ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

「ジョジョの奇妙な冒険」の単行本第四巻の「おわびのためのあとがき」の名(迷)文。
第一部のキャラのウィル・A・ツェペリが作中で、「結婚もしなかったし、家族も持たなかったが……」と言っていることから独身で子供もいないという設定だったのに、第二部にてツェペリの直系の孫にあたるシーザー・A・ツェペリが登場したことにより、読者から抗議が殺到した。それに対する謝罪文の一文である。


全文


『ジョジョ』のご愛読、ありがとうございます。
なぜ、突然、作者の僕がこの四巻のあとがきを書くのか?
それは、現在、ジャンプ・コミックスで発売中の『ジョジョ』に
シーザーというツェペリさんの孫が出てくるのですが、そのシーザーの
存在について、大変重大なミスが、『ジョジョ』の第4巻に収録されている中に、
あったためです。

*        *        *

そのことについて抗議の手紙や電話をたくさんいただきました。
「ふざけるんじゃねえ!」とか「いいかげんな話をかくな!」とか「おとなはウソつきだ!
とかの、少年少女の絶望と怒りと悲しみの声でした。
(おっと…ミスに気づかなかった読者のみなさん!「へぇ~、そーなの、どこかな?」
とかいって、わざわざ探したりしないでください)

   *        *        *

そこで、その箇所を訂正して、ここでおわびをするために、このあとがきを書いたのです。

   *        *        *

『ジョジョ』は、壮大な構想と緻密な計算のもとにつくられている作品ですが、
長くかきつづけると、そこにヒズミやキズができてくるということでしょうか…。
   *        *        *

「おとなはウソつきだ」 と思った少年少女のみなさん、 どうもすみませんでした。
     おとなはウソつきではないのです。
     まちがいをするだけなのです……

   *        *        *

それでは、これからも『ジョジョ』の応援、よろしくね。

その後

  • 二部連載初期にはこんな大仰な謝罪文まで載せてしまった荒木。しかしその後はミスがなくなったかと言えばそういうこともなく、その後も連載が進むにつれて設定や描写の矛盾がしばしば見られるのだが、正式な謝罪文を掲載したのは後にも先にもこれっきりである。
  • そんなわけでか後に出た単行本などでは「結婚はしていたが、石仮面を探すために家族とは別れた」と、ちゃんと子供がいたことを示唆するようなセリフに差し替えられている。
  • 上記のような特異な経緯があり読者の間で妙に印象に残ってしまったため、ジョジョで設定ミスや矛盾が生じた際はしばしば当記事のタイトルにもなっている「おとなは~」という文言がしばしばネタにされることになっている。
  • ジョナサン・ジョースターの名前は、連載当時に作者と編集者が打ち合わせなどに利用していたファミリーレストラン「ジョナサン」に由来している……というのは、作者自身による嘘である。近年、「実際はデニーズだった」と明らかにされた。


関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 荒木飛呂彦 シーザー・A・ツェペリ

表記ゆれ

大人は嘘つきではないのです。間違いをするだけなのです

関連記事

親記事

荒木飛呂彦 あらきひろひこ

子記事

兄弟記事

コメント