ピクシブ百科事典

主人公(笑)

しゅじんこうかっこわらい

主人公(笑)とは主人公にも拘らず、それに見合った活躍ができないキャラクターのこと。不遇なキャラではあるが、(一部ファンから)愛される場合も多く、後の作品で汚名返上する事もある。
目次[非表示]

概要

公式に主人公という設定ながら、目立った活躍が見当たらない、脇役に人気が食われている等、悲惨な扱いを受けている主人公キャラに対してつけられるネタタグ。

由来

元々はカプコンの対戦格闘ゲーム『ストリートファイターⅢ』の主人公・アレックスを指す言葉であった。
アレックスはカプコン側による世代交代及び格闘ゲームとしての意識変化を考慮した結果生み出されたキャラクターと思われ、『ストⅢ』の主人公という立ち位置を担うことになった。
……が、

  • 飛び道具がない」
  • 「『1st』では最大の体格半裸
  • コマンド投げを2つ持つ上に、どのスーパーアーツも投げの要素を持つ」
  • 「キャラランクが下位でリュウよりも下」
と、一見するとどう見ても投げキャラに見えるという主人公らしからぬキャラ付けでありながら、性能はオールラウンダーであるため尖った部分がなく地味という如何ともしがたい性能であった。

さらに、初期カーソル位置を前作主人公のリュウに取られたり、『3rd』のエンディングでそのリュウにパーフェクト負けしたりと、前作主人公にことごとく負けているという点などがあまりにも重なりに重なった結果、「こいつ、明らかに主人公じゃない」と思われてしまい「主人公(笑)」と呼称されるようになった。

これが転じて、「名目上主人公でありながら主人公たる特性が欠如しているキャラ」を指して、主人公(笑)と言う呼び方が生まれた。

主人公(笑)に陥りやすいパターン

「公式で主人公として設定されていること」が前提になる。
主人公っぽくても、公式に主人公として設定されていない場合は(笑)とはならない。
その上でこれらの要素を一つないし複数合わせ持つ事により、主人公(笑)は誕生すると思われる。

  • 【一般的な主人公のイメージから外れている】
主人公なのに負けっぱなし・折れっぱなし・信用できない・物語に関わる理由が薄い、あるいは非道・外道、単純に出番が少ないなど主人公らしい活躍を見せないキャラ。
また、途中までは主人公に相応しい活躍や信念を見せていたが、作品の末期には見る影もなく劣化してしまったケースもある。しかし、非道振りに磨きがかかり畏怖の対象にまでなると主人公(ラスボス)に変化する事がある。

  • 【前主人公の存在が大きすぎる】
長編シリーズ物にありがちな、主人公(笑)という言葉が生まれるきっかけともいえるパターン。
新章や続編などにおいて、キャラクターを一新し、新たな主人公の元で仕切りなおそうとするも、前作主人公に食われてしまうケース。
同じ主人公で長く続けている作品や、ましてやその前主人公がその作品どころかそのジャンルを代表するキャラだったりすればするほど、世代交代に失敗しやすい。
もっとも、シリーズを続けると言う事は関連作品の威光を借りる事になるので、歴代の主人公との比較は逃れられない運命とも言える。その逆境を跳ね返すほどの個性が新主人公には求められるのだ。

  • 【濃すぎる脇役が居た】
主人公自身に問題は無いのだが、濃すぎる脇役に食われているケース。
その濃すぎる脇役でも「本来主人公が担うべき役割」が務まってしまう為、主人公の影が薄くなってしまうのだ。主に登場キャラが多い作品、バトルがメインの作品に多い。
運が悪いと、続編やメディア展開した際に濃すぎる脇役を主人公に据えたスピンオフだったはずの作品がシリーズの中心となっていってしまうこともあり、主人公から降格という仕打ちを受ける場合も…。
もっとも濃すぎる脇役に食われるのも昔の話であり、時代の流れによっては今後の作品で逆に主人公に個性が付く形でアレンジされ、汚名返上する事もある。

  • 【主人公としては性能が微妙】
格闘ゲームではダイアグラム下位争いを演じたり、シミュレーションRPGではパラメーター成長率が悪かったり器用貧乏で主戦力どころかベンチウォーマーがお似合いだったり、というパターン。
プレイヤーの腕や育成次第でなんとかなるケースも多いが、そもそも「腕や育成でなんとかしなくてはならない」時点で主人公っぽくない。

  • 【ラスボスを倒してもEDではあんまりな結末を迎える】
悲惨な結末ではなく、旧主人公と戦ってボロ負けなどの醜態を晒してしまうというパターン。
選択の結果存在が消去されたり、1対無量大数といった勝ち目の見えない戦いに赴くなどで本当に悲惨な結末を迎える笑えないのもいる。

  • 【主人公なのに続編やお祭り作品に出られない】
続編はいわずもがな、各作品の主人公が集結するお祭り作品で出れないのは、主人公であると認められていないようなもの。
もっとも、お祭り作品の場合は主人公キャラは性能が被りやすく、キャラの多様性の為にやむなく犠牲になっている場合もある為、お祭り作品に出てないだけで(笑)扱いは早計。さらなる続編で復活できるケースもあるし。…ただし、そもそもの続編制作が頓挫する場合もあるため消費者が支持する必要がある。

  • 【主人公をクビにされた】
ファンから主人公扱いされない、もしくは作り手が主人公として設定してみたはいいものの、思ったより魅力に乏しかったため、主人公の座を降ろしてしまったパターン。
アニメとゲームの設定が異なってたるため外したというケースもあるが、濃すぎる脇役の存在が災いしてクビ……なんてケースもある。

  • 【群像劇における中立的(一般人的)立場としての「主人公」】
物語は彼らを中心に常に進行するものの、観客を物語世界を招くための案内人的な役割を担うことからアクの強いキャラクターたちの中で「変な人の中に放り込まれた一般人」という、さらに特徴のないキャラクター設定を与えられるため、印象が薄くなる。
また、エピソードの主役格まで別のキャラクターに移行すると一切の出番が消滅してしまう事もよくある。

製作者が「少年漫画の主人公といえば熱血漢」「ヒーロー=正義の味方」「王道ストーリーはヘタレの主人公がイケメンのライバルを超えるもの」「有名作品の有名主人公に似せておけば受ける」などの安易な考えで作っている為、「主義・主張が見えてこない」「戦いに発展させる必要がない状況でいきなり戦いを始める」「見た目が格好悪い」を押さえたキャラになっている。【濃すぎる脇役が居た】に似ているが、こちらはダサピンク現象の男版である。

  • 【偽主人公】
物語の始めは主人公のような立ち位置と振る舞いを見せていたが、実際は序盤で退場するキャラだったというパターン。展開としては斬新だが、該当作品は少なく、それまでのファンが一気に離れて即打ち切りになってしまう事も非常に多い。

  • 【製作者の意図】
日常系漫画などでは「主人公の影が薄いと人気が出る」という妙なジンクスがあり、
編集者や漫画家自らがそれに乗っかってたり、またそれをネタにしている場合もある。
この場合は「不遇な主人公」というキャラ設定としての主人公としての役割を担っていると言える為、厳密には(笑)には該当しない。どちらかというとツンデレ等の記号に近い。

ただし、影の薄さ、役立たずさが度を越していて、自分より容姿も性格も能力も信頼性も優れた脇役を差し置いて安全な位置にいる、すべてのステータスがモブ並なのに主人公の位置に定住している(後のほうで巻き返し、ギャップ萌え展開を見せる様子もない)、世界を映すカメラマン役を担っていて、「ルサンチマン的な視点を提供してしまう」「全く共感できない独白を始めたりする」などの特徴を持っていると、(笑)では済まされなくなり、読者は泣いたり怒ったりして帰ってしまう。

・・・などなど。

主人公のタイプ・役割と主人公(笑)の関係。

【物語の主体となり物語を引っ張っていく】
スポーツ漫画やヒーローモノや恋愛漫画(非ハーレム)の主人公に多い、主人公自らが動いて物語を動かしていくタイプ。
よっぽどの事がない限り(笑)扱いはされない。

【視点を提供する】
ラノベやノベルゲーの主人公に多い、読者(プレイヤー)の視点を肩代わりするタイプ。巻き込まれ型主人公もここに含まれる。
物語に対して受動的で、物語を引っ張るのは「ヒロイン」といった別のキャラである場合が多い。視点を提供している時点で出番が多いため、基本的に(笑)扱いはされにくい。

【群像劇の主人公】
複数の視点、複数の主人公が存在するケースにおいて、その中心となる人物、あるいは最も読者や視聴者が共感しやすい「普通」という視点を提供すタイプ。
この場合、出番が他の主人公に喰われる事も多く(笑)扱いされやすい。

【物語を締める】
長期連載のバトル漫画に極めて多い、ラスボスを倒し物語を締めるタイプ。
序盤〜中盤は何かしらの理由で出番が少なく、その分サブキャラは活躍の機会を与えられつつも噛ませになることで敵の強さをアピールし、最後の最後に立ちはだかった大敵を打ち倒す事で、物語を締めつつ存分に存在感を発揮する主人公。
ただしこちらも、序盤〜中盤の間は出番が少なく(笑)扱いされやすい。

【作品のテーマを体現する】
作品のテーマを視点において見た時、間違いなく主人公と言える役割を担っているタイプ。
この場合作品のテーマを理解していない人にのみ(笑)扱いされてしまう場合が多い。

代表例

メイン画像左側の人は、「主人公(笑)」の基準に該当していないため、ここでは記載しない。
 また、扱いが大幅に改善された結果、「主人公(笑)」の座を返上したキャラ(逆転裁判シリーズの王泥喜法介など。日本一ソフトウェア作品のアサギもある意味このタイプ)についても記載しない。

アレックス


メイン画像中央の人。前述もしたが、主人公(笑)の起源である。
初期カーソル位置を『2nd』までリュウケンに取られていた上に、『3rd』のエンディングでリュウにパーフェクト負けをとられるという醜態を晒してしまった。
『Ⅳ』シリーズでは『Ⅲ』のキャラが多数参戦しているにもかかわらず、彼は登場していない。
この件についてプロデューサーの小野氏直々に「主人公なのに、出して欲しいという話を全く聞かなくて。やっぱりなと思いました(笑)」といわれてしまった。
※フォロー
タツノコ VS. CAPCOM』ではリュウが無印、春麗が『』代表として出たためか、『Ⅲ』の代表として出演できた。
その後、シリーズ最新作の『』で遂に本編復活を果たす。
公式を含めて良く勘違いされるが、本来は投げキャラではない

ファイターズヒストリー


メイン画像右側の人。格ゲーにおける本当の意味での元祖主人公(笑)
作品自体がマイナーで、出処の会社であるデータイーストにしては普通過ぎるキャラな上、日本人でインパクトの強すぎる溝口誠が目玉となってしまい、「主人公は溝口」と勘違いしながらプレイする人が続出した。
性能面でも同じ強キャラのザジィ・ムハバに対して不利な為、ガチのプレイヤーすら敬遠されがち。
そしてダイナマイトのコミカライズ版やSFC版『溝口危機一髪!』で溝口に主人公の座を奪われてしまい(後者ではまさかのリストラ)、お祭り作品の出演においてもあちらに持っていかれる事になった。
※フォロー
ラスボスのカルノフとは唯一お互いの実力を認め合ったりとちゃんと主人公らしく見せている他、公式ビデオでの解説もこなしている。
そもそもデータイーストは本来スマッシュヒットを狙い真面目に作っていたらしく、個性が強すぎると主人公らしさが無くなる為、普通過ぎた性格もこの為だった説もある。

かつては英雄だった囚人


彼を一言で表すなら地味である。
他にプレイヤーキャラとして選べるハガーガイの方が強烈な個性を持っていたため、タンクトップ姿の一般青年という姿は当時子供受けせず、ガイを主役にした作品「ファイナルファイト ガイ」から出演が減らされ、続編からも外された。
ストリートファイターZERO』での出演もガイに先越されてしまい、『ZERO3』でようやく参戦するが、必死こいて救出した彼女のジェシカには捨てられ、自暴自棄になり喧嘩を吹っかけて回った結果逮捕され、長期間投獄されていた。本編では脱獄して喧嘩を吹っかけて回るというどうしようもないクズと化しており、コスチュームが囚人服という、主人公(ヒーロー)にあるまじき酷い扱いを受けている。
ちなみにこの作品以降の彼の技は、落ちている石をぶつけたり、鉄パイプで殴る等の卑怯じみた攻撃手段が含まれているが、これらはファイナルファイト時にも使えたシステムを意識したものである。ただ、あまりの仕打ちに自暴自棄になってる様にも見える
※フォロー
もともと地味だった彼に、「無気力なアンチヒーロー」という個性が与えられたことによって、ようやく汚名を払拭された事は事実であり、上記の囚人服が反響を呼んだのか『Ⅳ』や『ストリートファイター X 鉄拳』にも参戦した。
さらに『』では性格こそ変わらないものの、新市長として社会復帰を果たしている

デミトリ・マキシモフ


ヴァンパイアは発売当時から雑誌の企画の主役などはモリガンフェリシアに取られている場合が多く、お祭り系作品においてもよくモリガンにヴァンパイア枠を持っていかれる。
さらに彼を代表する必殺技「ミッドナイトブリス」(相手を女体化させる)のインパクトが強すぎるため、主人公ではなくネタキャラと思われる事も多い。
自社内ならともかく、タツノコMARVEL等のコラボではキャライメージを覆す女体化技を持つ彼は出しにくいのだろう。MVC3のプロデューサー新妻氏もデミトリに関しては「あの技が問題ですかね(笑)」とツイッターで語っている。
※フォロー
クロスエッジでは悪役としての登場だが、(ブリスを除いて)ネタに走る事もなく絶大な存在感を示し、ミッドナイトブリスも他社キャラや雑魚キャラ全員に女体化演出が用意されるという好待遇。
また、ナムコバンナム)から発売されたクロスオーバーSRPG3作にも参戦している。
良くも悪くも彼を代表するミッドナイトブリスがコラボ格ゲーに出しにくい原因と言えるのかもしれない。

実は小説やOVAなどで主役を務めた回数が一番多いのだが、初期カーソル位置が2P側な上、前作のデミトリと同じく、このシリーズはずっとモリガンとフェリシア、レイレイに人気が集中しているため、ドノヴァンが主人公であるという認知度も低い。一方、お供として登場する娘のアニタの方は人気がある。
さらに彼はエンディングであまりにも救われなさ過ぎる結末を迎えてしまう。このためか、『セイヴァー』では家庭用のみの参戦に留まってしまった。
デミトリとは違い、お祭り系作品での登場も少ない。

シオン


メルブラの主人公……とかつて公式からアナウンスされていたのだが、メルブラ自体が月姫の外伝的作品であり、その月姫の主人公である遠野志貴やヒロイン達に埋もれてしまっている。
初代のストーリーモードにでは、よりにもよって初戦が「志貴(プレイヤー)vsシオン(CPU)」だったりする上に、志貴はほとんどの場面で操作可能なのに対し、シオンが使えるのは約半数。
あろうことか、現在の公式では「主人公は志貴」として扱われてしまっている。
また、濃すぎる脇役が次々に追加されていった結果、ますます印象が薄くなり、カーニバル・ファンタズムでは影が薄いのを「忘れてた。…最初から」とネタにされている。
※フォロー
あくまでメルブラを含めた月姫シリーズ一連の主人公が志貴であって、シオンはヒロインの一人として見ることも出来る。
カーニバル・ファンタズムの件も、ストーリー上は影が薄いというより志貴と衛宮士郎の不手際として描かれている。

初期作品ではちゃんと主人公していたのだが、当時からスコーピオンサブゼロと言う2人の忍者があまりにも人気になってしまい、看板キャラの座をこの2人に奪われてしまう。
『Deadly Alliance』ではOPで敵に首を折られ死亡し、不参戦
同作を境に主人公として扱われることがなくなり、『Deception』ではゾンビとして復活するものの、コンクエストモードの主人公として「シュジンコウ」と言う名のキャラクターまで作られる始末。さらに初期カーソルも例の忍者2人で固定されるようになる。
設定がリセットされた2011年版でも、シリーズを通しての真の主人公とも言える「ライデン」とすれ違いをしてしまったあげく、彼に殺されてしまう。その続編の『X』ではまたしてもゾンビになってしまい、その上彼を操作するパートは存在しない
※フォロー
ゲームとしては扱いやすいキャラである事が多く、主人公らしくバランスよく使うことが出来る。
また、アクションゲームの『Shaolin Monks』ではしっかり主人公として活躍している。

なぜ実装しなかったのか


前作『封印の剣』でロイの父親として登場し、病人でありながら高性能でしかも最後まで生存していたが、その10年前である同作には複数の主人公がおり、しかも傾向がスピード型・バランス型・パワー型となっていたのが運の尽き。
彼はその中で中盤・後半のバランス型を担当しており平均的なパラメータ・成長率を持つのだが、「成長率=パラメーターがランダムで1上がる確率」であるこのゲームではヘタレやすいキャラクター。
おまけにラスボス戦で攻撃すればラスボスに2回攻撃されることもある。
あまりにも悲惨すぎてエリなんとかと呼ばれることも。
※フォロー
金田栄路氏の小説版ではちゃんと主人公らしく活躍している。
また、任天堂の公式スマホゲーム『ファイアーエムブレムヒーローズ』では、リンやヘクトル達と共に配信開始時から登場している。

ミカヤ


作品のパッケージ(しかもほぼセンター)を飾っておきながらも、前作『蒼炎の軌跡』の主人公であるアイクと対立(しかも余程強く育てない限りほぼ確実に負ける)、そしてアイクに実質的な立場を取られてしまうという不運極まりないキャラクター。あろうことかラスボスを倒せるのもアイクだけ
正確に言えば、彼女は第一部の主人公と言った方が正しい(第二部はエリンシア、第三部以降はアイク)。ただし、最も長いのはよりにもよって第三部
ストーリーの役目上としては間違いなく脇に置いておけるキャラではなく、メインヒロインとして見ると至極まっとうな立ち位置かと思われるのだが、
そうなったらそうなったでアイクの鈍さとセネリオの存在のせいでメインヒロイン(笑)と呼ばれかねない気もする。
『ヒーローズ』でもアイク、続いてエリンシアが実装され、ミカヤは遅れてようやく実装された。

公式に「ゲームで中心となる主人公」と表記されている。
…のだが、この手のゲームは基本遠距離職>近接職である為、弱キャラに分類される
特にとあるダンジョンで罠に引っ掛かり易い(ウワァビービービー)過去の所為や一人のGMに対して罵詈雑言を浴びせた所為で種厨の如く全員悪として見なされ、さらには装備品も安くなったことで引いたら物凄く嫌がられたり、「安いのは主人公補正」「主人公価格」などと呼ばれる(全員主人公的なゲームなのに、他のキャラはそんな事は言われない)。
そう言われる割に主人公扱いされないこともよくある。
定番のなんとか呼びとしてエルなんとかさん、エなんとかさん、エさんなど多数のバリエーションがあり、更にそれが名称のAAまで。
おまけに顔の汎用性が高く、色んなAAの顔差し替えverが存在する。他キャラがフルネームでも一人だけエとかそんな表記も日常茶飯事。
|´・ω・` >「そんな~」 ←最近はこの顔文字で呼ぶ始末。
彼の武器はグレートソード(両手大剣)なのだが、どういうわけかリーチがやたら短く、短小などと言われる。 また最近剣の道というゲージが追加されたが、それの所為で一部スキルを使いまくって暴れる地雷連中が激増した所為で余計嫌われた。
ネトゲとはいえ、流石にここまで扱いの悪い主人公(笑)もそうそういないのではないだろうか。やはり中の人効果なのか。

関連タグ

主人公 ヒーロー(笑) ライバル(笑)
メインヒロイン(笑) ヒロイン(笑) ラスボス(笑)
いらない子 空気

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「主人公(笑)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1007402

コメント