ピクシブ百科事典

大乱闘スマッシュブラザーズDX

だいらんとうすまっしゅぶらざーずでらっくす

『大乱闘スマッシュブラザーズDX』とは、2001年に任天堂が発売した、ゲームキューブ専用ソフトである。
目次[非表示]

略称はスマブラDXスマデラなど。

概要

機種ニンテンドーゲームキューブ
ジャンルアクション
発売日 2001年11月21日(水)
希望小売価格税込7,140円
開発HAL研究所
販売元任天堂


大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズの第2作目。
本作では、前作の「任天堂のキャラクター・世界観を集めた、唯一のゲーム」というテーマを変え、「任天堂が辿ったゲームの歴史を楽しませる」という役割を持たせるため、任天堂のゲームキャラクターを立体化した「フィギュア」が登場している。
これに関連して、「本作に登場するキャラクターはフィギュアにイメージを吹き込まれたもの」という設定が加えられるとともに『スマブラ』の世界観設定がなされ、敵キャラクターにも「創造の右手・破壊の左手」、「イレギュラーな存在」などのストーリーが持たされている。

売上本数は約151万本であり、ゲームキューブ専用ソフト唯一のミリオンヒットとなった。
(一部Wikipedia引用)

次回以降任天堂以外のメーカーのキャラである他社組が参戦するため、任天堂キャラのみのスマブラは本作で最後となった。

追加機能

本作では新キャラクターや新アイテムの加入・追加と同時に前作のキャラクターの性能もほぼ一新されており、新たなアクションに「上投げ・下投げ」「その場緊急回避・空中緊急回避」「壁キック」「アイテムキャッチ」「溜めスマッシュ」が追加され、戦術の幅が広がった。
また、前作と比べキャラクターの挙動やゲーム展開が非常に速め。前作をやり込んでいたプレイヤーにはやりにくさを感じた人も多かったようであり、ディレクターの桜井氏も反省点として挙げている。

eスポーツとして

前述のように数多く追加されたアクションや速めのゲームスピードによってややストイックなゲームとなった今作であるが、一方でそういったゲーム性を好むプレイヤーは数多く存在し、発売から実に20年近く経ち、続編も出ている現在でも研究が続いている。研究によって生まれた非公式のテクニックも多く、特に最低空から斜め下方向に向かって空中回避をしてキャラを滑らせるテクニック(いわゆる「」)は有名。
有志による大会も継続的に開かれ続けており、特に北米では世界最大の格闘ゲーム大会であるEVOの種目に6年連続で選出されるなど対戦ツールとしての人気は高い。ゲーム性を熟知したトッププレイヤー達が繰り広げる、他のスマブラや格闘ゲームとは一線を画す高速の試合展開は一見の価値あり。

登場キャラクター

前作のキャラクターは全員続投している。
新ファイターの傾向として、全体的に既存シリーズからの参戦が目立っている。新規シリーズとしてはアイスクライマーファイアーエムブレムゲーム&ウオッチの三作のみと控えめ。特にファイアーエムブレムはその後、シリーズ屈指の大躍進を遂げる事になる。

初期キャラクター


隠しキャラクター


敵キャラクター


その他


テレビCM



関連イラスト

STARTING POINT そのに
DX組


スマブラレース



関連タグ

任天堂 スマブラ
スマブラDX スマデラ
大乱闘スマッシュブラザーズ大乱闘スマッシュブラザーズ大乱闘スマッシュブラザーズX

関連リンク

公式サイト
速報スマブラ拳!

関連記事

親記事

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ だいらんとうすまっしゅぶらざーずしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大乱闘スマッシュブラザーズDX」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 122455

コメント