ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ファイアーエムブレム

ふぁいあーえむぶれむ

インテリジェントシステムズ開発・任天堂発売のシミュレーションRPGのシリーズ作品。
目次 [非表示]

概要

1990年からインテリジェントシステムズが開発を手掛けているシミュレーションRPGのシリーズ作品。略称は『FE』。

また任天堂が協力を行っており、企画などに関わっている。

「ファイー」でも「エブレム」でもないので注意(ただし商標登録はされている)。

ファイヤーエンブレムというキャラクターが登場する作品もあるので混同しないよう注意されたし。


「エムブレム」というあまり一般的でない表記に決まったのは商標権などの事情で、初代『暗黒竜』の発売前の広報では公式情報でも表記が揺れている。もっとも開発者側もそのややこしさを認識しており、訓み方としては公式映像で「エブレム」とも発音している。なお英語的には「エンブレム」で合っている(b / pの後にmが続くとn(ン)と発音する法則があるため)。


またこのシリーズはほとんどのキャラクターに名字がなく(『風花雪月』は珍しく多くのキャラにフルネームが存在する)、他の作品とどうしても名前が被りやすいので、名前の後に半角カッコで作品名<例:(暗黒竜と光の剣)>を付けたタグにするのが望ましい。


作品

シリーズ作品

作品名ハード発売日備考
ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣FC1990年4月20日
ファイアーエムブレム 外伝FC1992年3月14日暗黒竜と紋章の間の話
ファイアーエムブレム 紋章の謎SFC1994年1月21日暗黒竜のリメイク及び続編
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜SFC1996年5月14日
BSファイアーエムブレム アカネイア戦記SFC1997年9月29日ナンバリングに含まない場合あり
ファイアーエムブレム トラキア776SFC1999年9月1日聖戦の外伝
ファイアーエムブレム 封印の剣GBA2002年3月29日
ファイアーエムブレム 烈火の剣GBA2003年4月25日封印の過去編、海外初作品
ファイアーエムブレム 聖魔の光石GBA2004年10月7日
ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡GC2005年4月20日
ファイアーエムブレム 暁の女神Wii2007年2月22日蒼炎の続編
ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣DS2008年8月7日暗黒竜のリメイク
ファイアーエムブレム 新・紋章の謎DS2010年7月15日紋章のリメイク
ファイアーエムブレム 覚醒3DS2012年4月19日
ファイアーエムブレム if(白夜王国/暗夜王国)3DS2015年6月25日
ファイアーエムブレム ヒーローズAndroidiOS2017年2月2日
ファイアーエムブレム Echoes3DS2017年4月20日外伝のリメイク
ファイアーエムブレム 風花雪月SWITCH2019年7月26日
ファイアーエムブレム エンゲージSWITCH2023年1月20日

コラボ作品

作品名ハード発売日
幻影異聞録♯FEWiiU2015年12月26日
ファイアーエムブレム無双SWITCHNew3DS2017年9月28日
幻影異聞録♯FE EncoreSWITCH2020年1月17日
ファイアーエムブレム無双 風花雪月SWITCH2022年6月24日

※なお、このうち『アカネイア戦記』のみ、サテラビューでの配信作品であった為に現在プレイ不可能であり、そのためか公式サイトにもシリーズとして列挙されていない。ちなみに一般的には『アカネイア戦記』と表記されるが、実際の放送・ラジオドラマでは『アカネイア戦記』と表記されていた。なお『新・紋章の謎』には『アカネイア戦記』のシナリオマップが別モードとしてプレイできるようになっており、同作限定だったキャラも本編中で仲間になる。


『幻影異聞録♯FE』は女神転生シリーズや世界樹の迷宮シリーズなどで知られるATLUSとのコラボレーション作品である。舞台は現代の東京であり、ジャンルもシミュレーションRPGではなくRPGと本編シリーズとはかなり毛色が異なる。『Encore』は同作の海外版をベースとする追加移植版。


また、ビデオゲームと同じインテリジェントシステムズ開発・任天堂発売のシリーズを題材にしたTCGファイアーエムブレム0(サイファ)』も展開された。第一弾の発売日は『if』と同日の2015年6月25日。


この他、2017年のエイプリルフールネタで、ほぼ和風で舞台を幕末に据えた『ファイアーエムブレム維新大乱』なる新作情報が発表されたことがある。


配信作品

バーチャルコンソールNintendo Switch Online対応表

作品名WiiWii U3DSNew3DSSwitch
暗黒竜と光の剣
外伝
紋章の謎
聖戦の系譜
トラキア776
封印の剣
烈火の剣
聖魔の光石
新・暗黒竜と光の剣

シリーズの特徴

このシリーズにおける最大の特徴とは、前身といわれるファミコンウォーズのようなウォーシミュレーションゲームでは駒でしかなかったユニットに固有の顔や千差万別のパラメーターという個性的なキャラクターが備わり、それに伴い死んでしまった味方は基本的に復活しないというシビアなシステムを持つことである(『新・紋章の謎』以降の作品では死亡せず一時離脱扱いとなり後に再出撃が可能となるモードが選択できるようになっている)。


他の同種のゲームにはコストを消費してユニットを生産するシステムが存在するのが当たり前なのだが、本シリーズには基本的にその手の要素は存在しない。金銭で雇える傭兵も稀に登場するが、もれなくユニークキャラで1度きり。それらの要素から「多勢に無勢」の状況を強いられる局面が多く、「量」に対して「質」で対抗せざるを得ないゲームバランスになっている。


そのため個々のユニット自体の重要性が非常に高く、味方や敵の能力だけでなく、それぞれの攻撃範囲や立ち位置も考えつつ、被害を最小限にとどめながら味方を動かす必要がある。またRPGの特性としてユニットの成長も存在し、ステージが進む毎に敵のパラメータが強くなっていくため、こちらもそれに対抗するために活躍させる(成長率が高い)ユニットを経験値を多く与えやすいように動かす必要もある。


万人向けゲームが多い任天堂発売の作品でも珍しく、「手ごわいシミュレーション」と謳われる所以である。しかし「ゲーマー以外お断り」なスタンスをとっているわけではなく、近年の作品は丁寧なチュートリアルやユニットの死亡による離脱をナシにできるモードがあったり、フリーステージでユニットを自由に育成させられたりと間口を広くする要素が盛り込まれている。


シリーズの共通点

  • ストーリー・世界観
    • 中世ヨーロッパ風のファンタジーの世界で、魔法や人ではない異種族が存在する大陸が舞台となる。あらすじは勇者英雄の血を引く主人公が軍を率いて、大陸の国々を救うために戦い、竜殺しや神殺しを果たして、最後に新たな国や統治者が生まれるというものが多い。主人公や重要人物の貴種流離譚となっていることもしばしば。
      • 3作品以上連続して同じ大陸を舞台にしたことはないが過去作のオマージュはかなり多く、似たようなトラブル等が発生していたり、類似する物やキャラが登場したりすることがある。
      • 加賀昭三氏が脚本を手がけた『トラキア』までの作品群では勇者英雄の血を引くという点の優位性が崩れることは少なかったが、『覚醒』以降は勇者や英雄の血が重要ならばそれを人為的に作ってしまおうという発想をするものがあらわれており、実際に人為的に作られたそれが天然物より活躍することがある、というアンチテーゼ的な側面が入ってくるようになった。
  • 結婚システム
    • ゲーム進行中、条件を満たせば特定のキャラクター同士が本編あるいはEDで結ばれることがある。
    • そして『聖戦』『覚醒』『if』ではあるイベントを境に、生まれた子供が子世代ユニットとして登場し、仲間として戦うことができる。子世代ユニットは基本的に能力の一部を親から引き継ぐ。組み合わせの多彩さもあいまって、誰と誰をくっつけるかで終わりなき論争が繰り広げられている。
      • 『覚醒』と『if』の場合は基本的に、特定の親ユニットに対応したもう一方の親と同じ髪色の子が、両親からスキルとパラメータ補正、クラス適性等を受け継いだ状態で登場する。子世代の基底パラメーター自体は元々高水準だが、これにより更に強烈な能力を持ちうる。

シリーズの考察

炎の紋章(ファイアーエムブレム) について

大半の作品に登場する「炎の紋章(ファイアーエムブレム)」と呼称される重要アイテムでその正体は盾や剣や宝玉など、作品の舞台ごとに形状や扱い方、役割などは異なる。また紋章には「紋章によって王家の再興が叶ったとき、その代償として最も愛する者を失う」、「炎は全てを焼き新しいものを生み出す」など、何かと穏やかじゃない逸話がつきまとう。


時系列について

シリーズ作品中、GBAの3作、風花雪月、エンゲージ、ヒーローズを除いた作品には、全舞台をまとめた時系列が設定されている。


GBA作品についてはストーリー上の関連性が皆無であることもあり、この時系列からは除外され言及されていないが、エレブ伝承、マギ・ヴァル伝承などいう形で『覚醒』の時代に伝わっている。これは後に出た『if』の白夜王国と暗夜王国も同様とされている。


『風花雪月』についてはGBA作品と同様、他作品との関連性は無い。


『ヒーローズ』『エンゲージ』の舞台は他作品とは別の異世界であるとされる。



ここでいったん『覚醒』のことは視点外に置く


アカネイア大陸(『暗黒竜』・『紋章』)、バレンシア大陸(『外伝』)、ユグドラル大陸(『聖戦』『トラキア』)、テリウス大陸(『蒼炎』・『暁』)は、同一世界(惑星)上に存在するとされるものの、相互の交流はない。


つまりFE世界では、外洋へ出るための大型船は基本的に発明されていなかったのだ。異大陸に渡った例としては、マケドニアのペガサス三姉妹が飛行中に強風に流されてアカネイアからバレンシアへ移動したケースがある。ちなみに同時期には、何処かよりバレンシア大陸に漂着したグルニアのあの人を左右ひっくり返し…もとい、瓜二つのジークなる記憶のない人物も確認されている。


そして時系列がもっとも若い『覚醒』に視点を移し同作のワールドマップを見ると、イーリス大陸とヴァルム大陸の構図が、アカネイア大陸とバレンシア大陸とほとんど同じであることがわかる。


正確に見ると東大陸の形状が若干異なるが、『紋章の謎』から少なくとも2000年以上の時間が経過しているはずで、それが本当ならばこの程度の地殻変動はありえる話だろう。事実チキが『紋章の謎』での記憶を持って登場したり、「マルス」の名前も“かつての英雄王”として語り継がれており、2つの世界が同一の世界であることを裏付けている。


イーリス大陸はマルスら『暗黒竜』『紋章』の時代からおよそ1000年後(クロムら『覚醒』本編からはおよそ1000年前。ちなみにマムクートの少女ノノが生まれたのもこのころ)に成立したイーリス聖王国と同名。ヴァルム大陸はアルムの次の代に、彼の功績を称えて大陸の名称が変更されたと旧版の公式関連サイトや『Echoes』の資料集に記されている。


時代の変遷を示すものとしてクロムの時代では“炎の台座”と呼ばれている“ファイアーエムブレム”を、チキが“炎の紋章”と昔の名称で呼んだことでクロムに首を傾げられている。また『覚醒』の時代では外洋航行技術が確立されていた模様で、実際に作中で2つの大陸を行き来することになる。


善悪の概念

1990年に発売された初代は「世界征服を企むラスボスを倒す」というシンプルな内容だったが、2作目の『外伝』に入った途端、勧善懲悪にとどまらない内容に転換していくことになる。


スーパーファミコンの頃に発売された『紋章の謎』はかつての仲間が闇堕ちしたり、『聖戦の系譜』は親殺し・兄弟殺し、W不倫、寝取られ、重婚、近親相姦など、とても任天堂レーベルのタイトルとは思えないお話だったのは有名。

これはトラキア776まで企画・脚本などを手がけた加賀昭三氏の影響が大きかったためで、実際に彼が開発から抜けたGBA3作品以降は大人向けでブラックな描写が抑えめになり、勧善懲悪の色がやや戻ってきている。


なお、アカネイア大陸の歴史だが、そもそも『聖戦の系譜』(『暗黒竜』の400~1000年前)の時代は、竜族が闊歩し人間が文明を築ける状態ではなかったのだという。この頃から竜族に突然異変が起こり始め、繁殖不能になるのみならず自我を失って暴走し人間を滅ぼし始めたのだ。


そうして起きた戦争の最中、異変の影響を受けなかった神竜ナーガ(チキの親)が人間側に加勢、人間達は暴走した竜族を排除して大陸を支配した。残った竜族はドルーアなど環境の悪い地域に身を寄せ合って、自我を失わずに生き延びる為に人間の姿をとり、竜としての能力は「竜石」と呼ばれる宝珠に封印した。彼らは竜人、後にマムクートと呼ばれる。


しかし時間が経過するにつれマムクート化した竜族は本来の力を失うことになり、次第に人間達に支配され虐げられていく(チェイニー曰く「マムクートという言葉は本来は差別用語」だった)。


その姿に見かねて竜族を率いて蜂起したのがメディウスなのだ


つまり『暗黒竜と光の剣』『紋章の謎』とは、正確にはどちらが正義ともいえない、人類と竜族の、それぞれの生存権争いだったのである。また王族とは言えメディウスは地竜の一人(同程度の力を持つ者は多く存在する可能性があり、その中の代表として立ち上がった)であり、ロプトウスギムレーほど絶対的というわけではなかった。

神竜族のチキを恐れ、ガーネフに抹殺させようとしたり、『紋章の謎』で生贄を得ることで神竜に準ずる力(暗黒竜の力を制御した状態での復活)を手にしようとしていたのはそのためである。


上記の理由からメディウスに同調するマムクートも相当数いたし、人間側にも保身を求めてメディウスに従うものも多かった。

ファミコン版第1作(後の『暗黒竜~』)では、メディウスが世界征服のためにナーガ一族を滅ぼしたとされていたが、これも中世の戦争の歴史ではままあったこと(むしろ日本がお花畑すぎるんである)。ただ、『紋章の謎』発売以降はこの設定はあまり公にされていない。


FE世界における竜という種族

本シリーズには主に2タイプの竜が登場する。


一方は「飛竜」とも呼ばれる、馬のように人間が騎乗することもある動物の延長線上として描かれている竜。そしてもう一方は人間と同等かそれ以上の知性を持った高等生命体としての竜で、特に後者は各々の作品における世界観の根幹に関わる極めて重要な存在となっている。


第一作では竜族が人間よりも先に文明を起こした種族とされており、その竜族自体は後に自身に起こった異変(上記の“善悪の概念”の部分を参照)により衰退していき、ついには文明種の座を人類に譲ると、生き残った一部の竜は特殊な方法で人間と同じ姿となって隠遁する道を選んだといい、以降の作品でも多少のスタンスや背景は違えども常に人類よりも遥かに優れた能力と知性、文化水準を併せ持った神にも等しい高位の種族であると定義されることが多い。


竜族に代わって人類が栄えるようになった後もまだ生きている竜自身(またはその化身など)、あるいは竜族が残した遺産や情報が人類の現文化および意識に与えている影響は決して小さくないものであり、大抵のシリーズ作品の中での人間にとって竜とは創造主か守護神、場合によっては邪神か破壊神として信仰ないし畏怖の対象となっていることも珍しくはない。


このためかシリーズを通して見るとその竜族絡みの因縁や事件がゲーム本編における戦乱の遠因、発端になっているケースが非常に多かったりもする。


FE世界における王位継承権問題

初期作品の王家は基本的に男系相続であり、アカネイア大陸ではアカネイア王国を唯一の直系であるニーナが継ぐことができず、結果として英雄戦争の引き金になった。

ただし、「ミシェイルが父王を弑逆した理由のひとつは、“父が長兄の自分を廃して妹ミネルバに王位を継がせようとしている”という噂を信じたから」という設定がインテリジェントシステムズの旧公式サイトで公開されていたため、王家によって異なる模様。


聖戦の系譜』では女性が跡取りとなるEDも見られるが、候補者全員に兄弟がいるため、家を継ぐのはティニーを除いて兄弟(一部の女性はさらに従兄弟)を失った時のみである。


6作目の『封印の剣』では、本篇開始前に息子で長子のゼフィールではなく愛人との娘であるギネヴィアに婿を取らせその者を王にすると主張していた前王デズモンドを返り討ちにしたゼフィールが王位に就いているが、彼が起こした戦乱を経て本篇終了時にはギネヴィアが女王に即位。作中で必ず家督を継ぐ最初の女性となった。

烈火の剣』ではリンディスが正式に領主である祖父の後継者と認められ、『暁の女神』でも正式にエリンシアが王位に就いたのである。ただし、どちらも他に候補者がいないという条件に当てはまってはいる。


なお、『蒼炎の軌跡』では元首を務める少女サナキが登場するが、こちらは上位の「皇帝」と最上位祭司職の「神使」の兼務となっており、議論の余地がある。続編の『暁の女神』では、デインの平民であるミカヤが国民の支持を得て後継者を失った自国の女王に即位するという、血筋や婚姻によらず既存の国家を継いだパターンも登場している(実は彼女は祖国を離れる羽目にならねば元首を継いでいただろう生まれだけども、その影響は少なかったと思われる)。


ストーリー上は『暗黒竜と光の剣』の直系である『覚醒』でも、主人公たちの帰属するイーリス聖王国の物語開始時の元首は女性である。こちらは先王の死に伴い第一子であった彼女が9歳で王位を継承したもの。

後に王弟クロムに引き継がれるが、彼の次代の第一継承権を持ったのも第一子の娘である。クロムらの結婚相手によっては第二子男子(と更には息子の息子も)が生まれることが判明しているのだが、そちらはある事情もあって彼らに継承順位が繰り上がった様子はない。ただ作中では言及されていないが、クロムも娘も宝剣ファルシオンの継承者であり、このことが継承順位に影響している可能性も大いに考えられる。


『聖魔の光石』のジャハナ王国や『if』の白夜王国は夫に先立たれた女王が治めていて、死後に子が王位を継承している。if白夜編のエンディングでは暗夜王国の第一王子マークス亡き後、王位継承権が高かったのは第二王子のレオンではなく姉に当たるカミラであったそうだが、彼女が自らの能力を鑑みて継承権を放棄したと語られている。


なお、『if』の場合はルート次第で同性カップルが元首になることもある。


『風花雪月』では、聖人や十傑と呼ばれる過去の偉人の血を引く者に宿ることがある(聖戦に比べるとかなりランダム性が高い)紋章が重要視されているが、どの程度重視するのかは諸侯によってかなりの温度差がある。そのため紋章を重要視する家では多くの悲劇が起きており、紋章を貴族の基準とすること自体に否定的な人物もかなり存在する。本作では4ルート中2ルートで、正真正銘の平民ではあるが伝説の紋章を宿している主人公が統一王国の初代国王に即位する。


特別な装備

基本的な武器は武器レベルが一定の値に達していれば装備して振るうことができる。

他方、ファルシオンを筆頭に、主人公や大ボス級の敵将、一部の味方キャラクターには専用装備の概念がある。

『聖戦の系譜』の聖遺物や『if』の神器のようにストーリーとも深く関わりをもつ代々伝わる伝説の武具が代表的だが、中にはひょんなきっかけから愛用されることになった武器なんてものも。また己の肉体を武器に戦うラグズという種族や、武器に変じたパートナーを手に戦うミラージュマスターのような唯一無二のパターンも存在する。


なお伝説の武具が全て専用装備というわけではなく、『封印の剣』『聖魔の光石』では伝説の戦士たちが使った特別な武器が登場するが、ほとんどが使い手を選ばない(武器レベルを満たせば装備できる)という思いきった措置がとられている。

この傾向は『新・暗黒竜』『新・紋章の謎』のDSリメイク作でもみられ、本来の所持者でなくともキツめの条件を満たせば装備が可能となっている。同時に追加された兵種変更システムも併せて、使い手がゼロにならないようにするための配慮と思われる。


『風花雪月』には英雄の遺産が登場。

これも元は古来より伝わる武具で、対応する紋章の持ち主が持つことで強力な「戦技」を発動することができ、技を使った次のターン攻撃を必ず回避する技を使った後に無条件で再行動なんていうエグい効果のものもザラである。

ただし設定上は紋章を持たない者が使い続けると身体が変質して理性の無い魔獣と化してしまう。ゲーム上では紋章無しユニットが使用する度に10ダメージを受けるという程度にはされているが、「特別なキャラクターが特別な武器を持てる」というお約束を活かしている。

とはいえ、周回プレイで入手できるアイテムを使うことでダメージを無効化できる措置があるほか、デメリットが特に設定されておらず、条件が一致する者が使った時だけ効果が大きくなる神聖武器という武具もあるので各自で使い分けよう。


『エンゲージ』では紋章士の指輪(腕輪)という特別な武具を味方ユニット全員が装備できるようにする一方で、ストーリーにかかわる主要キャラクターには専用兵種をあてることで特別感を演出している。


ファルシオンについて

その刀身は神竜ナーガの牙を加工したもの。大陸最強のドラゴンスレイヤーである。でもなぜかお隣バレンシア大陸にも登場し、アルムが振るって戦う。彼には隠された出自が存在するがアカネイア大陸とのつながりは不明。


リメイク版のEchoesでは神竜族であるドーマミラがいずれ狂うことを見越して、その時に人が彼らに対処できるようにと、ナーガがドーマに託したものであると後付けされている。


また『聖戦の系譜』にはそっくりなデザインの『ティルフィング』が登場する。


ところが、今度は『ファルシオン』の方が、『覚醒』でその形を大きく変えてしまう(新暗黒竜のことは言ってはいけない)。この理由は作中のルキナウードの支援会話で解説されているように、「ナーガの牙である刀身は不変不滅だが、人が作った柄や鍔の部分は2000年という長い年月で老朽化し、変化した」と考えられる。


なお『覚醒』では敵ドロップや名声ボーナスとして『聖戦』の他の12神器が発掘されているのだが(特に『ミストルティン』など、クロムたちもその名前を知っていたものがある)、『ティルフィング』のみ存在せずセリスの神剣”として登場する


後に配信アイテムで追加されたが、その形はなぜか『覚醒』の“ファルシオン”に準じたものになっている。ただこれはぶっちゃけDLCによる流用仕様だから仕方ない、ということにしておきたいところではある。


暗黒の力の取り扱い

初期の暗黒魔法はその作品における暗黒教団と密接に関わる魔法であり、味方が使用できない敵専用の魔法として扱われてきた。例外は『トラキア776』にて暗黒教団の元信者として闇魔法を使用できる味方ユニットが登場するくらいだった。


しかし『封印の剣』以降では暗黒教団に類するものは存在するものの、同時に「闇魔法=失われた魔術(古代魔法)」として研究・実用の対象となっていると描写されている側面があり、加賀時代の作品のリメイクも含めて味方ユニットになる人物が少なからず登場するようになっている。


更には目的解決の究極の手段として暗黒の力を利用することを提案されている場面も登場。このように近年では暗黒の力に限らず敵と同質の力を利用する描写が目立つようになっている。


キャラクター・ユニット

  • ユニットの兵種は下位から上位へとクラスチェンジするものやクラスチェンジのない固定職など様々で、作品のボリュームによるが少なくても20クラスくらいはある。
  • また、兵種系統ごとの味方ユニット数も偏っていることがあったり逆にバランスがとれていたりとまちまちだが、基本的にシリーズごとに似たような特徴や経歴を持ったキャラクターがひとりずついる場合が多い。

以下に例を挙げると、

  • 主人公はロードと呼ばれる固有兵種。全マップ強制出撃で、死ぬと即ゲームオーバー(ただし、クラスチェンジの可否、人数など、その特徴は作品によって様々)。
    • 基本的に主人公は王子様然とした品行方正なキャラなのだが、『烈火の剣』のヘクトル以降はエフラムアイククロムといったアグレッシブな性格の主人公キャラが登場するようになってきた。もちろんリンエイリークなどの女性主人公も存在する。
    • 主人公には実の姉妹がいる場合が多い。

    • 『新・紋章の謎』では新たに名前・容姿・クラスと細かな成長率・パラメータ重点などを設定できるマイユニットもう一人の主人公として登場する(マイユニット自体は烈火でも登場しているが、容姿を設定することが出来ない非戦闘員)。『覚醒』ではマイユニットがダブル主人公の一翼を担い、『if』ではマイユニットが単独の主人公となっている。
    • 『風花雪月』の主人公は名前や容姿を設定できるが、マイユニットとは呼ばれておらず、基本的に無口という伝統あるRPGの主人公のような独自のタイプである。
      • マイユニット、少なくとも覚醒以降のマイユニットは(2023年時点ではエンゲージまで全て)ラスボスと同質の邪悪側に寄った力を持つ存在である。また、ifを除いて何かしらの非自然的な処理(遺伝子組み換え的な方法)を受けた改造人間でもある。

よくある顔ぶれの一覧

注意:新規項目の追加は該当キャラクターが4~5タイトル以上に登場している(リメイク・移植版による多重カウントは除く)程度を目安にお願いします。迷ったらコメント欄へ相談を。また同一タイトルのキャラクターは併記してください。



大乱闘スマッシュブラザーズシリーズとの関わり

歴代主人公のうち、マルス(『大乱闘スマッシュブラザーズDX』以降)・ロイ(『DX』)・アイク(『大乱闘スマッシュブラザーズX』以降)は、任天堂のオールスターアクションゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズにファイターとして、リンは『X』から登場したアシストフィギュアとして参戦している。


そのためこのキャラクターたちの知名度はシリーズ内で際立って高く、シリーズ自体の知名度向上にも大きく貢献している。(→FE組)


大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』においては2013年11月にマルスの参戦(『DX』、『X』に続いての登場)が、2014年5月にはアイクの参戦(『X』からの続投だがデザインが『暁の女神』のものへと変更)が発表された。リンもアシストフィギュアとして続けて登場。


そして、同年7月14日には新規参戦キャラとして『覚醒』よりルキナルフレの参戦が決定した。なお、ルキナはFE出身組としては史上初となる、主人公以外のキャラクターからの選出となった。ちなみにルフレと並ぶ主人公であるクロムの出番もなくはないです。ルフレの最後の切りふだ「ダブル」でスポット登場している。

また機種ごとに収録ステージが異なっており、『for 3DS』には『覚醒』の「フェリア闘技場」が、『for Wii U』にはシリーズのイメージを踏襲したステージとして、『X』からの「攻城戦」に加え新たに「闘技場」が登場している。


また、2015年6月15日にロイが追加コンテンツのファイターとしてリデザインされた姿で登場し配信を開始。さらに2016年2月4日には『if』よりカムイが配信された。


2018年発売のNintendoSwitch用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』には前作より全員が続投。さらにクロムがロイのダッシュファイターとして参戦。またアシストフィギュアとして漆黒の騎士チキ(覚醒版)が新登場。


さらに2020年1月29日には、DLCファイター第5弾として『風花雪月』よりベレト/ベレスが追加配信された。


参戦ファイター

Noファイター初出演
21マルスDX
21’ルキナfor
25ロイDX
25’クロムSP
32アイクX
56ルフレfor
62カムイfor
75ベレト/ベレスSP

amiibo

amiiboとはゲームとの連動機能を持つフィギュアであり、当シリーズのキャラクターのamiiboも発売されている。

「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズ

おなじみ作中のフィギュアを模したamiibo。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』にファイターとして登場したマルスアイクルフレルキナロイカムイの各種と、『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』にて参戦したクロム、さらにベレト/ベレスが発売された。中でもカムイは基準となっている男性モデルに加え、2Pカラーとして女性モデルのものも登場している。


「ファイアーエムブレム」シリーズ

赤い枠に白い石畳を模した土台が収まった台座が特徴。


関連タグ

作品全体

ゲーム関係任天堂インテリジェントシステムズSRPG
users入りFE50users入りFE100users入りFE500users入りFE1000users入りFE3000users入りFE5000users入りFE10000users入り
種族マムクートラグズタグエル
要素炎の紋章トライアングルアタック闘技場支援会話(支援S)、杖ポコマイユニット兵種変更
スマブラFE組なくはないです。兄様が、姉様になってしまわれました!そういう手で来おったか。
TCGファイアーエムブレム0
関連作品覇者の剣(封印の剣)
コンビ(異性)・NLFE異性CP・コンビ一覧
コンビ(同性)FE同性CP・コンビ一覧
BLFE腐向け
GLFE百合
一覧ファイアーエムブレムの魔法一覧ファイアーエムブレム武器一覧ファイアーエムブレム兵種一覧巨乳キャラクター(ファイアーエムブレム)
パロディときめきエムブレム
二次コラボアイカツエムブレム!ウマ娘エムブレムダービー艦これエムブレムグランブルーエムブレムジョジョの奇妙な紋章SPY×EMBLEM東方炎紋章ヒロアカエムブレムファイアーエムブレム北斗の剣ファイアーエムブレムMOTHERファイアーエムブレムONEPIECEプリキュアエムブレムヘタリアエムブレムペルソナエムブレムポケモン×FEモンスターハンター×ファイアーエムブレム
表記ゆれFEFireEmblemFIREEMBLEM
誤記ゆれファイヤーエンブレムファイアーエンブレムファイヤーエムブレムファイアエムブレム

ユーザー企画


イメージレスポンス


関連動画

初代CM


25周年記念ファイアーエムブレム祭(2015年)

東京フィルハーモニー交響楽団によるテーマ曲生演奏



外部リンク

ファイアーエムブレムワールド【FIRE EMBLEM WORLD】(シリーズ公式サイト)

関連記事

親記事

インテリジェントシステムズ いんてりじぇんとしすてむず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 717507320

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました