ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ドンキーコングリターンズ

どんきーこんぐりたーんず

ドンキーコングリターンズとは、任天堂から発売のWiiのゲーム。のちにリメイクされた3DS版も登場した。
目次 [非表示]

概要

2010年12月9日発売。

ドンキーコングジャングルビート』から約6年振りの横スクロールアクションゲーム。

ゲーム世界観・ストーリーの流れは『スーパードンキーコング』シリーズから引き継がれており、『ドンキーコング64』以来の約11年振りの正統続編にあたる。今作は、前作までの開発を行ったレア社ではなく、『メトロイドプライム』などを手掛けたレトロスタジオが担当した。

主に『スーパードンキーコング』のDKアイランドを舞台としており、工場や遺跡の建物などの世界観も存在する。

前作の64版は3Dアクションゲームだったが、今作はSFC版と同様の横スクロールアクションゲームに戻りつつも、画面の手前や奥へとステージ進行もするようになっている。シリーズとしては初である2人操作プレイが可能。難易度が高いからか、体力制が導入され、穴に落ちない限りは敵やトゲに当たっても1回だけ耐えられるようになった。ドンキーのみだと2回までだが、ディディーと一緒だと4回まで、「体力アップ」で最大5回まで耐えられるようになる。またステージに落ちているハートを取れば回復できる。

一度クリアしたコースはタイムアタックに挑戦することが可能。各ステージに『パズルピース』があり、コース内のパズルピースを全て集めるとイメージイラストが見れるようになり、さらにエリア内(隠しコースも含む)のパズルピースを全て集めるとジオラマが見られるようになったりと要素が高いため、やり応え十分である。達成度はミラーモードを含め、200%もある。「もんキー」というアイテムを買うと新しくできるコースも登場する。


今作の敵はクレムリン軍団ではなく、ティキ族という楽器の姿をした魔物たちが登場する。


ちなみに、今作にもトロッコに乗って進んでいくステージがあるが、敵キャラや地形などに当たると即死するため、前作までのシリーズと同じ感覚でやらないように。また、今作から登場するロケットバレルのステージは、ロケットバレルに乗った状態で敵キャラや地形に触れると即ミスになる。


他機種版

ニンテンドー3DSにリメイク版として『ドンキーコングリターンズ3D』が2013年6月13日に発売された。開発はモンスターゲームズが担当。

体力が2つから3つに増やされ、ディディーコングがいる場合は合計5回までの攻撃に耐えられるようになっている。ゲームバランスを調整した「ニューモード」や(Wii版の難易度をそのまま再現している「オリジナルモード」も収録されている)本編クリア後のお楽しみとして追加された8つの新作コースや新アイテムも追加されている。


2024年のニンテンドーダイレクトではニンテンドースイッチ用ソフトとして『ドンキーコングリターンズHD』が発表された。2025年1月16日に発売予定。タイトル通りグラフィックがHD化されており、3DS版の追加要素も収録。Joy-Conで手軽におすそわけプレイも可能となった。


ストーリー

ある日、ドンキーコング達が住む島の火山が突然噴火し、そこから楽器の姿をした魔物・ティキ族が出現。

ティキ族は怪しげな音楽を奏でて島の動物達を洗脳しドンキーの家にある倉庫からバナナを全て盗ませる。

丁度家から出て来たドンキーがこの光景を見て大激怒!

するとティキ族の1体であるカディリーが現れドンキーも洗脳しようと彼の前で音楽を奏でる。

しかし何故かドンキーには効かずカディリーはあっさりと返り討ちにされる。

この事件を知ったディディーコングも加わり、ドンキー達のバナナを取り戻す大冒険が始まった!


エリア

  • ジャングルエリア

ドンキーの家があり、ヤシの木も生い茂る冒険の出発点となるジャングルのエリア。主なコースは(1-1)「バナナジャングル」、(1-4)「サンセット海岸」など。このエリアのボスはマグリー


  • ビーチエリア

波が打ち寄せる浜辺と海のエリア。海賊船もあるよ。今までの作品と違って、海に落ちるとミスになるので注意。このエリアに限らず、ほかのエリアも同じ事が言える。主なコースは(2-5)「大海の八本足」、(2-7)「あらしのビーチ」など。このエリアのボスはパイレーツクラブ


  • いせきエリア

古代の神殿や石像がある遺跡のエリア。遺跡の中を冒険することもある。主なコースは(3-2)「タル大砲メイズ」、(3-6)「ダッシュ!ランビ」など。このエリアのボスはステュー


  • どうくつエリア

クリスタルが採掘されている鉱山のエリア。このエリアのステージはKを除き全てトロッコやロケットバレルで進むステージで、どれも難易度が高い。主なコースは(4-1)「シーソーレール危機一髪!」、(4-5)「コモリンの洞窟」など。このエリアのボスはモールカート


  • フォレストエリア

様々な植物や生物が生息する森林のエリア。みんなのトラウマだっしゅつ!虫のやかた」もこのエリアにある。主なコースは(5-1)「パインフォレスト」、(5-6)「きのこトランポリン」など。このエリアのボスはマンゴルビー


  • クリフエリア

恐竜の化石がある岩山のエリアで、このエリアにのみ登場するタールの沼は、一度ハマると動きが鈍くなるが地面叩きすることで元に戻る。主なコースは(6-4)「きょだい!岩石ボール」、(6-6)「クランブルマウンテン」など。このエリアのボスはサグリー


  • ファクトリーエリア

ロボットが蠢(うごめ)く工場のエリア。最初はスモッグが充満しておりマップの全体が見えないが、7-1「フォギーファクトリー」をクリアすることで、スモッグが取り払われる。ボスステージに入るには7-5、7-6、7-7に隠されたスイッチを探し出してONにする必要がある。主なコースは(7-2)「コンベアスマッシャー」、(7-6)「オン・オフスイッチ」など。このエリアのボスはドクターチキン


  • ボルケーノエリア

所狭しとマグマが流れ出し、溶岩が飛び交う火山のエリア。ティキ族の本拠地であるティキトングタワーもここにある最終エリアである。主なコースは(8-1)「ファイヤーキャッスル」、(8-7)「ラヴァライジング」など。このエリアのボス(要するにラスボス)はティキトング


  • 黄金のしんでん

巨大なバナナやイチゴなど足場のほとんどがフルーツになっている隠しエリア。挑戦するには、8つのエリアに1つずつあるKステージ(下記参照)で手に入るオーブが必要で、難易度はKステージ並みとなっている。このコースをクリアするとミラーモードで遊べるようになる。ちなみに、3DS版では「スカイハイエリア」の最後のコースとして統合されている。


  • スカイハイエリア(3DS版)

3DS版に追加されたエリア。前述の「黄金のしんでん」と同様に、オーブを8つ集めないとそのエリアには挑めないが、オーブはラスボス撃破後にクランキーの店で入荷するためオリジナル版と比べれば手に入りやすくなった。KONGパネルは出現しないが、このエリアのコースでパズルピースを全て集めると3Dムービーが見れるようになる。コースは全て各エリアのコースをアレンジしたものになっており、Kステージよりは難易度は低めになっている。

主なコースは(9-1)「あたふたジャングル」、(9-4)「ハチャメチャどうくつ」など。



Kステージ

各エリアの全コースにあるK・O・N・Gパネルを全て集めてクリアしないとプレイできない隠しコース。どれも難易度は非常に高い。コース名は全て「○○ラビリンス」と呼ばれている。ちなみに、全てのKステージはボーナスステージや中間ポイント、K・O・N・Gパネルが登場しない。


ミラーモード

全てのコースが左右に反転しているだけではなく、体力は常に1しかなく一度でも敵や障害物に触れるとアウトになる。おまけにハートやDKバレルが登場しないうえに、コースに入る前にアイテムを使うことができなくなっている。そのため、完全な実力が求められ、並み外れた技量の持ち主でないとクリアが非常に至難となっている。

3DSのニューモードは体力2でコース開始だが、こちらも途中回復手段は無い。とはいえ1ダメージ分の猶予は馬鹿に出来ず、それが突破口になりうる事もある。


スーパーマリオブラザーズとの比較

ドンキーコング系のアクションゲームは、マリオ系のアクションゲームと比較すると、アイテムに依存せずに実力でクリアすることが基本なため、難易度が高い。特にごく一部のステージは非常に難易度が高いため、みんなのトラウマ黒い任天堂扱いされることもある。


マリオ系のアクションゲームの方は難易度は基本的に易しめとなっているが、その中でも基本的にアイテムに依存できる作品の難易度は非常に易しい(マントによる長時間飛行によって数多くのステージのギミックの悉くを無視できる「スーパーマリオワールド」が顕著な例)。もちろん、敢えてアイテムに依存しないで楽しむプレイヤーも多い。


後の影響

新たな世界観を築き上げた本作は一部要素が後のゲーム作品に留まらず、映画やテーマパークにも採用されたりと大きく影響を及ぼしている。


関連イラスト

リターンズ3D!!魅惑のティキルーム

コモリンのどうくつ生まれたての暴君


関連動画


関連タグ

スーパードンキーコングシリーズ ドンキーコング ディディーコング

クランキーコング おたすけピッグ ティキ族 ランビ ロケットバレル


ドンキーコングトロピカルフリーズ:レトロスタジオ製ドンキーの次回作。


外部リンク(公式サイト)

ドンキーコングリターンズ

ドンキーコングリターンズ3D

関連記事

親記事

スーパードンキーコングシリーズ すーぱーどんきーこんぐしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60698

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました