク達には注意。なるべくダメージを稼いですぐに撃墜するようにした方が良い。
一応アップデートで各空中攻撃の着地隙減少と上方修正はされているがVer11.0.0から下必殺ワザ「バナナのかわ」による投げた後に再び投げられるまでの時間が長くなる下方修正によってコンボ性能がまた弱体化された。

操作系の切りふだの廃止に伴い、画面内を縦横無尽に飛び回った後、一番多くのダメージを与えたファイターに対して突進を仕掛ける「ハイパーバレルジェット」に変更された。

勝ちあがり乱闘「バディーコング」は全てのラウンドがチーム戦で、各作品の味方ファイターと一緒に各作品の宿敵やライバルと戦っていく。

久し振り!!


また、有料追加コンテンツとしてバンジョー&カズーイが参戦したことで、『ディディーコングレーシング』以来となるバンジョーとの共演が実現した。

ドンキーコングシリーズ参戦ファイター

Noファイター初出演
02ドンキーコング64
36ディディーコングX
67キングクルールSP


ポケモントレーナー(33.ゼニガメ/34.フシギソウ/35.リザードン)→36.ディディーコング→37.リュカ

アニメ版のディディーコング

担当声優は林原めぐみ
一人称は原作と同様、基本的に「オイラ」で時折「ぼく」。
饒舌かつやや毒舌気味。注射が大の苦手。
ドンキーからは頼れる相棒として信頼を寄せられており、喧嘩をしても最終的に仲直りするのがお約束である。力尽くでクレムリン軍団に立ち向かう場合はパワー不足…というよりかはそもそも戦闘力がほぼ無いに等しいため、基本的にドンキー頼り(一部の回ではドンキー抜きでも応戦できていたが)。『スーパードンキーコング』のボーナスステージをミスした際に見せる動作も再現されている。

アクションや使用武器

ローリングアタック
基本技の横トンボ返り。スマブラでは「for」からローリングスラップという技にアレンジされている。

尻尾
長い尻尾はフックに引っ掛けてぶら下がったり、鞭のように攻撃に使うこともできる。
『64』ではバネのようにして大ジャンプする「スプリングテール」が使える。

ピーナッツ・ポップガン
ファンキーコングが開発したピーナッツを発射する木製の二丁拳銃。
『64』のオープニングでは空中で二丁のポップガンを水平に持ち横に360度回転しながら乱射するという荒技を披露している。
力強く地面を叩く動作が必須となった作品では、ポップガンを使って地面に衝撃を与えている。

バレルジェット
ジェット噴射による飛行を可能とするタル。噴射口の炎で特定の物に着火もできる。ピーナッツポップガンとセットで活躍することも多い。
作品によって形状が異なり、代表的なのものは『ドンキーコング64』と『スマブラ』に登場した一対のタル。フィールドスマッシュの装備アイテムとしても登場。『SP』で使用したハイパーバレルジェットの見た目は64のバレルジェットを銀色にした物。
「マリオシリーズ」では一つのタルに赤いウイングが付いた物。スペシャル技以外にも専用のアニメーションで持ち込まれることもあり、勢い余って大気圏外まで飛んでいったこともある。
『リターンズ』、『トロピカルフリーズ』ではロケット状でバッグの中に収まる程のサイズとなっている。ゲーム上ではホバーしかできないが、とあるムービーではとんでもないパワーを発揮した。『トロピカルフリーズ』では水中ステージの追加に伴い「ジェットブラスト」による速泳ぎもできるようになった。
混同されやすいが、『たるジェットレース』に出てくる「たるジェット」や『リターンズ』に出てくる「ロケットバレル」とは別物なので注意。

ディディータックル
前方に突進しつつ頭突きをお見舞いする攻撃。特定のスイッチを押して仕掛けを作動させることもできる。尚、説明では「ショルダータックルができる」と表記されているのだが肩は一切使っていない

エレキショッカー
星型の赤いエレキギターを演奏し、周囲の敵を一掃するエネルギー攻撃。

関連イラスト

DD
ディディーの言い分


エレキ★ショッカー
思い出のゲーム



やはりというべきか、pixivにおいては相棒のドンキーやガールフレンドのディクシーとコンビで描かれることが多い。後者の場合は古い順で検索すると見つけやすい。

センシティブな作品
ディディーとディクシー



関連タグ

任天堂 レア社
スーパードンキーコング ディディーコングレーシング
コングファミリー
ドンキーコング ディクシーコング クランキーコング キングクルール
バンジョー(バンジョーとカズーイの大冒険) 親友。レア社がMicrosoftへ吸収されてからは版権の都合上離れ離れになっていたが、『スマブラSP』にて再共演した。
チンパンジー アニマルヒーロー
もう一人の主人公

関連記事

親記事

コングファミリー こんぐふぁみりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ディディーコング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1028404

コメント