ピクシブ百科事典

チャンキーコング

ちゃんきーこんぐ

「ドンキーコング」シリーズに登場するキャラクターである。

CV:ケビン・ベイレス

概要

赤いヘッドキャップがチャームポイントの大きなローランドゴリラである。
体重は2000ポンドと超重量級(参考までにドンキーコングが800ポンド)のハードパンチャー。kgに換算すると約907.2kgになる。現実のローランドゴリラの体重は成体のオスで約200kgである。
臆病な面があり、ドガドン戦で命乞いしているなどのシーンでも確認することができる。
巨大な体格だけど性格は非常に臆病。タッグバレルでは自身を選ぶようアピールする一方で、いざ自身が選ばれると戸惑い、隣のタイニーを選ぶよう促す。
日本国外版ではディンキーの兄貴ということになっている。
チャンキー(chunky)は「ガッチリした」という意味である。

64が初登場であり、最初、マッドファクトリーで監禁されており、天井に吊るされた檻の中で囚われていた。ランキーのハンドウォークでパイプを駆け上がり、上のスイッチを押すことで救出できる。リンクリーがランキーに対してチャンキーの救出のためのアドバイスをしている。
基本攻撃は3連パンチやラリアット。

パイナップル・ランチャー
英語表記:Pineapple Launcher
ファンキーから購入する。
他のウエポンより攻撃力は高いが、弾速が遅い。動きの速いバナナバルーンを割るのに苦労する。現実ではパイナップルよりココナッツの方が4倍重くて破壊力がある。実際に南国ではココナッツの落下に巻き込まれて死亡する人が多い。モンキーラップの"IF SHOOT YA,IT'S GONNA HURT!"(公式の訳:もしこれがヒットすりゃ、すっごくイターイぜ!)では済まされない。
グレートチャンキー
英語表記:Hunky Chunky
クランキーの薬で習得できる。
コングバレルに入ると全高が2倍以上の巨体になる。巨大な岩やひるよるウッドの青虫を持ち上げたり、雑魚敵を接触しただけで倒したり、他のコングが登れない木を登ったりすることができる。ドカドン戦ではドカドンと同じくらいに大きくなれる。普段はドカドンの足ぐらいの高さしかないので、かなりの膨張率である。この状態でドカドンにとどめを刺す。
ちなみにチャンキーが体の比率がそのままで高さが2倍になると仮定すると体重が8倍になり、約16000ポンド(約7.2t)ぐらいになるので、敵が巨大化したチャンキーに触れただけでも倒されるのも納得できる。
DKアイランドではこのアクションで巨大なゴールデンバナナが手に入る。
ガレオンとうだいとゾゾゾ〜キャッスル以外のステージに登場する。
パンチパンチ
英語表記:Primate Punch
クランキーの薬で習得する。
Z+Bボタンで発動できる強力なメガトンパンチで、壁や箱を破壊することができる。キングクルール戦では、巨大化した後でこのパンチで攻撃し、とどめを刺す。
ボクシングで最も重い階級はヘビー級で体重が200lb(90.72kg超)であり、チャンキーはこのヘビー級の10倍の威力のパンチが出せる。
ゴリラゴーン
英語表記:Gorilla Gone
クリスタルどうくつorゾゾゾ〜キャッスルに入った後、クランキーの薬で習得する。
チャンキーの顔が描かれたパッドの上でZボタンを押すと衣服以外が見えなくなる。同時に見えなかったものが見えるようになる。サーチライトの監視から逃れることができる。キングクルール戦では、リングの中央のスイッチを押すことでパッドが出現し、消えたクルールを見えるようにしたり、コングバレルを出現させたりできる。クリスタルどうくつでは消えただけでゴールデンバナナが超簡単に手に入るギミックがある。
トライアングル・ウェーブ
英語表記:Triangle Trample
キャンディーから購入する。
楽器とメロディー以外は他のコングと性能が同じ。衝撃波の形は「DK」。チャンキーの巨体に似合わない小さい楽器である。これを音波兵器として扱えるのは彼の怪力あってこそ。

関連タグ

ドンキーコング ドンキーコング64 コングファミリー

ムジュラの仮面
64のゲームで主人公のリンクが巨大化して戦うボス戦がある。
ゴリランダー
キョダイマックスで巨大化するゴリラポケモン。イメージカラーが緑色。
舞台となるガラル地方のモデルはレア社があったイギリスである。
プリン
スマブラの切り札で巨大化するポケモン
クッパ
マリオ&ルイージRPG3!!!で巨大化して戦う。スマブラでも巨大化してギガクッパになる。

関連記事

親記事

ドンキーコング64 どんきーこんぐろくじゅうよん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「チャンキーコング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8923

コメント