ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

所属校清澄高校
身長182cm
誕生日2月2日
CV福山潤

概要

清澄高校1年生で麻雀部唯一の男子部員。力仕事など雑用要員として部に貢献している。
大会では他に男子がいないため、必然的に男子の個人戦に参戦することになる。

キャラクター

とは幼なじみで、中学時代から現在に至るまでのクラスメイトでもあり、仲が良い。
麻雀から距離を置いていた咲を麻雀部に誘った張本人であり功労者(だが実写版では存在抹消に等しい扱いを受けており、咲が麻雀部を訪れる理由も大きく変更されている)とはいえ当の本人は麻雀はまだ覚えたてで、役もまだよく知らない。そのため県大会でも目立った結果は残せていない。
と言うよりも作中での描写が多くないとは言え自分で上がったシーンが無い、点数のみの描写全部含めても1度も上がっていない、として矛盾しない、描写された麻雀シーンの中で2順目で聴牌した国士無双単騎に即直撃する※1、作者に「大きな上がりが少ないから地味」と断言された男子高校麻雀大会で満貫以上の振り込みを乱発して敗退する描写をアニメ版で受ける※2などむしろ恐ろしい程に才能(と言うよりも運)が無いと思われる扱いを受けている
アニメでは麻雀のルールを解説される役として活躍した。
公式で「美少女」のにほのかな好意を寄せており、他にも他校の福路美穂子でもイケナイ妄想を繰り広げていたり、思わず間接キスをされてしてしまった部長のにもドキッとしてしまったり。
カピバラという珍しいペットを飼っており、中学生時代はハンドボールで活躍していた。
原作のみで第一話限りの出番ではあるが、『高久田 誠(たかくだ まこと)』という男友達がいる。

なお、部内では自分から進んで雑用を買って出ており久もそんな彼に甘えている模様。
出会って間もない和や優希を呼び捨てし、学食でタコスを友達に買わせまくったりと
コミュ力も高い様子が窺える。見た目に反し、チャラ男不良とはかけ離れた好青年である。

『所属する部活は自分以外は全員女子で、その女子達も美少女揃い』というラブコメラノベの主人公を彷彿とさせる特徴を持っているのだが、公式作品ではそれから連想するような美味しい思いは全くしておらず、そういう作品で例えるなら『友人キャラ』的存在なキャラクターである。

公式ファンブックである『ラブじゃん』によると、京太郎の麻雀における潜在能力は5段階での4とこれは和と同じ数値なのだが、清澄麻雀部では初心者育成のための環境が整っておらず、(本編で)現在開催中の女子の大会の優勝が最優先となっているため、京太郎への麻雀の練習や指導が疎かになっており、京太郎本人も麻雀の独学よりも咲達の役に立つべく雑用に専念しているため、その秘められた才能が開花する事は難しいと思われる……

※1:ただし振り込んだ相手意図的に他人に自分から振り込もうとしていた為上がらずにスルーされた。

※2:咲-Saki-はアニメオリジナル描写、スピンオフ作品での描写は全て「原作者監修の元実際に本編であった事」として扱われている。

関係

咲とは気の置けない仲のようで、彼と密着して弄られたり夫婦扱いされる様子が見られ、
また京太郎の妄想シーンでムッとする描写がある(ちなみに同じコマの和は完全に無反応)。
いずれにせよ京太郎は、大人しくコミュ障気味の咲が唯一強気な態度に出られる相手であり、
何よりも麻雀を抜きにして交友関係を築いた、現状だとたったひとりの人物であると言える。

前述のように和に好意を寄せているが、彼女からの反応はそれほど芳しくない。
とは言え嫌われている訳でも無く、呼び捨てしていることからも関係は悪くない模様。

優希とは夫婦漫才のような関係で、しばしばイジりあう様子が見られる。とはいえ京太郎本人は優希に対してつれない様子。見た目も中身もお子様だからなのか、
優希がメイド姿でパンモロしても特に動じないという有様。

部長の久とは地味に絡みが多く、彼女は自ら雑用を買って出る京太郎に色々と甘えている。
余談だが、二次創作だと京太郎関連のネタが割と豊富である。詳しくは各自で検索。

副部長まことは久と同じく先輩後輩の関係ではあるのだが、
前述の部活仲間の4人と比べると相関図的な繋がりや掛け合い絡みが殆どないが、不仲というわけではない。それどころかアニメ版などでは京太郎の知らない所で、久の京太郎への冷遇に対してまこが否定的な態度を取っているという描写もある。
また、二次創作では京太郎は部長の久よりもまこを信頼・尊敬しているという設定のものもある。

県大会後の合同合宿中にはネット麻雀でハギヨシと対戦しており、京ハギという新たな可能性が生まれた。
以降も交友関係は続いているようで、手作りタコスも彼から学んだものである。

二次創作

原作ただ1人の男子麻雀部員ということで、SSなどの二次創作では百合物を除けば大抵主人公を務めている。
と言うか咲SS界隈は彼が主人公を務めるSSが隆盛しており、あまりに多いためむしろ百合の方が少ないと思われるほどである
キャラとしての基礎はしっかりしており、それでいて描写が少なく嫌味も無い二枚目半~三枚目であることが幸いしていると思われる。
SSでは大半の咲キャラと絡んでおり、検索候補に「京太郎 照」「京太郎 淡」など現状接点のない組み合わせが平然と出てくるほど

原作的に百合が多い中で貴重な(と言うのが適切なのかもう分からないが)NLカプが望める為、カプ設定も清澄メンバーはもちろん、
他校メンバーとのハーレムであったり、宮永姉妹幼なじみ三角関係であったりなど様々なところで活躍している。
またペットのカピバラがもの凄く金と手間が掛かり、一般家庭では飼育困難な生き物であるため、実は割とお金持ちという二次設定(ガチ考察でもある)も盛ん。

なお、ハギヨシとの出会いにより雑用面で超人化している事が多く『こんな超人に自己投影はできない』という声も少なくないため読者のアバターでは(正しい意味での)役不足となりつつある。
ちなみにハギヨシは原作からして超人であるため、京太郎SSでは師匠役から便利屋までそつなくこなしている。むしろ、ガチの京ハギで出演するのはレアケースと言えるほど少ない。

須賀」はいわゆる「天照大神」ネタに準えてか、二次ではスサノオを祀る須賀神社などと絡められることがしばしある。
太郎は男性として一般的な名前。「京」には人が集まるという意味があるらしいので、ハーレム展開の方が名は体を表すと言えるのかもしれない。

咲-Saki-自体が登場する女性キャラがとても多い作品という特徴もあってか
京太郎の二次創作でのカプ相手もそれに比例するかの如くとても多く、
その数は有名なラブコメラノベの主人公を遥かに凌駕しており、
もはやソシャゲのプレイヤー及び主人公ポジションの男性キャラクターの次に多いといっても過言ではない程である。

そしてカップリング等の恋愛面だけでなく、麻雀の面においても京太郎を主人公としてとある野球ゲームのように育成する安価スレでは、前述の京太郎の(化石のように眠っている)潜在能力の設定が有効活用されて、(運にもよるが)京太郎が上手く成長すれば京太郎が原作でも麻雀の実力が上位クラスである咲や照、更には小鍛治健夜と互角以上の強さを持った雀士に成長するという作品(安価スレ)も中には存在する。

余談

本編のほぼ全ての登場人物が、TS化したという事で、話題を呼んだスピンオフ作品である『咲-Saki- re:KING'S TILE DRAW』では京太郎だけはTS化しておらず、男性として登場している。
原作とは異なり(本来の団体戦メンバーが試合に出られなくなった等の理由で)『団体戦メンバーになれる可能性』が生まれたので、そちらでの京太郎の活躍にも期待したい。

関連イラスト

京太郎×咲2
センシティブな作品


たこすが
京ちゃん、ペルソナ召喚


関連タグ

咲-Saki-
清澄高校 宮永咲 片岡優希 原村和 染谷まこ 竹井久
ハギヨシ 高久田誠
京咲 京和 京タコ 京久 京まこ
ユーノ・スクライア髪色も近く、『普通の少女だった主人公を活躍の舞台に導いた張本人にして幼なじみ』という共通点を持つ。
大神ソウマ:『主人公幼なじみで、公式作品では色々と不遇な男子学生』という共通点がある。
因みにファンによる二次創作での救済においては、京太郎はとても数が多いのに対しソウマは、皆無と全くの正反対だったりする。

関連記事

親記事

清澄高校 きよすみこうこう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「須賀京太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1421441

コメント