ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:宮川美保(ヒーローズ)


概要

約800年前、テリウス大陸に大洪水を起こした邪神と戦ったベオク(人間)の女戦士。獅子王ソーン、黒竜王デギンハンザーと共に「三雄」と呼ばれている。後にベグニオン王国を建国し、初代女王となった。現皇帝のサナキはオルティナの子孫にあたる。


邪神との戦いで共に戦った鷺の民エルランと結婚し、その4年後に歴史上初のベオクとラグズの混血児を産むが、子供が生まれると親のラグズは能力を失ってしまうことが判明する。エルランたちと協議した末、ベオクとラグズの関係が悪化することを避けるため、この事実を隠蔽し、二人は離縁しエルランは事故死したと公表された。後にオルティナは別のベオクの男性と結婚し、エルランとの子はその男性との実子として育てた。


主人公アイクが持つラグネル漆黒の騎士が持つエタルドの本来の持ち主であり、彼女はこの二振りを片手で扱った二刀流の剣士であったという。


今なお健在しているエルランやデギンハンザーと違いすでに故人であるため、直接登場はせずゲーム内では彼女を含めた三雄の一枚絵があるだけで、全体像は長らく不明だった。暁の女神発売から10年以上たった2019年にTCG『ファイアーエムブレム0』で初めてイラストが公開された。その後、『ファイアーエムブレムヒーローズ』で正式にユニットとして登場することとなった。


ヒーローズ


暁の剣聖 オルティナ(神階英雄)

ファイアーエムブレム ヒーローズ / 暁の剣聖 オルティナ

「私はオルティナ…ベオクの剣士にして、

 女神の加護を賜りし者。

 今こそ、暁に正義を示すとき!」

属性
兵種剣/飛行
武器ラグネル&エタルド(専用)
奥義双刃(専用)
A女神の三雄(専用)→女神の三雄・神(専用)
B待ち伏せ3
C攻撃守備の信義3→攻撃守備の大牽制

2019年11月に天の神階英雄として登場。

サイファのカードと同じく、ラグネルエタルドを持っている。ヒーローズでは初めて明確に二刀流のグラフィックになっている。ステータスは速さ低めでその分が耐久に回っている。


ラグネルとエタルドの2本を二刀流で操り、能力効果は受け攻め関係なく二回連続攻撃と距離関係なく反撃する「勇者武器系統効果+遠距離反撃」。

専用奥義は「氷蒼」の簡易版に見えるが、奥義以外のスキルによってダメージを軽減されない

専用Aスキルは「攻撃守備の孤軍3」に近いが飛行特効無効が付与。ただし竜/獣は孤軍の対象外としている。


「待ち伏せ」を持つため受けでも運用しやすいスキル構成で、加えてナーガとのシナジーが図られてもいる。奥義で軽減無視できるため、軽減による耐久力を売りにする総選挙アイクへのメタという意味合いもある

飛行特効は無効だが速さが遅く、追撃されやすい。「不動の姿勢」持ちと満タンからの連続攻撃には注意。


2023年1月のアップデートで上方修正。

専用Aスキルは「女神の三雄・神」へ。敵のHPが75%以上の時でも効果が発動するようになり、魔防も加わってさらに戦闘中、攻撃守備魔防+9へと跳ね上がった。もう一つは魔防が敵より高ければ魔防の差の70%(最大7)のダメージ加算しつつ魔防版の回避効果が追加。ダメージ増減を狙えるようになった。

Cスキルは「攻撃守備の大牽制」へ。バフ付与しなくなるがA専用スキルとの噛み合いが悪かったための配慮で敵を弱らすことが出来る。


同時に錬成武器対象に。効果自体に変化はないが特殊錬成効果は攻撃されるか敵のHPが75%以上の時は戦闘中、攻撃魔防+5かつ奥義カウント変動量+1に敵の攻撃守備のバフ無効。

これで敵の強化も無視して奥義と攻撃守備魔防が加速する新しい個性を得た。


時を越えた出会い オルティナ(双界英雄)

ファイアーエムブレム ヒーローズ/ 時を越えた出会い オルティナ

「我が名はオルティナ。

 そしてこちらは我が子孫…

 サナキです。」

属性
兵種剣/歩行
武器ラグネル&エタルド(専用)
奥義双刃(専用)
A攻撃魔防の連帯
B見切り・反撃不可3
C攻撃魔防の信義3

2020年12月から冬祭りに双界英雄で実装。ソティスに続いて神界英雄での超英雄は二人目になる。ペアの相手は自身の子孫にあたる現皇帝のサナキ(「ほぼ同じ作品では?」と突っ込んだら負け)。

通常版とステータスを比べると中途半端だった守備は上がる。そして攻撃と魔防も上がったが速さはさらに下がる。

ソティス同様に専用武器と専用奥義を引き下げてきた。スキルを見た感じ、魔防壁特化になった。Bスキルに「待ち伏せ」は消えてしまったが「見切り・反撃不可」のおかげで火薙ぎ系や反撃不可武器にも対応するようになった。

双界スキルは自分と同じ出典作品(蒼炎・暁)の味方に攻撃速さ+4。自分だけは「待ち伏せ」付与。1ターン限りだが通常版同様に反撃型になる。


ただ弱くなった部分もあり、まず歩行になったことで機動力は低下。自由に移動は出来ない。通常版よりなんでも反撃するが双界スキルでないと「待ち伏せ」が発動しないので先制攻撃の性能は通常版より劣っている。魔防特化に変わり、守備を上げる効果が無いので青属性の重装か高火力の近接ユニットには注意したい。


こちらも錬成武器対象で効果は同じ。


余談だが、このバージョンでのオルティナの微妙に浮き出た腹筋がSNSで話題となった。

伊達に重量20の剣を二刀流しているわけではない、ということなのだろう…。

2022年6月には双界英雄の水着エーデルガルトの相方として登場しており、双界英雄では前後の両方で登場したことになった。


無双なる暁光 オルティナ

属性
兵種斧/歩行
武器永遠の理想郷の双斧(専用)
奥義三雄の双刃(専用)
A攻撃魔防の秘奥4
B攻撃守備の防壁4
C始まりの鼓動4

2024年1月の超英雄で約4年ぶりに登場。今回は初めての超英雄単独参戦となる。


クリスマス版とステータスを比べるとHP以外は上回っている。


専用武器はキラー武器効果、遠距離反撃、攻守関係なく二回攻撃に加えて自分のHPが25%以上の時は戦闘中、敵の攻撃守備魔防-5かつ自分の魔防20%分さらに敵の攻撃守備魔防が減少して敵が攻撃時奥義装備時かつ魔防が敵より5以上高いと最初の攻撃前に敵の奥義カウント+1。敵より魔防が勝っていると奥義を遅らせる事が可能で受け型は健在。


専用奥義「双刃」のグレードアップ版が登場。効果自体に変化はないが新たに自分が奥義発動可能状態で魔防が敵より高いと範囲奥義ダメージと受けるダメージを魔防の差×3%減少(最大30%)の魔防版回避効果が追加。前よりも耐えやすくなっている。


防壁系のグレードアップ版も登場。こちらも効果自体に変化はないが新たに最初の攻撃と二回攻撃のダメージを40%軽減が追加。より固くなることが可能になる。


速さが低いのは健在で追撃を封じる手段が無いので追撃は必ず貰う。または今まで持っていた待ち伏せが消えたので先制攻撃が出来なくなる弱点が増えてしまった。


関連イラスト

女剣士ブレム オルティナAltinaオルティナFEオルティナ


関連タグ

ファイアーエムブレム 暁の女神

エルラン デギンハンザー ミカヤ サナキ

ラグネル エタルド

筋肉娘


アルテナ…アルファベット読みでのスペル一字違い(『Alt「e」na』)。


アルティナ・メル・シルフィス…ファーストネームが一字違い(アルファベット読みは同じ)。中の人マリータフィオーラ

関連記事

親記事

暁の女神 あかつきのめがみ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1167910

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました