ピクシブ百科事典

秘書スージー

ひしょすーじー

『星のカービィ ロボボプラネット』の登場人物。
目次[非表示]

ゲンジュウ民のため特別に概要を説明してさしあげますわ

このワタクシ、秘書スージーとは、任天堂一絶世の美女ですわ。ツヤのあるピンクの髪、サファイアのように透き通る青い瞳、ワタクシのナイスバディ、特に腰つきを強調したスーツ…ウフフ、ゲンジュウ民の男共の視線は独り占めですわ。

ワタクシ、とーっても優秀でして、寝起き5分で身支度を済ませられますわ。

ワタクシの趣味は趣味はカラオケとピアノ演奏。好物はアイスクリームですわ。アイス工場は社長におねだりしてワタクシのオフィスの近場に作ってもらいましたわ。
宝物はHと書かれた金の髪飾り、仕事中は毎日必ず身につけワタクシのコピーとは違って絶対になくしませんわ。


……それでは、ワタクシはアイス工場の視察に参りますわ。席を外しますのでワタクシの美しいイラストをご覧になってお待ちくださいませ。

スージーがアイス工場の視察に行っている間に真面目な解説

CV.大本眞基子
カービィの担当声優が兼任している。

ハルトマンワークスカンパニーの社長秘書であり『キカイ化しんりゃくプロジェクト』の責任者。

ニンドリのインタビューによると負けず嫌いな性格でどんな仕事もバリバリこなす、非常に優秀な人物。
一人称は「ワタクシ」で職業柄丁寧な口調だが、物語終盤ではとある事情からか一人称が「アタシ」となり話し方も女性言葉を使ったタメ口になる。

公式サイトの「スージーのしんりゃくレポート」のプロフィールによると、経歴は一切不明で難しい試験を突破し、ハルトマンによって秘書に抜擢されたらしい。上述のように趣味はカラオケとピアノ演奏。好物はアイスクリームで、ゲーム内にあるアイス工場は彼女がおねだりして作ってもらったもの。
宝物はHと書かれた金の髪飾りで、仕事中は毎日必ず身につけているという。

キャラデザインは複数のスタッフが試行錯誤を繰り返し、侵略者という異性人らしさを出しながらも、可愛らしい女性キャラというコンセプトで現在のデザインに行き着いた。

作中に初めて姿を見せるのはエリア3・オクターンオーシャンのボス部屋。
この時は邪魔なゲンジュウ民を駆除するため専用のインベードアーマー「リレインバー」に搭乗し戦闘となる。

以降も各エリアのボス部屋で社歌『銀河に名立たるハルトマン』を口ずさみながら現れ、メタナイトボーグクローンデデデなどマザーコンピューターが開発したカンパニーの新製品をカービィに向けて嗾けてくるという前々作タランザに近いポジションのキャラである。
特にメタナイトを気に入っていた模様。

カンパニーの社歌を気にいっているのか、たびたび歌っている様子。

エリア6・アクシスアークスでは更に強化改造が施されたメタナイトボーグ改を差し向ける。
メタナイトボーグ改が倒された後は再び自らカービィと戦おうとするが、社長のプレジデント・ハルトマンにより計画の主導者から降ろされ、すごすごと姿を消した。

カービィに敗れたハルトマンがポップスターのゲンジュウ民を駆除するためマザーコンピューター『星の夢』に搭乗した瞬間、ハルトマンの手からプログラム制御装置を奪い取り、他の企業に売り付けようかなど囁きながら星の夢のデータを閲覧しようとするが、制御装置を奪われたことで星の夢はハルトマンの意識を取り込み、暴走を始めてしまう。

星の夢が宇宙に立った後、ハルトマンの目を覚まさせたかっただけと本心を吐露しつつ、一台のインベードアーマーをカービィに供与し、マシンの破壊を星のカービィに託す。

全ての戦いが終わった後はリレインバーに乗ってポップスターから去っていった。

クリア後

「メタナイトでゴー! リターンズ」に登場する強化版のRe:秘書スージーのスペシャルページでは、本名が“スザンナ・ファミリア・ハルトマン”であることが明かされており、過去に星の夢が起動した際の事故で行方不明になっていたことが語られている(Re:ホロ・ローパーズのスペシャルページを踏まえると異空間に飛ばされていたようだ)。その後経緯は不明だがハルトマンの秘書となった。
表向きではハルトマンには従順な態度をとっているが、上記の発言のようにハルトマンに対しては複雑な感情を抱いていたようである。

2016年8月9日のmiiverseで、スージーはクローンやアンドロイドではなく、正真正銘ハルトマンの実の娘であることがゼネラルディレクターの熊崎氏から明かされた。(記事内の記述ではなく、コメント欄での一問一答式なので注意。)
続いて第2回目の回答ページではリレインバーが星の夢の干渉を離れた存在であることが示唆されているが詳細は不明。手っ取り早い仮説としてはスージーが自力で作った、ハルトマンが事故以前に作った、何処か他所から丸ごと貰った等か?

クリア率100%にすると見れるようになるムービー「スペシャル リサイタル映像」では、スージーが『銀河に名立たるハルトマン』を歌いハルトマンがそれに合わせ指揮者の仕草をしながら余韻に浸る様子が描かれている。ちなみに、スージーは歌詞の「父」の箇所で表情が一瞬だけ笑っている事が分かる。

小説版

角川つばさ文庫の「ロボボプラネットの大冒険!」においてはカービィやメタナイト、ワドルディらはスージーとハルトマンの関係に勘付いている。
スージーはメタナイトに申し訳なさそうにしていたが、メタナイトは「星の夢が悪い」とスージーを許すのだった。
最後は生存するも元の悪徳会社の社長に戻ったハルトマンと共に宇宙へ再び戻るが、カービィ達は「もしハルトマンが何かやろうとしてもスージーなら次は上手く止めてくれるはず」と信じるのだった。

その他の作品

みんなで!カービィハンターズZ

ヒーローソードの装備の中にロボプラでの彼女を模した装備がある。

【カービィハンターズZネタバレ】スージー?


さらにボスとして美しき侵略者アナザースージーが登場。
ラージローパーと同じく異空間ロードから現れた刺客であるが、
髪飾りや服装が変わっている事から並行世界のスージーと思われる。

愛用していたリレインバーは黒く染まり、社章のあった場所は目玉の模様に置き換わっている。
倒された後は、突然開いた異空間に悲鳴をあげながら吸い込まれていった。

リレインバーの模様からある人物との関連性を疑われているが、
戦闘後に開いた異空間ロードに飲まれたため、詳細は不明。

上述のようにロボボプラネットに登場したスージーとは別人と思われるが、前作の主要敵キャラクターの早い再登場という演出や本人ではなくそれに近しい存在が出て来るという点など、どこか声がよく似た妖艶の悪女を髣髴とさせる。

ちなみに、かなり弱い。というのもこちらからの攻撃が当てやすい、むこうの攻撃がさほど激しくない、マジックビーム系の上位装備なら無傷&短時間で倒せてしまう。
いちおうタフではあるし長引くと派手な攻撃もしてくるので装備が整ってないとかなりひどい目にあうが。

カービィバトルデラックス!

「とばせ! ロケットレース」の観客として登場している。また公式動画でバンダナワドルディと共にフルボイスで解説している。

スターアライズ

当初は、ストーンコピー能力で『星のカービィ64』のヒロインのリボンと一緒になった石像で見る事が出来た。後に、リボンは無料アップデート第2弾でもう1人の少女と共に、先にカービィ達と冒険出来るようになった。

スージーのファンは、彼女も同様にこの作品に参戦出来るのではないか...と、いつか来るかもしれないその日まで密かに待ち望んでいた。そして......

2018年11月8日に、公式Twitterでマホロアタランザと共に無料アップデートの第3弾でドリームフレンズとしてプレイアブル化される事が発表された。同年11月30日に実装予定となっている。

動画内の映像では、ショットガンやジェットの「ジェットクラッカー」に似た技やリレインバーでの攻撃を用いている。また、属性を付加する事が可能。

発表から少し経った11月14日に公式Twitterで改めてスージーが紹介されたが、コーナー担当の三魔官を追い出し「スージーの直接!ゲーム情報局♪」と改題し自らの宣伝を行った

関連タグ

ロボボプラネット スターアライズ カービィ プレジデント・ハルトマン

ただいま戻りましたわ。って何よその目は!あくまでお仕事ですわ。お仕事。

pixivに投稿された作品 pixivで「秘書スージー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 825050

コメント