ピクシブ百科事典

ワドルディ

わどるでぃ

ワドルディとは、ゲーム『星のカービィ』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

ワドルディは、『星のカービィ』シリーズに登場するキャラクターである。いわゆるザコキャラ
似たような名前と姿を持つ敵としてワドルドゥが存在する。

概要

カービィのような一頭身の丸く赤い(もしくはオレンジに近い赤)身体に黄褐色の鏡餅のような輪郭の顔、
カービィと同じ縦長の目をした愛らしい外見をしている。
英語表記は"Waddle Dee" 。『waddle』は『よちよち歩く』と言う意味がある。

各作品におけるワドルディ

ザコキャラとして

ワドルディ
よちよち歩くでー!
わにゃわにゃ


星のカービィシリーズに登場するおなじみのキャラ。
のんびり屋でこれといって特徴がなく、歩いていたりジャンプしたりするだけだが、触れたり、飛び乗ったり、踏みつけるなどするとダメージを受けてしまう。
カービィが飲み込んでもコピーできずスカになる。
マリオシリーズでいうクリボーのような典型的なザコキャラだが、カービィシリーズ全般に言える仕様として「場所によって行動パターンが違うキャラクター」に該当するため油断はできず、特に作品によってはゲーム終盤になると超高速で突っ込んでくるなどの凶悪なパターンもあるので、ハンマーなどの貴重なコピーを抱えている場合は油断できない存在。出番が多いだけに、行動パターンも初期の頃からかなり多彩。
シリーズによってはパラソルを使ったり、で攻撃してきたり、ヌラフやカヌートロッコ等を乗りこなすなど活発な一面もある。
カービィ以外の唯一のシリーズ皆勤賞キャラでもある。

派生種など

ワドルディと見た目が似ている一つ目のキャラクター。
詳細はリンク先を参照。

初代より登場。
パラソルを持って上空からフワフワと降りてくる。地上に到着した後は普通のワドルディと同じ。
持っているパラソルはステージによって持ったままだったり手放したりする。
吸い込むとパラソルをコピーできる。
SDX及びUSDXスターアライズでは、パラソル能力をヘルパーにした時に味方として登場する。

3に登場。
壺から現れる幽霊のようなワドルディ。
その場から動かないので簡単に倒せるが、壺を壊さない限り何度も現れる。

エアライドに登場。
コース上をトロッコに乗って走っている。連結した状態で走っている事も。

  • ビッグワドルディ
鏡の大迷宮』以降から登場した通常のワドルディよりひとまわり大きいワドルディ。
がんばり吸い込みでしか吸い込めず、通常のワドルディよりも体力が高い。

  • タンポポワドルディ
タッチ!カービィに登場。
タンポポの綿毛を持っている以外はパラソルワドルディと行動パターンは同じ。
降下中にタッチすると綿毛が消滅して地上に落ちる。

  • ヤリワドルディ
タッチ!カービィより登場。
槍を投げ飛ばして攻撃してくる。
USDX以降では槍で直接突いて攻撃する。

USDXグルメレースに登場。
ルール説明画面でコンベアを回し食べ物を出しているモブキャラ。

  • パラソルヤリワドルディ
USDXの大王の逆襲に登場。
パラソルワドルディとヤリワドルディの両方の特徴を持っている。

  • ゴールデンワドルディ
参上!ドロッチェ団』で登場した金色のワドルディ。
移動速度が通常より速く、必ず宝箱を持っている。
この性質上、倒すのに一工夫必要な場所にいる事が多い。

  • ユミワドルディ
毛糸のカービィに登場。
弓矢で攻撃してくる。

  • フーセンワドルディ
毛糸のカービィに登場。
風船を持って浮かんでおり、上に乗れる。

  • ブロックワドルディ
毛糸のカービィより登場。デニムブロックを投げ合っている二人組のワドルディ。
あつめて!カービィには同名の別個体が中ボスとして登場。
ブロックを被った巨大なワドルディで、カービィをぶつけてブロックを破壊しないとダメージを与えられない。

  • バクダンワドルディ
毛糸のカービィより登場。
爆弾を投げ飛ばしてくる。

  • パペットワドルディ
Wiiに登場。
ビッグワドルディに似せた着ぐるみの中に入り込んでいるワドルディ。
一定のダメージを与えると着ぐるみが壊れてワドルディ三体が現れる。

  • アーマーワドルディ
Wiiに登場。
三体のワドルディが操るロボット。行動パターンはパペットワドルディと同じ。

  • ハルカンドルディ
Wiiに登場。
ハルカンドラに生息しており、全身は赤から銀色になり、目の周りは肌色ではなく黒となっている。
行動パターンはワドルディとほぼ同じ。

  • パラソルハルカンドルディ
Wiiに登場。
パラソルワドルディのハルカンドルディ版。

  • アーマーハルカンドルディ
Wiiに登場。
アーマーワドルディのハルカンドルディ版。

  • セクトルディ
TDXに登場。
クィン・セクトニアの配下として登場するワドルディの亜種。
全身が緑色で顔は虫そのもの。
ワドルディとの違いは動きが若干素早い程度。

  • パラソルセクトルディ
TDXに登場。
パラソルワドルディのセクトルディ版。

  • 格闘王への道などの中ボス級のワドルディ
見た目は普通のワドルディと同じだが、その場に止まっていて通常の個体より体力や接触時のダメージが多い。ただし吸い込めば一発で倒せる。
スーパーデラックスの格闘王への道の対戦相手や鏡の大迷宮の勝ち抜きボスバトルの中ボスオールスターズのパターンの一つの最初の相手である。

  • タフネスワドルディ
トリプルデラックスやロボボプラネットで登場する、能力お試し部屋のみで登場するワドルディ。
能力お試し部屋での実験台役の為、あらゆる攻撃を受けても倒されることなく、吸い込みも無効。

  • グランディ
トリプルデラックス』で登場したビッグワドルディ並みの大きさのキャラクター。
毛が生えているのが特徴である。

スターアライズで登場した、坂道を転がるワドルディ。単体なら通常のワドルディと一緒なのだが、集団が合体して巨大な球状になって転がってくる「ころがる100(1000)のワドルディ」になると、フレンズスター以外で倒すことはできなくなる。

個別キャラとして

ワドちゃんズ!
自分の主人が一番!!



ワドルディ(メタナイトの逆襲)


スーパーデラックス:メタナイトの逆襲』で初登場。
台詞もあり、一人称は「ボク」。口調はゆるい。
メタナイトの部下として登場し、メタナイトとカービィの戦いを最後まで見届けている。
しかしカービィの攻撃が一切効かないリアクターの弱点を言ってしまう等うっかりしている。
あつめて!カービィのミニゲームではステージの背景に後述のバンダナワドルディと共に登場した。

バンダナちゃん


スーパーデラックス:かちわりメガトンパンチ』で初登場。
ウルトラスーパーデラックス:大王の逆襲でデデデ大王の側近のような描写がされて以降、作品によっては操作可能キャラクターになる等、準レギュラーとなっている。
また格闘王への道でも登場している。
台詞もあり、一人称は『ボク』。大王に対しては『大王さま』。口調は基本的には敬語である。
星のカービィWii:プレイヤーキャラとして再登場。槍を装備して参戦。
トリプルデラックス:ボス戦前にカービィに回復アイテムを渡す役回りとして登場。
すれちがい通信によってより良い回復アイテムやキーホルダーをくれる。
デデデを操作する『デデデでゴー!』ではカービィより回復量の高いアイテムをくれる。
タッチ!カービィ スーパーレインボー:2P以降の複数プレイで登場。赤・緑・黄色の3色が登場。

  • 64ワドルディ

森のリフト


星のカービィ64』で登場、カービィと共に冒険する仲間となる。
道を開けたり誘導したり、乗り物を運転したりとサポートしてくれる。
また、ミニゲームではプレイヤーとして使用可能。
ムービーのタイトルでは、一人称は「オイラ」。口調は語尾に「っス」を付けている。

  • ワドルディボール
タッチ!カービィ』でとある人物にカービィと同じようにボールにされてしまったワドルディでプレイアブルキャラである。
基本的にカービィと最大体力や移動速度は同じだが、こちらはカービィよりもよく弾み、それ故に瞬間的なスピードではカービィよりも若干劣る。
当然ながらコピー能力は扱えず、能力を持つ敵を倒しても何も起こらない。

関連キャラクター

ヘルパーとして

あめ


スーパーデラックスウルトラスーパーデラックススターアライズではヘルパーとしてパラソルワドルディを仲間に出来る。
パラソルを持った他キャラクターをコピーしてもヘルパーになるのはこちらである。

大乱闘スマッシュブラザーズX』では

スマXの三人組


デデデ大王の輿を担いだり、大王の懐から取り出されて投げつけられたり、「最後の切りふだ」で大量発生したり、「亜空の使者」ではただ歩いているだけなのにルイージ をビビらせたりと、結構活躍している。

アニメでは

つづけー!
お呼びだ♪お呼びだ♪お呼びだ♪


デデデ大王の城に大量にいる兵士。その数、ざっと1000匹以上。具体的には、コックカワサキの出前を頼んだ時には2000個だった。
昔、海の向こうからプププランドに渡って来たそうだが詳細は不明。
ワドルドゥ隊長(ワドルディ達の隊長)によると、一宿一飯の恩義としてデデデ大王に忠誠を誓っているようだ。
外見や団体行動、更には運勢まで全員全く同じなため、当のワドルディ達にもお互いの個体の識別が出来ないらしい。
デデデの城で、掃除・デデデの身の回りの世話などの雑務を粛々とこなしている。
槍を持って警備をしていたり、料理を運んだり、壊された城の修繕をしたり、チャンネルDDDの撮影クルーを任されたり、時には大王にこき使われたりしている。挙句デデデのおむつの交換までさせられていた
また43話によると羊の屠殺というショッキングな役割にも当てられている模様。さすがに他の話では触れられていないもののデデデ城で消費される羊肉は彼らが処理したものと思われる。
劇中では未遂に終わったものの無表情で斧を振り下ろす姿は地味に怖い。
この際逃げた羊が魔獣アモンになるため結果論であるが彼が43話の騒動の原因となっている
上司であるデデデはよくカービィと対立しているが、ワドルディ自身は命令が下されない限り敵対する気はないようで、食堂にカービィが紛れ込んでいても気にせず一緒に食事をしている場面も多い。
本人たちはどう思っているのかは不明だが、当のワドルディ達は鳴き声(?)程度しか喋らない(声優も不明)ため、知る由も無い。
少なくともワドルドゥ隊長ともども悪く思っている様子は見られないが。
個々の戦闘能力は大したことがないものの、上記の通りかなり器用で力も強く、ダメージへの耐性もある。特に集団戦法を一度始めたときはかなり怖い存在で、統率された動きに加え、作中屈指の卓越した自主的なチームワーク、持ち前のしぶとさ、多芸な戦い方によって相手を意外なほど苦戦させることも。多彩なスキルは戦いにも発揮され、場合によってはホーリーナイトメア社魔獣に致命傷を負わせることさえある。
前述の通りワドルディはカービィに敵対心は無いため、カービィと協力して魔獣を撃破した事さえある。
作中で二回ほどデデデに一斉リストラをくらったが、それでも主人のピンチには戻ってきた。
だが、まともな食べ物を与えてもらえなくなると反乱を起こしたことも(いつも食べているのは精進料理であった)。あくまでも、恩義あっての忠誠なのである。
アニメ公式ページにて行われたキャラクター人気投票においては、見事第1位に輝いた(この投票では主役であるカービィは対象外となっていた)。それ以降、彼らをメインとした回が作られるようになり、同時にワドルドゥの出番も増加した。

漫画では

口があったり、デデデの部下ではなく普通に暮らしていたりと、漫画によって描かれ方はさまざまである。

小説では

角川つばさ文庫のノベライズ版では、デデデの部下であり、カービィの友人として登場する。
温厚で心優しい性格だが苦労人(紹介文に明確に表示されている)で、わがままなデデデと食べ物のことになると周りが見えなくなるカービィに振り回されているが、それでもデデデを案じる心を持ったり、カービィとの関係も良好である。
基本的に闘う力は無く戦闘シーンではおろおろすることが多いが素早さはレギュラー陣随一。
第10巻にてカービィプリンターのテスト兼スタッフ増員のためワドルディが増えまくるという珍事が発生、元からいたワドルディは区別するため青いバンダナを着けるようになる。
その後しばらくは戦闘用ではないものの一応パラソルを持っていたが、第12巻後半にて三魔官撃退に向かうデデデから「ワドルディのことまで気にしてられないので、自分の身は自分で守るべき」とならず者から勝手に拝借したスピアを渡され、めでたく本編シリーズにおけるバンダナワドルディそのものの姿になった。

関連イラスト

星のワドルディ
最高のトリオ
こてきたい
ワドルディでカッ!
where the breeze takes me
ワドルディ
集合!!←
グランディとワドルディ
お花見ワドルディ
ピクニック
年賀用・干支?カット2016
とてとてワドルディ
ワドルディ
ワドルディのドリフトバトル
重要なお知らせ
おさんぽわにゃわにゃ。



関連タグ

星のカービィ
カービィ デデデ大王 メタナイト ワドルドゥ 

パラソルワドルディ バンダナワドルディ 水兵ワドルディ
コックワドルディ トロッコワドルディ ワポッド
ころがるワドルディ ヤリワドルディ パペットワドルディ

ワド瀬 擬ワド ワドデデ カビワド

関連リンク

関連記事

親記事

星のカービィのキャラクター一覧 ほしのかーびぃのきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ワドルディ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4359896

コメント