ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ダークマター族だが、珍しく善意を持つ生き物。

初登場は「星のカービィ2」で、ここでは単なるHPを1回復するハズレキャラの扱いだったが、「星のカービィ3」ではカービィヘルパーのような存在(2Pプレイも可能)として使える。


吸い込みの代わりに長いを伸ばして敵を飲み込み(カービィと違いいっぺんに一個しかほおばれないが、水中でも飲み込み可能)、カービィと同じコピー能力を使いこなす。一部のコピー+仲間との合体ではよく見ると手があったりする

また、ダークマター戦においては、体にダークマター(第2形態)に見られるのと同じ突起物が出現している。

他、ゲーム中では斜視になっていることが多いため、そちらで描かれることも多い。


カービィがグーイを召喚するときにHPを2消費するが、グーイを飲み込むと2回復する。

HPが2以下でも召喚可能で、この時HPは1残る。したがって、カービィのHPが2以下の際にグーイを召喚→飲み込みをすることで、HPは3まで回復する。この特性から非常食と呼ばれることも…。


また、カービィには吸い込めないマンビーズスカーフィも舌で頬張ってしまうことも出来るが、残念ながら今回はスカーフィからクラッシュはコピーできずスカキャラである(あればどんなに便利だったか…残念)


オープニングムービーではサンドキャニオンにてカービィたちにボール代わりに使われた上にチュチュにぶっ飛ばされ、アイスバーグでは雪だるまの上に乗せられてナゴチュチュを驚愕させている(なお責任者は)。


ナゴチュチュピッチと同様に、「3」以降の作品には長らく登場しておらず、再登場を期待する声もあった。(ナゴ・チュチュ・ピッチは星のカービィ64でコピー能力による変身バリエーションとして、本人たちではないが登場している。グーイも大乱闘スマッシュブラザーズDXでフィギュアとして登場していた)


pixiv上ではカービィと共に描かれることが多い。

英語版「2」では、グーイの妹としてブロッブチャオの代替キャラ。なおチャオは3にも登場している)が登場。

日本版のカービィには登場しないので、知っている人は少ないようである。


20年ぶりの再登場

そして2018年発売のSwitch用ソフト「スターアライズ」にドリームフレンズ、つまり操作可能なキャラとして20年ぶりの再登場が決定した。(ただし発売後のアップデートが必要)


ポーズ画面の解説によるといつの間にかこちらの世界にやってきたそうなのだが、その理由や自分が誰なのかわかっていないようである。

なお、一人称は「3」と「スターアライズ」共通して「ぼく(ボク)」だが、前者では敬語口調であり自身の名前の事をグーイであると断言したのに対して、後者は砕けた口調となっておりグーイの名前も含みのある言い方をしている。


「3」では濃い青だったがスターアライズではやや明るくなったため、ドラクエの有名モンスターとますます瓜二つになった。3Pカラーは水色なためさらに見分けがつかなくなる。グーイを3匹重ねると完全にこれになり、メタナイトやブレイドナイトなど剣士を乗せるとこれになる(特に4Pカラーは緑色)。


使用技

コピー能力を自由に使うことはできないがいくつかの能力を持っている。

また、ドリームフレンズとしては唯一ブンナゲフレンズを扱える。グーイ版の特徴としては、スライドパッドの入力で投げる方向を指定できること。

  • べろーん(B)

基本技。舌をウィップのムチうちのように使う攻撃。離れた場所にあるアイテムもキャッチ可能。

連打で「べろべろーん」(百れつウィップに相当)、長押ししてから離すと出る「べろほしょく」(キャプチャーウィップに相当)、捕まえた敵を叩きつける「したうち」(フロントたたきつけに相当)といった派生技も揃う。

ちなみに舌攻撃には水属性がついている。それってよだれじゃ…。

これを反映させてかフレンズスター使用時は水属性となる(ドリームフレンズでは唯一)。


パラソルを上に出して攻撃。一瞬だけ水属性判定がある。

長押しすると傘を回転させる「くるくるパラソル」へと派生し、上方向からの攻撃をシャットアウトできる。


青い炎をまとう。突進中に上下に軌道を変更可能。Aを押せばファイアのバーニングバーンのようにキャンセルする。

炎と水を手軽に使い分けられるのは意外と貴重なメリット。


カービィと同じ性質。


  • かくさんダークレーザー(下+上+B)

その場でジャンプしつつリアルダークマターそっくりのひれが生え、4方向にレーザーを放つ。


  • マターもどき(空/A)

空中モーション。原作の最終決戦同様の飛行形態に変身する。

Wiiデラックス』のわいわいマホロアランドで貰える派生版なりきりおめんもこの姿。


  • ダークレーザー(マターもどき中にB)

ダークマターが発射してきたレーザーで攻撃する(属性はない)。


  • おまもりぶくろ(L/R)

ガード削りを無効化できる。リック&カイン&クーと同性能。


カービィファイターズ2

バディとしてプレイアブル参戦。

性能は『スターアライズ』とほぼ同じだが、ストーンでは投げ技を無効化できない、かくさんダークレーザー中に下ボタンを押すと下に4本レーザーを出せる、といった変更点がある。


漫画版でのグーイ

デデデでプププなものがたりでは当初は背景として登場していたが、9巻から準レギュラーに昇格した。

普段は敬語で話し、のんびり屋でマイペースな性格。

舌は常に長く、潜水艦やトラックを引き上げたり、ダークマターを宇宙の彼方へ飛ばしたりとゲーム版よりハイスペック(この設定は後にスターアライズにて「ブンナゲフレンズ」として逆輸入された)。

その一方でカービィにアイテムや掃除道具として扱われることも。また、万年氷を平気で舐めたり、ライターと人形を交換したり、デデデやメタナイトの足を滑らせて転倒させたり、(カービィに追い返されたとは言え)デデデの体内の中に無断で昼寝したりとカービィに負けず劣らずのトラブルメーカーを発揮している。

初登場回ではカービィにおにぎりと間違われ、カービィの家で過ごしていた後にコピー能力の使い方を教えてあげた。

久々のメイン回となった11巻ではデデデにハンマーで叩かれたことで彼の帽子と合体し、彼の本音を暴露する様になった。そのせいでデデデは住人はおろかダークマターにすら迷惑を掛けてしまったが、最終的に意識を取り戻し、デデデの帽子から無事に解放された。オチでは自分の本音を確かめたいカービィがデデデの真似をしてグーイを強引に合体させるが、楽しい本音ばかりで住人からの笑いを買った(デデデ曰く「普段と対して変わらない言い方」ポピー曰く「いつも喋っているのが本音」)。


関連イラスト

【星のカービィ】グーイ【1日1キャラ】グーイとカービィとマルク雨さん、止まないね…Aquaカービィ&グーイカービィとグーイ春のこの日、巡り会えた奇跡を思う善意を持つ暗黒物質ぐいたんグーイとポロフかさねまず原作シリーズに復活しないとひなたぼっこグーイと花20190502Gooey


関連タグ

星のカービィ2 星のカービィ3 スターアライズ カービィファイターズ2 デデデでプププなものがたり

カービィ ブロッブ チャオ リック カイン クー チュチュ ナゴ ピッチ

ゼロ ダークマター ダークマター族


ヨッシー:伸びる舌で敵キャラを捕まえる特技を持つ任天堂キャラ繋がり。こちらも漫画版では敬語で話している。


スライム:顔が似ている。


???(リンク先ネタバレ注意):一番立場が近い存在と言えるか。


外部リンク

関連記事

親記事

ダークマター族 だーくまたーぞく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2070666

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました