ピクシブ百科事典

バルフレイナイト

ばるふれいないと

『星のカービィ スターアライズ』の登場人物。
目次[非表示]

※この記事は、スターアライズに関する重大なネタバレが含まれています。閲覧の際はご注意ください。






概要

黄泉返る極蝶、降臨…



バタフライナイトさん


ストーリークリア後でプレイできる、『星の〇〇〇〇 スターフレンズでGO!』の最終ボス。
ハイネス撃破後、すっかりおなじみとなったギャラクティックナイトが現れるのだが、そこへ一匹のが飛来。ギャラクティックナイトの武器に止まると、なんと、銀河最強の剣士のギャラクティックナイトを一瞬で消し去ってしまう。

すると蝶が炎を帯びていき、そこから蝶の羽を持つ真紅の騎士の姿に変化した。(下の解説文の「共鳴」という表記から融合した、蝶が憑依or取り込んで変化したという意見もある。また、その場合でも、ギャラクティックナイト自体は滅びておらず、寧ろフレンズを見境無く襲ってくる辺り、ギャラクティックナイトの方に身体の支配権があるのでは?という声もある)

武器は剣で、攻撃に蝶のエフェクトが現れるほか、体力が減ると二刀流になる。また、黄泉のフレーズからか怨霊を召喚する技やワープ、フレンズを洗脳する衝撃波も使用する。洗脳されたらフレンズハートをぶつけるか、一度倒して復活させることでそれを解くことができる。

倒すとある騎士の影の如く硬直した後エリア中央へワープし、まるで昇天するかのように無数の蝶とハートのマークとなり、消滅していく。

なお、バルフレイナイトの戦闘曲は新規のものだが、星の○○○○にアップデートで追加されたドリームフレンズを使って挑戦した場合、そのフレンズに関係の深い曲のアレンジ曲が流れる。

リック&カイン&クー

グーイ

マルク

アドレーヌ&リボン

ダークメタナイト

ドロッチェ


また、アルティメットチョイスでの登場は以下の通り。

6:鬼辛けっせん味最終ボス
7:極辛ピンチ味最終ボスの一つ前
S:魂が飛び出る辛さ最終ボスの一つ前(※)
(※):こちら側の最大HPが半分の状態で戦う事になる。

解説

何かが絶え、その審判の日にどこからか飛来する、極楽の夢見鳥。
銀河最強と言われる白き騎士がもたらした、長年の生命の叫びに共鳴し、黄泉からの騎士となって降臨する。
歴史の闇に葬られた、決して戦うはずの無いアノ存在との、夢のバトルの幕開けだっ!

余談

彼のデザインは星のカービィ20周年のファンブックにて掲載されていたメタナイトイラスト案が元で、ほとんどイラスト案と変わらないが剣の形状が異なる。
ファンの間ではギャラクティックナイトはこのイラスト案を発展させたものではないかという推測がなされている。
解説では、歴史の闇に葬られた決して戦うはずのないアノ存在と解説されているあたり、ファンサービスとしての登場も兼ねていると思われる。

この際出現した蝶そのものは(Wii・tdx)のオープニング・プロローグと(Wiiとロボボ)のエンディングに出てくるものと同デザイン。

元々、チョウチョに深い意味はなく平和の象徴として出していただけだが、
「ハッピーエンドを迎えても、直ぐに危機に直面する」というシリーズが続く上でのメタ的に仕方のない部分に引っかかりを感じていた熊崎Dが、
日本では古来から蝶が黄泉の国に通じる不吉な存在と知ったことで、
今まで平和の象徴と思っていた存在が、実際は強大な敵だったらと閃き、
没デザインを引っ張り出したとのこと。


また、ギャラクティックナイトにおけるしいたけ(またはガラクタ、スイカバー)、ダークメタナイトにおけるダメナイト(またはダメタ)、メタナイトボーグにおけるメタボといったように、コイツも、名前の長いメタナイトを基にしたキャラが変な俗称をつけられる例に漏れず、現在ではバイトや、見た目の性質が似通っているウルガモス、その見た目の特徴からストレートにや、関係の深いギャラクティックナイトの俗称と混ぜた蛾ラクタ等とファンの間では呼ばれ親しまれてしまっている。また、フレンズを洗脳する衝撃波もむしのさざめきと呼ばれることがある。

関連

ダークメタナイト(同ポジション)HR-D3(同じくかつてボツだった存在)

pixivに投稿された作品 pixivで「バルフレイナイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58890

コメント