ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
任天堂のSRPG「ファイアーエムブレム 聖魔の光石」に登場する人物。

初期兵種:傭兵

CV:津田健次郎(ヒーローズ)


概要

ジャハナ出身の傭兵。【砂漠の虎】の異名をもち、自ら傭兵団を率いており、面倒見の良い性格で周りから慕われている。


人間関係

団員であるテティスマリカの他ヒーニアスサレフヨシュアロスなどと支援会話が存在する。

女性陣とはイベントを進めると恋愛関係に発展し、後日談endも存在する。

サレフとは友人であり過去に因縁がある。

王族であるヒーニアス・ヨシュアからは実力を買われてスカウトされる一幕も。

ロスに対しては稽古をつけてやっているうちに師弟関係になる。


ユニット性能

クラスは傭兵→勇者もしくはフォレストナイト。

勇者に昇格すると斧、フォレストナイトに昇格すると弓が使えるようになる。前者は剣歩兵系、後者は騎馬系となるため、運用にかなり違いが出る。


下級Lv10とは思えないほど高い初期値で、その合計値は本作の全味方ユニット中なんと6位。成長率はそう高くはないが、レベルアップ回数の多さもあり、かなり安定して強くなる。即戦力で投入でき、なおかつ将来有望な強ユニット。なお、大幅なバランス調整が入った海外版でも、どういうわけか全く弱体化されなかった。

使用感は前々作ディークによく似ており、体格を活かすならば通例に従って勇者にするほうが無難。


属性は雷。ヒーニアス、テティス、マリカ、サレフ、ヨシュア、ロスの6人。

進行が早く、支援はかなり活かしやすい。支援相性を取るならヒーニアスとマリカ、軍のバランスを考えるならテティスやサレフと組むのがいいだろう。

支援相手全員が歩兵なので、支援を活用する点でも勇者に昇格するほうが運用しやすい。


ヒーローズ

砂漠の虎 ジスト

俺はジスト。

 しがない傭兵をやってる。

 戦いの役には立つと思うぜ。

属性
兵種斧/歩行
武器火薙ぎの斧+→砂漠の虎の戦斧(専用)
奥義月虹
A飛燕の一撃4
B恐慌の惑乱3
C歩行の鼓動3

2019年11月から登場。勇者準拠で斧持ちとしての登場。


ステータスは魔防以外、基本高め、


斧では初となる火薙ぎ系の武器を所持している。


「恐慌の惑乱」「歩行の鼓動」といったHP相対条件のスキルを所持している。

なので、パッシブAを「HP3」に変えてみたり、練成できる汎用武器を継承させてHPを底上げする等のカスタムも考えておきたい(火薙ぎ系は練成できない)。

「歩行の鼓動」は通常版マリカも持っている上に効果が重複するため、マリカを育てているなら是非とも引き当てておきたいユニット。


2023年7月のアップデートで専用武器『砂漠の虎の戦斧』が登場。1ターン目開始時のみ自分と自分よりHPが1低い味方に奥義発動カウント-1。もう一つはターン開始時、同条件で攻撃速さ+6かつデバフ無効と見切りパニック付与。さらに自分のHPが25%以上の時は戦闘中、全ステータス+4。

特殊錬成効果は周囲三マス以内に味方がいると戦闘中さらに全ステータス+4かつ各ステータスが自分か周囲三マス以内の味方のうちバフが最も高い数値分増加して最初に受けるダメージを30%軽減してキャンセル無効。これで自分にも奥義カウントが加速して見切りパニックとデバフ無効の有利な状態付与とステータス大幅強化とキャンセル無効が出来るようになる個性を得た。


実装と同時に開催された「想いを集めて」では同じ傭兵であるオグマアイクと交流する様子が見られた。


余談

担当声優の津田健次郎はファイアーエムブレムシリーズ初担当。なお別作品にてファイヤーエンブレムという名のヒーローを演じている。ただしあちらはオカマキャラである。

後にナンバリング作品のエンゲージでグリを演じるようになった。


関連イラスト


関連タグ

聖魔の光石

ラスグリ/グレゴリー…同シリーズの中の人繋がり


アンドリュー・バルドフェルド…砂漠の虎の異名を持つ軍人。










過去の出来事について

支援会話で過去の出来事についていくつか語っており、

それぞれの話を総合すると過去の出来事の全容が窺える。


幼なじみのザッパーに付き合う形で傭兵になり、

顔の傷は戦場で遭遇した騎士の手によるもの。

テティスとの会話で情けをかけられて見逃された屈辱の経験だと述べている。


ザッパーはサレフに正当防衛から殺されており傭兵である理由は失われたが、

既に他に守るべき仲間が居たことから傭兵であることを続けている。


さらにロスとの会話で、

戦場でロスの父ガルシアと敵として遭遇したことがあると語り、

「二度と敵に背中を見せないと誓った」忘れられない屈辱の一戦だと話している。


ガルシアはかってルネス軍の部隊長であり、

「顔に傷をつけられ見逃された騎士」と同一人物の可能性がある。

これといって公式に言及されていないため確たる証拠はない。


親友を殺したサレフとも和解していることを考えれば、

過去に敗北した人物の息子と気さくに接することもそこまで不思議はないかもしれない。


いずれにせよ非常に「大人」な人物である。

初期兵種:傭兵

CV:津田健次郎(ヒーローズ)


概要

ジャハナ出身の傭兵。【砂漠の虎】の異名をもち、自ら傭兵団を率いており、面倒見の良い性格で周りから慕われている。


人間関係

団員であるテティスマリカの他ヒーニアスサレフヨシュアロスなどと支援会話が存在する。

女性陣とはイベントを進めると恋愛関係に発展し、後日談endも存在する。

サレフとは友人であり過去に因縁がある。

王族であるヒーニアス・ヨシュアからは実力を買われてスカウトされる一幕も。

ロスに対しては稽古をつけてやっているうちに師弟関係になる。


ユニット性能

クラスは傭兵→勇者もしくはフォレストナイト。

勇者に昇格すると斧、フォレストナイトに昇格すると弓が使えるようになる。前者は剣歩兵系、後者は騎馬系となるため、運用にかなり違いが出る。


下級Lv10とは思えないほど高い初期値で、その合計値は本作の全味方ユニット中なんと6位。成長率はそう高くはないが、レベルアップ回数の多さもあり、かなり安定して強くなる。即戦力で投入でき、なおかつ将来有望な強ユニット。なお、大幅なバランス調整が入った海外版でも、どういうわけか全く弱体化されなかった。

使用感は前々作ディークによく似ており、体格を活かすならば通例に従って勇者にするほうが無難。


属性は雷。ヒーニアス、テティス、マリカ、サレフ、ヨシュア、ロスの6人。

進行が早く、支援はかなり活かしやすい。支援相性を取るならヒーニアスとマリカ、軍のバランスを考えるならテティスやサレフと組むのがいいだろう。

支援相手全員が歩兵なので、支援を活用する点でも勇者に昇格するほうが運用しやすい。


ヒーローズ

砂漠の虎 ジスト

俺はジスト。

 しがない傭兵をやってる。

 戦いの役には立つと思うぜ。

属性
兵種斧/歩行
武器火薙ぎの斧+→砂漠の虎の戦斧(専用)
奥義月虹
A飛燕の一撃4
B恐慌の惑乱3
C歩行の鼓動3

2019年11月から登場。勇者準拠で斧持ちとしての登場。


ステータスは魔防以外、基本高め、


斧では初となる火薙ぎ系の武器を所持している。


「恐慌の惑乱」「歩行の鼓動」といったHP相対条件のスキルを所持している。

なので、パッシブAを「HP3」に変えてみたり、練成できる汎用武器を継承させてHPを底上げする等のカスタムも考えておきたい(火薙ぎ系は練成できない)。

「歩行の鼓動」は通常版マリカも持っている上に効果が重複するため、マリカを育てているなら是非とも引き当てておきたいユニット。


2023年7月のアップデートで専用武器『砂漠の虎の戦斧』が登場。1ターン目開始時のみ自分と自分よりHPが1低い味方に奥義発動カウント-1。もう一つはターン開始時、同条件で攻撃速さ+6かつデバフ無効と見切りパニック付与。さらに自分のHPが25%以上の時は戦闘中、全ステータス+4。

特殊錬成効果は周囲三マス以内に味方がいると戦闘中さらに全ステータス+4かつ各ステータスが自分か周囲三マス以内の味方のうちバフが最も高い数値分増加して最初に受けるダメージを30%軽減してキャンセル無効。これで自分にも奥義カウントが加速して見切りパニックとデバフ無効の有利な状態付与とステータス大幅強化とキャンセル無効が出来るようになる個性を得た。


実装と同時に開催された「想いを集めて」では同じ傭兵であるオグマアイクと交流する様子が見られた。


余談

担当声優の津田健次郎はファイアーエムブレムシリーズ初担当。なお別作品にてファイヤーエンブレムという名のヒーローを演じている。ただしあちらはオカマキャラである。

後にナンバリング作品のエンゲージでグリを演じるようになった。


関連タグ

聖魔の光石

ラスグリ/グレゴリー…同シリーズの中の人繋がり


アンドリュー・バルドフェルド…砂漠の虎の異名を持つ軍人。










過去の出来事について

支援会話で過去の出来事についていくつか語っており、

それぞれの話を総合すると過去の出来事の全容が窺える。


幼なじみのザッパーに付き合う形で傭兵になり、

顔の傷は戦場で遭遇した騎士の手によるもの。

テティスとの会話で情けをかけられて見逃された屈辱の経験だと述べている。


ザッパーはサレフに正当防衛から殺されており傭兵である理由は失われたが、

既に他に守るべき仲間が居たことから傭兵であることを続けている。


さらにロスとの会話で、

戦場でロスの父ガルシアと敵として遭遇したことがあると語り、

「二度と敵に背中を見せないと誓った」忘れられない屈辱の一戦だと話している。


ガルシアはかってルネス軍の部隊長であり、

「顔に傷をつけられ見逃された騎士」と同一人物の可能性がある。

これといって公式に言及されていないため確たる証拠はない。


親友を殺したサレフとも和解していることを考えれば、

過去に敗北した人物の息子と気さくに接することもそこまで不思議はないかもしれない。


いずれにせよ非常に「大人」な人物である。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • ジスサレ

    月明かりの秘密/エフラム

    じわじわとサルベージ。 表に出した当初、ものすごくエフラムだと太鼓判を押された話です。 しかし、こんなエフラムだったら、周囲が大変ではないのだろうかと・・・w あ、タグは間違えているようでしたら(もしくは解りにくかったら)直していただいて結構です(むしろ直して頂けると助かります)。
  • 雨と薔薇

    終わりと始まり 前編

    【内容】 ハミル渓谷から生還したジストはジャハナへ帰還し、王宮でヨシュアと再会する。そこでジストはヨシュアから特別な依頼を受けることとなる。 ジスト視点。前編はジストとヨシュアの対話のみ。 予想以上に長くなったため前編・後編に分けました。前編は特に「腐向け……?」という内容になっております。 脳内ジスサレブームが来ているうちに濡れ場が書きたい…… 【注意】 ・シリーズ『雨と薔薇』の後日談です。先に本編を読むことをおすすめします。 ・原作のイメージを壊さない程度の捏造設定が有ります。 ・後編には名前有りのモブが数名登場します。話の都合上出番多めです。
    13,738文字pixiv小説作品
  • エムブレム戦記−Last Chronicle−

    第40章「明暗−リフレクト−」

    結果のみが正義を為す戦に、高尚さや清潔さは求められていない。 どんな汚泥に塗れた手段であっても、勝利すればその者の主張が正当化される事は真義である。 過程などに意味はない、勝つか負けるか、生きるか死ぬか、その「明暗」のみが先の礎を築く先導者を形作るのである。 Side to ジャハナ 書いていて思ったんですが、グレイプニルの能力結構エグいですね。 既にご存知かと思いますが、マリクが使う風の魔道書が「エクスカリバー」ではなく「ギガスカリバー」なのは聖魔の双聖器と名前が被るからです。流石に神器と被るのはまずいかと。 最上級職データ ・シャドウセイジ 上限値:HP60、力25、魔力40、技32、速さ34、幸運40、守備31、魔防40 使用可能武器:炎、雷、風、闇、杖 クラスチェンジボーナス:HP+4、魔力+5、技+2、速さ+1、守備+3、魔防+4、体格+1 特殊スキル「暗影」 相手の魔防を無視してダメージ3倍。その後、全範囲の敵ユニットの魔防を−7(ターン回復) クラスチェンジルート シャーマンor闇魔道士→ドルイド→シャドウセイジ
    42,889文字pixiv小説作品
  • ジスサレ

    月明かりと秘密/ユアン

    サイトからのサルベージ ユアン→サレフ ファイアーエムブレムヒーローズの、サレフとジストをゲットしたくてたまらないです(今の時点で居るのかも謎ですが)。
  • ホットミルク

    2007年に自サイトで公開したものです。
  • 不器用な男 【FE聖魔】

    いつもとちょっと様子の違うサレフが気になるジストの話。ブロマンス的な友人関係のジスサレです。
  • 雨と薔薇

    雨と薔薇 前編

    もう令和5年になるというのに聖魔の光石です。 どうか自分が還暦を迎える前にリメイクされますように… 【内容】 闇の樹海での戦いから1年後の話。 ジストとサレフが紆余曲折を経てくっつくまでを前・中・後編に分けて描きます。 前編は日常パート。サレフ視点。 まだくっついていないため色っぽいシーンは皆無。ユアンと大婆の出番多め。 作中にヨシュア×アスレイを匂わせる部分がほんの少し有り。 【注意】 ・原作のイメージを壊さない程度の捏造設定(主にジャハナ勢)が有ります。 ・世界観は11~14世紀のヨーロッパ、ジャハナは中東(エジプトとかトルコ辺り)、 ポカラの里は東欧(ブルガリア)のイメージで書いています。 ・名前有りのモブが数名登場します。話の都合上出番多めです。
    20,506文字pixiv小説作品
  • 雨と薔薇

    終わりと始まり 後編

    【内容】 ジャハナ王宮で傭兵団の仲間たちと再会したジスト。 彼はそこで仲間たちにある一大決心について語る。 ジスト視点。サレフ・ユアン・テティス・マリカ・ヨシュアの出番有り。 後編はかろうじて腐向けの形を保っています。 【注意】 ・シリーズ『雨と薔薇』の後日談です。先に本編を読むことをおすすめします。 ・原作のイメージを壊さない程度の捏造設定が有ります。 ・名前有りのモブが数名登場します。話の都合上出番多めです。 ・本シリーズのジストは「属性:むっつりスケベ」です。爽やかなジストをお求めの方はご注意ください。
    19,483文字pixiv小説作品
  • ジスサレ

    初雪『ジスサレ』

    ファイアーエムブレム聖魔の光石のからジスト×サレフです。 サイトからの持ち込みです。
  • ジスヒ小話まとめ

    FEH、ずっとずっと待ち望んでいたジスト隊長実装があまりにも嬉しくて、大昔に書いたジスヒをかき集めてきました。 あまりに昔すぎて読み返して眩暈がしましたが、あえて当時のまま……。 水着とかになってうっかりはしゃいでるところを隊長に見られて大慌てに慌てるおヒー様とか……見てみたいですね……。 もちろん支援つけました。つだけんボイスを楽しみながら並べて出陣させています。 隊長実装本当にありがとう!!!! 小話まとめ本つくりました https://kotokata.booth.pm/items/4272558 https://ec.toranoana.jp/joshi_r/ec/item/040031042715/
    34,437文字pixiv小説作品
  • 雨と薔薇

    巣籠もりの夜

    【内容】 ジストがサレフを恋バナに誘う話。 ジスト視点。ユアン・ロス・フランツ・コーマの出番も少しだけ有り。 時系列としては闇の樹海での戦い(大陸歴803年冬)→『巣籠もりの夜』(大陸歴804年冬)→『雨と薔薇』(大陸歴805年春)という感じです。 恋仲になりたいと思いつつ友人という関係も壊したくないジストの葛藤をお楽しみください。 【注意】 ・この作品単品でも読めますが、先に同シリーズの『雨と薔薇』『涙雨』『岐路』『怨嗟の頸木』を読むことをおすすめします。 ・原作のイメージを壊さない程度の捏造設定が有ります。 ・本シリーズのジストは助平かつ粗忽者として書かれています。爽やかで完璧なジストをお求めの方はご注意ください。 【お知らせ】 ・Xデビューを機にニックネームを「皐月」に統一しました。今後は小説投稿時、Xでお知らせします。 ・告知用アカウントですが、お声がけいただければ喜んでお話しします! 詳細はプロフカードをご覧ください。
    22,993文字pixiv小説作品
  • ジスサレ

    月明かりと秘密の言葉

    そろそろサイトの持ち出し分が終わりそうなサルベージ。 ユアン、エフラムと続いて見たものの、最後までサレフが泣いている理由が思いつかず、割りと安直な理由に落ち着いた思い出があるお話です。 個人的に乙女かと突っ込みたい・・・ ところで、投稿時に文字化けしてるのは私だけでしょうか・・・・
  • 雨と薔薇

    憧憬

    【内容】 ユアンがサレフに弟子入り志願する話。 ユアン視点。ジスト・テティス・マリカの出番もあり。舞台はゲーム本編より1年半くらい前のジャハナ。「ジストがサレフへの想いを自覚してモヤモヤしているころ」という設定です。 ゲーム本編では語られないユアンのジストや傭兵団への想い&冒険への憧れなどを詰め込んだ結果、やや長文になっております。 ユアンの成長&恋物語はこれからも続く予定です。ジスサレ・ヨシュアスと共にこちらもきちんと最後まで書き切りたいと思います。 【注意】 ・シリーズ『雨と薔薇』に連なる作品のため腐向け扱いしておりますが、腐向け要素・ジスサレ要素は欠片ほどしかございません。 ・原作のイメージを壊さない程度の捏造設定が有ります。 ・名前有りのモブが登場します。
    37,023文字pixiv小説作品
  • 雨と薔薇

    悋気嫉妬も正直の心より起こる 前編

    【内容】 ジャハナ王国の将軍に就任したジスト。その仕事ぶりをサレフとユアンが見学にやってくる。 兵士たちに慕われ、王からの信頼を一身に受けるジストを見たサレフは、自分の胸にある感情が芽生えたことに気づく。 サレフ視点。最後の方だけヨシュア視点になります。 R-18表現を含むため、前編と後編に分けました。前編は少し長めです。 今回の話のテーマは「思春期を一からやり直すサレフ」「大人の階段をなかなか上れないユアン」「脳内お花畑になってるジスト」です。ちょっとだけヨシュア×アスレイ要素あります。 本シリーズはジスト×サレフ以外に下記の支援Aを前提に書いています。 ヨシュア×アスレイ、ロス×ユアン、テティス×マリカ、ゼト×ナターシャ、エイリーク×ターナ、エフラム×ミルラ、ヒーニアス×ラーチェル、フランツ×アメリア、コーマ×ネイミー、フォルデ×ヴァネッサ、カイル×ルーテ、ギリアム×シレーネ 【注意】 ・『雨と薔薇』『終わりと始まり』『大婆様のお墨付き』の後の話です。先にそちらを読むことをおすすめします。 ・原作のイメージを壊さない程度の捏造設定が有ります。 ・名前有りのモブが数名登場します。 【追記】 後編はR-18表現を含むためシリーズから外しています。 続けて読みたい方はこちらのリンクからどうぞ。 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=21023832
    31,987文字pixiv小説作品
  • ジスサレ

    白ト赤ノ記憶

    サイトからのサルベージ。 公式設定からいろいろ妄想をこじらせました。
  • ジャハナ王の剣

    10/4スパークで配布しようとした(けど知り合いにしか受け取ってもらえなかった)FE聖魔の光石ペーパー用小説。ジストとヨシュア。 ゲームでの氷剣アウドムラのグラフィックは明らかに両手剣だよなーと思っただけ。あと傭兵と剣士のコンビ好きです。 H30.3.17 日本語を修正しました。
  • ジスサレ

    シャラリと砂は鳴り/テティス

    サイトからの持ち出し。 ジスト→←サレフの状態のテティスのお話。傭兵団の皆が大好きです。
  • エムブレム戦記−Last Chronicle−

    第39章「虎穴−クルーエル−」

    奥深き欲望を誘う誘う穴には、必ず危険な牙が潜んでいる。 鋭利な牙は何よりも獰猛で、それでいて餓えている。獲物を獲物と認めた時、その眼光は刺すような鈍色に煌めく。 地の底にまで繋がる「虎穴」から這い上がってきた餓獣は、欲を満たす為に見境なく暴威を振るう「狂人」と成り果てるのである。 Side to ジャハナ だんだん掲載が創作に追いついてきたかも。 最上級職データ ・クルーエル 上限値:HP70、力40、魔力20、技32、速さ37、幸運40、守備32、魔防30 使用可能武器:斧 クラスチェンジボーナス:HP+5、力+4、技+2、速さ+3、守備+1、魔防+1、体格+3 特殊スキル:「粉砕」 発動時、100%必殺発動。その後、相手の武器の使用回数を半分にする。 クラスチェンジルート 山賊or海賊→バーサーカー→クルーエル
    24,379文字pixiv小説作品
  • 雨と薔薇

    怨嗟の頸木 後編

    【内容】 親友の仇と共にポカラ山を登るジスト。その過程で憎むべき男の人柄に触れ、ジストは己の胸に憎悪以外の感情が芽生えたことに気づく。 ジスサレ過去編は今作で完結です。前編を未読の方はそちらから読むのをおすすめします。 ゲーム本編中の話や片想い中の話、両想い成立後の話もまだまだ書きたいネタがあるので、不定期に執筆できればと思います。 そろそろヨシュアス長編に手をつけたいのですが、ざっくりとしたプロットしか決まってない&のっけから暗い始まり方ということで足踏み中です。 【注意】 ・シリーズ『雨と薔薇』に連なる作品のため腐向け扱いしておりますが、腐向け要素・ジスサレ要素は欠片ほどしかございません。 ・原作のイメージを壊さない程度の捏造設定が有ります。 ・名前有りのモブが登場します。話の都合上出番多めです。
    29,659文字pixiv小説作品
  • 太陽に恋をして 【FE聖魔】

    ジストのことが好きなマリカとサレフの話。支援Bのあれについて。  **聖魔の光石9周年、おめでとうございます!

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    【表紙】雪広うたこ 【漫画】朝賀 庵/ASH/ウエハラ蜂/蝦夷森わに/小道明奈/samesuke/シータコマーチ/嶋次郎/世禕/タロ名/ととふみ/外岡もったす/ながべ/はかた/花森玉子/榛名ハル /ホームラン・拳/梁阿渣

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む

pixivision

カテゴリー