ピクシブ百科事典

サナキ

さなき

ゲーム「ファイアーエムブレム」シリーズの「蒼炎の軌跡」及び「暁の女神」に登場する人物。
目次[非表示]

CV:中原麻衣(ヒーローズ)
クラス:皇帝

概要

テリウス大陸最大の国家ベグニオン帝国第37代目の皇帝にして、女神の御声を授かる神使少女
本名は【サナキ・キルシュ・オルティナ】。
年齢は公式設定では『蒼炎』で10歳、『暁』で13歳である。
幼いながらも皇帝としての威厳を持ち、帝国内の貴族闘争、覇権争いにも断固として立ち向かう。
王者としての貫禄と知性も備え、その尊大な口調はまさに皇帝を思わせる。しかし初対面のアイクたちからは全く信じてもらえず、危うくブチ切れかかった(捜索を依頼した部下がアイクたちに特徴を伝えていなかったのが悪く、彼女に非はない)。

2016年に発刊された設定資料集によると、当初は成人したキャラクターが予定されていてラフも起こされていた(下記イラスト参照)のだが、設定が変わったためか、年齢をかなり下げての登場となった。

暁10周年記念サナキ詰め合わせ



来歴

蒼炎の軌跡

テリウス大陸最大の帝国ベグニオン帝国を蝕む、貴族などの悪しき慣習について頭を悩ませていた。
そこで、当時デイン軍を退けてベグニオンにやってきていたアイクたちグレイル傭兵団に、クリミアの支援と引換にこの慣習の打破のために働くことを依頼する。アイク達は依頼を受け、セリノスの森へ足を踏み入れる。

シグルーンらと同様に自軍ユニットにはならない。

暁の女神

皇帝の失脚を目論む元老院によって幽閉されてしまうが、シグルーンたちによって救出される。
その後、元老院を討つためアイクたちラグズ連合との同盟を組み、自ら戦う決意をする。

自ら戦場に立つ=自軍ユニットになるのは第4部序章から。属性は光。
兵種は皇帝(カエサル)。使用武器はの各魔法。特に炎魔法を得意とする。専用武器シムベリンがある。
魔力・技が優秀で、強い魔法攻撃を繰り出すことが出来る。様々な魔法が使えることで、相手の弱点をうまくついていける。だが、速さは低めで2回攻撃が出にくい。
また、HP・防御が弱いために、防御面では不安が残る。
しかし終章の固定メンバーのひとりのため、彼女を使わない縛りでない限りは育成しておいたほうが好ましいだろう。

終盤、実は既に亡くなった姉がいたこと、サナキは血統上は正当だが、ある資格を満たさなかったために、やむなく立てられた傀儡であったことが判明する。ところが……エンディングにおいて、その死んだはずの姉がこの旅でよく知った人物ではないかと思い問い詰めたところ、(色々過去のビジョンを見ていたためか)本人も認めるに至った。

ヒーローズ

ベグニオンの神使 サナキ

【ファイアーエムブレムヒーローズ】サナキ


属性
武器種別赤魔
タイプ歩行
武器シムベリン(専用)
補助一喝
A相性激化3
C攻撃の鼓舞3

2017年3月に実装された通常版。テリウス勢では主人公のアイクやミカヤに先んじて最初に登場した。
武器のシムベリンは自分から攻撃したとき周囲1マスの味方の攻撃を+4にする。シムベリンを武器練成で強化するとサポートの範囲がさらに広くなる。
攻撃は高いが原作同様守備が非常に低い。相性が悪い槍騎士に狙われたら一撃で落ちることが頻繁に起きるため立ち回りに気を配りたい。

花嫁姿の神使 サナキ

花嫁のサナキ


属性
武器種別緑魔
タイプ飛行
武器ニフルの氷花(専用)
補助引き寄せ
A攻撃魔防の絆3
B守備魔防の連携3

2018年5月のジューンブライド企画で花嫁姿となった超英雄。ペガサスに騎乗しての登場となった。ステータス傾向は通常版と似ていて守備が低く、攻撃が高い。
専用武器は周囲2マス以内の味方の数に応じて戦闘中の攻撃速さが上昇、さらに1人でも隣接しているとAスキルで攻撃魔防+5される。また移動系補助スキルを使用するorされると双方の守備魔防が上昇する連携をBスキルに持つ。
攻撃が高い割に、HPと守備を削っているためか速さは悪くなく、飛行ブレード運用にも適性がある。

なお通常版が暁版の姿であるのに対し、こちらの花嫁版は蒼炎版の姿になっている。つまり10歳である。

関連タグ

ファイアーエムブレム FE 蒼炎の軌跡 暁の女神
オルティナ ミサハ
ミカヤ アイク セフェラン シグルーン タニス ゼルギウス トパック ネサラ
女帝 のじゃロリ

カップリング関連タグ

ゼルサナ トパサナ セフェサナ

pixivに投稿された作品 pixivで「サナキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1230854

コメント