ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

漆黒の騎士

しっこくのきし

ゲーム「ファイアーエムブレム蒼炎の軌跡」及び「ファイアーエムブレム暁の女神」の登場人物。
目次 [非表示]

概要

CVは間島淳司


デイン王国軍『四駿』の一人であり、グレイルを殺害したアイクの仇敵。

デイン王国軍の猛者が選ばれる『四駿』の中でも最強と言われている。いかつい鎧姿に反してその声は若々しく、また丁寧な口調で話すが、与えられた任務を果たすためなら冷酷な手段をとることも厭わない。

普段は落ち着いた物腰ながら、内心強者との戦いを渇望している素振りも見せている。


蒼炎の軌跡においては物語の本流である「奪われた自国の奪還」をヒロインであるエリンシアが担当しており、主人公アイクはそれに力を貸す形で話が進む。そんなアイクが能動的に戦う動機が「父を殺したデイン兵である彼への敵討ち」であり、漆黒の騎士は物語の重要人物として暗躍していく。


蒼炎の軌跡では最後まで正体不明の人物であったが、暁の女神でその正体が明かされることとなった。


クラス及び武器

宿命ありき

蒼炎の軌跡では「ジェネラル」、暁の女神では名前同様「漆黒の騎士(ダークナイト)」。


蒼炎の軌跡ではクラスがジェネラルとなっているものの、グラフィックやステータスが通常のジェネラルと異なっており、実質漆黒の騎士専用クラスとなっている。ステータスは殆どの面で通常のジェネラルを上回っており、ラスボスと比較しても遜色ない程。

また、女神の加護を受けた鎧を着ているため、同じく加護を受けた神剣ラグネル以外の武器による攻撃をすべて無効化してしまう固有性質を持つ。

(一応リガルソードやアーマーキラーのアーマー系特効は発動する。0ダメージだが)


前述の通り主人公のライバル・仇敵にあたる人物だが、この手のキャラには珍しく決着を回避してしまうことが可能という変わった特徴を持っている(ステータスが凄まじく、進め方によっては本当に詰みになりかねないため)。

続編や派生作品では倒したことが前提となっている。回避しても物語自体は(展開の変化はあれど)問題なく進むのだが、近年になって倒せなかった歴史のアイクは後に力への渇望が肥大化し闇堕ちするらしい可能性が示唆されている。


暁の女神では名実ともに専用クラスとなって登場。

相変わらず凄まじいステータスを持つが、女神の加護が失われたためラグネル以外の武器が通じるようになった。

例によってアーマー系なので、ハンマーに弱くなってる点をネタにされることもしばしば。


武器は主にを主体に使い、神剣エタルドを愛用する。

暁の女神では味方として登場する時に、を持たせることで彼の槍術も堪能することができる。


ゲーム中で「神剣ラグネル」はアイク専用となっているが、

蒼炎の軌跡ではムービーシーンで彼がラグネルを使っている姿を見ることができる。


ファイアーエムブレム0第3弾にも登場。

出撃コストがと相当高く支援力も0だが、上記の「神剣エタルド」と「女神の加護」のスキルを持っており、使いこなせば上記の能力を再現できるだろう。


軌跡

ユニットとしての初登場は蒼炎の軌跡の第11章

本来なら「自警団を倒さないようにしつつ敵兵の包囲網を掻い潜り、手配していた船に到達する」という内容なのだが、なにも知らずにこの章を進めていたプレイヤーは例外なく腰を抜かすこととなる。


群がる敵兵を倒し、到達地点に立ちふさがる敵将「マッコヤー」と戦闘した直後、突然マップの何の変哲も無い民家から、あのグレイルの仇である漆黒の騎士その人が現れる。

プレイヤーが何が起こったのか理解できぬ間に、彼は出現した直後のターンから動き出し、近くにいたこちらのユニット一人を一撃で葬り去っていった・・・。

(ノーマルモードなら敵増援は出現と同時に行動しないのだが、漆黒の騎士だけは例外


これが後に「しっこくハウス」としてプレイヤーに語り継がれていくのである。


運よく最初のターンにやられなかった、もしくはリセットしてやり直したプレイヤーは、

その異常なほど高いステータスと専用武器の性能に例外なく悲鳴を上げたという。


ちなみにこの時アイクが戦闘すると戦闘前会話と脱出後会話を見ることができるが、予めつけておいた「祈り」スキルが発動しない限り間違いなく死ぬ


第27章「宿命の刻」では一騎打ちでアイクと対峙する。

5ターン凌ぎきればクリアになるが、漆黒の騎士を倒せたかどうかでその後の展開が少し変化する。またミストとの戦闘前会話も用意されている(もちろんダメージは与えられない上にむしろ命が危ないが)。


3年後が舞台の暁の女神ではミカヤ率いるデイン解放軍に味方として登場する(しっこくの森参照)ため、ドーピングアイテムを使って強化することも可能だが、

終章「再生」Area2では元のステータスに戻ってしまう。

(「ゲームがクリア不能にならないように」という任天堂の配慮と思われる)。

ファイアーエムブレムヒーローズ

四駿の将 漆黒の騎士

『ファイアーエムブレム ヒーローズ』「漆黒の騎士」

属性
兵種剣/重装
武器エタルド(専用)
奥義黒の月光(専用)
A金剛の構え3
B救援の行路3

2017年9月から登場。戦禍の連戦の報酬として配布される。出典は蒼炎の軌跡からとされている。

ダメージ絵は他のキャラが服が破れるたり鎧が壊れるものが多い中、漆黒の騎士はマントが破れる程度で鎧にはほとんど傷がついていない。


ストーリーマップで最初に登場するのは13-3。これは蒼炎11章港町トハを再現したマップで、3ターン目に増援としてマップ中央の普通の民家から出現。

出現位置を抑えても少しずらして出現し、特殊スキル「エンブラの加護」により一切の攻撃を受け付けないなど、あらゆる点でしっこくハウスを再現したものになっている。


ステータスは重装らしくHPと守備は高めで速さと攻撃も割と高めだが魔防は低い。


原作同様にエタルドを装備しており、遠距離反撃出来る専用武器。数値上の物理耐久はドーガほどではないものの「金剛の構え」により敵からの攻撃時は守備が上がるため物理壁役として使いやすく、「救援の行路」によって重装の移動力の低さをカバーしているため器用に立ちまわれる。

また、重装だが速さも34と高めの水準で追撃も少し出来る

奥義は専用の「黒の月光」を習得でき、汎用の月光とカウント数が同じながらも、敵の守備/魔防を80%軽減して攻撃という強力な効果になっている。

ただし重装ユニット特有の魔防が低さが弱点。たとえ遠距離で反撃出来ても、青魔ユニットには注意が必要である。さらにアーマーキラーや貫きの槍など特効武器にも弱い。

「救援の行路」があるとはいえ、普段は一マスしか進めないので立ち回りに工夫が必要となる。


2021年5月のアップデートで錬成武器対象に。効果自体に変化はないが特殊錬成効果はラグネルと対の武器なのかキラー武器効果と戦闘開始時にHPが25%以上だと戦闘中、全ステータス+4と同じ効果。

これで追撃や奥義が出しやすくなり、HPがあればステータスが強化される新たな個性を得た。というのもキラーソード鍛+の構成がデフォルト化した

とくに黒の月光と相性がピッタリで、奥義隊形か迎撃隊形、呼吸系で開幕から発動出来るようになる。

なお、同一人物のゼルギウスも同様に錬成可能になった。


2024年4月から神装英雄に選ばれた。アイクと同じムスペル王国の衣装を身に纏った。


聖夜の守人 漆黒の騎士

漆黒のサンタクロース✨🌑✨🏠

属性
兵種斧/重装
武器荘厳なる祝福の聖斧(専用)
奥義黒の月光(専用)
A遠反・飛燕の構え
B奥義隊形4
C盾の護り手・遠間3

2022年12月の超英雄でまさかの実装。5年ぶりの登場でガチャ及び超英雄も初登場。Twitterのシークレットで既に存在感を表していた。しかもエタルドを手放して斧を持っての参加。


通常版とステータスを比べると攻撃速さが上がり、苦手の魔防が大幅上昇して改善するが得意のHPは下がってしまった。


専用武器はキラー武器効果と自分のHPが25%以上の時は戦闘中、全ステータス+5かつ攻撃時に発動する奥義を装備していると戦闘開始時の敵のHP割合に応じて様々な効果が発動。

・20%以上は最初に受けるダメージを40%軽減

・40%以上は敵の攻撃速さが敵の攻撃25%-8だけ減少

・60%以上は見切り追撃効果

HPが多めに残っていれば有利な戦闘が行える。エタルドを持っていないが遠反・飛燕の構えでエタルドを意識して成立させている。


奥義隊形のグレードアップ版が登場。隊形系スキルとしては初めて。

効果はそのままだがHP条件が40%に緩くなり、追加効果には戦闘中、【回復不可】を50%無効かつ奥義による攻撃でダメージを与えた時、与えたダメージ30%分HPが回復と不治の幻煙対策に従来の効果を維持しやすくなっている。


重装特攻の弱点も同じだが基本HPが多い相手じゃないとあまり強くない。奥義カウント変動量を無効化する効果も弱いので倒し切れなかった敵は味方に任せよう。


余談だが、2022年12月17日~12月23日の一週間、『ファイアーエムブレムヒーローズ』公式Twitterのツイートを担当した。「#漆黒のつぶやき」にてその様子が確認できる。

最終日は「この券を使われよ。」と初回無料召喚チケットを9枚配布した後、フェーと交代した。


スマブラ

大乱闘スマッシュブラザーズXではフィギュアで登場。

蒼炎での対漆黒の騎士BGM「Against Dark Kight」が収録されている。

また、ステージ「攻城戦」の背景にも登場している。


スマブラforではMiiファイターの剣士コスチュームとして登場している。


大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALではコスチュームが引き続き登場している他アシストフィギュアとして参戦。

動きはゆっくりだが、近くにいる相手をエタルドで吹っ飛ばす。

狙った相手が遠くにいると、転移の粉(及びしっこくハウス)の再現か、対象の眼前にワープして攻撃してくることがある。(自分が呼び出すならともかく)スマブラでも物理的に精神的にトラウマを植え付けてくる


関連タグ

ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡 暁の女神 FE

アイク グレイル ミカヤ ゼルギウス


しっこくハウス しっこくの森 身の程をわきまえよ

関連記事

親記事

蒼炎の軌跡 そうえんのきせき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 979092

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました