ピクシブ百科事典

設定厨

せっていちゅう

設定を練ることに取り憑かれた人のこと。
目次[非表示]

設定厨とはオリジナル世界観オリキャラの設定をひたすら練ることに取り憑かれてしまった人のことを(侮辱的に)表す、あるいは自分がそうであると自虐的に名乗る呼称である。中二病と併発することも多い。

概要

漫画などの創作活動において、世界観やキャラクターの設定を練り込むことは非常に重要なことである。しかし中には設定の練り込みだけ極端に細かく、ストーリーなどが疎かという人がいる。こうなるとアンバランスである・・・

設定厨が陥りがちな症状

設定が無駄に細かい

何故かオリジナルの世界観やオリキャラを作り始める。それはいいとして、設定がむやみに細かい。世界観でいえば世界の地図や歴史、勢力図、政治形態、果ては通貨のデザインやら警察官の制服デザインやら考え始め、それらを無駄に細かくノートに書き記す。

設定が厨設定

オリキャラに特殊能力などの厨設定をやたらと取り入れる。難読漢字や当て字を入れた風変わりな氏名に始まり、氷を操る超能力があるとか、実は滅亡した伝説の種族の末裔だとか、オッドアイだとか、さらには舌が伸びるだとか足の指が少ないだとか不必要に妙な設定も盛り込む。最近覚えた科学の知識とかも無理矢理絡める。とにかく設定を盛り込む。主にアブノーマルな設定を好む。そして無駄に細かくノートに書き残す。

そのくせにストーリーは薄い

凝った世界観とキャラクターを作ったから凝ったストーリーを作るかと思えば、そうでもない。「とにかくこいつらが戦う」の一言で済んでしまうほどの薄っぺらいストーリーか、なんだかよくわからないストーリーの断片断片を作っただけて終わってしまう。それらは漫画などとして出力されることがあるが、殆どの場合完成されることはない。

キャラが立たない

オリキャラには凝った設定(肩書き、出自、略歴、名前、誕生日、血液型、特殊能力、必殺技、ルックス、服装、武器、etc...)を盛り込むが、それらは全てあくまで外面にすぎない。たいてい内面は作り込みが薄く、キャラが立たない。

関連タグ

厨房 中二病

ミイラ取りがミイラになる商業作品でこの手の傾向がある作者はどうしようもない。

pixivに投稿された作品 pixivで「設定厨」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9005

コメント