ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ミステリー作品において、犯人が探偵役を欺くトリックに対し、『作者が読者を欺くトリック』のこと。
具体的には小説の地の文等で読者に先入観を抱かせ、推理を間違うように誘導する手法を言う。
『地の文が男口調な人物が実は女』『同じ時系列に見える物語が実は別時系列』『物語の主人公に見える人物が実は…』などがある。

その手法上、絵でストーリーを見せる漫画やアニメでそのまま使用するのは難しいが、敢えて挑んだ『Another』のような例も存在する。
推理小説では『アクロイド殺し』『GOTH』、それ以外の小説やラノベでは『空の境界』『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』が有名。

映像媒体では

必ずしも作者が読者を欺くとは限らず、主人公もう一人の主人公、主人公と第三者、登場人物と読者の世界観記憶の合致ないしは食い違いを描く手法としても有効で、二人の人物の精神世界の差異が映像で説明されるケースもある。二つは別ものなのに、単語や文章が被っている、絵面や字面(解像度を下げた時の映像)が被っている、シルエットが被っている、狭い範囲の映像(1コマ)が被っている、その複合型などで、二人の片割れか、二人を傍観する第三者か、二人を傍観する読者が欺かれてしまう。映像で多いのは、説明文と物理的状況がどっちも提示されるパターンである。

二人の人物が同じ話を聞いている時に会話が噛み合っていない様子(片割れないしは状況を説明する作者のみが会話の食い違いに気付いている)、人物が台詞の意味を勘違いする様子が描かれることもあり、読者ではなく登場人物が叙述に翻弄されるパターンと言えよう。

作品そのものが序盤で簡単な台詞や物理的状況を用意して、展開が進むまでに読者の間で意見が割れるように仕向けることもある。

関連タグ

推理もの ミステリー トリック
メタ ミスリード どんでん返し
物理トリック 心理トリック 倒叙

マジックワード パワーワード

関連記事

親記事

ミステリー みすてりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「叙述トリック」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「叙述トリック」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4147107

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました