ピクシブ百科事典

ジスト

じすと

ジストとは、ファイアーエムブレム 聖魔の光石に登場するユニットである。
目次[非表示]

概要

聖魔の光石に登場するジャハナ出身の傭兵。
砂漠の虎の異名をもち、自ら傭兵団を率いており、面倒見の良い性格で周りから慕われている。

人間関係

団員であるテティスとマリカの他ヒーニアス・サレフ・ヨシュア・ロスなどと支援会話が存在する。
女性陣とはイベントを進めると恋愛関係に発展し、後日談endも存在する。
サレフとは友人であり過去に因縁がある。
王族であるヒーニアス・ヨシュアからは実力を買われてスカウトされる一幕も。
ロスに対しては稽古をつけてやっているうちに師弟関係になる。

ユニット性能

クラスは傭兵→勇者もしくはフォレストナイト。
勇者に昇格すると斧、フォレストナイトに昇格すると弓が使えるようになる。前者は剣歩兵系、後者は騎馬系となるため、運用にかなり違いが出る。

下級Lv10とは思えないほど高い初期値で、その合計値は本作の全味方ユニット中なんと6位。成長率はそう高くはないが、レベルアップ回数の多さもあり、かなり安定して強くなる。即戦力で投入でき、なおかつ将来有望な強ユニット。なお、大幅なバランス調整が入った海外版でも、どういうわけか全く弱体化されなかった。
使用感は前々作ディークによく似ており、体格を活かすならば通例に従って勇者にするほうが無難。

属性は雷。ヒーニアス、テティス、マリカ、サレフ、ヨシュア、ロスの6人。
進行が早く、支援はかなり活かしやすい。支援相性を取るならヒーニアスとマリカ、軍のバランスを考えるならテティスやサレフと組むのがいいだろう。
支援相手全員が歩兵なので、支援を活用する点でも勇者に昇格するほうが運用しやすい。

関連イラスト

砂漠の虎と緋閃。



関連タグ

聖魔の光石











過去の出来事について

支援会話で過去の出来事についていくつか語っており、
それぞれの話を総合すると過去の出来事の全容が伺える。

幼なじみのザッパーに付き合う形で傭兵になり、
顔の傷は戦場で遭遇した騎士の手によるもの。
テティスとの会話で情けをかけられて見逃された屈辱の経験だと述べている。

ザッパーはサレフに正当防衛から殺されており傭兵である理由は失われたが、
既に他に守るべき仲間が居たことから傭兵であることを続けている。

さらにロスとの会話で、
戦場でロスの父ガルシアと敵として遭遇したことがあると語り、
「二度と敵に背中を見せないと誓った」忘れられない屈辱の一戦だと話している。

ガルシアはかってルネス軍の部隊長であり、
「顔に傷をつけられ見逃された騎士」と同一人物の可能性がある。
これといって公式に言及されていないため確たる証拠はない。

親友を殺したサレフとも和解していることを考えれば、
過去に敗北した人物の息子と気さくに接することもそこまで不思議はないかもしれない。

いずれにせよ非常に「大人」な人物である。

関連記事

親記事

聖魔の光石 せいまのこうせき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68326

コメント