ピクシブ百科事典

ラグネル

らぐねる

ラグネルとはファイアーエムブレム蒼炎の軌跡、暁の女神に登場する剣である。
目次[非表示]

概要

古の英雄オルティナが愛用したとされる双剣の片割れであり、正の女神アスタルテの加護を受けた神剣の一振。エタルドとは対になっている。

劇中ではアイク専用の武器であり使用回数は無制限。近接攻撃だけでなく間接攻撃も可能な上、装備中は守備+5と破格の性能を誇る。

元々はベグニオンの至宝であり、そちらで保管されていた筈だが、いかなる理由でか漆黒の騎士がエタルドと共に所持していた。
グレイルとの一騎打ちの際に、グレイルに対し「この剣を使われよ」と言ってこの剣を投げているが、グレイルは使用を拒否、ウルヴァンで一騎討ちに挑む。一騎討ちに敗れたグレイルは漆黒の騎士によって殺されてしまうが、なぜか漆黒の騎士はラグネルを回収することなく去っていった。

その後、アイクによって回収され、第27章での一騎打ち時から使用可能となる。これなしでのアシュナードの打倒は困難を極めるだろう。

蒼炎の軌跡の後はベグニオンの至宝ということもあり(おそらくタニスを介して)ベグニオンに返還されていたが、暁の女神第3部11章で再び入手(厳密にはサナキからの手付代わりの貸し出し)。しかしそのため、父親の形見であるウルヴァンの影が薄い……性能自体はこちらでも変わらず高性能。

ファイアーエムブレム覚醒でも登場する。こちらでは専用武器でも耐久度無限でもなくなっている上、威力などが大幅に弱化しているが、間接攻撃可能であり、同じく間接攻撃可能なアマツの完全上位互換といっていい性能。
ゲーム中での通常入手は不可能だが、追加配信マップにて仲間になる、アイクの子孫という設定のパリスが所持している他、DLCの無限の神器から入手することも可能。なお、間接攻撃時に衝撃波が発生せず、ラグネルをぶん投げる
一方、公式のパリスのイラストを見ると、ラグネルの刀身に罅が入っていることが確認できる。覚醒の時代には女神の加護も薄れて、全盛期の力を失ってしまっているのかも知れない。

ファイアーエムブレムIfではアミーボアイクが持参。本人以外は使用不可能。威力は13、守備補正が+3に減少、回避率がわずかに下がり、更に追撃がしにくくなると性能的には下がってはいるものの、銀の剣、刀以上の威力に加えて間接攻撃可能、と雷神刀、ジークフリードに匹敵する神器な性能。さらに、今回は間接攻撃時にラグネルを投げることはなく、ちゃんとした衝撃波が出る(見た目はエルウインドに近い)。性能が落ちているのは、女神の加護の影響があるのかもしれない。
ちなみに、アイクが武器屋の店番の時限定でラグネルと全く同じ見た目の模擬剣が販売される。あくまで「模擬」なので間接攻撃ができなかったり、本物よりも性能が低かったりするが、錬成可能であるため金とクリスタルさえあれば本物以上の破壊力を発揮させることもできる。

余談だが、ラグネル(及びエタルド)の重量20という数値は蒼炎・暁に登場する武器の中で2番目に重い数値である。投石器などと同じ重さで、これより重い武器は蒼炎のラスボス専用武器しかない。
こんなものを片手で振り回すアイクや漆黒の騎士は恐るべき腕力の持ち主であると言えるが、しかし最も化け物なのは、女性でありながらコレとエタルドを両手に持って振り回していたとされる英雄オルティナであろう。時代が異なるので一概に比較はできないが、少なくとも彼らと同等以上の実力者であることは間違いない。

性能

作品武器Lv.威力耐久度命中率必殺重量射程特記
蒼炎の軌跡18805201-2アイク専用、守備+5
暁の女神18805201-2アイク専用、守備+5
覚醒A1525700×1-2守備+5
ifE13750×1-2アイク専用、守備+3、追撃時攻速-3、回避-5
if(模擬剣)C10700×1守備+3、追撃時攻速-3、回避-10、アイクが店番の時限定で販売


関連タグ

ファイアーエムブレム アイク 漆黒の騎士 オルティナ グレイル パリス
エタルド

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ラグネル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ラグネル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120679

コメント