ピクシブ百科事典

水瓶座

みずがめざ

星座の一種で、黄道十二星座の11番目。
目次[非表示]

概要

黄道十二星座の11番目で、英名はAquarius
黄道十二宮では宝瓶宮にあたり、その意味でも用いられる。
だいたい1月20日2月18日生まれがこれ生まれとなる(年によって異なる)。

流星群が3つあり、3つとも毎時約20個の流星が観測される。

ひっくり返ったを流し続ける水瓶、あるいはそれを持つ男性(ガニュメデスガニメデ)の姿として描かれる。
水瓶から流れた水は、そのままエリダヌス川(エリダヌス座)の流れになっている。

星座神話

 若くして命を失った英雄ヘラクレス神々の住むオリュンポス山へと登り、神の元で暮らすことを許されました。大神ゼウスと正妻のヘラの間に生まれた青春女神ヘーベーは異母弟であるヘラクレスをたいそう気に入り、二人は結婚することになりました。そこ、突っ込んではいけませんよ。ヘラだってゼウスの実姉ですからね。
 しかしヘベは天界で神々のお酌をするという役割を担っておりましたから、これを機に寿退職されてもらっては困ります。
 そこでゼウスは人間界に目をやり、以前から気にかかっていたトロイアのある農村へと向かいました。
 そので暮らしていた少年・ガニュメデスは、そりゃもう信じがたいほどの絶世の美少年でした。脳内メーカーをすれば9割が「」で占められそうなゼウスですら息をのむほどの美男子です。恐らく人類史上初の「こんなに可愛い子が女の子なわけがない」と言われた少年でしょう。
 改めてガニュメデスを見てこりゃちょうどいいと思ったゼウスは大鷲に化けてガニュメデスを掻っ攫ってオリュンポス山に連れて行きました。こうしてヘーベーに変わり永遠の若さと健康を(半ば強制的に)与えられたガニュメデスは神々のウエイターを務めることになりました。当然神々は大喝采で応じるわけですが、残されたガニュメデスの家族は悲嘆にくれました。
 それを見たゼウスはせめて哀しみがまぎれるようにとガニュメデスを模した星座を作って掲げ、更に彼の家族には駿馬と黄金ブドウの樹を与えたといいます。

関連キャラクター


関連イラスト

みずがめ座
水瓶座とエリダヌス座



関連タグ

十二星座牡羊座 牡牛座 双子座 蟹座 獅子座 乙女座 天秤座 蠍座 射手座 山羊座 水瓶座 魚座


みずがめ座 宝瓶宮 Aquarius/アクエリアス 水瓶 
黄道十二星座 黄道十二宮 星座 占星術 二十八宿
神話 ギリシャ神話 ガニュメデス

他言語記事

Aquarius

関連外部リンク

みずがめ座 - Wikipedia
みずがめ座とは - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「水瓶座」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 339870

コメント