ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

スーパードンキーコングシリーズに登場する敵キャラクターで、クレムリン軍団の下っ端。
見た目は二足歩行をする緑色のワニ。初登場の『スーパードンキーコング』をはじめ多くの作品に登場している。
CV:土屋トシヒデ(スーパーマリオストライカーズ以降)

普通に歩行している者もいれば、ジャンプしながら襲いかかる者、一定の範囲内を跳ね回っていたりと色違いで行動パターンが異なる。後の作品では格闘戦や噛みつきによる攻撃を仕掛けてくることも。基本的に何をしても倒せるが、『64』では少なくともノーティよりは耐久力が増している。

ドンキーコング64』ではクランチの着ている物と似た黒いシャツを着用している。
ムービーでは操舵手や技術担当のクリッターも登場。ボスキャラのアーミィ・ジローの武装を整備している様子も確認できる。技術スタッフに怠け者が多い様でブラストマティックの修復作業に遅れが生じた結果、クルールに監視としてクラップトラップを差し向けられており、恐怖のあまり脱走を試みようとしていた技術部長も結局逃げる事は叶わなかった。…が、後にまた堂々と居眠りをしている(しかもクルールまで眠りこけている)。
これらの名残りか『たるジェットレース』のパフォーマンス時に胡座や肘枕のポーズが取り入れられている。

レア社が離れ、任天堂へ移った後もクレムリン軍団を代表する雑魚キャラとして登場している。2005年以降はSFC時代に近い顔つきになり、茶色いズボンを履いた姿がスタンダードとなっている。

『ぶらぶらドンキー』と『たるジェットレース』ではドンキーと同等の性能にされているが、後者ではクレムリン側が緑色のバルーンに触れると強化されたアイテムをゲットできるため少なからず差別化されている。『ジャングルクライマー』では雑魚キャラとしてだけではなく、ストーリー上でクルールに同行している4体はクリスタルバナナを使うことでパワーアップし、ジャンクロンプ、メガンプ、ドラグリンガーといったボスとして立ちはだかることでドンキーコング一行を足止めする役割を担う。

マリオシリーズ

それまでマリオシリーズとは縁の薄いキャラであったが、マリオストライカーズシリーズでは迂闊に近寄って来た選手を蹴散らし、メガストライク(所謂必殺技)を全て受け止めたりと強靭な肉体を持つ唯一無二のゴールキーパーとして登場。

アレンジ


雑魚敵としての面影はどこへやら。
更にスーパーチーム仕様のクリッターまで存在する。

『ファミリーベースボール』ではボスのキングクルール共々参戦し、デフォルトカラーである緑の他にレッド、ブルー、ブラウンの色違いも登場しており、ストーリーモードでは色ごとに性格の違いも表れている。マリオストライカーズのキーパーポジションを意識したのか「キーパーキャッチ」という特殊アクションを持ち合わせており、普通であれば到底届かないような打球を取ることができる。パラメータは打撃と守備が高め。

スマブラ

大乱闘スマッシュブラザーズ_for_Nintendo_3DSフィールドスマッシュで敵キャラとして出演している。緑色は連続噛みつき、青色はラリアット攻撃を仕掛けてくる。また、ティキドリーも敵キャラとして出演しているため、本作でティキ族と逸早く共演したことになる。

登場作品

スーパードンキーコングシリーズ
マリオストライカーズ
大乱闘スマッシュブラザーズ_for_Nintendo_3DS フィールドスマッシュ
大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL スピリッツ(スマブラ)

関連タグ

任天堂 スーパードンキーコング クレムリン軍団 キングクルール 

関連記事

親記事

クレムリン軍団 くれむりんぐんだん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「クリッター(ドンキーコング)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20

コメント