ピクシブ百科事典

主人公(笑)

しゅじんこうかっこわらい

主人公(笑)とは主人公にも関わらず、それに見合った活躍ができないキャラクターのこと。不遇なキャラではあるが、(一部ファンから)愛される場合も多く、後の作品で汚名返上する事もある。
目次[非表示]

概要

公式に主人公という設定ながら、目立った活躍が見当たらない、脇役に人気が食われている等、悲惨な扱いを受けている主人公キャラに対してつけられるネタタグ。

由来

元々はカプコンの対戦格闘ゲーム『ストリートファイターIII』の主人公・アレックスを指す言葉であった。
アレックスはカプコン側による世代交代及び格闘ゲームとしての意識変化を考慮した結果生み出されたキャラクターと思われ、『ストIII』の主人公という立ち位置を担うことになった。
だが、主人公なのに…

と、一見するとどう見ても投げキャラに見えるという主人公らしからぬキャラ付けでありながら、性能はオールラウンダーであるため尖った部分がなく地味という如何ともしがたい性能であった。

さらに、初期カーソル位置を前作主人公のリュウに取られたり、3rdのエンディングでそのリュウにパーフェクト負けしたりと、前作主人公にことごとく負けているという点などがあまりにも重なりに重なった結果、「こいつ、明らかに主人公じゃない」と思われてしまい「主人公(笑)」と呼称されるようになった。

これが転じて、「名目上主人公でありながら主人公たる特性が欠如しているキャラ」を指して、主人公(笑)と言う呼び方が生まれた。

主人公(笑)に陥りやすいパターン

「公式で主人公として設定されていること」が前提になる。
主人公っぽくても、公式に主人公として設定されていない場合は(笑)とはならない。
その上でこれらの要素を一つないし複数合わせ持つ事により、主人公(笑)は誕生すると思われる。

  • 【一般的な主人公のイメージから外れている】
主人公なのに負けっぱなし・折れっぱなし・信用できない・物語に関わる理由が薄い、あるいは非道・外道、単純に出番が少ないなど主人公らしい活躍を見せないキャラ。
また、途中までは主人公に相応しい活躍や信念を見せていたが、作品の末期には見る影もなく劣化してしまったケースもある。しかし、非道振りに磨きがかかり畏怖の対象にまでなると主人公(ラスボス)に変化する事がある。

  • 【前主人公の存在が大きすぎる】
長編シリーズ物にありがちな、主人公(笑)という言葉が生まれるきっかけともいえるパターン。
新章や続編などにおいて、キャラクターを一新し、新たな主人公の元で仕切りなおそうとするも、前作主人公に食われてしまうケース。
同じ主人公で長く続けている作品や、ましてやその前主人公がその作品どころかそのジャンルを代表するキャラだったりすればするほど、世代交代に失敗しやすい。
もっとも、シリーズを続けると言う事は関連作品の威光を借りる事になるので、歴代の主人公との比較は逃れられない運命とも言える。その逆境を跳ね返すほどの個性が新主人公には求められるのだ。

  • 【濃すぎる脇役が居た】
主人公自身に問題は無いのだが、濃すぎる脇役に食われているケース。
その濃すぎる脇役でも「本来主人公が担うべき役割」が務まってしまう為、主人公の影が薄くなってしまうのだ。主に登場キャラが多い作品、バトルがメインの作品に多い。
運が悪いと、続編やメディア展開した際に濃すぎる脇役を主人公に据えたスピンオフだったはずの作品がシリーズの中心となっていってしまうこともあり、主人公から降格という仕打ちを受ける場合も…。
もっとも濃すぎる脇役に食われるのも昔の話であり、時代の流れによっては今後の作品で逆に主人公に個性が付く形でアレンジされ、汚名返上する事もある。

  • 【主人公としては性能が微妙】
格闘ゲームではダイアグラム下位争いを演じたり、シミュレーションRPGではパラメーター成長率が悪かったり器用貧乏で主戦力どころかベンチウォーマーがお似合いだったり、というパターン。
プレイヤーの腕や育成次第でなんとかなるケースも多いが、そもそも「腕や育成でなんとかしなくてはならない」時点で主人公っぽくない。

  • 【ラスボスを倒してもEDではあんまりな結末を迎える】
悲惨な結末ではなく、旧主人公と戦ってボロ負けなどの醜態を晒してしまうというパターン。
選択の結果存在が消去されたり、1対無量大数といった勝ち目の見えない戦いに赴くなどで本当に悲惨な結末を迎える笑えないのもいる。

  • 【主人公なのに続編やお祭り作品に出られない】
続編はいわずもがな、各作品の主人公が集結するお祭り作品で出れないのは、主人公であると認められていないようなもの。
もっとも、お祭り作品の場合は主人公キャラは性能が被りやすく、キャラの多様性の為にやむなく犠牲になっている場合もある為、お祭り作品に出てないだけで(笑)扱いは早計。さらなる続編で復活できるケースもあるし。…ただし、そもそもの続編制作が頓挫する場合もあるため消費者が支持する必要がある。

  • 【主人公をクビにされた】
ファンから主人公扱いされない、もしくは作り手が主人公として設定してみたはいいものの、思ったより魅力に乏しかったため、主人公の座を降ろしてしまったパターン。
アニメとゲームの設定が異なってたるため外したというケースもあるが、濃すぎる脇役の存在が災いしてクビ……なんてケースもある。

  • 【群像劇における中立的(一般人的)立場としての「主人公」】
物語は彼らを中心に常に進行するものの、観客を物語世界を招くための案内人的な役割を担うことからアクの強いキャラクターたちの中で「変な人の中に放り込まれた一般人」という、さらに特徴のないキャラクター設定を与えられるため、印象が薄くなる。
また、エピソードの主役格まで別のキャラクターに移行すると一切の出番が消滅してしまう事もよくある。

製作者が「少年漫画の主人公といえば熱血漢」「ヒーロー=正義の味方」「王道ストーリーはヘタレの主人公がイケメンのライバルを超えるもの」「有名作品の有名主人公に似せておけば受ける」などの安易な考えで作っている為、「主義・主張が見えてこない」「戦いに発展させる必要がない状況でいきなり戦いを始める」「見た目が格好悪い」を押さえたキャラになっている。【濃すぎる脇役が居た】に似ているが、こちらはダサピンク現象の男版である。

  • 【偽主人公】
物語の始めは主人公のような立ち位置と振る舞いを見せていたが、実際は序盤で退場するキャラだったというパターン。展開としては斬新だが、該当作品は少なく、それまでのファンが一気に離れて即打ち切りになってしまう事も非常に多い。

  • 【製作者の意図】
日常系漫画などでは「主人公の影が薄いと人気が出る」という妙なジンクスがあり、
編集者や漫画家自らがそれに乗っかってたり、またそれをネタにしている場合もある。
この場合は「不遇な主人公」というキャラ設定としての主人公としての役割を担っていると言える為、厳密には(笑)には該当しない。どちらかというとツンデレ等の記号に近い。

ただし、影の薄さ、役立たずさが度を越していて、自分より容姿も性格も能力も信頼性も優れた脇役を差し置いて安全な位置にいる、すべてのステータスがモブ並なのに主人公の位置に定住している(後のほうで巻き返し、ギャップ萌え展開を見せる様子もない)、世界を映すカメラマン役を担っていて、「ルサンチマン的な視点を提供してしまう」「全く共感できない独白を始めたりする」などの特徴を持っていると、(笑)では済まされなくなり、読者は泣いたり怒ったりして帰ってしまう。

・・・などなど。

主人公のタイプ・役割と主人公(笑)の関係。

【物語の主体となり物語を引っ張っていく】
スポーツ漫画やヒーローモノや恋愛漫画(非ハーレム)の主人公に多い、主人公自らが動いて物語を動かしていくタイプ。
よっぽどの事がない限り(笑)扱いはされない。

【視点を提供する】
ラノベやノベルゲーの主人公に多い、読者(プレイヤー)の視点を肩代わりするタイプ。巻き込まれ型主人公もここに含まれる。
物語に対して受動的で、物語を引っ張るのは「ヒロイン」といった別のキャラである場合が多い。視点を提供している時点で出番が多いため、基本的に(笑)扱いはされにくい。

【群像劇の主人公】
複数の視点、複数の主人公が存在するケースにおいて、その中心となる人物、あるいは最も読者や視聴者が共感しやすい「普通」という視点を提供すタイプ。
この場合、出番が他の主人公に喰われる事も多く(笑)扱いされやすい。

【物語を締める】
長期連載のバトル漫画に極めて多い、ラスボスを倒し物語を締めるタイプ。
序盤〜中盤は何かしらの理由で出番が少なく、その分サブキャラは活躍の機会を与えられつつも噛ませになることで敵の強さをアピールし、最後の最後に立ちはだかった大敵を打ち倒す事で、物語を締めつつ存分に存在感を発揮する主人公。
ただしこちらも、序盤〜中盤の間は出番が少なく(笑)扱いされやすい。

【作品のテーマを体現する】
作品のテーマを視点において見た時、間違いなく主人公と言える役割を担っているタイプ。
この場合作品のテーマを理解していない人にのみ(笑)扱いされてしまう場合が多い。

関連タグ

主人公 ヒーロー(笑) ライバル(笑)
メインヒロイン(笑) ヒロイン(笑) ラスボス(笑)
いらない子 空気

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「主人公(笑)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 999021

コメント