ピクシブ百科事典

ディディーコング

でぃでぃーこんぐ

ディディーコングとは、ドンキーコングシリーズのキャラクターである。
目次[非表示]

概要

「ドンキーコングシリーズ」に登場するチンパンジーのキャラクター。赤色のベストと帽子を着用しているのが特徴。
レア社により開発されたキャラクターだが、2002年にレア社がマイクロソフトに吸収された以降は任天堂に所属している。その為、彼の帽子にはNintendoのロゴが描かれている。
ドンキーコングの良き相棒。ドンキーと比べてパワーは劣るが身軽なためスピードが速い。また、ドンキーと比べてしっかり者である。

初登場は1994年に発売された『スーパードンキーコング』。ドンキーの相棒として、キングクルールに盗まれたバナナを取り返しに向かった。
次回作の『スーパードンキーコング2』では初の主人公となり、クレムリン軍団に捕まったドンキーを助けるべく、ガールフレンドのディクシーコングと共に冒険をした。しかし三作目の『スーパードンキーコング3』ではドンキーと共にクレムリン軍団に捕まってしまう。
ディディーコングレーシング』では初のタイトルを飾ったが、主役は実質的にティンバーであり、他の出演者と同等に扱われていた。
ドンキーコング64』では再びドンキーと共演。単体で操作できるようになり、「バレルジェット」や「ピーナッツポップガン」など専用の技を披露するようになる。

任天堂へ所属するようになった2002年以降は、『マリオカードダブルダッシュ!!』『マリオテニスGC』など「マリオシリーズ」にも出演するようになり、ドンキーと共に活躍の場を広げている。
声優はドンキーコングシリーズでは開発スタッフのケヴィン・ベイリスが担当していたが、『マリオテニスGC』以降は鈴木勝美が担当している。

スマブラシリーズのディディーコング

引きずりましたがなにか?


大乱闘スマッシュブラザーズX』にて初のプレイヤーキャラクターとして参戦。『ドンキーコング64』で使用した「バレルジェット」や「ピーナッツポップガン」の技を使用する。最後の切りふだはバレルジェットで空を飛びながら、地上に向けてピーナッツポップガンを撃つ、「バレルジェットパニック」である。
Xの『亜空の使者』では、敵に捕らわれたドンキーを助けるために、冒険の道中で出会ったフォックスファルコ半ば無理やり連れて行くなど、強引な一面を見せていた。
次回作の『スマブラ3DS/WiiU』でも続投。だが、下投げから上空中攻撃「ターンキック」は高いダメージでも何故か繋がって撃墜可能なコンボから、そこに前作で反則同然の下必殺ワザ「バナナのかわ」が加わる事で手が付けられない状態までも。ジャンプキャンセル投げ(滑り投げ)などトリッキーな動きでお手玉からバーストまで何でもありのワザが複数あって弱体化されてもあまり性能の変化は見られず、苦手なファイターすらいない事から全盛期では猿ブラとまで言われてるほどの強キャラまで登り詰めていた。苦手なファイターすらいない事から一部のプレイヤーから嫌われていた


スマブラSP』でも続投。その暴れっぷりから大幅弱体化された。横必殺ワザ「モンキーフリップ」は飛距離が短くなってしまい、少し近づいた状態でないと当たらなくなった。また滑り投げがなくなって奇襲が出来なくなった。上必殺ワザ「バレルジェット」は溜めても前作より飛距離が伸びなくなり、復帰力が大幅に弱体化。このように本作はコンボに強いファイターだが復帰力が弱くなって妨害されれば撃墜されるといった仕様になり、新たなファイターや今までのファイターの強化で一部は強キャラに登り詰めたファイターの他、対策が出来ようになったためか猿ブラはなくなり、強キャラではなくなった。前作で嫌われたせいか嫌いなファイターランキングでワースト第一位と残すことになり、大幅弱体化したせいか使用率がかなり減ったという。

勝ちあがり乱闘「バディーコング」は全てチーム戦で味方のファイターは宿敵に関連あるファイターと戦う。もちろん最終ラウンドはキングクルールである。

声優は起用されておらず、ドンキーと同じくサウンドエフェクトとなっている。

アニメ版のディディーコング

担当声優は林原めぐみ
一人称は「オイラ」となっている。

関連イラスト

うろ覚えで合作&合作のお知らせ2
ディディーコング



関連タグ

任天堂 レア社
スーパードンキーコング ディディーコングレーシング
コングファミリー
ドンキーコング ディクシーコング キングクルール

関連記事

親記事

コングファミリー こんぐふぁみりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ディディーコング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 603196

コメント