ピクシブ百科事典

ミカヤ

みかや

ゲーム「ファイアーエムブレム暁の女神」の主人公の一人。英字表記は Micaiah.
目次[非表示]

魔法少女リリカルなのはVividの登場人物はミカヤ・シェベルを参照


CV:桑谷夏子(暁/ヒーローズ)
クラス:光魔道士(ライトマージ)→光の賢者(ライトセイジ)→巫女(シャーマン)

概説

ファイアーエムブレム暁の女神の主人公の一人の少女
第1部ではすべて章の部隊リーダー、第3部、第4部では一部の章の部隊リーダーを務める。
輝く銀色の髪が特徴の少女。光魔法を操る魔道士
祖国デイン王国で、義賊集団「暁の団」の要「銀の髪の乙女」として、ベグニオン帝国の支配に抵抗する。
元は占い師をしながら闇に紛れるようにして生きてきた。
人の心を読む、間近に迫る危機や災害の予見、傷を自らに移して癒す「癒しの手」など、不思議な能力を多く持つ。

人間関係

緑風サザの義理ので常に彼と行動を共にする。不思議な小鳥ユンヌになつかれている。暁の団を、その能力を持って導いてきた。
サザとは、最初から支援がAとなっており、支援Aのままクリアするとペアエンドがある。

この他、とある人物らとは特別な関係がある。

正体

見た目は普通のベオクだが、実はラグズの血を引きその特性が一部発現した「印付き」。上で少女と言っているが、実際は10代半ばぐらいに見える見た目通りの年ではない。はっきりした年齢は重大なネタバレ(人間関係参照)になることもあって、公式では「秘密」とされている(設定は存在するらしいが)。しかしその終盤にわかる出自から、少なくとも21歳のアイクより年上の23歳以上であることは確実である。

ユニット性能

クラスは光魔道士(ライトマージ)→光の賢者(ライトセージ)→巫女(シャーマン)。全てイベントでの強制クラスチェンジとなる。
装備武器は光魔法魔道書)、光の賢者からも加わる。専用武器は光魔法のセイニー。属性は闇。
初期スキルとして、固有スキルの癒しの手(状態異常を回復し、相手のダメージを自分に移せる)をもっており、序盤からを使わずに回復ができる。
魔力・魔防は、成長率・パラメータ上限ともに高く、回復系ユニットとしては優秀なのだが、HP・速さ・守備は低く、前線に出すのは危険である。
専用武器セイニーは騎士鎧兵に特効があり、それらに攻撃をするというのが主な役割になるだろう。
元々光魔法は攻撃が低く、ミカヤは速さもない(稀に伸びる場合もあるが)ので、終盤は攻撃はせずに回復役に徹しても良い。

余談

パッケージ等の事前情報部分ではこれ以上なく主人公として扱われているキャラクターなのだが、サザと並んで「主人公(笑)」の烙印を押されることが多い。

サザとは違い、終始ストーリー上のキーパーソンとなっているキャラクターではあるのだが、彼女が「主人公」になるのは実質暁の女神の第1部の間のみであり、第2部ではエリンシアが、第3部では前作の主人公であるアイクが主な主人公である。

しかも第4部に入るまではアイク達とミカヤ達は事実上の対立関係にあるのだが
普通にミカヤ達を育てた場合アイク達に勝つのは容易ではない
少なくとも、最上級職のメンバーが一人はいないとまず勝負にもならない。

そしてそんな力関係は第4部でアイク達とミカヤ達が和解・共闘した後も変わることはなく
最終的には主人公がアイク、ヒロインがミカヤとでもいうべきポジションになってしまい、主人公らしい活躍は完全にアイクに持って行かれてしまう。

前述の性能面から最終的に回復役に収まりやすいことも主人公(笑)とされ易い所以である。
この点ではサザとも近いと言える。

アイクの際立った強さや人気の影響で影が薄くなっているが、ミカヤ自身のシリーズ内での人気は高いほうでファイアーエムブレム0ではサイン入りのカードで販売され、ヒーローズの英雄総選挙では第1回は蒼炎暁の女性キャラでは最上位の9位、第2回は女性8位、第3回は見事女性1位となり総選挙特別バージョンの実装が決定している。

ヒーローズ

銀の髪の乙女 ミカヤ

2018年1月から登場。

属性
兵種青魔/歩行
武器セイニー(騎馬/重装特効)(専用)
補助癒しの手(専用)
A遠距離防御3
Bキャンセル3
C攻撃の大紋章2

原作同様、騎馬と重装のダブル特攻となるセイニーを持っている。攻撃と魔防がかなり高く、遠距離防御も所持しているため、遠距離攻撃にはかなり強い。『キャンセル3』も所持しているため、敵の奥義カウントを遅らせる事も出来る。
またセイニーの追加効果に敵が騎馬・重装でかつ弓・暗器・魔法・杖だと最初に受けた攻撃を30%軽減することができる。

癒しの手は相互援助と違いこちらのHPを分け与え、味方の弱化を強化に変える、献身と一喝の両方を兼ね備えた効果を持ち、また味方の攻撃を上げる『攻撃の大紋章2』でサポートも出来るユニットである。

しかし、デューテ同様に守備と体力はとても低いため、近接武器の攻撃には注意が必要。
ミニキャラにも肩にユンヌが乗っており、時折羽をパタパタ動かしている。またイラストごとにミカヤだけでなくユンヌも多彩な表情を見せている。

しかし、性能と相性としてはアイクに勝てているのだがここからが違う問題となる。ここでも主人公(笑)に近い烙印を押される扱いに。それは実装の時期である。
3月には暁枠として先にサナキが実装。5月にはアイク(蒼炎)が実装。その9月にはエリンシアが実装。主人公ポジションじゃないサナキが先に暁枠で実装されるなど色々モヤモヤする点はあった。そして2018年1月でやっと実装されたのだが配信からほぼ一年が経過している。
アイクとエリンシアに関してはあくまで前作の蒼炎の軌跡から出ているため、年代的には仕方ない点ではあるが暁枠でサナキに先を越されてしまう事に。そのせいか「実装が遅い」や「早く実装して欲しかった」と不満の声も出ていた。もっともサナキは参戦はしないとはいえ蒼炎の時点で登場はしており(中盤だけだがメインシナリオにも密接に関わっている)、その存在こそサザの台詞で示唆されているけれど本格的な登場は暁になってからのミカヤでは、優先度がちがっていたのかもしれない。

夏色の乙女 ミカヤ

FEまとめ4



属性
兵種赤魔/歩行
武器暁天の神楽鈴(騎馬/重装特効)(専用)
補助踊る
A攻撃魔防の絆3
B業火静水の舞い2
C魔防の謀策3

2018年8月から登場。夏祭りの超英雄として、ifの白夜王国の浴衣に身を包んでいる。

盆踊りのイメージなのか補助が「踊る」になっている。ステータスに関しては全体的に低く設定されているが、速さが低い分攻撃は通常版よりも高くなっており、闘技場や飛空城などで人気の高いスルトにも強く出ることができる。武器は専用で通常版と同様に騎馬重装特効がついており、効果は不動の姿勢。

暁の女王 ミカヤ

ファイアーエムブレム ヒーローズ / 暁の女王 ミカヤ


属性
兵種緑魔/飛行
武器暁の光(重装/騎馬特効)(専用)
補助癒しの手(専用)
A攻撃魔防の絆4
Bユンヌの囁き(専用)
C先導の伝令・地3

2019年総選挙バージョン。巫女(シャーマン)の衣装で「暁」本編後、デインの王位を継ぐ儀式をイメージしており、なんと飛行となった。兵種はユンヌと同じ。
通常版と浴衣版のステータスを比べると攻撃と魔防が上がっている。

武器「暁の光」はやっぱり重装/騎馬特効がついているが敵の受けているデバフの値だけ各ステータスが上昇と「サイゾウの爆炎針」の特殊錬成と同じスキルになっている
専用スキル「ユンヌの囁き」はターン開始時に敵同士が隣接していて尚かつ魔防が自分より3以上低いと敵の攻撃と速さ-6と自身でデバフを撒ける事が出来る。攻撃魔防の絆4で味方と隣接していれば攻撃魔防+7かつ攻撃魔防の弱化を無効にするなど魔防の対策はバッチリ。
機動力は上昇したが今までのミカヤとは違い、反撃出来ない近接武器はもちろんだが、飛行特攻の弱点が増えている。スキルも複雑で使いにくくなっている。


銀の姉と緑の弟 ミカヤ

属性
兵種魔法/飛行
武器幸せの誓約(重装/騎馬特効)(専用)
補助癒しの手(専用)
A攻撃魔防の渾身4
B生命の護符3
C攻撃魔防の信義3


2020年5月に登場した花嫁姿で約二年ぶりの超英雄。サザとのペアの比翼英雄として登場。ブラミモンドに続いて二人目の無属性魔法となった。
総選挙版と比べると攻撃は上がったが苦手の速さが大幅低下で実装されてるミカヤの中で鈍足。
幸せの誓約は攻撃3と今までと同じ重装/騎馬特効で移動+1やバフ効果。敵弱化ダメージを受けていると自分の攻撃魔防+6かつ自分で攻撃していると敵の追撃を封じる。今までのミカヤより魔法での耐久値がかなり高く渾身4も生命の護符でカバーし、耐久面も維持
比翼スキルは自分と縦3列の味方に「敵弱化ダメージ+」の状態を付与し、縦3列の敵の守備と魔防を-7させる。弱化ダメージは「ダメージ+敵が受けているデバフの合計値」を示している
ただ超鈍足かつ物理には紙耐久なので追撃はほぼ確定で弓などの飛行特攻や物理には一発で倒される

関連イラスト

諸刃
ファイアーエムブレム ヒーローズ / 暁の女王 ミカヤ
上級職「光の賢者<ライトセージ>」最上級職「巫女<シャーマン>」


関連タグ

ファイアーエムブレム 暁の女神
暁の巫女 暁の団
サザ サナキ ペレアス エルラン オルティナ

銀髪 黒タイツ 

カップリング関連タグ

サザミカ アイミカ ジェルミカ
ペレミカ ゼルミカ

関連記事

親記事

暁の団 あかつきのだん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミカヤ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5973535

コメント