ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

死に設定

しにせってい

死に設定とは作者が導入したにも拘らず、その作品内で活かされなかったり、途中で抹消された設定のことである。
目次[非表示]

概要

大きく分けて以下のタイプに分けられる。

  1. 当初は存在していた設定やキャラクターアイテムなどが、ストーリーやシリーズが進むにつれてなかったことにされるタイプ。
  2. 露骨に抹消されてはいないが、作中で全く描写もされず、いわゆる『取ってつけたような』意味のない設定となっているタイプ。
  3. 公式サイト説明書等で紹介されてたり、作中で描写されているものの、作中のストーリーや後続作品で矛盾…もしくは台無しになっているタイプ。

キャラヘイトの温床化を防ぐため、個々のキャラクターの人柄・振る舞いについては記載しない。

1のパターン

  • ポケットモンスターの世界には、ポケモン以外の動物も存在する』
    • インドぞう等が有名だが、金銀以降は人間と植物を除いて一切適用されなくなっている。
  • ウルトラ兄弟の出生やメンバーについて』
    • 色々複雑な為、専用記事を参照。
  • スーパーマリオシリーズのコクッパはクッパの子供たち』
    • 実子のクッパJr.が登場してからは、子分扱いに変更された。
  • ワンピースの主人公であるルフィゴムゴムの実の能力者であるため、打撃系の攻撃が一切効かない』
    • 現状でも度々生かされる場面があるため厳密には死に設定ではないが、悪魔の実の耐性自体を打ち消す覇気の普及により絶対的な物では無くなった。
  • 仮面ライダーカブト』に登場するZECTのアイテム「ゼクトカム」
    • 人間に擬態したワームを見破るカメラ型サーモグラフィー装置だが、作劇的に不都合と判断されたのか公式媒体ですら存在に触れられなくなり、終盤で擬態を見破る弾丸「アンチミミック弾」なる武装が取ってつけたように登場している。


2のパターン

  • 『主要人物の家族構成』
    • ちゃんと登場する作品も多いが、死亡や単身赴任といった理由で作中には全く姿を見せないケースもまた多い。作劇によっては家族の存在を出す必要がなく、むしろ邪魔になり易いといったメタ的な事情もある。
  • デジモンアドベンチャー石田ヤマト野球部に所属している』
    • 太一//光子郎がサッカー部所属という設定は作中で触れられているのに対し、こちらは全く触れられず、むしろ音楽活動の陰に隠れている。
  • 『特撮ヒーローや怪獣の図解にある能力・設定解説』
    • フレーバーテキスト的な意味合いが強いが、作中で忘れた頃に拾われる事も少なくないので、死に設定と区分していいかは微妙な所。
    • 現在では増やすだけ増やして、劇中では全く使用されない玩具も多々あり、メディア限定での設定と見なされる事が殆ど。
  • てさぐれ!部活もの鈴木結愛はポーランドからの帰国子女
    • 長い事一切触れられず、本人もポーランド語を求められた際、片言の外国人口調でごまかしていた始末であった。


3のパターン

  • 『主人公陣営へ加入したキャラや、再登場を約束したキャラ』
  • 『設定だけだったキャラクターの表記変更』
    • 元から公式媒体で記載があったのだが、話の進行や正式な登場に伴い、異名や名前の表記に変更が加えられるパターンもある。
    • 複数の国で展開している作品は、それら表記を翻訳担当に依存する為、公式とニュアンスのズレが出てしまう場合もある。


その他

ちなみに、公式作品(特に本編)では無意味同然な死に設定ではあるが、
その死に設定を持つキャラクターを主役にした二次創作を制作する際に、有効活用される場合もあるので必ずしも悪い事とは限らない。例えば2のパターンを例にするとしたら
咲-Saki-須賀京太郎カピバラペットに飼っている。
カピバラ裕福敷地の広い家でないと飼えない動物
→京太郎は相当に裕福で大きな家の子供
→二次創作内ではおぼっちゃまキャラとして扱える。
といったような感じである。

関連する迷言


関連タグ

設定 厨設定 初期設定 キャラクター設定 裏設定
設定変更 黒歴史 お蔵入り

没設定:こちらは世に出る前に没になった設定としてのニュアンスが強い。
後付け設定:死に設定が生まれる要因の一つ。

関連記事

親記事

設定 せってい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 665

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました