ピクシブ百科事典

ドンキーコング64

どんきーこんぐろくじゅうよん

ドンキーコング64とは、1999年に任天堂が発売したNINTENDO64専用ソフトである。
目次[非表示]

概要

1999年12月10日に発売されたドンキーコングシリーズ初の3Dアクションゲーム
プレイするには「メモリー拡張パック」をNINTENDO64本体に装着する必要がある。
(メモリー拡張パック必須のゲームはゼルダの伝説 ムジュラの仮面がある)

開発はスーパードンキーコングから続きレア社スーパーマリオ64を始めとする箱庭アクションで、5体のキャラクターを交代操作するシステムとなっている。難易度は高く、全体的に謎解きが多い。
また、ミニゲームや対戦モードなど、遊び要素も数多く用意されている。
元祖『ドンキーコング』のアーケード版をそのまま移植している他、レア社初期のPCゲーム『JETPAC』もこれまた移植されているという、ファンにはたまらない一品。

作風やゲームシステムは前年同社から発売された『バンジョーとカズーイの大冒険』と似ているが、敵キャラを倒すとコミカルな音をたてて倒れるなど、ギャグテイストな演出が強い。

オープニングデモで流れる「モンキーラップ」は、各キャラクターを紹介する曲となっている。また、この曲はスマブラDXスマブラXでアレンジ移植された。

2015年4月2日WiiUバーチャルコンソール版が配信された。

登場キャラクター

操作キャラクター

おなじみの主人公にして、コングクルーのリーダーであるゴリラ。
回収できるアイテムは「黄色」。
能力は平均的で、「ストロングDK」や「バレルブラスト」など特定の場所でのみ発動するアクションが多い為、本作ではやや地味な印象。

おなじみドンキーの相棒である小柄なチンパンジー。
回収できるアイテムは「赤」。
殴り合いは不得手だが、「バレルジェット」で特定の空中を自在に飛び回れるなど、移動能力に優れている。

ピエロの様にひょうきんな見た目をしたオランウータンで、関西弁で話す。
回収できるアイテムは「青」。
急な傾斜を滑らず移動できる「ハンドウォーク」や、シビアな時間制限を高速で走り突破する「ハンドスプリント」など、地上での活動に秀でている。

おさげとオーバーオールが特徴の、お転婆なモンキーガール。
回収できるアイテムは「紫」。
小さくなる「ミクロコング」や、滞空時間を延ばす「くるくるパラシュート」、専用の「タイニーワープ」など、彼女でなければ行くことの出来ないエリアが多い。

ドンキ-を超える怪力を持つが、性格はピュアで臆病なローランドゴリラ。
回収できるアイテムは「緑」。
足が遅く移動能力に欠けるが、巨大化して戦える「グレートチャンキー」や、障害をぶっ飛ばす「パンチパンチ」など、自慢のパワーで窮地を切り開く事に長けている。

サポートキャラ

元祖ドンキーコング。今回はマッドサイエンティストな雰囲気の薬屋を営む。
コング達に新しいアクションを与える薬を売りつけてくる。

おなじみノリノリなショップ担当のゴリラ。
今回は武器屋を営むエンジニアであり、コング達が持つ重火器の提供や強化を行ってくれる。
ちなみに口調はSDK三部作に見られた英語混じりでは無くなっている。

ドンキーのガールフレンドで、今回も今までとは容姿が異なる。
今回は楽器屋を営んでおり、HP代わりであるスイカの補充・強化も担当してくれる。

クランキーの愛妻。『3』までは元気だったが、今作までの間に亡くなってしまった。
死因は不明であるが、今回は幽霊となってコング達にヒントを与えてくれる。
各ステージエントランスのドアにスタンバイしている。たぶんコングの行く場所に先回りしているのだろう。

  • クランジー
キングクルールの弟らしい、とてつもない巨体のワニ。
その反面は心優しい性格で、DKアイランドの破壊を試みるクルールに反発した事で牢に閉じ込められた。
彼を出してあげるには各ステージのボスを倒すことで得られるボスキーが必要である。解錠する度に喜び回り、その振動や波動で次ステージの入り口が開く。

科学者のイタチ。元々今回のDKアイランド破壊計画のチーフだったが、信用できないという理由でクビにされ、クレムリン軍に復讐を誓う。
各ステージにウロつく色髪の敵を倒すと設計図が得られ、集めて渡すと報酬としていい物がもらえる。

各ステージでボスステージへ通じるドアの門番をしている、ブタとカバのコンビ。
『リターンズ』以降に登場する、おたすけピッグとは無関係。なおトローフは肥満で高いところにある鍵を開けられずに困っておりバナナをスコーフに与えて太らせてシーソーを逆転させる事で鍵を開けられるようになる。というか、そんなまどろっこしいことをせずカバに開けさせたら解決する話である。

敵キャラ

DKアイランドを破壊せんとする黒幕兼ラスボス。
各コングとはボクシングリングで対決するが、内容はボクシングといえない。

ジャングルガーデンとクリスタルどうくつのボス。
砲台付きの鋼鉄の装甲を纏った巨大なアルマジロ
クリスタルどうくつでの再戦ではホバリングやミサイルを武装しそれらを駆使する。
SDK1に登場したアーミィとの関係は不明。

アステカンウィンドとひるよるウッドのボス。
トンボの様な翅を持つドラゴンの様な怪物。
溶岩に落とされても燃え尽きない屈強な体質をしている。

マッドファクトリーのボスでビックリ箱のモンスター。
本作に登場するボスのうち、このボスは何故か圧倒的に人気である。
なおこのボスはすぐに倒してもひるよるウッドへの入口は開かれない。
なぜなら倒してクランジーの檻まで行っても一瞬喜んで落ち込むからだ。

ガリオンとうだいのボス。パフタップの親玉である巨大なハリセンボン
パフトスの周りに現れるゲートを制限時間内に通過し、現れた発電装置で攻撃する。
しかしこの戦闘はすごく厄介である。
まずボート経験のないランキーで戦うことや、ゲートはパフトスにダメージを与えるたび小さくなっていき、制限時間もだんだん短くなるので鬼畜プレイである。
上記のマッドジャックを倒さなくても、このボスを倒せばひるよるウッドの入口が開く。

ゾゾゾ~キャッスルのボス。
巨大なキングクルールのハリボテ。
ハリボテなのにレーザーや分身を使ってコングクルーを惑わす。
クリッターが操作している様だがどんな原理なのかは一切不明。

ステージ

DKアイランドの各地やキングクルール艦体に隠されたゲートから、それぞれのステージにワープできる。
全体的に薄暗い所が多く、ゴールデンバナナなど多くのアイテムを集めながらボスキーの入手を目指して行く。なお、ステージ3でゲットしたボスキーでは次のステージは開かれない。
英語版では、DKアイランド以外のステージ名は同じ頭文字の単語を2つならべたものになっている。

  • DKアイランド
英語表記:Donkey Kong Island
コング達の拠点となるエリアで、ドンキーの頭そっくりな山がある島とクルールの移動要塞がにらみ合う海域。それ以外にもバナナフェアリーの顔を象った宮殿のある島がある。
ドンキーのコングパッドとランキーのハンドウォーク以外のアクションを使ったギミックが用意されている。ドンキー型の山の口に当たる洞窟を抜けた先にはドンキーの家があるジャングルがあり、ゲーム開始時はそこからスタートする。内部にクランキーラボがある。
クルールの要塞島はスーパードンキーコング2クレムリン島が沈んだ後に造られたと思われるが、GBA版スーパードンキーコングではエンディングにてクルールが「船から降りなければ島を破壊する」と発言していることからあらかじめ造っておいた可能性もある。

  • ジャングルガーデン
英語表記:Jungle Japes
入るのに必要なゴールデンバナナ:1
シリーズ定番である熱帯のジャングルで、各エリアを繋ぐ洞窟の割合も多い。ディディーが捕まっている。ドンキー限定だがランビに変身できるエリアがある。
必要なゴールデンバナナは1本だが、クランジーに会うとジャングルガーデンの入り口を開放すると同時にゴールデンバナナが1本手に入る。ステージ入場時にキングクルールがモニターでドンキーがゴールデンバナナを手に入れたことに驚く。
ボスはアーミィ・ジロー

  • アステカンウインド
英語表記:Angry Aztec
入るのに必要なゴールデンバナナ:5
数多くの遺跡がそびえ立つ砂漠地帯で、ほぼ全ての建物に入ることが出来る。流砂は熱々なため入るとダメージを受けてしまう。ランキーとタイニーが捕まっている。
クランジーに最初のボスキーを渡すとDKアイランドの段差を上った先の遺跡の入り口が開く。2番のワープパッドが置かれている。
イントロムービーではドンキーに倒されたアーミィ・ジローが武装を解除した状態でクルールに報告している。クルールに怒られたアーミィは恐怖のあまり気絶している。
ボスはドガドン

  • マッドファクトリー
英語表記:Frantic Factory
入るのに必要なゴールデンバナナ:15
寂れたおもちゃ工場で、BGMもあって物悲しく不気味な印象を受ける。
どこかにある電源を操作する事で、止まっている中枢部を稼動させることが出来る。
チャンキーが捕まっている。このステージでコングたちが揃う。
キングクルールが描かれた絨毯がある事から、クレムリン軍団が経営していると思われるが、寂れていることを裏付けるかのように、とある場所にある業績グラフを見てみると、経営が悪化している。
クランジーに2本目のボスキーを渡すとクルール島のリフトが上昇するので、上に進むことができる。4番のワープパッドが置かれている。ガリオンとうだいと同時に解放されるので攻略する順番は自由である。その近くにスナイドがいるエリアがある。
イントロムービーでは、2体のクレムリンがバレルジェットを装備したディディーコングにもてあそばれている。クルールは不在で、彼が飼っているクラップトラップがその様子を見ていた。
ボスはマッド・ジャック

  • ガリオンとうだい
英語表記:Gloomy Galleon
入るのに必要なゴールデンバナナ:30
灯台や沈没船がある、3つのエリアに区切られた入り江。深い水中には多くの敵や謎解き要素があり、ある場所では水位も変えられる。沈没船は、内部にはキャプテンクルールの肖像画がある他キャプテンクルールの日記がある事からクレムリン軍団が所有していた船の残骸であることがわかる。また、置き去りにされた奴隷が白骨化しているのも確認できるが、頭だけでもコングと同じぐらいあり、人間の亡骸にしてはやけに大きい。ランキー限定だがエンガードに変身できる場所がある。
クランジーに2本目のボスキーを渡すとクルール島の水没した入り口の格子が開く。マッドファクトリーと同時に解放されるので攻略する順番は自由である。
イントロムービーではクルールがブラストマティックの修理をさぼっているクレムリン達を複数のクラップトラップで脅迫している。
ボスはパフトス。モーターボートでの戦闘となる。

  • ひるよるウッド
英語表記:Fungi Forest
入るのに必要なゴールデンバナナ:50
スタ-ト地点の時計台でステ-ジ全体の昼夜を変えられる森林。それぞれの時間で行ける場所や起こるイベントが大きく異なる。ここのBGMは、元々バンジョーとカズーイの大冒険で登場する予定だったものに手を加えたもの。
クランジーに3、4本目のボスキーを渡すとDKアイランドの近くの小島にある岩が破壊される。出現した大砲でDKアイランドの上空に浮いている場所に行くことができる。
DKアイランド以外のステージで唯一全員分のバレルアクションがあるステージである。
イントロムービーでは、ランキーがハンドウォークでクレムリンたちを翻弄している。なんと彼は壁を歩いている。クレムリンたちはランキーを捕まえようとしたが、壁から落ちてしまう。それを見たクルールは彼らの無能さを嘆いていた。
ボスはドガドン再び。

  • クリスタルどうくつ
英語表記:Crystal Caves
入るのに必要なゴールデンバナナ:65
多くのクリスタルと氷が点在する、寒々しくも美しい広大な洞窟。とある理由で一定時間ごとに落石が振ってくるため、まずはそれを止める必要がある。このゲームの中で唯一コングパッドが全員分揃っているステージである。ウルトラコングスラムを会得してしまうと難易度が上がるイベントがある。
クランジーに5本目のボスキーを渡すとDKアイランドの左耳のような場所の岩が破壊されるので、入場できるようになる。ゾゾゾ~キャッスルと同時に解放されるので、攻略の順番は自由である。
イントロムービーでは、チャンキーに倒されたドカドンがクルールの前で報告をしている。
ボスはアーミィ・ジロー再び。

  • ゾゾゾ~キャッスル
英語表記:Creepy Castle
入るのに必要なゴールデンバナナ:80
嵐の夜にそびえ立つ不気味な古城で、城内も地下もオバケだらけ。キングクルールのタスペトリーやキャプテンクルールの肖像画が飾られていることからクルールの城(居城なのか別荘なのか不明)の一つだと思われる。終盤だけあって仕掛けも敵も厄介なものが多い。
『第7ステージ』『ホラーがテーマ』『正門とは別の場所から建物内に入るギミックが多い』『ラスボスの別荘らしき建物が舞台』などバンジョーとカズーイの大冒険に登場した『マッドナイトまんしょん』と共通点が多い。
クランジーに5本目のボスキーを渡すとクルール島の近くにある大きな岩が破壊される。出現した巨大な大砲で天空に飛ばされることで入場できる。クリスタルどうくつと同時に解放されるので、攻略の順番は自由である。
イントロムービーでは、ボディーガードが設計図を奪われたことに対してクルールに粛清されている。大きなクラップトラップがボディーガードを襲っている。逃げている場所はハイドアウトのステージである。
ボスはキング・カットアウト

  • ハイドアウト
英語表記:Hideout Helm
入るのに必要なゴールデンバナナ:100
クルールの移動要塞中枢部で、本作のラストステージ。クランジーに6、7本目のボスキーを渡すとクルール島の口の部分が開く。入場時はタイニーでワープする必要がある。ちなみにディディーのバレルジェットでは侵入しようとしても能力が強制解除されるため不可能である。
突入と共に破壊兵器「ブラストマティック」の発射カウントダウンが始まるが、集めた設計図の数に応じて発射までの時間を延ばすことが出来る。
その間に5匹のコングの力をフル活用して進み、動力を止めて破壊する事を目指して行く。
ここではバナナがないためバナナメダルはミニゲームをクリアした後に回収することになる。
ブラストマティック停止後のBGMはよく聞くと後の『バンジョーとカズーイの大冒険2』の『マジョのおしろ』と似たフレーズがあったり、某暗黒卿のテーマのパロディじみたメロディがある。各部屋にあるエネルギー源を止めて先に進むギミックはゼルダの伝説時のオカリナで登場するガノン城に似ている。

ボスはキングクルールだが、決戦は逃げ出した先のDKアイランドの裏側で行われる。クランジーを監禁する檻の最後のボスキーを渡すと彼を檻から解放することできる。彼は逃亡したクルールを飛行物体ごと叩き落すので、その飛行物体が最後のステージになる。クルール戦が行われる飛行機のなかはハイドアウトとして扱われる。ただし、このボスキーの入手方法がかなり面倒くさい。N64コインレアコインクラウン4個を手に入れないとボスキーのドアが開かない。コイン類はミニゲームをクリアしないと手に入らないが、難易度が高いので「ゲーム内のゲームのせいで詰む」プレイヤーが多かった。ちなみに8つ目のボスキーはクルールがいた部屋の奥部屋にある。

モンキーラップ

ドンキーコング64はタイトルの画面の前に5体のコングを紹介するムービーがある。その時に流れる曲がモンキーラップである。海外では"DK rap"と呼ばれることがある。歌詞は全て英語だが、説明書にその訳が書いてある。作詞はレア社のグラント・カークホープ氏である。
スマブラDXではコンゴジャングルというステージで流れる。歌手はジェームズ・W・ノーウッドJrというラッパーであり、各パートのテープスピードを変えることで曲の雰囲気を変えている。ファイターはドンキーコングしか登場していないが、全員分のパートがある。ただし、チャンキーパートの「hell」は下品な単語なので、「heck」に置き換えられている。海外では「DK64のレートはE(全年齢)で"one hell of a guy"、MeleeのレートはT(ティーン)で"one heck of a guy"」とネタにされている。スマブラforからはランキーとチャンキーのパートが削除されてしまった。

余談

実は実機版では処理落ちが頻繁に発生しており(ミニゲームの『いやいやコング』が顕著)、ゲームそのものは処理落ち前提でゲームテンポが調整されているが、バーチャルコンソール版では処理落ちがなくなっているので、興味があるのなら比べてみよう。
バンジョーとカズーイの大冒険同様お蔵入りになった「Project Dream」のネタも再利用されている。

ちなみにこのゲームはレア社で開発された最後のドンキーコングである。このゲームが発売してから数年後にレア社がマイクロソフトに買収されたからである。ドンキーコングシリーズは11年後のドンキーコングリターンズまで発売されることがなかった。

関連動画

バーチャルコンソール版紹介映像



テレビCM

本場

日本版


関連タグ

任天堂 NINTENDO64 ドンキーコングシリーズ スーパードンキーコング

バンジョーとカズーイの大冒険:レア社開発の64のゲームでBGMの雰囲気などいくつか類似点が存在する。
ムジュラの仮面:同じく64のゲームで仮面で種族を変えながら冒険する。メモリー拡張パック必須であるのも共通。
マリオストーリー:同じく64のゲームで仲間を変えながら冒険する。

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

スーパードンキーコングシリーズ すーぱーどんきーこんぐしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ドンキーコング64」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ドンキーコング64」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115603

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました