ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:佐久間紅美

概要

【暁の女神】・アスタテューヌから分かたれた負の女神で、正の女神アスタルテとは一対の存在。800年ほど前の騒乱でエルランのメダリオンに封じられていた。メダリオンは鷺の民のセリノス王国に保管されていたが、紆余曲折を経てアイクとミストの母エルナの手に渡り、後にミストに受け継がれた。

自らを混沌・自由・変化・未来・謎と表現する。妖艶な女性のアスタルテとは対照的に幼い少女の姿をしている。
伝承では「邪神」とされていたが、これはデギンハンザーがアスタルテとの約束を守るため、血の気の多い他のラグズ王の動きを抑えることを見越して偽ったため。本人は「邪神」と呼ばれることは嫌っている。
アイクサザミカヤを最上級職へとCCさせる。
劇中ではミカヤの解放の呪歌で目覚めたが、そのままでは会話もままならないことからミカヤの体を借りて会話する。
目覚める以前も、意識の一部を鳥に憑依させてミカヤに啓示を与えていた。

復活したアスタルテが裁きを下すと、アスタルテの石化を逃れた者たちを集め、導きの塔を目指す。そしてアスタルテとは最終的に対峙、アイクに自らのもてるすべての力を与え、これを打ち倒させる。その後は存在が薄れ行く中、残る力を振り絞って人々の石化を解いて消えていった。

暁本編後から約400年後=分裂から1200年後にアスタルテと再度合一し、アスタテューヌとして復活した。

ヒーローズ

目覚めし負の女神 ユンヌ(神階英雄)

属性
武器種別魔法
タイプ飛行
武器負の力(専用)
奥義氷華
A攻撃魔防の絆3
B魔防の混乱3
C我が名は混沌(専用)


2019年3月から闇の神階英雄として登場。ミカヤに憑依した姿ではなく、本来の姿で登場。飛行扱いとなっている。
負の力で敵が不利な状態変化を受けているとき、戦闘中攻撃+6かつ絶対追撃とフリーズに少し似た構成となっている。魔防の高さを生かしたスキル構成が特徴で、専用Cスキル「我が名は渾沌」でターン開始時、自分を中心とした縦3列以内にいる自分より魔防が3以上低い敵の攻撃/速さ/守備/魔防(攻撃は-15扱い)のうち最も高いステータスを-5にして自分を中心とした縦3列に、Bスキルで敵同士で隣接した敵に魔防の相対条件でデバフをかけてサポートする。またデバフがかかっている敵には攻撃+6で絶対追撃できるため、中途半端な速さは問題になりにくい。
いかにも遠距離タイプといったステータスだが守備がかなり低く反撃と近接武器には弱い。速さも中途半端であるため追撃されやすい。近接武器は反撃出来ず、属性の有利不利問わずに倒される可能性もある。杖のユニットで異常状態を回復するレスト持ちにも警戒したい。飛行扱いで弓に弱い点に注意。

関連タグ

アスタルテ セフェラン エルラン ミカヤ アイク ミスト

関連記事

親記事

暁の女神 あかつきのめがみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ユンヌ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 287046

コメント