ピクシブ百科事典

アイク(ファイアーエムブレム)

あいく

アイクとは、『蒼炎の軌跡』及び『暁の女神』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

プロフィール

種族ベオク
年齢17→21
クラスレンジャー→ロード
属性
出身クリミア(出生地はガリア)
趣味寝ること
特技早食い
大切なもの傭兵団、家族
好きなもの鳥(自由に生きているから)
嫌いなもの好き嫌いの激しい人間
CV萩道彦


概要

任天堂SRPGファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡」及び「暁の女神」の主人公
グレイル傭兵団団長グレイルエルナの息子で、ミストの兄。無愛想だが義理人情に篤い好漢で筋が通った性格。食事の好みは「肉料理」。

王族の血統が多い歴代主人公の中では、唯一の平民出身である(後にロードにクラスチェンジする際に爵位を与えられた)。

ファイアーエムブレムヒーローズの人気投票企画『英雄総選挙』では蒼炎Verのアイクが男性部門の1位を獲得。さらに暁Verのアイクも5位にランクインしており、合算すると2位のロイにほぼダブルスコアというぶっちぎりの人気ぶりを見せた。ちなみに発表された日は偶然にも2月9日(肉の日)であった。

蒼炎の軌跡・暁の女神

任務の帰還中、デイン軍との戦闘を余儀なくされ、やむを得ずこれを撃退。そこでデイン軍が追っていたクリミア王女エリンシアと運命的な出会いを果たし、物語が始まる。蒼炎から3年後の暁の女神では父グレイルに似た巨漢へと成長しており、第三部の主人公を務めたほか、最後の敵を倒せる作中の最重要人物の一人でもある。

ユニットとして

  • 蒼炎の軌跡
アイク


クラスはレンジャーロード
今作では主人公が傭兵のため、ステータスはそれまでの傭兵に近いものがあり、技・速さを中心にバランスのとれた初期能力を持つ。
成長率が非常に高く、クラスチェンジ後は凄まじい高性能を誇る専用スキル「天空」の習得・専用武器ラグネルの装備が可能になるため、歴代最強と言われることも。

  • 暁の女神

蒼炎の勇者


クラスは勇者神将
成長率が蒼炎に比べ低くなっているが、それを抜きにしても初期ステータスが非常に高く、ラグネルも早い段階で使用可能になるので強ユニットとしての地位は揺るがない。しかし、物理ステータスに比べ、魔防がやや低く、成長率も低いため、必殺補正の高い雷魔法で必殺を食らうと思わぬ大ダメージを受けることも。
クラスチェンジ後はスキル「天空」とが使用可能になる、斧の武器レベルがSSまで上がるので親父形見を討つことも可能。
歴代主人公でも屈指のマッチョぶりである。(烈火の剣ヘクトルもかなり逞しい部類だが肌の露出がほぼ無いため、アイクほどの筋肉のインパクトはない。)

人間関係

  • 父であるグレイルは剣の師匠でもあった。彼を殺害した宿敵漆黒の騎士もかつてはグレイルの弟子であり、アイクにとっては仇敵であると同時に兄弟弟子でもある。そのため漆黒の騎士との因縁は深く、蒼炎の軌跡・暁の女神を通して戦う事となる。
  • 女性からの好意に鈍感で、まったく気付かない一面も。たとえ王女様に名前で呼んで欲しいと言われようとも支援Aで故郷に来ないかと誘われようとも異性とのペアエンドが用意されることは無い(しかし一部男性キャラとはペアエピローグがある)。歴代主人公でもここまで色気話がないのもアイクくらいである(尚、蒼炎の軌跡では旅の同行者で道具屋を営むララベルから何度かアタックを受けているが、上手く避けている)。
  • 一応、蒼炎でのティアマトとの支援会話では「ティアマトが傭兵団に忠義立てする最大の理由は、グレイルを愛していたから」ということをずばり言い当てており、男女関係の機微というものに本気で一切の理解がないわけではない。(しかもよりにもよって、妻子持ちの男性に対する隠れた思慕の情を、その当人の息子が指摘するという、ちょっと堂々とは言い辛い案件。)アイクはあくまで自分自身が恋愛することに興味が無いだけだと思われる。
  • ちなみに蒼炎の物語中盤においてクリミア軍発足にあたり、爵位を授かったが、後(暁の女神第二部の半年ほど前)に爵位を返上して宮廷を去り、元の傭兵生活に戻る。貴族の文化はやはり肌に合わなかったようだ。


初期開発名は「パリス」であった。
この名前は、後述のアイクの末裔とされるキャラクターの名前として再利用されている。

覚醒

ファイアーエムブレム覚醒では異界マップにおける魔符(歴戦の英雄を模した人物を呼び出せる札)で召喚された「異界のアイク」で出演しており、そちらでは魔符の中でも最強の英雄と讃えられている。ちなみに間接攻撃ではラグネルをぶん投げる
また、アイクの末裔とされるキャラクター:パリスが登場。このことから無事に子孫を残せたであろう事が示唆された。アイクの相手が誰なのかは一切不明のままだが…

if

スマブラフィギュアのamiiboを読み込ませることでマイキャッスルに登場。
マイキャッスル内で会話をしたりして交流を深められる。当然ボイスも入っている。
マイキャッスルで会話すると、アクセサリーの「アイクの肩当て」と「蒼炎の肩当て」を入手できる。

クラスはヴァンガード。覚醒と違い間接攻撃は衝撃波を放つ仕様に戻っている。アイクの代名詞天空のスキルも勿論覚えることができ、剣を投げて太陽→着地して月光(スマブラの横必殺技居合い切り、蒼炎の必殺に似たモーション)という蒼炎、暁のスタイルで行う。また、剣、刀で敵を撃破した場合はスマブラのアピール、勝利ポーズのように剣を地面に刺して腕を組む。またセリフには必殺や勝利時に、暁での名言や、スマブラでもお馴染みのセリフを喋ったり(ただ流石に天空の掛け声は無いようだ)と中々演出的に凝っている。ただし構えやマントはスマブラ仕様になっている等違いもある。
男性ユニット限定ではあるが、DLC「神将の試練場」のクリア報酬「神将の紋章」でヴァンガードにクラスチェンジできる。なおマップは「暁の女神」第2部終章「女王エリンシア」を舞台にしたものになっている。

仲間にするためには彼と彼が率いる幻影兵と戦う『英雄戦 勇者アイク』をクリアする必要がある。
幻影兵のクラスはアーマーナイト、ソシアルナイト、アクスファイター、弓使い、巫女、ダークマージ、弓聖である。
これらはガトリー、オスカー、ボーレ、ヨファ、ミスト、セネリオ、シノンを模したものだろう。
グラフィックの関係かティアマト、ワユ、キルロイは出ていない。

ユニットの性能としてはHP、力、守備に秀でており、技の伸びも悪くない。暁の頃と異なり幸運の伸びも悪くなく、それに加えヴァンガードのスキルである歴戦の勘も相まって必殺は結構避けてくれる。一方スマブラ仕様だからなのか速さの伸びは過去作に比べ悪く限界値も控えめで、暁と同じく魔防や魔力(成長率0%)等と言った魔法関連の伸びや限界値が低い。その為、物理壁としての運用が最適だろう。使用感覚としては機動力を失った代わりに火力がやや高く、特攻を消したマークスと言ったところ。蒼炎などとは感覚が異なるものの、amiiboユニットの中でも特に優秀な部類に入る。
また、ヴァンガードなので斧を持つ事が出 来、様々な敵に対処出来る。暁の頃はラグネルほぼ一強であまり出番は無かったが、今作ではラグネルで対処しにくい暗器が登場し、それらにすくみ勝ちするため意外に有用だったりする。暁で一部において使用する事もあったハンマーも勿論有用で、高い攻撃力に物を言わせてアーマー系統を叩き割ることが出来る。今作はジェネラルが強化されたので持っておいて損は無い。壁としての素質からハロルドの雄斧を最大限に有効活用出来るユニットでもあり、こちらも一考。

ただやはり上記の通り速さが低く、結構追撃をもらいやすい上、自身も追撃しにくく、おまけにラグネルに追撃しにくいという欠点が追加された為追撃関係には非常に苦労する。しかし補う方法はかなり揃っており、同じDLC職であるスターロードのスキル柔剣、速さの吸収、ダークファルコンの速さ+2と中々悪くない物が揃ってる。
特に速さの吸収は上手くいけば最大+10と大きく上がり、速さの低いアイクでもここまで上がれば追撃しやすくなり、自身も追撃を貰いにくくなる。柔剣はデメリットとして防御-1されているが、ラグネルの補正で帳消し出来るのでほぼデメリット無し。ただし速さ+3はラグネルの追撃-3と同じなので相性はまあまあ程度。

ちなみにamiiboは捕獲ユニットと同じ扱いになっている。一見何も意味が無いと思わせるが、ユニット名鑑の仕様を利用して大幅にパワーアップ出来る。と言うのも、今作にはユニットの像という物があり、立てると本人の限界値が上がると言う物なのだが、レベルを3まで上げるとユニット全員に効果がある。普通のユニットは像を撤去すると能力が減るが、ユニット名鑑に登録したユニットは登録してから仲間にすると能力が落ちないので、アイクの場合、これを利用して欠点の速さや魔防に対応する像を中心に、攻撃など他の像も建てまくってから登録すれば高火力、高耐久、高速の最強クラスのユニットが出来上がる。時間はかかるのでおすすめはしないが、支援集めや魔符集め等の周回プレイを快適に進めたかったり、育成を楽しむプレイヤー、そしてアイクが好きなプレイヤーには一考。ただし強化する程呼び出し代がかなり高くなるので注意。

味方にした後でamiiboを再び読み込み、会話すると店番をしてくれ、武器屋の店番になった時にはラグネルと全く同じ外見の「アイクの模擬剣」を買うことができる。防御が上がる効果は同じだが、模擬なだけあって性能は本物と比べると弱く、範囲も1、回避も-10になっているが、練成することができるため、最終的な攻撃力、必殺、命中は本物を上回ることも夢ではない(限界まで強化するには膨大な量のクリスタルと模擬剣が128本必要だが…)。

スマブラでの客演

大乱闘スマッシュブラザーズXにてプレイヤーキャラとして参戦。『蒼炎の軌跡』のレンジャー時代のデザインで、ラグネルを所持している(ただしバランス調整と言うことで例外はあるが衝撃波は出ない)。
大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS/WiiUにも引き続き参戦が決定。グラフィックは『暁の女神』の勇者時代のものに描き変えられた。

性能

典型的なパワーキャラで、相手のダメージにもよるが、弱攻撃でも十分撃墜を狙えるほどのパワーキャラである。技のクセも少なく初心者が使っても扱いやすい、パワーファイター入門編とも言える存在。
また、剣を使った攻撃を主体とする為、判定が強くリーチも長い。小技の火力も全体的に高めで、多くは撃墜(以下バースト)まで使える優秀な物揃い。空中技も威力が高いので地上、空中どちらもふっとばし性能が高い。
しかし、パワーファイターだけあって隙は大きい。バーストとして使う技は出が遅いか隙が大きい技が多く、読みが要求される場面が多い。また移動速度も低く、相手に追いついたり逃げたりしにくいので苦労する場面もある。
そして最大の欠点として復帰力が低い。距離はそれなりだが、横必殺、上必殺共に直線上に復帰するので斜め下にふっとばされると厳しい。さらに追い討ちをかけるように攻撃判定が出るのが仇となって、逆にカウンターを合わせられて復帰どころかバーストされてしまう危険性がある。徹底されると復帰は絶望的だろう。
そのため、極力大きな隙は晒さず、速く動くように見せかけるようにするのが基本となる。

立ち回りとしては序中盤は投げから空中技を駆使して飛び回りながら攻め、相手から手出しされないように技を出しておこう。着地やガードされた時の隙が少ない空Nやリーチが長く威力の高い空前がかなり優秀なのでどんどん使おう。ただ、闇雲に空中技ばかり使ってもガードされると意味が無いので、ここは上投げや下投げからコンボしていこう。下投げから色々やる人が多いが、実は下投げはふっとばしが高くすぐにコンボが繋げなくなるので、低%の内は下投げ、中%辺りからは上投げと繋げていこう。投げれば空前、空Nが入るので、相手のふっとぶ角度をよく見て使い分けよう。目安としては前に吹っ飛んだら空前、上に吹っ飛ぶなら空Nと言った感じ。天空も繋がらなくはないが、吹っ飛びがずらされやすいのでおすすめはしない。
相手が近寄った時に、下強→空前や、ガード解除から弱攻撃で暴れるのも重要。空後は判定が一瞬で使いにくいが、アイクの技の中でもかなり優秀なので使えるようになると心強い。不意打ち気味で撃つと当たりやすい。
スマッシュ等、技によっては中盤からバーストの狙える技があるが、隙が大きいので確実に入れられる時以外はやめておこう。

終盤に入ったらアイクの大半の技がバースト圏内に入り、相手に大きくプレッシャーを与えられる。だがこちらもダメージが蓄積している場合、技の隙がでかいのであまり派手に動くとこちらが追い詰められるので慎重に動こう。アイク特有の読みが強いられる展開と言える。
主にバーストで使う技としては横強、上強、空前、空後、空前、上スマッシュと言ったところ。
横強は出が速めだが、後隙が大きくガードされたらリスクがでかいので正面から撃つのはおすすめしない。使うなら走行反転中の横強といったように反撃を貰いにくい不意打ち気味のやり方が良い。入力ミスで出の遅い横スマッシュに化けやすいので注意。上強は逆に出が遅いが後隙が少なく、大きくは振れないがこちらも強い。相手の緊急回避でこちらに寄ってくる時に使うと良い。上スマッシュは対空に使え、復帰した相手が回避、ジャンプ上がりした時に使っていこう。隙はでかいのでなるべく他では使わないようにしたい。
空前は復帰阻止に強いので崖外に向かって使おう。空後は序中盤同様に不意打ち不意打ち気味で当てよう。空上は投げからの追撃用で、繋がらなくても読みで当たれば強い。判定も長いので上手く使いたい。

余談だが、スマブラfor初期の頃は、Xに比べ大幅に弱体化しており、剣のリーチの縮小に始まり、技威力の低下、隙の増加と散々で、キャラ評価も低かった。だが、アップデートを重ねる内にどんどん強化されていき、いまや世界レベルの大会でも見かけるほどの性能へと変化した。

必殺ワザ

通常必殺ワザ:噴火
ラグネルを真上に両手持ちするように持ち上げ、剣から出る蒼い炎を溜めた後地面に叩き付け、炎を吹き出して攻撃。溜め限界で放つと10%ダメージを食らう。
ロイのエクスプロージョンに似ているが、こちらは縦に叩き付けるので、上下にかなり範囲が広い。溜め時間はこちらが上回る。
スーパーアーマーが付いていて、最大溜め寸前(おおよそ4秒ぐらい)辺りからアーマーが付く。相手の攻撃を受け止めて強烈にふっとばすというのも可能。だが隙がでかいので普通に立ち回るには封印推奨。
だがこの技は反転必殺技(通称空ダ)が可能で、必殺を押した後素早く反対に向くことで、急に反対へ飛ぶ方向を変えながら噴火が撃てる。隙がでかいのは相変わらずだが、上手く行かせたら強力な武器へとなりえる。
そしてこの技の真価を発揮する局面が、復帰阻止の局面。縦に広いという性質を生かし、崖に立って噴火を溜め、相手が上必殺や崖を掴みそうになる直前で撃てば強烈な復帰阻止になり得る。通称崖噴火。出すだけでも強力なプレッシャーになるので是非覚えておこう。

横必殺ワザ:居合い斬り
剣を構え力を溜めた後、素早く突進する。主に復帰技として使用する。
溜めればかなりの距離を移動出来、やや斜め上あたりに飛ばされても復帰しやすい。が、上記の通り攻撃判定が出るのでカウンター持ちには撃ちにくい。使うなら崖に向かって撃てるようにしよう。攻撃技としてもそれなりに優秀で、特に相手がダウンした時に起き上がり読みで溜めて放つ時に威力を発揮する。単純に距離を詰めるのにも使えるがガードには気をつけたい。
ちなみに使うとしりもち落下に繋がる...が、この技はなんと相手にヒットした場合、1秒程度はしりもち落下に移行しないように仕様変更されたので、当たったのを確認したらすぐに空中ジャンプか天空に繋げるようにしよう。

上必殺ワザ:天空
剣を上に投げ、投げた剣の頂点に飛び、回転してから垂直落下する。「天↑!空↓!
...と聞こえはいいが、月光に相当する部分が無いので実質太陽である。ちなみに太陽にある回復効果はない。
上昇時にスーパーアーマーがあるので、そこに攻撃しても吹っ飛ぶ事は無い。相手の復帰あわせてうまくそこに合わせれば比較的妨害されにくく復帰可能。また落下開始時にメテオがあり、これを利用して、復帰妨害しにくる相手を天空に巻き込み、自身は崖に捕まり、相手を物凄い勢いで落下させるという事も可能である。
反面、剣が回転してる時にも攻撃判定があるので、上記の通りカウンター持ちにこの部分が合わせられると逆にピンチになる。相手がガードでしか間に合わない状況で撃つしか対処法がないのでなるべく相手が崖に来る前に出せるように祈ろう。Xの頃と違い背中で天空しても崖に掴めないので注意。
また、地面に付かず5回連続天空で崖捕まりし続けると6回目以降は掴めず落下するので注意。
攻撃用としては出も遅く威力も微妙なので封印安定。折角の奥義なのに勿体無い感じはあるが、性能が改善されない限りは使用を控えよう。
ちなみにカスタム技の一つに天空波という技があり、これを使えば衝撃波が出せる。性能としてはカービィのファイナルカッターに近い。ふっとばし力もまずまず。

下必殺ワザ:カウンター
ワザを出して、無敵時間中に攻撃を受けると剣による反撃を与える。反射倍率は1.2倍。出が遅いので一見マルスのカウンターの劣化版に見えるが、判定が長いので反撃しやすい、乱闘向けのカウンター。その分、1on1ではマルスの物より的確に読んで出す必要がある。

最後の切りふだ:大天空
蒼炎を纏った、乱舞型の天空。とどめに地面に叩き付ける時、噴火のごとく剣から蒼い炎を吹き出す。
最初の一撃に剣か衝撃波に当たらないとその後が続かない。一見当てにくいように見えるが、実は後ろ投げからほぼ全てのキャラに入るのでかなり使いやすい。

登場演出は、FE勢お馴染みのワープの杖での転送。

アピールは上アピールが剣を両手持ちし、気合を高める。「はぁぁぁぁぁっ...」
横アピールは暁の戦闘開始時のように剣を掲げる。「覚悟しろ...」
下アピールは剣を突きたて、腕を組む。「ふん...」

勝利演出は、上方向だと剣を突きたて腕組み。「手加減してやるほど、俺は甘くは無い。」
左方向は剣を二回振り、肩に担ぐ。「守るべき物の為に、戦うだけだ。」
右方向はスマブラにおける天空を披露する。ただし、天空の掛け声は無し。

関連イラスト

蒼炎の軌跡

蒼の剣士
スマブラX


蒼炎兄妹
習作



暁の女神

ブレイブ・オブ・ブレイブ
俺より強い奴に会いに行く



関連タグ

アイク(曖昧さ回避)
ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡 暁の女神 ファイアーエムブレム覚醒
ミスト グレイル エルナ
グレイル傭兵団
ティアマト セネリオ オスカー ボーレ ヨファ シノン ガトリー キルロイ ワユ
ライ レテ リュシオン エリンシア
フォルカ
漆黒の騎士 ゼルギウス ??? アシュナード ラグネル
ヘクトル エフラム レイヴァン パリス
大乱闘スマッシュブラザーズ スマブラ ドーナツマン
ぬぅん

グループカップリング関連タグ

NLアイエリ アイレテ アイワユ アイサナ
BLアイセネ アイライ
その他アイマル FE組 三剣士

他の記事言語

Ike

pixivに投稿された作品 pixivで「アイク(ファイアーエムブレム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19812

コメント